上原一将

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/15 10:33
 
アバター
研究者氏名
上原一将
 
ウエハラ カズマサ
URL
https://www.researchgate.net/profile/Kazumasa_Uehara
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
部署
理研CBSートヨタ連携センター
職名
基礎科学特別研究員
学位
博士(学術)(広島大学)
その他の所属
国立精神・神経医療研究センター
科研費研究者番号
90746661
ORCID ID
0000-0003-2350-8694

プロフィール

非侵襲的脳刺激、磁気共鳴画像、脳波を用いてヒトの運動制御機構における脳内神経基盤の解明に取り組んでいます。これらの手法で得られた研究成果に基づき,運動技能向上のための身体教育法の開発や神経疾患の病態解明,新たなリハビリテーションの開発に取り組んでいます。

2013年 広島大学大学院総合科学研究科にて博士号取得,2012-2014年 学振DC2, 2013-2014年 オークランド大学(NZ)にて博士研究員,2014-2016年 国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンター にて学振PD,2016-2018年 アリゾナ州立大学(USA)にて博士研究員,2018年7月より理科学研究所CBS-トヨタ連携センター 脳リズム情報処理ユニットにて基礎科学特別研究員。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年7月
 - 
現在
理化学研究所 理研CBS-トヨタ連携センター 基礎科学特別研究員
 
2016年8月
 - 
2018年6月
Arizona State University School of Biological and Health Systems Engineering 博士研究員
 
2015年6月
 - 
2018年3月
上智大学 理工学部,音楽医科学研究センター 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2016年7月
国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター (学振PD)
 
2014年4月
 - 
2016年7月
日本学術振興会 特別研究員PD
 

受賞

 
2018年
第12回 Motor Control研究会 若手研究奨励賞
 
2015年
第9回 Motor Control研究会 若手研究奨励賞
 
2014年
International Federation of Clinical Neurophysiology (IFCN) Fellowship Award
 
2013年
広島大学 学生表彰
 
2012年
広島大学 エクセレントスチューデントスカラシップ
 

論文

 
Distinct roles of brain activity and somatotopic representation in pathophysiology of focal dystonia
Uehara K, Furuya S, Numazawa H, Kita K, Sakamoto T, Hanakawa T
Human Brain Mapping   40 1738-1749   2019年   [査読有り]
Probing sensory-motor integration during musical performance
Furuya S*, Furukawa Y*, Uehara K, Oku T (※ equal contribution to this work)
Annals of the New York Academy of Science      2018年   [査読有り]
Aberrant cortical excitability explains the loss of hand dexterity in musician’s dystonia
Furuya S*, Uehara K*, Sakamoto T, Hanakawa T (※ equal contribution to this work)
The Journal of Physiology   596 2397-2411   2018年   [査読有り]
Furukawa Y, Uehara K, Furuya S
Neuroscience Letters   650 97-102   2017年   [査読有り]
随意運動とinterhemispheric interactionの神経生理学的関連について
上原一将
理学療法学   42(8) 825-826   2016年   [招待有り]
Kubota S, Hirano M, Morishita T, Uehara K, Funase K
Neuroreport   26 249-253   2015年   [査読有り]
Uehara K, Coxon JP, Byblow WD
PLoS ONE   10 e0122434   2015年   [査読有り]
Tanaka M, Kubota S, Onmyoji Y, Hirano M, Uehara K, Morishita T, Funase K
Neuroscience Letters   600 1-5   2015年   [査読有り]
Li ML*, Uehara K*, Hanakawa T (※ equal contribution to this work)
Frontiers in celluer neuroscience   9 181   2015年   [査読有り]
Uehara K, Morishta T, Kubota S, Hirano M, Funase K
Journal of Neurophysiology   111 17-25   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
上原一将,花川隆 (担当:共著, 範囲:Chapter 8: 運動イメージの脳内再生とトレーナビリティー -臨床応用のために運動イメージの脳内神経基盤を理解する-)
文光堂   2016年6月   ISBN:4830645326

講演・口頭発表等

 
シンポジウム:運動技能向上・再獲得を担う脳内神経基盤の包括的理解 [招待有り]
上原一将(オーガナイザー&シンポジスト),鈴木迪諒,水口暢章(シンポジスト)
第27回日本運動生理学会   2019年8月24日   
脳機能計測とニューロリハビリテーション -神経科学の最新の知見と研究の進むべき道- [招待有り]
上原一将
高崎健康福祉大学 公開講座   2019年3月14日   
多角的非侵襲脳機能計測を用いた音楽家ジストニアの病態理解 [招待有り]
上原一将
生理学研究所 神経ダイナミクス研究部門 公開セミナー   2019年1月23日   
Exploring the neural correlates of symptoms in musician's dystonia: United clinical neurophysiology and neuroimaging studies [招待有り]
上原一将
第7回IBICシンポジウム   2018年12月7日   
公募シンポジウム: Noninvasive Neuromodulation (NINM)による運動学習・制御機構の調節と理解
上原一将,武見充晃(オーガナイザー&シンポジスト),田添歳樹,上原信太郎(シンポジスト)
第12回Motor Control研究会   2018年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Two hands, one brain:大脳半球間ネットワークのダイナミクスに関するシステム神経科学的研究
理化学研究所: 基礎科学特別研究員制度
研究期間: 2018年7月 - 2021年6月    代表者: 上原一将
統合的神経イメージング法を用いたヒトの周期運動特性とその神経基盤に対する理解
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2014年4月 - 2016年7月    代表者: 上原一将
一側手指の運動リズムが同側一次運動野興奮性に及ぼす影響
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 (DC2)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 上原一将
一側肢の活動が同側大脳皮質一次運動野に及ぼす影響について‐ 脳卒中リハビリテーションに応用するための健常成人を対象とした基礎的研究‐
日本科学協会: 笹川科学研究助成金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 上原一将
Difference of phase-dependency between ipsi- and contralateral primary motor cortex excitability during a unilateral finger phasic movement
日本学術振興会: 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム(理工農系)
研究期間: 2011年6月       代表者: 上原一将