寺田和憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 05:10
 
アバター
研究者氏名
寺田和憲
 
テラダ カズノリ
職名
准教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
その他の所属
工学研究科
科研費研究者番号
30345798

プロフィール

振舞い理解の認知戦略/人間は日々人間,機械,物理現象など様々な対象の様々な振舞いを目にする.それらの振舞い理解のために心的姿勢を使い分けていると言われている.本研究では,振舞いを生成するオブジェクトを作り,それに対峙する際の人間の心理状態を実験によって測定することで,この心的姿勢が何であるかを明らかにする./視覚と触覚の統合による外界認識/ヒトが外界を知覚する際には多種のセンサからの情報を統合して単一の概念を形成する.本研究では手のなぞり運動に注目し,視覚と触覚の情報がどのように統合されて長さ知覚が行われるかを心理物理実験によって解明する./ロボットのための色彩による感情表出

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2015年3月
岐阜大学 工学部 助教
 
2002年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学 工学部 助手
 
2000年10月
 - 
2002年3月
通信総合研究所 特別研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2001年3月
奈良先端科学技術大学院大学  
 

論文

 
Hidekazu Fukai,Kazunori Terada,Manabu Hamaguchi
Human Interface and the Management of Information. Interaction, Visualization, and Analytics - 20th International Conference, HIMI 2018, Held as Part of HCI International 2018, Las Vegas, NV, USA, July 15-20, 2018, Proceedings, Part I   185-193   2018年   [査読有り]
Giannopulu Irini, Terada Kazunori, Watanabe Tomio
JOURNAL OF EXPERIMENTAL & THEORETICAL ARTIFICIAL INTELLIGENCE   30(5) 603-613   2018年   [査読有り]
Terada Kazunori, Takeuchi Chikara
Frontiers in Psychology (Web)   8 724   2017年5月   [査読有り]
Eitetsu Ishikawa,Kazunori Terada
Proceedings of the 5th International Conference on Human Agent Interaction, HAI 2017, Bielefeld, Germany, October 17 - 20, 2017   501-504   2017年   [査読有り]
Kayukawa Yuki, Takahashi Yasutake, Tsujimoto Takuya, Terada Kazunori, Inoue Hiroyuki
IEEE Conference Proceedings   2017(FUZZ-IEEE) 1‐6   2017年
Terada Kazunori, Yamada Seiji, Yamada Seiji
Frontiers in Psychology (Web)   8 1071   2017年
Inaba Taiki, Terada Kazunori, Fukai Hidekazu
IEEE Conference Proceedings   2016(RO-MAN) 1162‐1167-1167   2016年   [査読有り]
Kazunori Terada,Seiji Yamada,Kazuyuki Takahashi
Proceedings of the Fourth International Conference on Human Agent Interaction, HAI 2016, Biopolis, Singapore, October 4-7, 2016   277-280   2016年   [査読有り]
黒田 拓也, 山田 誠二, 寺田 和憲
人工知能学会論文誌   0(0)    2016年   [査読有り]
Applications of product recommendation virtual agents (PRVAs) for online shopping are increasing, and various studies on how to design effective PRVAs to users buying motivation have been done. In this paper, we try to analyze recommendation effec...
勅使宏武, 寺田和憲, 伊藤昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   17(1月4日) 445-456   2015年2月   [査読有り]
Yuto Imamura,Kazunori Terada,Hideyuki Takahashi
Proceedings of the 3rd International Conference on Human-Agent Interaction, HAI 2015, Daegu, Kyungpook, Republic of Korea, October 21-24, 2015   65-72   2015年   [査読有り]
Keisuke Nonomura, Kazunori Terada, Akira Ito, Seiji Yamada, Seiji Yamada
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   2015-November 95-100   2015年   [査読有り]
© 2015 IEEE. Human-interactive robots are assessed according to various factors, such as behavior, appearance, and quality of interaction. In the present study, we investigated the hypothesis that impressions of an unattractive robot will be impro...
Kazunori Terada, Liang Jing, Seiji Yamada
Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   18 929-934   2015年   [査読有り]
Although product recommendation virtual agents (PRVAs) are used in a large number of online shopping websites, the optimal types of agents in this context remain unclear. In the present study, we tested whether agent appearance affects people's bu...
Hideyuki Takahashi, Hideyuki Takahashi, Hideyuki Takahashi, Kazunori Terada, Tomoyo Morita, Tomoyo Morita, Shinsuke Suzuki, Shinsuke Suzuki, Tomoki Haji, Tomoki Haji, Hideki Kozima, Masahiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Takashi Omori, Minoru Asada, Eiichi Naito, Eiichi Naito
Cortex   58 289-300   2014年9月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Internal (neuronal) representations in the brain are modified by our experiences, and this phenomenon is not unique to sensory and motor systems. Here, we show that different impressions obtained through social interaction with...
Takakazu Mizuki, Akira Ito, Kazunori Terada
HAI 2014 - Proceedings of the 2nd International Conference on Human-Agent Interaction   109-112   2014年1月
We investigated how people communicate in a situation where there is no shared languages among them. We designed "image sharing game", in which players must cooperate to solve it. The only communication media available for the players is the excha...
寺田 和憲, 深井 英和, 竹内 涼輔, 伊藤 昭
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(5) 1374-1382   2013年5月   [査読有り]
生物性と意図性は人間らしさ知覚の要素と考えられているが両者の違いや関係性は明らかにされていない.本研究では,振舞い予測という新たな観点から両者の違いを明らかにすることを目的として実験を行った.実験ではまず,金魚の振舞いの自己回帰モデルによるモデル化を行い,速度変化と角度変化のパラメータを操作することで質点の運動の動画を複数作成した.作成した動画を実験参加者に提示し,ペンタブレットを用いて追跡させることで,振舞いの予測可能性を客観的に定量化した.動画に対する生物性・意図性の評定値と予測可能性...
寺田 和憲, 山田 誠二, 小松 孝徳, 小林 一樹, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 伊藤 昭
人工知能学会論文誌   28(3) 311-319   2013年5月   [査読有り]
In this paper, h-ASE(hesitation-based Artificial Subtle Expression) as a novel implementation of ASE is described, in which a robot expresses confidence in its advice to a human. Confidence in advice is one of robot's useful internal states, and i...
人を動かすHAIデザインの認知的アプローチ
山田 誠二, 寺田 和憲, 小林 一樹
人工知能学会誌   28(2) 256-263   2013年2月
インタラクションのミニマムデザイン
竹内 勇剛, 上杉 繁, 寺田 和憲, 片上 大輔
ヒューマンインタフェース学会論文誌   15(1) 1-14   2013年2月
Akira Ito, Yuki Goto, Kazunori Terada
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   209-214   2012年9月
We investigated how humans establish communication in a novel environment using an artificial cooperative task. Subjects are asked to solve a kind of 8-puzzle game cooperatively. One subject (director) can see the design of the puzzle and instruct...
Kazunori Terada, Atsushi Yamauchi, Akira Ito
The 21th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2012)   314-321   2012年9月
We propose a novel method of expressing emotions for a robot by dynamically changing the color luminosity of its body. To identify color and dynamic parameters for representing emotions, we asked subjects to select hue values and frequencies and w...
寺田 和憲, 山田 誠二, 伊藤 昭
人工知能学会論文誌   27(2) 73-81   2012年5月   [査読有り]
We conducted an experimental investigation on human adaptation to change in an agent's strategy through a competitive two-player game. Modeling the process of human adaptation to agents is important for designing intelligent interface agents and a...
Experimental Investigation of Human Adaptation to Change in Agent Strategy in Competitive Two-PlayerGame
Kazunori Terada, Seiji Yamada, Akira Ito
CHI'12: Proceedings of the SIGCHI conference on Human factors in computing systems      2012年5月
寺田 和憲, 岩瀬 寛, 伊藤 昭
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   95(1) 117-127   2012年1月   [査読有り]
哲学者Dennettは人間が他者の振舞いを理解し予測するために意図,設計,物理の三つのスタンスを使い分けているとし,哲学的論考によってその妥当性を示した.しかし,人間が本当にそのようなスタンスを使い分けているかどうかは定かではなく心理学的研究によってその存在が証明されているわけではない.そこで,本研究では,スタンスを科学的に定義し,実際に振舞い理解において用いられているかどうかを検証するために三つの心理実験を行った.まず,Dennettのスタンスをアニメーション化し,アニメーションに対する...
Kazunori Terada, Seiji Yamada, Akira Ito
Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   27 73-81   2012年   [査読有り]
We conducted an experimental investigation on human adaptation to change in an agent's strategy through a competitive two-player game. Modeling the process of human adaptation to agents is important for designing intelligent interface agents and a...
Akira Ito,Yuki Goto,Kazunori Terada
The 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, IEEE RO-MAN 2012, Paris, France, September 9-13, 2012   209-214   2012年   [査読有り]
Kazunori Terada,Atsushi Yamauchi,Akira Ito
The 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, IEEE RO-MAN 2012, Paris, France, September 9-13, 2012   314-321   2012年   [査読有り]
Akira Ito, Kazunori Terada
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   168-174   2011年7月
How can humans come to share the meaning of signals when only very limited media are available and there are no pre-defined meanings to signals? To answer the above question, we designed two-player games, which require the players' cooperation to ...
寺田 和憲, 伊藤 昭
日本ロボット学会誌   29(5) 445-454   2011年6月   [査読有り]
In the present study, we investigated whether a robot is able to deceive a human by producing a behavior against his/her prediction. A feeling of being deceived by a robot would be a strong indicator that the human treated the robot as an intentio...
山内 厚志, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌   13(1) 41-52   2011年2月   [査読有り]
Kazunori Terada, Kouhei Ono, Akira Ito
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   222-227   2010年9月
Whether or not humans can construe the behaviours of entities depends on their psychological stance. The philosopher Dennett proposed human cognitive strategies (three stances) according to which humans construe the behaviour of other animated obj...
Kazunori Terada, Akira Ito
HRI'10: Proceeding of the 5th ACM/IEEE international conference on Human robot interaction   191-192   2010年3月
In the present study, we investigated whether a robot is able to deceive a human by producing a behavior against him/her prediction. A feeling of being deceived by a robot would be a strong indicator that the human treat the robot as an intentiona...
Kazunori Terada, Takashi Shamoto, Akira Ito
Proceedings of the 17th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN   160-165   2008年8月
The paper investigates the effect of environmental context and attention on how humans attribute goals to the behavior of man-made objects. We presented participants with moving chair's motion along a B-spline trajectory. We manipulated the contex...
How humans solve iterative non-zero-sum games --The difficulty of cooperation--
Akira Ito, Motoki Ohashi, Kei Kato, Kazunori Terada
International Conference on Cognitive Science 2008 (ICCS08)      2008年7月
Kazunori Terada, Takashi Shamoto, Haiying Mei, Akira Ito
IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems   3715-3720   2007年10月
An artifact's behavior must be easily construed and interpreted as meaningful signals in a social or working context. In order to design such an artifact's behavior, we could exploit human psychological functions - theory of mind (ToM) - the abili...
The Importance of Human Stance in Reading Machine's Mind (Intentions)
Akira Ito, Kazunori Terada
12th International Conference on Human-Computer Interaction, HCI International 2007      2007年7月
Akinori Kumazaki, Kazunori Terada, Akira Ito
Proceedings - Second Joint EuroHaptics Conference and Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems, World Haptics 2007   336-341   2007年3月
When a human recognize length of an object while exploring it with their index finger, haptic and visual sensation both provide information for estimating the length of the object. The present study examined the contribution of haptic and visual c...
寺田 和憲, 社本 高史, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌   9(1) 23-22   2007年2月
TERADA Kazunori, KUMAZAKI Akinori, MIYATA Daisuke, ITO Akira
J Robot Mechatron   18(4) 489-498   2006年8月
Toyoaki Nishida, Kazunori Terada, Takashi Tajima, Makoto Hatakeyama, Yoshiyasu Ogasawara, Yasuyuki Sumi, Yong Xu, Yasser F. O. Mohammad, Kateryna Tarasenko, Taku Ohya, Tatsuya Hiramatsu
E89-D 1768-1780   2006年6月
Kazunori Terada, Atsuya Oba, Akira Ito
IEEE International Conference on Systems, Man, Cybernetics, 2005   2 1396-1401   2005年10月
Vision based analysis of human action is a fundamental issue for a robot to interact intelligently with a human. We present a technique for 3D human head tracking using stereo camera. We apply the particle filter algorithm to the problem of head t...
Producing Intentionality in Eye-Contact Robot
Akira Ito, Kazunori Terada
11th International Conference on Human-Computer Interaction, HCI International 2005      2005年7月
寺田 和憲, 中村 恭之, 武田 英明, 小笠原 司
日本ロボット学会誌   21(8) 893-901   2003年11月   [査読有り]
A method for acquiring an internal representation of a vision-based agent by associating visual input with a tactile sensor is presented. Agents that act in the physical world always suffer from the constraints of embodiment. However, embodiment p...
Akira Ito, Shunsuke Hayakawa, Kouji Motokata, Kazunori Terada
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   103-108   2003年10月
We are developing an eye-contact robot, a head robot which can make an eye-contact with humans. The robot can move its head and eyes (gaze directions) freely in pan and tilt directions. Each eye of the robot has two cameras - wide-range and teleph...
Hideaki Takeda, Kazunori Terada, Tatsuyuki Kawamura
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   176-182   2002年12月
In this paper, we propose a new concept for intelligence called Artifact Intelligence that can be another approach to realize intelligent robots. Artifact intelligence means intelligence for artifacts that fits its embodiment, i.e., structures and...
An Active-Affordance-based method for Communication between Humans, Artifacts
Kazunori Terada, Toyoaki Nishida
Knowledge-based Intelligent Information Engineering Systems, Allied Technologies (KES 2002)      2002年9月
Artifact intelligence: Yet another approach for intelligent robots
Hideaki Takeda, Kazunori Terada, Tatsuyuki Kawamura
The 11th IEEE International Workshop on Robot, Human Interactive Communication (ROMAN 2002)      2002年9月
Kazunori Terada, Takayuki Nakamura, Hideaki Takeda
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots, Systems, 2002 (IROS2002)   1 964-969   2002年9月
A method for behavior acquisition that considers embodiment by associating tactile information to visual input is described. An agent that acts in the physical world always suffers constraints derived from embodiment. On the other hand, embodiment...
A Method for Human-Artifact Communication based on Active Affordance
Kazunori Terada, Toyoaki Nishida
AAAI-02 Workshop on Intelligent Situation-Aware Media, Presentations      2002年7月
Active Artifacts: for New Embodiment Relation between Human, Artifacts
Kazunori Terada, Toyoaki Nishida
The 7th International Conference on Intelligent Autonomous Systems      2002年3月

書籍等出版物

 
人とロボットの<間>をデザインする
寺田 和憲(岐阜大学)
2007年12月   

講演・口頭発表等

 
市原望, 深井英和, 寺田和憲
電子情報通信学会技術研究報告   2018年1月19日   
寺田和憲
日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM)   2018年   
林英誉, 加畑亮輔, 寺田和憲, 上野将敬, 山田一憲
電子情報通信学会技術研究報告   2017年10月5日   
市原望, 深井英和, 寺田和憲
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2017年9月4日   
上野将敬, 寺田和憲, 加畑亮輔, 林英誉, 山田一憲
霊長類研究   2017年7月1日   
野々村圭祐, 寺田和憲, 山田誠二, 山田誠二, 山田誠二, 伊藤昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   2017年2月25日   
今村悠人, 寺田和憲, 高橋英之, GIANNOPULU Irini
電子情報通信学会技術研究報告   2017年1月20日   
加畑亮輔, 林英誉, 寺田和憲, 上野将敬, 山田一憲
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2017年   
寺田和憲
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   2017年   
寺田和憲
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2017年   
MAKIGUCHI Akihiro, TAKAHASHI Kazuyuki, KATO Kunihito, TERADA Kazunori, HAGI Takashi
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2016年8月31日   
非ゼロ和状況におけるメタ信号の役割
祖父江 翔太, 伊藤 昭, 寺田 和憲
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2015年1月   
本研究では,事前にコミュニケーション信号が確立されていない状況下において,非ゼロ和ゲームを対戦してもらうことで,コミュニケーションの創発を調査した.コミュニケーションツールとして使用できるものは,事前に意味づけされていない,周波数の違う 2 種類の単音である.実験の結果,相手と協調して得点の獲得を目指す協調ペアと,自己の利益を優先させる非協調ペアに分類することができた.協調ペアは非協調ペアに比べて信号をより正直に使用しており,また獲得コイン数 (得点) も多かった.全てのペアで対戦に直接必...
ロボットとの感情的インタラクションは外見の悪印象を緩和する
野々村 圭祐, 寺田 和憲, 山田 誠二, 伊藤 昭
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2015年1月   
人とインタラクションを行うロボットは,ロボットの振る舞い,外見,インタラクション等様々な要因で評価される.本研究では,外見が劣るロボットであっても人と接触のある感情的なインタラクションを行うことで,外見が優れたロボットと同程度になると考え,この仮説を検証するための参加者実験を行った.実験の結果,親しみの要因についての印象は初見では外見が重視されるが,インタラクションによって初見の印象を覆す程度に向上することが分かった.Human-interactive robots are assesse...
オンラインショッピングにおける商品推薦エージェントの外見とユーザの購買意欲との関係
梁 静, 山田 誠二, 寺田 和憲
ヒューマンインタフェース学会論文誌 The transactions of Human Interface Society   2015年   
二重振子の運動から知覚されるアニマシー(対話・関係,コミュニケーションの計測・モデル化及び一般)
深井 英和, 寺田 和憲, 竹内 勇剛, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2014年10月   
対象の運動から感じられるアニマシーの知覚要因については明らかになっていないことが多い.本研究では,運動方程式によって決定論的に記述される二重振子の運動がカオス性を有することを利用して,アニマシーの知覚要因を明らかにした.実験参加者に,最も生物らしく感じる運動と最も生物らしく感じない運動に相当する二重振子の二つのパラメータ(リンク比と質点の重量比)を調整法によって同定することを求めた.得られたパラメータでの運動に対してエントロピーや時間周波数の解析を行った結果,確率的要素の少ない周期的な運動...
大馬渡 慶太, 伊藤 昭, 寺田 和憲
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2014年5月22日   
部分的に利害の対立する協調型ゲームを用いて,人がどのように意図伝達を行うかを調査した.コミュニケーションに用いることが出来るのは,事前に意味づけがされていない単音のみである.実験の結果,一部のプレイヤーでは,自己利益のため音信号を偽って発信し,もしくは誤解を引き起こすような「騙し」の行動が確認できた.また,完全には信号の共有が達成できない組が多かった。次に,一定間隔で自動的に音信号が交換されるという条件で実験を行ったところ,音信号が生成可能な条件での平均得点よりも低くなった.このことから,...
野々村 圭祐, 寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2014年5月22日   
人とインタラクションを行うロボットは,ロボットの振舞い,外見,インタラクション等様々な要因で評価される.本研究では,外見が劣るロボットであっても人と接触のある感情的なインタラクションを行うことで,外見が優れたロボットと同等の評価を受けるようになると考え,この仮説を検証するための参加者実験を行った.実験の結果,ロボットの可愛さ,親和性,親しくできるの印象は初見では外見が重視されるが,インタラクションによって初見の印象を覆す程度に向上することが分かった.
寺田和憲, 勅使宏武, 伊藤昭
情報処理学会研究報告(Web)   2014年1月8日   
Kazunori Terada, Hideyuki Takahashi, Yuto Imamura, Akira Ito
HAI 2014 - Proceedings of the 2nd International Conference on Human-Agent Interaction   2014年1月1日   
Attributing intention to others is a difficult task for individuals with autism spectrum disorders (ASD). We hypothesize that individuals with ASD ascribe a lower level of abstraction to observed behavior than typically developing individuals. In ...
部分的に利害の対立する協調型ゲームにおける信号の使われ方 (第110回ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)
大馬渡 慶太, 伊藤 昭, 寺田 和憲
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2014年   
ロボットとのインタラクションがロボットの外見に対する印象に与える影響 (第110回ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)
野々村 圭祐, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2014年   
寺田和憲, 川合直裕, 山田誠二, 伊藤昭
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2014年   
黒田拓也, 山田誠二, 寺田和憲
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2014年   
三宅 雄大, 寺田 和憲, 吉川 雅博, 松本 吉央, 高橋 英之, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2013年11月2日   
本研究では,人がアンドロイドを人のようなインタラクション対象とみなすかどうかを繰り返し非ゼロ和ゲームを用いて検証した.実験タスクには協調も搾取も可能な繰り返し非ゼロ和ゲームである1,2,5じゃんけんを用いた.対戦相手としてアンドロイド,PC,人を比較した.実験の結果,実験参加者は対人条件の場合は相手との協調を優先したが,対アンドロイドの場合には対PCと同様に自己利益を追求し搾取を行った.実験結果の解釈を定めるために,追加実験を行い,対人であっても,その人が実験者である場合には自己利益を追求...
祖父江 翔太, 伊藤 昭, 寺田 和憲
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2013年8月16日   
本研究では両者の利害が一致しない(非ゼロ和)条件下でのコミュニケーションの生成を調査した.コミュニケーションツールとしては事前に意味づけされていない単音のみを使用した.また,音を自由に使用できる音有り条件と,音を使用できない音無し条件の2条件で実験を行って,音の有用性を調査した.実験の結果,音無し条件下の平均得点は,音有り条件下の中の相手の音を理解することができなかったペアよりも低いという結果が得られた.この事から,事前に意味が付与されていない音であったとしても,その音信号はコミュニケーシ...
寺田和憲, 山田誠二, 伊藤昭
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2013年7月29日   
人-コンピュータ協調作業において,人がコンピュータのアルゴリズムを理解する認知過程はよくわかっていない.本研究では最も容易に理解できる適応アルゴリズムとして知られる most recently used アルゴリズムがどのように理解されるかを調べた.実験によって,履歴の注目範囲を限定するための決定論バイアスやマルコフ性バイアスなどの帰納的バイアスだけでなく,事前知識に基づく演繹的推論によってアルゴリズム理解がなされることが分かった.
単純な表情描画による感情表出が人の利他行動に与える影響 (第98回 ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)
竹内 力, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2013年5月23日   
本研究では,利他行動を指標として,ロボットが顔表情によって人に感情的な影響を与えることができるかどうかを調べた.実験は2人の参加者がインタフェースを介してネットワーク越しに最後通牒ゲームを行うという設定で行った.実験参加者は全員提案者に割り当てられ,1分以内にスライダーバーの位置を制御することで,提案額を決定するように求められた.その際に相手の反応が単純な線画による顔で実験参加者に示された.実際には相手はコンピュータで,スライダーバーの位置に連動して口角が上下していた.実験の結果,スライダ...
伊本 拓磨, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2013年5月23日   
本研究では,人の視覚に対して輝度変化と動き情報によって危険を通知した際に,どちらが高速な手の回避動作に寄与するかを調べた.実験参加者は危険通知の300ms後に手に向かって振り下ろされる棒から台座に乗せた手を回避させることを求められた.輝度変化条件では棒の先端に取り付けた五EDを点灯させることで危険通知を行った.動き条件では棒の先端を実験参加者の手に向かってわずかに動かすことで危険通知を行った.実験によって,輝度変化による危険通知に対する平均回避時間は306ms,動き情報による危険通知に対す...
勅使 宏武, 寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2013年5月23日   
本研究では,2人で行う協調タスクにおいて,パートナーがミスを繰り返した際にどの程度許容できるかを指標として,親近性が信頼度に与える影響を調べた.親近性の程度は交際期間によって定義し,交際期間が1年以上の友人条件と交際期間がない他人条件で比較した.参加者実験によって,相手がミスを繰り返した場合に,友人条件のほうが他人条件よりもパートナーに仕事を任せなくなることが分かった.この結果は,パートナーを信頼しているかどうかということよりも,パートナーに気を遣ったかどうかが原因であると考えられる.すな...
振舞いに対する予測可能性が生物性と意図性の知覚に及ぼす影響(バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング)
寺田 和憲, 深井 英和, 竹内 涼輔, 伊藤 昭
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   2013年5月1日   
生物性と意図性は人間らしさ知覚の要素と考えられているが両者の違いや関係性は明らかにされていない.本研究では,振舞い予測という新たな観点から両者の違いを明らかにすることを目的として実験を行った.実験ではまず,金魚の振舞いの自己回帰モデルによるモデル化を行い,速度変化と角度変化のパラメータを操作することで質点の運動の動画を複数作成した.作成した動画を実験参加者に提示し,ペンタブレットを用いて追跡させることで,振舞いの予測可能性を客観的に定量化した.動画に対する生物性・意図性の評定値と予測可能性...
D-12-67 顔部品のオプティカルフローに含まれる表情情報(D-12.パターン認識・メディア理解B(コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス))
樋口 大悟, 伊藤 昭, 寺田 和憲
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
人を動かすHAIデザインの認知的アプローチ(<特集>人を動かすHAI)
山田 誠二, 寺田 和憲, 小林 一樹
人工知能学会誌   2013年3月1日   
適応アルゴリズム理解のための認知モデル
寺田 和憲, 山田 誠二, 伊藤 昭
JCSS Japanese Congnitive Science Society   2013年   
ソーシャルマインドとメカニカルマインド
寺田 和憲
日本ロボット学会誌   2013年   
インタラクションのミニマムデザイン (特集論文 インタラクションのミニマムデザイン)
竹内 勇剛, 上杉 繁, 寺田 和憲
ヒューマンインタフェース学会論文誌 The transactions of Human Interface Society   2013年   
Fixed Pattern Deviation Hypothesis of Intention Attribution
Kazunori Terada, Seiji Yamada, Akira Ito
2012 International Workshop on Human-Agent Interaction (iHAI 2012)   2012年10月   
定型性と逸脱性に基づくインタラクションのモデル化 (人工知能学会全国大会(第26回)文化,科学技術と未来) -- (オーガナイズドセッション「OS-03 人を動かすHAI」)
寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会論文集   2012年   
ロボットの怒りに対して人間は譲歩するか
山内 厚志, 寺田 和憲, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2011   2011年12月   
ボーナス付きマッチングペニーゲームにおける人間からエージェントへの適応プロセスの解明
寺田 和憲, 山田 誠二, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2011   2011年12月   
動的な発色変数によるロボットの感情モデル
山内 厚志, 寺田 和憲, 伊藤 昭
第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2011年9月12日   
共有言語の存在しない状況下でのコミュニケーション確立過程の分析--協調型二人ゲームを用いて
伊藤 昭, 山下 祥弘, 寺田 和憲
日本認知科学会第28回大会発表論文集   2011年9月   
Dennett の哲学的論考が指摘する3つのスタンスの存在の検証
寺田 和憲, 岩瀬 寛, 伊藤 昭
日本認知科学会第28回大会発表論文集   2011年9月   
人間はロボットに騙されるか? : ロボットの意外な振る舞いは意図帰属の原因となる
寺田 和憲, 伊藤 昭
日本ロボット学会誌   2011年6月15日   
In the present study, we investigated whether a robot is able to deceive a human by producing a behavior against his/her prediction. A feeling of being deceived by a robot would be a strong indicator that the human treated the robot as an intentio...
人を騙すHAI
寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会論文集   2011年6月   
SIG-CE第5回研究談話会「ファーストコンタクト-宇宙人がやってきた!その時自分の研究をどう使う!?-」参加報告
寺田 和憲
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   2011年5月25日   
皮膚感覚での長さ知覚における速度時間積分 (第73回ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)
寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2011年5月16日   
指先を動かすことによる長さ知覚においては自己受容感覚が大きな役割を果たす.しかし,皮膚感覚から得られる速度情報が長さ知覚に何らかの影響を与えていると考えられる.皮膚感覚によって長さを知覚するためには,観測される速度情報を逐次に積分する必要がある.本研究では,皮膚感覚での長さ知覚が速度に影響を受けることを利用して,実際にそのような積分が行われていることを確認した.
寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2011年5月   
樋口 大悟, 西原 悠貴, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会研究報告. HCI, [ヒューマンコンピュータインタラクション]   2011年5月   
山下 祥弘, 坂野 了太, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会全国大会講演論文集   2011年3月2日   
オプティカルフローを用いた顔動画からの表情変化の抽出
西原 悠貴, 樋口 大悟, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会全国大会講演論文集   2011年3月   
野澤 皓右, 坂本 龍哉, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会全国大会講演論文集   2011年3月   
意外性と意図帰属(一般,『コミュニケーションの身体を捉える』及び一般)
寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2011年2月28日   
本稿では,コミュニケーションにおける身体の問題を振舞の理解と予測という観点から論じる.その中で,意図帰属が人間同士の振舞予測戦略の中核をなすことあることを述べる.
寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2011年2月   
感情に関連付けられた動的発色変数の分析による感情モデル
山内 厚志, 寺田 和憲, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2010   2010年12月   
J-010 協調問題解決における色信号を用いた意図の伝達(J分野:ヒューマンコミュニケーション&インタラクション,一般論文)
坂野 了太, 山下 祥弘, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報科学技術フォーラム講演論文集   2010年8月20日   
坂野 了太, 山下 祥弘, 伊藤 昭, 寺田 和憲
第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010)講演論文集   2010年8月   
志向姿勢再考
寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会(第24回)論文集   2010年6月   
ロボットは人間を騙せるか?
寺田 和憲, 伊藤 昭
第15回ロボティクスシンポジア講演論文集   2010年3月   
志向姿勢再考 : ロボットと人間の違いはどこにあるのか?
寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会論文集   2010年   
多義的振舞解釈における振舞抽象化戦略
小野康平, 寺田 和憲, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2009   2009年12月   
人間を騙すロボット
寺田 和憲, 小野 康平, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2009   2009年12月   
Is He An Ally or An Enemy --- Difficulties of Cooperation
Akira Ito, Kei Kato, Kazunori Terada
The Fifth Asia-Pacific Computing, Philosophy Conference   2009年10月   
非ゼロ和ゲームにおける「公平さ」の役割
加藤 慧, 稲葉 吉弘, 伊藤 昭, 寺田 和憲
日本認知科学会第26回大会   2009年9月   
福永 圭佑, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2009年8月   
Detecting Underlying Stance Adopted When Human Construe Behavior of Entities
Kazunori Terada, Kouhei Ono, Akira Ito
Proceedings of the FIRA RoboWorld Congress 2009 on Advances in Robotics   2009年8月   
身体的インタラクションによる意図推定
寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会論文集   2009年6月   
Effects of Attention on Intention, Goal Attribution toward Robot's Behavior
Kazunori Terada, Akira Ito
The 7th International Workshop on Social Intelligence Design (SID 08)   2008年12月   
人間はロボットをどう見るか?(ワークショップ(ポジションペーパー,ディスカッション),コミュニケーションをつむぐ身体,HCSワークショップ)
寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2008年11月16日   
本稿では「人間がロボットをどう見るか?」について,Dennettの提案する3つのスタンス(意図スタンス・設計スタンス,物理スタンス)に基づいて議論する.その中で,我々の実験結果を交え,人間がロボットに対して意図スタンスを採用することが人間がロボットの振舞いを理解するために必要不可欠であることを述べる.
寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   2008年11月   
ヒトの皮膚感覚による長さ知覚における時間-空間情報の統合(手)
寺田 和憲, 高津 彰子, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2008年10月31日   
手を静止した状態で指先に触れている対象物が移動すると長さが知覚される.本研究では,まず知覚される長さと走査速度の関係について調べた.実験の結果,知覚される長さは速度が遅くなるほど長く感じられ,この特性は10cm/s以下で顕著になることが分かった.この現象を解明するために,皮膚感覚における速度知覚,皮膚感覚に刺激を与えられている場合の時間知覚について調べた.実験の結果,知覚される速度は刺激の速度の増加に対して線形でかつ比較的正確に知覚され,時間に関しては刺激速度が遅いほど短く感じられることが...
寺田 和憲, 高津 彰子, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2008年10月   
非ゼロ和ゲームにおける人の相手認識と行動選択の関係 ---封筒交換実験を例に---
加藤 慧, 大橋 資紀, 伊藤 昭, 寺田 和憲
日本認知科学会第25回大会   2008年9月   
J-027 オプティカルフローとニューラルネットを用いた顔の動き情報検出(ヒューマンコミュニケーション&インタラクション,一般論文)
井上 真紀子, 小田 英介, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報科学技術フォーラム講演論文集   2008年8月20日   
井上 真紀子, 小田 英介, 伊藤 昭, 寺田 和憲
第7回情報科学技術フォーラム(FIT2008)講演論文集   2008年8月   
2P2-I09 複数カメラを用いたヒューマン・ロボット・インタラクションの分析(ヒューマン・エージェント・インタラクション)
山口 裕之, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
Human sometimes attributes intentions toward inanimate beings. Attributing intentions toward robots enables human to explain and predict its behavior and leads to smooth communication. Thus, the mechanism that triggers intention attribution must b...
複数カメラを用いたヒューマン・ロボット・インタラクションの分析
山口 裕之, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ロボティクス・メカトロニクス講演会2008 (ROBOMEC2008)   2008年6月   
対象の振舞理解のための人間の心的姿勢
小野 康平, 寺田 和憲, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会論文集   2008年   
人工物の振舞いに対する目的帰属
寺田 和憲, 社本 高史, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2007   2007年12月   
皮膚感覚と自己受容感覚を用いた対象の長さ知覚 (第28回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2007 予稿集)
高津 彰子, 熊崎 晶規, 寺田 和憲
バイオメカニズム学術講演会予稿集   2007年11月10日   
視触覚長さ知覚における刺激の不確かさが与える影響 (第28回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2007 予稿集)
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
バイオメカニズム学術講演会予稿集   2007年11月10日   
高津 彰子, 熊崎 晶規, 寺田 和憲
第28回バイオメカニズム学術講演会予稿集 (SOBIM2007)   2007年11月   
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
第28回バイオメカニズム学術講演会予稿集 (SOBIM2007)   2007年11月   
複数アクティブカメラによる人物頭部追跡及び個人識別
山口 裕之, 寺田 和憲, 伊藤 昭
第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集   2007年9月   
対象の振舞に対する人間の意図帰属の測定方法の比較
小野 康平, 社本 高史, 寺田 和憲, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェースシンポジウム2007   2007年9月   
環境要因が人工物に対する目的帰属に与える影響
社本 高史, 山口 裕之, 寺田 和憲, 伊藤 昭
第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集   2007年9月   
J-003 人の目の動きに含まれる「心の動き」情報の分析(J分野:ヒューマンコミュニケーション&インタラクション)
小田 英介, 王 磊, 井上 真紀子, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
F-032 繰り返し非ゼロ和ゲームにおける人の協調心理の分析 : 3CardGameを用いて(F分野:人工知能・ゲーム)
加藤 慧, 大橋 資紀, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
F-031 ジレンマ状況における協調・敵対の選択メカニズム(F分野:人工知能・ゲーム)
大橋 資紀, 加藤 慧, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
小田 英介, 王 磊, 井上 真紀子, 伊藤 昭, 寺田 和憲
第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)一般講演論文集   2007年8月   
加藤 慧, 大橋 資紀, 伊藤 昭, 寺田 和憲
第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)一般講演論文集   2007年8月   
大橋 資紀,加藤 慧, 伊藤 昭, 寺田 和憲
第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)一般講演論文集   2007年8月   
意図的人工物
寺田 和憲, 社本 高史, 梅 海櫻, 伊藤 昭
人工知能学会全国大会(第21回)論文集   2007年6月   
非ゼロ和ゲームにおけるエントロピーを基にした相手戦略の推定
大橋 資紀, 伊藤 昭, 寺田 和憲
情報処理学会第69回全国大会   2007年3月   
進化システムによる相手を読む戦略の創発
山田 悠矢, 伊藤 昭, 寺田和憲
情報処理学会第69回全国大会   2007年3月   
心の理論の枠組を利用した人工物から人間への意図伝達
寺田 和憲, 社本 高史, 伊藤 昭
ヒューマンインタフェース学会論文誌   2007年2月25日   
人工物に対する人間のスタンスの評価方法
社本 高史, 寺田 和憲, 伊藤 昭
HAIシンポジウム2006   2006年12月   
人工物に対する意図性の付加が機能発現に及ぼす影響
寺田 和憲, 社本 高史, 伊藤昭
HAIシンポジウム2006   2006年12月   
触運動による長さ知覚における視覚の役割
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
映像情報メディア学会技術報告   2006年10月26日   
触運動による長さ知覚における視覚の役割(マルチモーダル情報処理とインタフェース&応用システム及び一般)
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2006年10月19日   
ヒトが指先で物を撫でてその長さを判断するとき,触覚と共に視覚からの情報も用いている.本研究では視覚に入力される情報にノイズを加えていくことによって,触運動による長さ知覚の課題において,視覚の優先度がどのように変化するかを調べた.実験は単一感覚条件と視覚入力に段階的にノイズを付加するノイズ条件の二つの条件で実験を行った.その結果,単一感覚での長さの知覚には差が見られなかった.ノイズが50%までは視覚による知覚が優先的に行われたが,ノイズ量が75%以上になると視覚の優先度が下がり,触覚が優位に...
熊崎 晶規, 寺田 和憲, 伊藤 昭
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2006年10月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 寺田 和憲
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 寺田 和憲
今年度の主な成果は以下の2点である.(1) 認知粒度に基づくASDの社会コミュニケーション障害の説明理論の検討自閉症スペクトラム障害(ASD)はDSM-5によって1)社会的コミュニケーション障害と2)限定された興味,常同行動という明確に分かれた二つの特徴によって規定されている.後者の特徴は誤差に対する許容性の小ささによって説明されている.本研究では,目的志向的な世界の分節における認知粒度の小ささによって,他者の心が読めないという前者の特徴も説明可能であるという仮説を導いた.また,この仮説を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 竹内 勇剛
高度化・複雑化していくシステムと人間との協調的・共生的な関係を実現するためには,自律性をもったロボットやエージェントという形でシステムが人間にとって社会的な存在としての役割を担うことが重要になってくる.しかし,人間がシステムの自律的な振る舞いに対してどのような条件で他者性を認知し,同時にどのような条件のもとでシステムの協調作業の相手として社会的に認知するかという問題は未だ解決していない.そこで本研究では,人間がシステムに対して他者性を認知する上での人間とシステムとの相互行為を解明し,システ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 伊藤 昭
我々はコミュニケーションの創発の研究を行っているが、心を読むことに基づくコミュニケーションが本質的に必要とされるのは、利害が完全には一致せず相手からのメッセージが必ずしも信頼できない、にもかかわらず協調が必要とされる、という状況であるという認識に至った。人と人工物のコミュニケーションにおいても、例えば交通流量制御を考えても、全体としての目標は一致していたとしても、制御する側、される側での利害の対立があり、利害の部分的対立下での協調が一般的なコミュニケーション環境である。上記の認識から、我々...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 寺田 和憲
今年度の主な成果は以下の2点である.(1) エージェントの法則的振舞を理解する際の人の認知モデルの解明人がエージェントの法則的振舞いを理解する際の認知モデルを,人-コンピュータ協調作業タスクを用いて明らかにした.本研究では最も容易に理解できる適応アルゴリズムとして知られる most recently used アルゴリズムがどのように理解されるかを調べた.実験によって,履歴の注目範囲を限定するための決定論バイアスやマルコフ性バイアスなどの帰納的バイアスだけでなく,事前知識に基づく演繹的推論...

社会貢献活動

 
ITに学生の発想力を ヤフー社員、岐阜大で講義中 アイデア具体化し来月発表会
【】  朝日新聞  朝日新聞  2014年6月7日
IT企業の手法体験 ヤフーが岐阜大で特別講座
【】  中日新聞  中日新聞  2014年7月9日
◎研究室から大学はいま:ロボット作りで「心」を解明
【】  岐阜  岐阜  2015年8月11日
講師
【】  名古屋大学教育発達研究所  名古屋大学教育発達研究所  2016年4月23日 - 2016年4月23日