寺田和憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 04:36
 
アバター
研究者氏名
寺田和憲
 
テラダ カズノリ
職名
准教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
その他の所属
工学研究科
科研費研究者番号
30345798

プロフィール

振舞い理解の認知戦略/人間は日々人間,機械,物理現象など様々な対象の様々な振舞いを目にする.それらの振舞い理解のために心的姿勢を使い分けていると言われている.本研究では,振舞いを生成するオブジェクトを作り,それに対峙する際の人間の心理状態を実験によって測定することで,この心的姿勢が何であるかを明らかにする./視覚と触覚の統合による外界認識/ヒトが外界を知覚する際には多種のセンサからの情報を統合して単一の概念を形成する.本研究では手のなぞり運動に注目し,視覚と触覚の情報がどのように統合されて長さ知覚が行われるかを心理物理実験によって解明する./ロボットのための色彩による感情表出

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 工学部 准教授
 
2000年10月
 - 
2002年3月
通信総合研究所
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2001年3月
奈良先端科学技術大学院大学  
 

論文

 
黒田 拓也, 山田 誠二, 寺田 和憲
人工知能学会論文誌   0(0)    2016年   [査読有り]
Applications of product recommendation virtual agents (PRVAs) for online shopping are increasing, and various studies on how to design effective PRVAs to users buying motivation have been done. In this paper, we try to analyze recommendation effec...
勅使宏武, 寺田和憲, 伊藤昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   17(1月4日) 445-456   2015年2月   [査読有り]
梁 静, 山田 誠二, 寺田 和憲
ヒューマンインタフェース学会論文誌 The transactions of Human Interface Society   17(1) 307-315   2015年   [査読有り]
Hideyuki Takahashi, Hideyuki Takahashi, Hideyuki Takahashi, Kazunori Terada, Tomoyo Morita, Tomoyo Morita, Shinsuke Suzuki, Shinsuke Suzuki, Tomoki Haji, Tomoki Haji, Hideki Kozima, Masahiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Takashi Omori, Minoru Asada, Eiichi Naito, Eiichi Naito
Cortex   58 289-300   2014年9月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Internal (neuronal) representations in the brain are modified by our experiences, and this phenomenon is not unique to sensory and motor systems. Here, we show that different impressions obtained through social interaction with...
TERADA K, NAKAMURA T, TAKEDA H, NISHIDA T
ADVANCED ROBOTICS   13(8) 767-777   2000年   [査読有り]
寺田 和憲, 岩瀬 寛, 伊藤 昭
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   95(1) 117-127   2012年1月   [査読有り]
哲学者Dennettは人間が他者の振舞いを理解し予測するために意図,設計,物理の三つのスタンスを使い分けているとし,哲学的論考によってその妥当性を示した.しかし,人間が本当にそのようなスタンスを使い分けているかどうかは定かではなく心理学的研究によってその存在が証明されているわけではない.そこで,本研究では,スタンスを科学的に定義し,実際に振舞い理解において用いられているかどうかを検証するために三つの心理実験を行った.まず,Dennettのスタンスをアニメーション化し,アニメーションに対する...
TERADA Kazunori, KUMAZAKI Akinori, MIYATA Daisuke, ITO Akira
J Robot Mechatron   18(4) 489-498   2006年8月
寺田 和憲, 山田 誠二, 伊藤 昭
人工知能学会論文誌   27(2) 73-81   2012年5月   [査読有り]
We conducted an experimental investigation on human adaptation to change in an agent's strategy through a competitive two-player game. Modeling the process of human adaptation to agents is important for designing intelligent interface agents and a...
寺田 和憲, 山田 誠二, 小松 孝徳, 小林 一樹, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 伊藤 昭
人工知能学会論文誌   28(3) 311-319   2013年5月   [査読有り]
In this paper, h-ASE(hesitation-based Artificial Subtle Expression) as a novel implementation of ASE is described, in which a robot expresses confidence in its advice to a human. Confidence in advice is one of robot's useful internal states, and i...
Kazunori Terada, Takayuki Nakamura, Hideaki Takeda, Tsukasa Ogasawara
13(1) 88-95   2001年1月
寺田 和憲, 中村 恭之, 武田 英明, 小笠原 司
日本ロボット学会誌   21(8) 893-901   2003年11月   [査読有り]
A method for acquiring an internal representation of a vision-based agent by associating visual input with a tactile sensor is presented. Agents that act in the physical world always suffer from the constraints of embodiment. However, embodiment p...
Toyoaki Nishida, Kazunori Terada, Takashi Tajima, Makoto Hatakeyama, Yoshiyasu Ogasawara, Yasuyuki Sumi, Yong Xu, Yasser F. O. Mohammad, Kateryna Tarasenko, Taku Ohya, Tatsuya Hiramatsu
E89-D 1768-1780   2006年6月
寺田 和憲, 社本 高史, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌   9(1) 23-22   2007年2月
寺田 和憲, 深井 英和, 竹内 涼輔, 伊藤 昭
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(5) 1374-1382   2013年5月   [査読有り]
生物性と意図性は人間らしさ知覚の要素と考えられているが両者の違いや関係性は明らかにされていない.本研究では,振舞い予測という新たな観点から両者の違いを明らかにすることを目的として実験を行った.実験ではまず,金魚の振舞いの自己回帰モデルによるモデル化を行い,速度変化と角度変化のパラメータを操作することで質点の運動の動画を複数作成した.作成した動画を実験参加者に提示し,ペンタブレットを用いて追跡させることで,振舞いの予測可能性を客観的に定量化した.動画に対する生物性・意図性の評定値と予測可能性...
寺田 和憲, 伊藤 昭
日本ロボット学会誌   29(5) 445-454   2011年6月   [査読有り]
In the present study, we investigated whether a robot is able to deceive a human by producing a behavior against his/her prediction. A feeling of being deceived by a robot would be a strong indicator that the human treated the robot as an intentio...
山内 厚志, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌   13(1) 41-52   2011年2月   [査読有り]
インタラクションのミニマムデザイン
竹内 勇剛, 上杉 繁, 寺田 和憲, 片上 大輔
ヒューマンインタフェース学会論文誌   15(1) 1-14   2013年2月
人を動かすHAIデザインの認知的アプローチ
山田 誠二, 寺田 和憲, 小林 一樹
人工知能学会誌   28(2) 256-263   2013年2月

Misc

 
Kazunori Terada, Atsuya Oba, Akira Ito
Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics   2 1396-1401
Vision based analysis of human action is a fundamental issue for a robot to interact intelligently with a human. We present a technique for 3D human head tracking using stereo camera. We apply the particle filter algorithm to the problem of head t...
Kazunori Terada, Hideyuki Takahashi, Yuto Imamura, Akira Ito
HAI 2014 - Proceedings of the 2nd International Conference on Human-Agent Interaction   105-107   2014年1月
Attributing intention to others is a difficult task for individuals with autism spectrum disorders (ASD). We hypothesize that individuals with ASD ascribe a lower level of abstraction to observed behavior than typically developing individuals. In ...
Kazunori Terada, Kouji Mochizuki, Atsushi Ueno, Hideaki Takeda, Toyoaki Nishida, Takayuki Nakamura, Akihiro Ebina, Hiromitsu Hfujiwara
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   1856 509-518   2000年1月
© Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2000. In recent years, many researchers in AI and Robotics pay attention to RoboCup, because robotic soccer games needs various techniques in AI and Robotics, such as navigation, behavior generation, localizatio...
Kazunori Terada, Hideaki Takeda, Toyoaki Nishida
International Conference on Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems, Proceedings, KES   1 429-434
An agent must acquire internal representation appropriate for its task, environment, sensors. As a learning algorithm, reinforcement learning is often utilized to acquire the relation between sensory input and action. Learning agents in the real w...
Hideaki Takeda, Kazunori Terada, Tatsuyuki Kawamura
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   176-182   2002年12月
In this paper, we propose a new concept for intelligence called Artifact Intelligence that can be another approach to realize intelligent robots. Artifact intelligence means intelligence for artifacts that fits its embodiment, i.e., structures and...

書籍等出版物

 
人とロボットの<間>をデザインする
寺田 和憲(岐阜大学)
2007年12月   

講演・口頭発表等

 
1A1-N-106 ヒトの長さ知覚における皮膚感覚と自己受容感覚の統合機能(触覚と力覚1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)
寺田 和憲, 宮田 大介, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005年6月9日   
1P2-N-062 ポリゴンモデルを用いた3次元人物頭部追跡(人間機械協調2,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)
大場 篤哉, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005年6月9日   
2P1-A32 人工物から人間への意図伝達における人間の心理的姿勢の影響
社本 高史, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2006年   
The present study examined the effect of artifact's direction of attention detector (DAD) stimulating actions on the human psychological stance to the artifact. The DAD is a specialized brain function used to determine the attention target by comb...
2P2-B33 視覚と触覚を用いた対象の長さ知覚
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2006年   
When a human recognize length of an object while exploring it with their index finger, haptic and visual sensation both provide information for estimating the length of the object. The present study examined the contribution of tactile and visual ...
2P2-I09 複数カメラを用いたヒューマン・ロボット・インタラクションの分析(ヒューマン・エージェント・インタラクション)
山口 裕之, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
Human sometimes attributes intentions toward inanimate beings. Attributing intentions toward robots enables human to explain and predict its behavior and leads to smooth communication. Thus, the mechanism that triggers intention attribution must b...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 寺田 和憲
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 寺田 和憲
今年度の主な成果は以下の2点である.(1) 認知粒度に基づくASDの社会コミュニケーション障害の説明理論の検討自閉症スペクトラム障害(ASD)はDSM-5によって1)社会的コミュニケーション障害と2)限定された興味,常同行動という明確に分かれた二つの特徴によって規定されている.後者の特徴は誤差に対する許容性の小ささによって説明されている.本研究では,目的志向的な世界の分節における認知粒度の小ささによって,他者の心が読めないという前者の特徴も説明可能であるという仮説を導いた.また,この仮説を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 竹内 勇剛
高度化・複雑化していくシステムと人間との協調的・共生的な関係を実現するためには,自律性をもったロボットやエージェントという形でシステムが人間にとって社会的な存在としての役割を担うことが重要になってくる.しかし,人間がシステムの自律的な振る舞いに対してどのような条件で他者性を認知し,同時にどのような条件のもとでシステムの協調作業の相手として社会的に認知するかという問題は未だ解決していない.そこで本研究では,人間がシステムに対して他者性を認知する上での人間とシステムとの相互行為を解明し,システ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 伊藤 昭
我々はコミュニケーションの創発の研究を行っているが、心を読むことに基づくコミュニケーションが本質的に必要とされるのは、利害が完全には一致せず相手からのメッセージが必ずしも信頼できない、にもかかわらず協調が必要とされる、という状況であるという認識に至った。人と人工物のコミュニケーションにおいても、例えば交通流量制御を考えても、全体としての目標は一致していたとしても、制御する側、される側での利害の対立があり、利害の部分的対立下での協調が一般的なコミュニケーション環境である。上記の認識から、我々...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 寺田 和憲
今年度の主な成果は以下の2点である.(1) エージェントの法則的振舞を理解する際の人の認知モデルの解明人がエージェントの法則的振舞いを理解する際の認知モデルを,人-コンピュータ協調作業タスクを用いて明らかにした.本研究では最も容易に理解できる適応アルゴリズムとして知られる most recently used アルゴリズムがどのように理解されるかを調べた.実験によって,履歴の注目範囲を限定するための決定論バイアスやマルコフ性バイアスなどの帰納的バイアスだけでなく,事前知識に基づく演繹的推論...

社会貢献活動

 
ITに学生の発想力を ヤフー社員、岐阜大で講義中 アイデア具体化し来月発表会
【】  朝日新聞  朝日新聞  2014年6月7日
IT企業の手法体験 ヤフーが岐阜大で特別講座
【】  中日新聞  中日新聞  2014年7月9日
◎研究室から大学はいま:ロボット作りで「心」を解明
【】  岐阜  岐阜  2015年8月11日
講師
【】  名古屋大学教育発達研究所  名古屋大学教育発達研究所  2016年4月23日 - 2016年4月23日