永安 一樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/17 17:29
 
アバター
研究者氏名
永安 一樹
所属
京都大学
部署
薬学研究科
職名
助教
学位
博士(薬学)(京都大学), 修士(薬学)(京都大学)

プロフィール

・人間の心と薬物依存から中枢神経薬理の道に入り、現在は、5-HTが脳で何をしているのか、精神疾患およびその治療過程において何をしているのかに興味があります。なぜ5-HTのようなトランスミッターがヒト(以外もですが)にとって必要あるいは都合が良かったのか。

・2008年京都大学薬学部卒業、2013年京都大学大学院薬学研究科博士課程修了

経歴

 
 
   
 
京都大学 
 
 
   
 
大阪大学 薬学部 特任助教
 
2013年6月
 - 
現在
大阪大学大学院 薬学研究科附属創薬センター iPS脳神経毒性プロジェクト 特任助教
 
2013年4月
 - 
2013年5月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC)
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
京都大学大学院 薬学研究科 博士後期課程生命薬科学専攻(生体機能解析学分野)
 
2008年4月
 - 
2010年3月
京都大学大学院 薬学研究科 修士課程生命薬科学専攻(生体機能解析学分野)
 
2004年4月
 - 
2008年3月
京都大学 薬学部 総合薬学科
 

論文

 
Asaoka N, Nishitani N, Kinoshita H, Kawai H, Shibui N, Nagayasu K, Shirakawa H, Nakagawa T, Kaneko S
Scientific reports   7(1) 13609   2017年10月   [査読有り]
Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H
Neuron   94(6) 1085-1100.e6   2017年6月   [査読有り]
Shirakawa H, Katsumoto R, Iida S, Miyake T, Higuchi T, Nagashima T, Nagayasu K, Nakagawa T, Kaneko S
Glia   65(6) 1005-1016   2017年6月   [査読有り]
Nakazawa T, Kikuchi M, Ishikawa M, Yamamori H, Nagayasu K, Matsumoto T, Fujimoto M, Yasuda Y, Fujiwara M, Okada S, Matsumura K, Kasai A, Hayata-Takano A, Shintani N, Numata S, Takuma K, Akamatsu W, Okano H, Nakaya A, Hashimoto H, Hashimoto R
Schizophrenia research   181 75-82   2017年3月   [査読有り]
Sukeishi A, Isami K, Hiyama H, Imai S, Nagayasu K, Shirakawa H, Nakagawa T, Kaneko S
Molecular pain   13 1744806917743680   2017年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 永安 一樹