澤本 和延

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/27 16:18
 
アバター
研究者氏名
澤本 和延
 
サワモト カズノブ
eメール
sawamotomed.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://k-sawamoto.com/
所属
名古屋市立大学
部署
大学院医学研究科
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
生理学研究所
科研費研究者番号
90282350
ORCID ID
0000-0003-1984-5129

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 神経発達・再生機構研究部門 客員教授
 
2007年
 - 
現在
名古屋市立大学大学院医学研究科 再生医学分野 教授
 
2005年
 - 
2007年
慶應義塾大学 医学部 助教授
 
2003年
 - 
2005年
慶應義塾大学 医学部 専任講師
 
1999年
 - 
2003年
大阪大学 医学系研究科 助手
 
1997年
 - 
1999年
大阪大学 医学部 助手
 
1996年
 - 
1997年
筑波大学 基礎医学系 助手
 

受賞

 
2011年6月
慶應義塾大学医学部 三四会賞(北里賞)
 
2007年
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)
 
2007年
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2006年
日本神経化学会 日本神経化学会最優秀奨励賞
 
2004年
慶應義塾大学医学部三四会 三四会奨励賞
 
2004年
日本神経科学学会 日本神経科学学会奨励賞
 
1998年
財団法人井上科学振興財団 井上研究奨励賞
 

論文

 
Blood vessels as a scaffold for neuronal migration
Fujioka T, Kaneko N, Sawamoto K
Neurochem Int.   6(126) 69-73   2019年3月   [査読有り]
Kaneko N, Herranz-Pérez V, Otsuka T, Sano H, Ohno N, Omata T, Nguyen HB, Thai TQ, Nambu A, Kawaguchi Y, García-Verdugo JM, Sawamoto K
Science Advances   4(12) eaav0618   2018年12月   [査読有り]
Minegishi T, Uesugi Y, Kaneko N, Yoshida W, Sawamoto K, Inagaki N
Cell reports   25(3) 624-639.e6   2018年10月   [査読有り]
Sato Y, Kiyozumi D, Futaki S, Nakano I, Shimono C, Kaneko N, Ikawa M, Okabe M, Sawamoto K, Sekiguchi K
Molecular biology of the cell   mbcE18050286   2018年10月   [査読有り]
Aoyagi Y, Hibi T, Kimori Y, Sawada M, Kawakami R, Sawamoto K, Nemoto T
The Journal of comparative neurology      2018年8月   [査読有り]
Hayashi Y, Jinnou H, Sawamoto K, Hitoshi S
Journal of neurochemistry      2018年7月   [査読有り]
Kaneko N, Sawamoto K
Cell Stem Cell   22(6) 783-784   2018年6月   [招待有り]
Fujikake K, Sawada M, Hikita T, Seto Y, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Dohi N, Homma N, Osaga S, Yanagawa Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Hattori M, Sobue K, Sawamoto K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(19) 4598-4609   2018年5月   [査読有り]
Sawada M, Ohno N, Kawaguchi M, Huang SH, Hikita T, Sakurai Y, Bang Nguyen H, Quynh Thai T, Ishido Y, Yoshida Y, Nakagawa H, Uemura A, Sawamoto K
The EMBO journal   37(4)    2018年2月   [査読有り]
Jinnou H, Sawada M, Kawase K, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Miyamoto T, Kawaue T, Miyata T, Tabata Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Ajioka I, Saitoh S, Sawamoto K
Cell stem cell   22(1) 128-137.e9   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
生後脳におけるニューロン移動の調節機構
澤田雅人,澤本和延
生化学   91(2) 178-190   2019年4月   [依頼有り]
内在性のニューロン再生過程における新生ニューロンの移動制御機構
齋藤志朗,金子奈穂子,澤本和延
生体の科学   70(1) 63-67   2019年2月   [依頼有り]
脳細胞の移動・再生促進技術の開発
坪井義晃,澤田雅人,大塚隆信,澤本和延
Drug Delivery System   32(1) 46-49   2017年1月
エリスロポエチン派生物質による脳の修復と保護
加古英介, 金子奈穂子, 祖父江和哉, 澤本和延
NAGOYA MEDICAL JOURNAL   55(3) 129-135   2017年   [査読有り]
Adult neural stem cells
Sawamoto K, Kaneko N
Nihon Rinsho   73 210-214   2015年6月
感覚入力によって制御されるニューロン再生機構
澤本 和延
リハビリテーション医学   52(2) 108-110   2015年2月   [依頼有り]
澤本和延、松本真実、澤田雅人
生体の科学   65(3) 215-219   2014年6月   [依頼有り]
成体神経幹細胞におけるSirt1の役割
岸本憲人, 澤本和延
基礎老化研究   37(2) 37-37   2013年
内在性神経幹細胞を用いた神経再生
松本真実、匹田貴夫、澤本和延
BIO Clinica   28(13) 38-42   2013年
脳修復過程における内在性神経前駆細胞の移動
藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延
脳循環代謝   24 102-106   2013年   [依頼有り]
培養脳スライスを用いた新生ニューロンのライブイメージング
藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延
Surgery Frontier   20(3) 93-97   2013年   [依頼有り]
精神疾患と海馬のニューロン新生
藤岡哲平、金子奈穂子、澤本和延
Clinical Neuroscience   31(13年) 1446-1448   2013年   [依頼有り]
新生児脳傷害に対する再生医療の可能性
神農英雄、齋藤伸治、澤本和延
日本産婦人科・新生児血液学会誌   22(2) 37-44   2013年   [依頼有り]
血管に沿って動く新生ニューロン
澤本 和延
細胞工学   31(6) 639   2012年6月   [依頼有り]
澤本 和延
臨床神経学   52(11) 939-941   2012年   [依頼有り]
新生児神経疾患の再生医療の可能性
澤本和延、神農英雄、澤田雅人、齋藤伸治
Fetal & Neonatal Medicine   4(2) 30-33   2012年   [依頼有り]
脳に内在する神経再生機構とその制御
澤本 和延
脳循環代謝   23(2) 95-99   2012年   [依頼有り]
成体神経幹細胞老化のゼブラフィッシュモデル
岸本憲人、澤本和延
基礎老化研究   36 43-45   2012年   [依頼有り]
脳卒中の再生医療に向けて
太田晴子、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延
循環器内科   68(4) 393-397   2010年10月   [依頼有り]
成体脳を移動する新生ニューロンは周囲のアストロサイトの形態を制御することにより移動経路を形成・維持している
澤本 和延
ライフサイエンス新着論文レビュー      2010年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ライフサイエンス新着論文レビュー_放射状グリアは新生仔における脳の障害ののちの新生ニューロンの移動および神経学的な機能の回復を促進する
神農英雄, 澤本和延
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構   2018年1月   
Annual Review神経2017
荻野崇、澤田雅人、岡田洋平、澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:精神・神経特異的iPS細胞を用いた創薬研究)
中外医学社   2017年1月   
科研費NEWS Vol.3
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:最近の研究成果トピックス 生物系 生後脳における新生ニューロンの移動・分化機構とその操作技術)
日本学術振興会   2017年10月   
Clinical Neuroscience 34巻11号
岩田英敏,金子奈穂子,大塚隆信,澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳梗塞に対する内在性神経幹細胞活性化を用いた治療.)
中外医学社   2016年11月   
実験医学 Vol.34 No.7 (増刊) 細胞死—新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する 編集:田中正人,中野裕康
澤田雅人, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:第2章死細胞の認識,貪食,生体応答「成体脳における神経細胞死と再生の生体イメージング」 p87(1095)-92(1100))
羊土社   2016年5月   
麻酔Vol 64 増刊号<日本麻酔科学会第62回学術集会講演特集号>
藤掛数馬 , 太田晴子, 祖父江和哉, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳に内在する再生メカニズム p185-192)
克誠堂出版   2015年11月   
脳科学事典 (脳室下帯)
金子奈穂子, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:https://bsd.neuroinf.jp/wiki/脳室下帯)
日本神経科学学会 脳科学辞典編集委員会   2015年11月   
日本臨牀 73/増刊5 再生医療―新たな医療を求めて
澤本和延, 金子奈穂子 (担当:分担執筆, 範囲:成体神経幹細胞(Ⅱ.臨床応用を目指した基礎研究 体細胞研究 p.210-214))
日本臨牀社   2015年6月   
再生医療用語ハンドブック
藤岡哲平, 金子奈穂子, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳梗塞(用語解説)領域:脳・神経/責任編集者:岡野栄之先生 p176-177)
メディカルトリビューン   2015年3月   
再生医療シリーズ 脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—
荻野崇, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:内在性神経幹細胞による神経再生(第3章 細胞と回路の再生医学 4節;p98-102))
診断と治療社   2015年1月   
最新臨床脳卒中学(上)-最新の診断と治療- 日本臨牀 72巻 増刊号5
藤岡哲平,金子奈穂子,松川則之,澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳に内在する神経再生機構 p447-451)
日本臨牀社   2014年7月   
カンデル神経科学 金澤一郎・宮下保司日本語版監修
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:57章 損傷を受けた脳の修復 p1258-1279)
メディカルサイエンスインターナショナル   2014年4月   
脳科学事典(脳室帯)
岸本憲人, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:http://bsd.neuroinf.jp/wiki/脳室帯)
理化学研究所脳科学総合研究センター   2014年1月   
再生医療における臨床研究と製品開発 エイブル(株) 和田昌憲 (著), 技術情報協会 (編集)
金子奈穂子, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:脳梗塞モデル動物における神経細胞の再生評価(第6章1節[3]))
技術情報協会   2013年9月   
脳の発生学 宮田卓樹、山本亘彦編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:13章 成体におけるニューロン新生 )
化学同人   2013年7月   
Comprehensive Developmental Neuroscience: Patterning and cell Type Specification in the Developing CNS and PNS vol. 1
Meunier A., Sawamoto K., Spassky N (担当:共著, 範囲:Chapter 42, Ependyma, Choroid)
Elsevier   2013年5月   
改訂第3版 脳神経科学イラストレイテッド~分子・細胞から実験技術まで 森寿・真鍋俊也他編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:4章1. 成体脳室下帯におけるニューロン新生)
羊土社   2013年4月   
上衣細胞 脳科学事典
澤田雅人, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:http://bsd.neuroinf.jp/wiki/上衣細胞)
理化学研究所脳科学総合研究センター   2013年3月   
神経系 (再生医療叢書 第7巻) 岡野栄之・出澤真理編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 成体ニューロン新生 )
朝倉書店   2013年2月   
Tumors of the Central Nervous System. Ed. Eric Hayat
Hirota, Y. and Sawamoto, K.
Springer   2012年   
Neurogenesis in the adult brain I Editors: Seki T, Sawamoto K, Parent J, Alvarez-Buylla A
Sawada M, Huang S, Hirota Y, Kaneko N and Sawamoto K (担当:分担執筆, 範囲:Neuronal migration in the adult brain p337-355)
Springer   2011年   
Neurogenesis in the adult brain I (Neurobiology)
Tatsunori Seki, Kazunobu Sawamoto, Jack M Parent, Arturo Alvarez-Buylla (担当:編者, 範囲:p413)
Springer   2011年   
Neurogenesis in the adult brain II(Clinical implications)
Tatsunori Seki, Kazunobu Sawamoto, Jack M Parent, Arturo Alvarez-Buylla (担当:編者, 範囲:p226)
2011年   
ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術―細胞の生存、増殖、機能のコントロールから創薬研究、再生医療まで (遺伝子医学MOOK別冊) 田畑泰彦編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:幹細胞ニッチ p267-273)
メディカルドゥ   2009年8月   
実験医学27(5)増刊号 分子標的薬開発への新たなる挑戦 編集/岡野栄之、岩坪威、佐谷秀行
澤本 和延
羊土社   2009年3月   
Key Word 精神 第四版 樋口輝彦・神庭重信・染谷俊幸・宮岡等編
金子奈穂子, 澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:神経幹細胞 p176-177)
先端医学社   2007年8月   
ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム(Vol.2) 大井静雄編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:成体脳で生まれて移動する神経細胞 p37-59)
編集室なるにあ   2007年   
ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム(Vol.1) 大井静雄編
澤本 和延 (担当:分担執筆, 範囲:神経発生・再生における脳脊髄液の機能と未来研究 p61-72)
編集室なるにあ   2006年   
改訂第2版 脳神経科学イラストレイテッド 森寿・真鍋俊也他編
山下徹, 澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:成熟脳の脳室下層におけるニューロン新生 p148-152)
羊土社   2006年   
Principles of Molecular Neurosurgery. Prog Neurol Surg. Vol18 Ed. Freese A, Simeone FA, et al
Iwanami, A., Ogawa, Y., Nakamura, M., Kaneko, S., Sawamoto, K., Okano, H.J., Toyama, Y., and Okano, H (担当:分担執筆, 範囲:Neural stem cell transplantation for spinal cord repair p104-123)
Basel, Karger   2005年3月   
看護のための最新医学講座第二版 第一巻 脳神経系疾患 祖父江元編
坂口昌徳, 澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:神経再生医療 p88-92)
中山書店   2005年   
発生・再生イラストマップ 監修 上野直人・野地澄晴
坂口昌徳, 砂堀毅彦, 澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:脳神経の発生・再生 p139-148)
羊土社   2005年   
予防医学辞典 松島綱治・酒井敏行他編
澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:神経幹細胞 p347-349)
朝倉書店   2005年   
Recent Research Developments in Molecular and Cellular Biology Vol.3 Ed.S.G. Pandalai
Sawamoto, K. and Okano, H (担当:分担執筆, 範囲:Direct isolation of mesencephalic precursor cells and dopaminergic neurons p243-253)
Research Signpost   2002年   
再生医学と組織工学-現状と今後の課題 上田実編
澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:Parkinson病治療への応用をめざした幹細胞工学の現状 p83-88)
医歯薬出版株式会社   2002年   
Tissue Engineering for Therapeutic Use 5 eds. Ikada, Y. and Oshima, N
Okano, H., Sakakibara, S., Sawamoto, K., Nakamura, Y., Kaneko, Y., Akamatsu, W., Tokunaga, A., Imai, T., Miyata, T. and Shimazaki, T (担当:分担執筆, 範囲:Regulatory mechanisms for the differentiation of Neural Stem Cells p11-19)
Elsevier   2001年   
Stem Cell Biology and Molecular Treatment Ed. Sakuragawa, N
Okano, H., Sakakibara, S., Sawamoto, K., Akamatsu, W., Nakamura, Y., Kaneko, Y., Kawaguchi, A., Miyata, T., Roy, N.S., Benraiss, A., Goldman, S.A. (担当:分担執筆, 範囲:Goldman, S.A. Isolation and self-renewal of neural stem cells p55-68)
National Center of Neurology and Psychiatry   2000年   
脳神経科学イラストレイテッド 森寿・真鍋俊也他編
澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:神経幹細胞と神経再生 p130-135)
羊土社   2000年   
Neural Development ed. Uyemura K
Okano, H., Kaneko, Y., Nakamura Y., Akamatsu, W., Yuasa Y., Imai, T., Tabuchi, K., Taguchi, A., Okabe, M., Sakakibara, S. and Sawamoto, K (担当:分担執筆, 範囲:The regulatory mechanisms of neural development: roles of cell-autonomous cues in cell-fate decisions p9-22)
Tokyo: Springer-Verlag   1998年   
脳神経研究の進め方 森寿他編
澤本和延 (担当:分担執筆, 範囲:発生・分化・細胞死のトピックスと今後の方向性 p84-86)
羊土社   1998年   
Basic Neuroscience in Invertebrate ed. Koike H
Okano, H., Sawamoto, K. Okabe, M., Sakakibara, S., Yoshikawa, S. and Mikoshiba, K (担当:分担執筆, 範囲:Drosophila visual system as a model to study neurobiology in general: identification of genes regulating cell fate decisions in neural development p61-82)
Tokyo: Business Center for Academic Societies Japan   1996年   
実験医学別冊Bio Science用語ライブラリー(アポトーシス) 三浦正幸, 山田武編
澤本和延, 岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:p84-85(田口明子先生筆頭) p112-113)
羊土社   1996年   
モデル生物系を用いた中枢神経系の発生と分化の解析
岡野栄之, 吉川真悟, 粂昭苑, 武藤彩, 澤本和延, 御子柴克彦 (担当:分担執筆, 範囲:脳機能の解明に向けて. p24-30)
創風社   1994年   

講演・口頭発表等

 
生後脳組織の維持・再生における新生ニューロンの移動機構と意義 [招待有り]
澤本 和延
第17回幹細胞シンポジウム   2019年5月24日   
早産による生後のニューロン新生低下のメカニズム
五軒矢桜
全国学生リトリート2019   2019年4月28日   
Enhanced neuronal migration through activated glia promotes post- stroke neuronal regeneration
第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会&第96回日本生理学会合同大会   2019年3月30日   
脳梗塞部位への新生ニューロンの移動を支持する足場としての血管の形態解析
岩田英敏、金子奈穂子、大竹杏佳、戸室幸太郎、柴田帝式、村上英樹、澤本和延
第18回日本再生医療学会総会   2019年3月21日   
新生ニューロンの移動・分布の制御による脳梗塞後の神経再生の促進
金子奈穂子、澤本和延
第18回日本再生医療学会総会   2019年3月21日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
生後脳における細胞移動・再生機構: 高解像度トランスクリプトーム解析による共同研究
日本学術振興会: 二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究: デンマーク
研究期間: 2019年7月 - 2022年6月    代表者: 澤本 和延
脳細胞の移動・再生促進技術の開発
日本医療研究開発機構: 再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 澤本 和延
血流による嗅球ニューロンのスクラップ&ビルド
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 澤本 和延
生後の脳内を移動する新生ニューロンの発生時計を止める微小環境
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 澤本 和延
最先端形態学・シングルセル遺伝子発現解析による生後脳のニューロン移動機構の解明
文部科学省: 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
研究期間: 2018年10月 - 2021年3月    代表者: 澤本 和延
生後脳における新生ニューロンの移動・分化機構とその操作技術
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 澤本 和延
血流による嗅球ニューロンのスクラップ&ビルド
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 澤本 和延
成体脳のニューロン再生における死細胞の貧食過程とその意義
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 澤本 和延
エピゲノム情報制御機構の解明と臨床応用
日本学術振興会: 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 澤本 和延
生後脳組織の恒常性維持と再生における新生ニューロンの移動機構
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 澤本 和延
神経再生過程の細胞間相互作用:最先端電子・光学顕微鏡イメージングを用いた共同研究
日本学術振興会: 二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究:スペイン
研究期間: 2015年3月 - 2017年2月    代表者: 澤本 和延
ニューロン再生における血流-神経相互作用
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 澤本 和延
血管-神経ネットワークの形成・維持に関わる相互依存性
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) (血管と神経) 計画研究A01-3
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 澤本 和延
成体脳室下帯に内在する神経再生機構とその操作技術
日本学術振興会: 最先端・次世代研究開発支援プログラム
研究期間: 2010年2月 - 2014年3月    代表者: 澤本 和延
動くニューロンとアストロサイトの相互作用による成体脳組織の再生
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)公募研究【動く細胞と秩序】
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 澤本 和延
Fluid flow in developmental biology
国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム推進機構(HFSPO): 
研究期間: 2007年12月 - 2011年11月    代表者: 澤本 和延
慢性C型肝炎のインターフェロン療法における幹細胞機能の変化とうつ病発症に関する基礎・臨床連携研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 澤本 和延
正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(新井 一)
厚生労働省: 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 澤本 和延
発達期における骨格系と髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究(大井 静雄)
厚生労働省: 厚生労働省精神・神経疾患研究開発費 (2008-2009年は研究開発費ではなく委託費)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 澤本 和延
脳室周囲白質軟化症の幹細胞治療の実現化
文部科学省: 再生医療の実現化プロジェクト
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 澤本 和延

特許

 
特許7,662,385 : 神経幹細胞の増殖制御剤(米国)
岡野栄之、澤本和延、坂口昌徳、平林淳
岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳, 葉山 洪
岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳
特許7,270,998 : METHOD FOR ENRICHEMENT AND / OR ISOLATION OF DOPAMINERGIC NEURONS(米国)
岡野栄之、澤本和延、小林和人、松下夏樹