澤本 和延

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/25 14:45
 
アバター
研究者氏名
澤本 和延
eメール
sawamotomed.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://k-sawamoto.com/
所属
名古屋市立大学
部署
大学院医学研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 神経発達・再生機構研究部門 客員教授
 
2007年
 - 
現在
名古屋市立大学大学院医学研究科 再生医学分野 教授
 
2005年
 - 
2007年
慶應義塾大学 医学部 助教授
 
2003年
 - 
2005年
慶應義塾大学 医学部 専任講師
 
1999年
 - 
2003年
大阪大学 医学系研究科 助手
 
1997年
 - 
1999年
大阪大学 医学部 助手
 
1996年
 - 
1997年
筑波大学 基礎医学系 助手
 

受賞

 
2011年6月
慶應義塾大学医学部 三四会賞(北里賞)
 
2007年
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)
 
2007年
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2006年
日本神経化学会 日本神経化学会最優秀奨励賞
 
2004年
慶應義塾大学医学部三四会 三四会奨励賞
 
2004年
日本神経科学学会 日本神経科学学会奨励賞
 
1998年
財団法人井上科学振興財団 井上研究奨励賞
 

論文

 
Detachment of chain-forming new neurons by Fyn-mediated control of cell-cell adhesion in the postnatal brain.
Fujikake K, Sawada M, Hikita T, Seto Y, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Homma N, Osaga S, Yanagawa Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Hattori M, Sobue K, Sawamoto K
Journal of Neuroscience   -(-) 1960-2017   2018年4月   [査読有り]
PlexinD1 signaling controls morphological changes and migration termination of new neurons.
Sawada M, Ohno N, Kawaguchi M, Huang SH, Hikita T, Sakurai Y, Nguyen HB, Thai TQ, Ishido Y, Yoshida Y, Nakagawa H, Uemura A, Sawamoto K
EMBO J   37(2) e97404   2018年1月   [査読有り]
Radial glial fibers support neuronal migration and regeneration after neonatal brain injury.
Jinnou H, Sawada M, Kawase K, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Miyamoto T, Kawaue T, Miyata T, Tabata Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Ajioka I, Saitoh S, Sawamoto K
Cell Stem Cell   22(1) 128-137   2018年1月   [査読有り]
Daple Coordinates Planar Polarized Microtubule Dynamics in Ependymal Cells and Contributes to Hydrocephalus.
Takagishi M, Sawada M, Ohata S, Asai N, Enomoto A, Takahashi K, Weng L, Ushida K, Ara H, Matsui S, Kaibuchi K, Sawamoto K, Takahashi M
Cell Reports   20(4) 960-972   2017年7月   [査読有り]
Unique Organization of the Nuclear Envelope in the Post-natal Quiescent Neural Stem Cells.
Cebrián-Silla A, Alfaro-Cervelló C, Herranz-Pérez V, Kaneko N, Park DH, Sawamoto K, Alvarez-Buylla A, Lim DA, García-Verdugo JM
Stem Cell Reports   9(1) 203-216   2017年6月   [査読有り]
Angiogenic Biomaterials for Brain Ischemia Using Affinity-Immobilized VEGF on Laminin Porous Sponge.
Oshikawa M, Okada K, Kaneko N, Sawamoto K, Ajioka I
Adv Healthc Mater   6(11)    2017年5月   [査読有り]
Mechanisms of neuronal migration in the adult brain.
Kaneko N, Sawada M, Sawamoto K
J Neurochem   141(6) 835-847   2017年4月   [査読有り]
DDS技術を活用した体内再生誘導治療
坪井義晃,澤田雅人,大塚隆信,澤本和延
Drug Delivery System   32(1) 46-49   2017年1月   [査読有り]
β1 integrin signaling promotes neuronal migration along vascular scaffolds in the post-stroke brain.
Fujioka T,Kaneko N, Ajioka I, Nakaguchi K, Omata T, Ohba H, Fässler R, García-Verdugo JM, Sekiguchi K, Matsukawa N, Sawamoto K※
EBioMedicine   16 195-203   2017年1月   [査読有り]
Genome-Wide Association Study Identifies ZNF354C Variants Associated with Depression from Interferon-Based Therapy for Chronic Hepatitis C.
Matsunami K, Nishida N, Kaneko N, Ikeo K, Toyo-oka L, Takeuchi H, Matsuura K, Tamori A, Nomura H, Yoshiji H, Imamura M, Masaki N, Hayakawa T, Ide T, Shimada N, Ikeda F, Hino K, Nishiguchi S, Okuse C, Nojiri S, Sawamoto K, Tokunaga K, Joh T, Tanaka Y
PLoS One   11(10) e0164418   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
感覚入力によって制御されるニューロン再生機構
澤本 和延
リハビリテーション医学   52(2) 108-110   2015年2月   [依頼有り]
澤本和延、松本真実、澤田雅人
生体の科学   65(3) 215-219   2014年6月   [依頼有り]
内在性神経幹細胞を用いた神経再生
松本真実、匹田貴夫、澤本和延
BIO Clinica   28(13) 38-42   2013年
脳修復過程における内在性神経前駆細胞の移動
藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延
脳循環代謝   24 102-106   2013年   [依頼有り]
培養脳スライスを用いた新生ニューロンのライブイメージング
藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延
Surgery Frontier   20(3) 93-97   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Annual Review神経2017
荻野崇、澤田雅人、岡田洋平、澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:精神・神経特異的iPS細胞を用いた創薬研究)
中外医学社   2017年1月   
科研費NEWS Vol.3
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:最近の研究成果トピックス 生物系 生後脳における新生ニューロンの移動・分化機構とその操作技術)
日本学術振興会   2017年10月   
Clinical Neuroscience 34巻11号
岩田英敏,金子奈穂子,大塚隆信,澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳梗塞に対する内在性神経幹細胞活性化を用いた治療.)
中外医学社   2016年11月   
実験医学 Vol.34 No.7 (増刊) 細胞死—新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する 編集:田中正人,中野裕康
澤田雅人, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:第2章死細胞の認識,貪食,生体応答「成体脳における神経細胞死と再生の生体イメージング」 p87(1095)-92(1100))
羊土社   2016年5月   
麻酔Vol 64 増刊号<日本麻酔科学会第62回学術集会講演特集号>
藤掛数馬 , 太田晴子, 祖父江和哉, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳に内在する再生メカニズム p185-192)
克誠堂出版   2015年11月   

講演・口頭発表等

 
Mechanisms for migration and maturation of new neurons in the adult brain
Masato Sawada, Kazunobu Sawamoto
The 8th Symposium of Korean Society for Developmental Neurobiologists   2016年7月   
神経幹細胞の分化、移動メカニズム [招待有り]
澤本 和延
第57回日本神経学会学術大会   2016年5月   
脳に内在するニューロン再生機構とその操作技術 [招待有り]
澤本 和延
第35回 Neuroscience Seminar Tokushima   2016年3月28日   
新生仔大脳皮質傷害モデルマウスにおける放射状グリア様足場スポンジを用いた脳室下帯由来ニューロン再生
神農英雄、澤田雅人、川瀬恒哉、味岡逸樹、沓澤好一、赤池敏宏、齊藤伸治、澤本和延
第15回日本再生医療学会総会   2016年3月19日   
アストロサイトとの相互作用の操作による新生ニューロンの分布制御と機能回復の促進
金子奈穂子、澤本和延
第15回日本再生医療学会総会   2016年3月19日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
生後脳組織の恒常性維持と再生における新生ニューロンの移動機構
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 澤本 和延
神経再生過程の細胞間相互作用:最先端電子・光学顕微鏡イメージングを用いた共同研究
日本学術振興会: 二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究:スペイン
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 澤本 和延
ニューロン再生における血流-神経相互作用
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 澤本 和延
血管-神経ネットワークの形成・維持に関わる相互依存性
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) (血管と神経) 計画研究A01-3
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 澤本 和延
成体脳室下帯に内在する神経再生機構とその操作技術
日本学術振興会: 最先端・次世代研究開発支援プログラム
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 澤本 和延

特許

 
特許7,662,385 : 神経幹細胞の増殖制御剤(米国)
岡野栄之、澤本和延、坂口昌徳、平林淳
岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳, 葉山 洪
岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳
特許7,270,998 : METHOD FOR ENRICHEMENT AND / OR ISOLATION OF DOPAMINERGIC NEURONS(米国)
岡野栄之、澤本和延、小林和人、松下夏樹