仲嶋 一範

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/25 14:54
 
アバター
研究者氏名
仲嶋 一範
 
ナカジマ カズノリ
eメール
kazunorikeio.jp
URL
https://www.nakajimalab.com
所属
慶應義塾大学
部署
医学部解剖学
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学)
科研費研究者番号
90280734
ORCID ID
0000-0003-1864-9425

研究分野

 
 

経歴

 
1988年5月
 - 
1990年3月
慶應義塾大学病院 内科 研修医
 
1994年4月
 - 
1995年3月
東京大学 日本学術振興会特別研究員(博士)
 
1994年4月
 - 
1995年3月
理化学研究所 分子神経生物学研究室 研究嘱託
 
1995年4月
 - 
1998年8月
理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター 分子神経生物学研究室 研究員
 
1996年2月
 - 
1998年2月
米国聖ジュード小児研究病院 発生神経生物学部 客員研究員
 
1997年10月
 - 
1998年8月
理化学研究所脳科学総合研究センター 発生・分化研究グループ発生神経生物研究チーム 研究員
 
1998年9月
 - 
2001年4月
東京慈恵会医科大学 DNA医学研究所分子神経生物学研究部門 部門長・講師
 
1998年9月
 - 
2003年3月
理化学研究所脳科学総合研究センター 発生・分化研究グループ、発生神経生物研究チーム 非常勤研究員
 
1999年10月
 - 
2002年9月
科学技術振興事業団さきがけ研究21 "素過程と連携"領域 研究者
 
2000年4月
 - 
2001年3月
千葉大学医学部 解剖学第二講座 非常勤講師
 
2001年5月
 - 
2002年3月
東京慈恵会医科大学 DNA医学研究所分子神経生物学研究部門 部門長・助教授
 
2002年4月
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 解剖学 教授
 
2002年4月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 客員教授
 
2002年6月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 医学研究科 非常勤講師
 
2002年6月
 - 
現在
慶應義塾大学 大学院医学研究科(博士課程) 委員
 
2002年7月
 - 
現在
慶應義塾大学 大学院医学研究科(修士課程) 委員
 
2004年4月
 - 
2005年3月
京都府立医科大学 客員講師
 
2004年10月
 - 
2005年3月
東京都立大学大学院 理学研究科 非常勤講師
 
2005年10月
 - 
2006年2月
千葉大学大学院 理学研究科 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
福井大学医学部 非常勤講師
 

受賞

 
2013年2月
井上科学振興財団 第29回(2012年度)井上学術賞 大脳皮質の発生・分化機構
 
2001年4月
東京慈恵会医科大学やよい会 第5回上田英雄賞 脳神経細胞の配置決定のメカニズム
 
2000年10月
日本神経化学会 第1回最優秀奨励賞 脳皮質形成のメカニズム
 

論文

 
Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Satoshi Yoshinaga, Kanehiro Hayashi, Yukio Hirata, Colette Dehay, Ken-ichiro Kubo*, and Kazunori Nakajima* (*corresponding authors) (M. Shin and A. Kitazawa are co-first authors)
J. Comp. Neurol.      2019年   [査読有り]
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima* (*corresponding author)
J. Neurosci.   39(4) 678-691   2018年   [査読有り]
Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Encyclopedia of Signaling Molecules (Sangdun Choi, ed.),      2018年7月   [査読有り]
Koji Oishi* and Kazunori Nakajima* (* are the corresponding authors)
Neurochem. Res.   43(1) 238-244   2018年1月   [査読有り]
Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Cereb. Cortex   238-244   2018年1月   [査読有り]
Kei-ichi Katayama, Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Kazushige Sakaguchi, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Brain Struct. Funct.   222(9) 4283-4291   2017年12月   [査読有り]
Hironobu Okuno,Francois Renault Mihara, Shigeki Ohta, Kimiko Fukuda, Kenji Kurosawa, Wado Akamatsu, Tsukasa Sanosaka, Jun Kohyama, Kanehiro Hayashi, Kazunori Nakajima, Takao Takahashi, Joanna Wysocka, Kenjiro Kosaki, and Hideyuki Okano
eLife   6(e21114)    2017年11月   [査読有り]
Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, Kazunori Nakajima, Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
EBioMedicine   24 102-115   2017年10月   [査読有り]
Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Wenting Ling, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, and Chiharu Tohyama
PLoS One   12(8) e0183497   2017年8月   [査読有り]
Ken-ichiro Kubo*, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Yukiko Ito, Keitaro Yoshida, Toshihiro Endo, Seico Benner, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Minkyung Shin, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Masaki Kakeyama, Chiharu Tohyama, Kenji F. Tanaka, Kohichi Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue*, and Kazunori Nakajima* (* are the co-corresponding authors)(K. Kubo and K. Deguchi are co-first authors)
JCI Insight,   2(10,e88609)    2017年5月   [査読有り]
Satoshi Yoshinaga and Kazunori Nakajima
Science   356(6336) 376-377   2017年4月
Yuki Hirota and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Front. Cell Dev. Biol.   5(40)    2017年4月   [査読有り]
Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Kanehiro Hayashi, Arata Nagasaka, Seika Inoue, Takaki Miyata, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)(Y. Matsunaga and M. Noda are co-first authors)
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   114(8) 2048-2053   2017年2月   [査読有り]
Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, and Chiharu Tohyama
J. Toxicol. Sci.   42(1) 25-30   2017年2月   [査読有り]
Minae Niwa, Tyler Cash-Padgett, Ken-Ichiro Kubo, Atsushi Saito, Kazuhiro Ishii, Akiko Sumitomo, Yu Taniguchi, Koko Ishizuka, Hanna Jaaro-Peled, Toshifumi Tomoda, Kazunori Nakajima, Akira Sawa, and Atsushi Kamiya
Mol. Psychiatry   21(11) 1488-1489   2016年11月   [査読有り]
Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Front. Cell. Neurosci.   10(229)    2016年10月   [査読有り]
Yoshinobu Hara, Masahiro Fukaya, Kanehiro Hayashi, Takeshi Kawauchi, Kazunori Nakajima, and Hiroyuki Sakagami.
eNeuro   3((4) e0148) 1-20   2016年8月   [査読有り]
Haruka Sudo and Kazunori Nakajima
Oncotarget   7(33) 53712-53734   2016年8月   [査読有り]
Takao Honda and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Cereb. Cortex   26(7) 3219-3236   2016年7月   [査読有り]
Yasuhiro Itoh, Maiko Higuchi, Koji Oishi, Yusuke Kishi, Tomohiko Okazaki, Hiroshi Sakai, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, and Yukiko Gotoh
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   113(21) E2955-2964   2016年5月   [査読有り]
Stephanie Tankou, Kazuhiro Ishii, Christina Elliott, Krishna C. Yalla, Jon P. Day, Keiko Furukori, Ken-ichiro Kubo, Nicholas J. Brandon, Qiyi Tang, Gary Hayward, Kazunori Nakajima Miles D. Houslay, Atsushi Kamiya, George Baillie, Koko Ishizuka, and Akira Sawa
Mol. Neuropsychiatry   2(1) 20-27   2016年5月   [査読有り]
Koji Oishi*, Michihiko Aramaki, and Kazunori Nakajima* (* are the corresponding authors)
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A   113(12) 3371-3376   2016年3月   [査読有り]
Koji Oishi*, Nao Nakagawa, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Michihiko Aramaki, Shinji Hirano, Nobuhiko Yamamoto, Yumiko Yoshimura, and Kazunori Nakajima* (* are the corresponding authors)
eLife   5(e10907) 1-26   2016年2月   [査読有り]
Wenting Ling, Toshihiro Endo, Ken-ichiro Kubo, Masaki Kakeyama, Kazunori Nakajima and Chiharu Tohyama
Front. Endocrinol   7(7)    2016年2月   [査読有り]
Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Chieri Matsuyoshi, Seico Benner, Mayuko Hosokawa, Toshihiro Endo, Wenting Ling, Masanobu Kohda, Kazuhito Yokoyama, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, and Chiharu Tohyama
Neurotoxicol. Teratol   52(Pt A) 42-50   2015年10月   [査読有り]
Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama*, and Kazunori Nakajima * (* are the corresponding authors)(K. Ishii and K. Kubo are co-first authors)
J. Neurosci.   35(36) 12432-12445   2015年9月   [査読有り]
Shigeaki Kanatani, Takao Honda, Michihiko Aramaki, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Mami Ishida, Daisuke H. Tanaka, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Takahiko Kawasaki, Tatsumi Hirata, Hidenori Tabata, Per Uhlén, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   112(36) E4985-4994   2015年9月   [査読有り]
Hisayuki Hashimoto, Shinsuke Yuasa, Hidenori Tabata, Tomohisa Seki, Shugo Tohyama, Nozomi Hayashiji, Fumiyuki Hattori, Dai Kusumoto, Akira Kunitomi, Makoto Takei, Shin Kashimura, Gakuto Yozu, Masaya Shimojima, Chikaaki Motoda, Naoto Muraoka, Kazunori Nakajima Asako Sakaue-Sawano, Atsushi Miyawaki, and Keiichi Fukuda
Biochem. Biophys. Res. Commun.   464(4) 1000-1007   2015年9月   [査読有り]
Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Ayako Kitazawa, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Front. Neurosci.   9(Article 135)    2015年4月   [査読有り]
Sonja Rakić, Shigeaki Kanatani, David Hunt, Clare Faux, Anna Cariboni, Francesca Chiara, Shabana Khan, Olivia Wansbury, Beatrice Howard, Kazunori Nakajima, Margareta Nikolić, and John G. Parnavelas
Cereb. Cortex   25(4) 991-1003   2015年4月   [査読有り]
Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima* and Mitsuharu Hattori* (* contributed equally to this work and are the corresponding authors) (T. Kohno, T. Honda, and K. Kubo are co-first authors)
J. Neurosci.   35(11) 4776-4787   2015年3月   [査読有り]
Mai Yamakawa, Daisuke Ito, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Mariko Noda, Kazunori Nakajima, and Norihiro Suzuki
Hum. Mol. Genet.   24(6) 1630-1645   2015年3月   [査読有り]
Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Kei-ichi Katayama, Takao Honda, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
J. Comp. Neurol.   523(3) 463-478   2015年2月   [査読有り]
Yoshiaki V. Nishimura, Mima Shikanai, Mikio Hoshino, Toshio Ohshima, Yo-ichi Nabeshima, Ken-ichi Mizutani, Koh-ichi Nagata, Kazunori Nakajima, and Takeshi Kawauchi.
Development   141(18) 3540-3550   2014年9月   [査読有り]
Katsutoshi Sekine, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)
Neurosci. Res.   86(September) 50-58   2014年9月   [査読有り]
Hisayuki Hashimoto, Shinsuke Yuasa, HidenoriTabata, Shugo Tohyama, Nozomi Hayashiji, Fumiyuki Hattori, Naoto Muraoka, Toru Egashira, Shinichiro Okata, Kojiro Yae, Tomohisa Seki, Takahiko Nishiyama, Kazunori Nakajima, Asako Sakaue-Sawano, Atsushi Miyawaki, and Keiichi Fukuda
J. Mol. Cell. Cardiol.   72 241-249   2014年7月   [査読有り]
Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Kanehiro Hayashi, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author) (A. Kitazawa, K. Kubo, and K. Hayashi are co-first authors)
J. Neurosci.   34(4) 1115-1126   2014年1月   [査読有り]
Soumya Narayan, Kazunori Nakajima, and Akira Sawa
The Neuroscientist   19(5) 451-464   2013年10月   [査読有り]
Mayumi Okamoto, Takashi Namba, Tomoyasu Shinoda, Takefumi Kondo, Tadashi Watanabe, Yasuhiro Inoue, Kosei Takeuchi, Yukiko Enomoto, Kumiko Ota, Kanako Oda, Yoshino Wada, Ken Sagou, Kanako Saito, Akira Sakakibara, Ayano Kawaguchi, Kazunori Nakajima, Taiji Adachi, Toshihiko Fujimori, Masahiro Ueda, Shigeo Hayashi, Kozo Kaibuchi, and Takaki Miyata
Nat. Neurosci.   16(11) 1556-1566   2013年9月   [査読有り]
Hidenori Tabata*, Hachiya Tsuyoshi, Koh-ichi Nagata, Yasubumi Sakakibara, and Kazunori Nakajima* (* are the corresponding authors)
Front. Neuroanat.   7(24)    2013年7月   [査読有り]
Mio Oshikawa, Kei Okada, NAKAJIMA KAZUNORI and Itsuki Ajioka
Development   140(11) 2310-2320   2013年6月   [査読有り]
Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, John G. Parnavelas, NAKAJIMA KAZUNORI, Shinichi Kohsaka, Carina Hanashima and Shigeo Uchino
Cereb. Cortex   23(6) 1495-1508   2013年6月   [査読有り]
Takahiro Fuchigami, Yutaka Sato, Yuya Tomita, Tetsuya Takano, Shin-ya Miyauchi, Yukinori Tsuchiya, Taro Saito, Ken-ichiro Kubo, KAZUNORI NAKAJIMA, Mitsunori Fukuda, Mitsuharu Hattori, and Shin-ichi Hisanaga
Genes to Cells   18(5) 410-424   2013年5月   [査読有り]
Mitsuaki Nishikimi, Koji Oishi*, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Special Issue: “Physiology and Plasticity of Interhemispheric Connections” Neural Plast.   2013 Article ID 149060 (7 pages)   2013年2月   [査読有り]
Chiaki Ohtaka-Maruyama, Shinobu Hirai, Akiko Miwa, Julian lk-Tsen Heng, Hiroshi Shitara, Rie Ishii, Choji Taya, Hitoshi Kawano, Masataka Kasai,NAKAJIMA KAZUNORI , and Haruo Okado
Cell Reports   3(2) 1-14   2013年2月   [査読有り]
Katsutoshi Sekine, Takeshi Kawauchi, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Joachim Herz, Mitsuharu Hattori, Tatsuo Kinashi, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author)
Neuron   76(2) 353-369   2012年10月   [査読有り]
Satoshi Yoshinaga, Takahiro Ohkubo, Shinji Sasaki, Mutsuo Nuriya, Yukino Ogawa, Masato Yasui, Hidenori Tabata*, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
J. Neurosci.,   32(34) 11643-11656   2012年8月   [査読有り]
Rokuya Nochi, Tomomasa Kato, Jun Kaneko, Yoshie Itou, Hiroshi Kuribayashi, Satoshi Fukuda, Yasushi Terazono, Ayumu Matani, Shigeaki Kanatani, NAKAJIMA KAZUNORI and Tatsuhiro Hisatsune
Eur. J. Neurosci.   36(3) 2273-2283   2012年8月   [査読有り]
Sayaka Kusuzawa, Takao Honda, Yuko Fukata, Masaki Fukata, Shigeaki Kanatani, Daisuke H. Tanaka, NAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author)
Eur. J. Neurosci.,   36(3) 2284-2292   2012年8月   [査読有り]
Daisuke H. Tanaka*, NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Eur. J. Neurosci.   35(11) 1655-1660   2012年6月   [査読有り]
Daisuke H. Tanaka* ,NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Dev. Growth Differ.,in press.   54(3) 366-372   2012年4月   [査読有り]
Hidenori Tabata*, Satoshi Yoshinaga, andNAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Exp. Brain Res.   216(2) 161-168   2012年1月   [査読有り]
Mitsuaki Nishikimi, Koji Oishi*, Hidenori Tabata, Kenichi Torii, and U>NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
J. Neurosci.   31(45) 16251-16260   2011年11月   [査読有り]
Daisuke H. Tanaka, Kazuya Toriumi, Ken-ichiro Kubo, Toshitaka Nabeshima*, and U>NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
J. Neurosci.   31(40) 14116-14125   2011年10月   [査読有り]
Itsuki Ajioka, Shizuko Ichinose,NAKAJIMA KAZUNORI, and Hidehiro Mizusawa
Biomaterials   32(25) 5765-5772   2011年9月   [査読有り]
Makoto Takemoto, Yuki Hattori, Hong Zhao, Haruka Sato, Atsushi Tamada, Shinji Sasaki, NAKAJIMA KAZUNORI and Nobuhiko Yamamoto
Cereb. Cortex   21(8) 1925-1934   2011年8月   [査読有り]
Takao Honda, Kazuma Kobayashi, Katsuhiko Mikoshiba, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author)
Neurochem. Res.   36(7) 1270-1279   2011年7月   [査読有り]
Yee Ping Yip, Guangdou Zhou, Ken-ichiro Kubo, NAKAJIMA KAZUNORI, and Joseph W. Yip
J. Comp. Neurol.   519(10) 1970-1978   2011年7月   [査読有り]
Katsutoshi Sekine, Takao Honda, Takeshi Kawauchi, Ken-ichiro Kubo, andNAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author)
J. Neurosci.   31(25) 9426-9439   2011年6月   [査読有り]
Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author) (K. Tomita and K. Kubo are co-first authors)
Hum. Mol. Genet., in press.   20(14) 2834-2845   2011年6月   [査読有り]
Koko Ishizuka, Atsushi Kamiya, Edwin C. Oh, Hiroaki Kanki, Saurav Seshadri, Jon F. Robinson, Hannah Murdoch, Allan J. Dunlop, Ken-ichiro Kubo,Keiko Furukori, Beverly Huang, Mariela Zeledon, Akiko Hayashi-Takagi, Hideyuki Okano, NAKAJIMA KAZUNORI, Miles D. Houslay, Nicholas Katsanis, andAkira Sawa
Nature   473(7345) 92-96   2011年5月   [査読有り]
Daisuke H. Tanaka*, Ryo Oiwa, Erika Sasaki, andNAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   108(19) 8015-8020   2011年5月   [査読有り]
N-Cadherin regulates radial glial fiber-dependent migration of cortical locomoting neurons.
Mima Shikanai, NAKAJIMA KAZUNORI and Takeshi Kawauchi
Communicative & Integrative Biology   4(3) 326-330   2011年5月   [査読有り]
Yongheng Cao, Masanori Nakata, Shiki Okamoto, Eisuke Takano, Toshihiko Yada, Yasuhiko Minokoshi, Yukio Hirata, NAKAJIMA KAZUNORI, Kristy Iskandar, Yoshitake Hayashi, Wataru Ogawa, Gregory S. Barsh, Hiroshi Hosoda, Kenji Kangawa, Hiroshi Itoh, Tetsuo Noda, Masato Kasuga, and Jun Nakae
PLoS ONE   6(4) e18324   2011年4月   [査読有り]
Yuichi Tamura, Keisuke Matsumura, Motoaki Sano, Hidenori Tabata, Kensuke Kimura, Masaki Ieda, Takahide Arai, Yohei Ohno, Hideaki Kanazawa, Shinsuke Yuasa, Ruri Kaneda, Shinji Makino, Kazunori Nakajima, Hideyuki Okano, and Keiichi Fukuda
Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   31(3) 582-589   2011年3月   [査読有り]
Kazunobu Sawamoto, Yuki Hirota, Clara Alfaro-Cervello, MarioSoriano-Navarro, Xiaoping He, Yoshika Hayakawa-Yano, Masayuki Yamada, Keigo Hikishima, Hidenori Tabata, Akio Iwanami,NAKAJIMA KAZUNORI, Yoshiaki Toyama, Toshio Itoh, Arturo Alvarez-Buylla, Jose Manuel Garcia-Verdugo,and Hideyuki Okano(K. Sawamoto, Y. Hirota, C. Alfaro-Cervello, M. Soriano-Navarro contributed equally to this work)
J. Comp. Neurol.   519(4) 690-713   2011年1月   [査読有り]
Daisuke H. Tanaka, Sakae Mikami, Takashi Nagasawa, Jun-ichi Miyazaki, NAKAJIMA KAZUNORI and Fujio Murakami
Cereb. Cortex   20(12) 2810-2817   2010年11月   [査読有り]
Ken-ichiro Kubo, Kenji Tomita, Asuka Uto, Keisuke Kuroda, Saurav Seshadri, Jared S. Cohen, Kozo Kaibuchi, Atsushi Kamiya*,NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)(K. Kubo and K. Tomita are co-first authors)
Biochem. Biophys. Res. Commun.   400(4) 631-637   2010年10月   [査読有り]
Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Kenji Tomita, Katsutoshi Sekine, Kazuhiro Ishii, Asuka Uto, Kazuma Kobayashi, Hidenori Tabata, <U>NAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author)
J. Neurosci.   30(33) 10953-10966   2010年8月   [査読有り]
Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Mima Shikanai, Kaori Chihama, Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo,NAKAJIMA KAZUNORI, Yo-ichi Nabeshima, and Mikio Hoshino
Neuron   67(4) 588-602   2010年8月   [査読有り]
Shigeo Uchino, Takae Hirasawa, Hidenori Tabata, Yuko Gonda, Chikako Waga, Yumiko OndoNAKAJIMA KAZUNORIand Shinichi Kohsaka (S. Uchino, T. Hirasawa, and H. Tabata are co-first authors.)
Neuroscience   169(2) 609-618   2010年8月   [査読有り]
Minae Niwa, Atsushi Kamiya, Rina Murai, Ken-ichiro Kubo, Aaron J Gruber, Kenji Tomita, Lingling Lu, Shuta Tomisato, Hanna Jaaro-Peled, Saurav Seshadri, Hideki Hiyama, Beverly Huang, Kazuhisa Kohda, Yukihiro Noda, Patricio O’Donnell, NAKAJIMA KAZUNORI, Akira Sawa, and Toshitaka Nabeshima
Neuron   65(4) 480-489   2010年2月   [査読有り]
Yoshiaki V. Nishimura, Katsutoshi Sekine, Kaori Chihama,NAKAJIMA KAZUNORI, Mikio Hoshino, Yo-ichi Nabeshima, and Takeshi Kawauchi
J. Biol. Chem.   285(8) 5878-5887   2010年2月   [査読有り]
Kaoru Eto, Takeshi Kawauchi, Makiko Osawa, Hidenori Tabata*, and NAKAJIMA KAZUNORI* (* are the corresponding authors)
Neurosci. Res.   66 37-45   2010年1月   [査読有り]
Koji Oishi, Kenji Watatani, Yasuhiro Itoh, Hideyuki Okano, François Guillemot, NAKAJIMA, Kazunori, and Yukiko Gotoh
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   106(31) 13064-13069   2009年8月   [査読有り]

Misc

 
Ryoichiro Kageyama and Kazunori Nakajima
Neurosci. Res.   138 1-2   2019年
石井一裕 仲嶋 一範
脳科学辞典      2018年8月   [査読有り]
仲嶋 一範
領域融合レビュー   6(e004)    2017年7月   [査読有り]
松永友貴、野田万理子、仲嶋 一範
神経化学トピックス、日本神経化学会ホームページ      2017年3月
大石康二、仲嶋 一範
生体の科学   68(1) 14-18   2017年1月
仲嶋 一範
BRAIN and NERVE   68(8) 931-937   2016年8月
Chiaki Ohtaka-Maruyama, Kazunori Nakajima, Alessandra Pierani, Nobuaki Maeda
Front. Neurosci.   10(Article 172)    2016年5月   [査読有り]
大脳皮質の層形成機構
仲嶋 一範
再生医療シリーズ:脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—(井村裕夫・高橋淳 監修、河崎洋志 編集)   60-65   2015年1月
田畑秀典、仲嶋 一範
脳科学辞典      2015年1月   [査読有り]
本田岳夫、仲嶋 一範
脳科学辞典      2014年11月   [査読有り]
動く大脳新皮質ニューロンの移動終点におけるリーリンの機能
仲嶋 一範
細胞工学   33(6) 618-622   2014年6月
大脳皮質の神経細胞配置と統合失調症
久保健一郎、仲嶋 一範
BRAIN and NERVE—神経研究の進歩   65(10) 1133-1145   2013年10月
石井一裕、仲嶋 一範
生体の科学   64(3) 254-258   2013年6月
廣田ゆき、仲嶋 一範
脳科学辞典      2013年1月   [査読有り]
金谷繁明、仲嶋 一範
脳科学辞典      2012年10月   [査読有り]
子宮内胎仔脳への遺伝子導入(in エレクトロポレーション法による神経細胞への導入)
田畑秀典、久保健一郎、仲嶋 一範
実験医学別冊 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール(仲嶋一範、北村義浩、武内恒成 編集)   112-119   2012年7月
分散した神経細胞へのキュベット電極を用いた遺伝子導入
楠澤さやか、仲嶋 一範
実験医学別冊 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール(仲嶋一範、北村義浩、武内恒成 編集)   134-140   2012年7月
Tag抗体リスト
仲嶋 一範、北村義浩、武内恒成
実験医学別冊 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール(仲嶋一範、北村義浩、武内恒成 編集)   246-247   2012年7月
海馬と統合失調症
久保健一郎,仲嶋 一範
分子精神医学   12(2) 44-51   2012年4月

書籍等出版物

 
ヒトの脳は、何が特別なのか?
吉永怜史、仲嶋 一範
NHK・NHKプロモーション・朝日新聞社   2018年3月   
大脳皮質の層形成機構、『再生医療シリーズ:脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—(井村裕夫・高橋淳 監修、河崎洋志 編集)』
仲嶋 一範
診断と治療社   2014年12月   ISBN:9784787821324
ニューロンの移動と層および神経核の形成『脳の発生学 ニューロンの誕生・分化・回路形成(宮田卓樹・山本亘彦 編)』
仲嶋 一範
化学同人   2013年6月   ISBN:9784759815078
Cell polarity and initiation of migration (Chapter 12). Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Neuronal Connections (J.L.R. Rubenstein, P. Rakic, ed.)
Katsutoshi Sekine, Hidenori Tabata, andNAKAJIMA KAZUNORI* (* is the corresponding author) (担当:共著, 範囲:231-244)
Amsterdam, Academic Press   2013年5月   
神経細胞の移動と皮質の構築『改訂第3版 脳神経科学イラストレイテッド(真鍋俊也・森寿・渡辺雅彦・岡野栄之・宮川剛 編)』
山川眞以、田畑秀典、仲嶋 一範 (担当:共著, 範囲:120-129)
羊土社   2013年4月   ISBN:978-4-7581-2040-1
発生期大脳皮質における移動神経細胞のダイナミクス ブレインサイエンス・レビュー2009(ブレインサイエンス振興財団 伊藤正男・川合述史 編)
仲嶋 一範
クバプロ   2009年3月   
リーリン KEY WORD 精神 第4版
関根克敏、仲嶋 一範
先端医学社   2007年8月   
神経細胞の移動と皮質の構築『脳神経科学イラストレイテッド(森寿・真鍋俊也・渡辺雅彦・岡野栄之・宮川剛 編)』
仲嶋 一範、田畑秀典 (担当:共著, 範囲:114-122)
羊土社   2000年7月   ISBN:4897066468
disabled、『細胞内シグナル伝達 改訂第2版(BioScience用語ライブラリー )(山本雅 企画)』
仲嶋 一範、御子柴克彦 (担当:共著, 範囲:166-167)
羊土社   1999年6月   ISBN:978-4-89706-262-4
神経上皮の培養、『脳・神経研究プロトコール-細胞培養から機能解析へ-(御子柴克彦・清水孝雄 編)』
仲嶋 一範、御子柴克彦、宮田卓樹、小川正晴 (担当:共著, 範囲:49-61)
羊土社   1995年6月   ISBN:4897064635

講演・口頭発表等

 
Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral neocortex (oral, invited) [招待有り]
Kazunori Nakajima
EMBO Workshop “Emerging Concepts of the Neuronal Cytoskeleton 5th Edition” Hotel Enjoy Park Lake, Villarrica (Chile)   2019年4月14日   EMBO
FlashTag technology reveals areal differences in neuronal migration and positioning in the cerebral cortex of developing mice (poster)
Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)   2019年3月27日   日本解剖学会
リーリンシグナルによるニューロン移動停止制御機構 (oral)
廣田ゆき、仲嶋 一範
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)   2019年3月27日   日本解剖学会
異所移植による発生期のマウス海馬CA1及び大脳新皮質の移動についての解析 (poster)
北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋 一範
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)   2019年3月27日   日本解剖学会
発生中の大脳新皮質において辺縁帯直下に認める比較的未成熟な神経細胞の 凝集構造についての知見 (Findings on primitive neuronal clusters formed beneath the marginal zone of the developing mammalian neocortices) (oral)
久保健一郎、シン ミンギョン、北澤彩子、吉永怜史、林周宏、仲嶋 一範
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)   2019年3月27日   日本解剖学会
Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral neocortex (oral, invited) [招待有り]
Kazunori Nakajima
Brain Malformations: A Roadmap for Future Phenotyping and Research, Weizmann Institute of Science, Rehovot (Israel)   2019年3月17日   Weizmann Institute of Science
大脳新皮質の形成機構 [招待有り]
仲嶋 一範
名古屋大学大学院医学系研究科医学特論   2018年12月14日   名古屋大学大学院
大脳皮質層構造の形成機構 [招待有り]
仲嶋 一範
名古屋大学医学部神経解剖学特別講義   2018年12月14日   名古屋大学医学部
Drebrin-like (Dbnl) controls neuronal migration via regulating N-cadherin expression in the developing mouse cerebral neocortex
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
2018 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting   2018年12月8日   The American Society for Cell Biology (ASCB)
未成熟・成熟大脳皮質ニューロンにおけるサブタイプ転換(Fate Conversion of Subtypes in Immature and Mature Cortical Neurons) ワークショップ: “脳発生プログラムの複雑化と、その進化”(オーガナイザー:水谷健一、丸山千秋)
大石康二、仲嶋 一範
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
大脳皮質神経細胞の産生調節機構と、その進化 〜マウスとヒトのゲノム配列を用いた機能解析(Regulation of cortical neuron production, and its evolution ~ Functional analyses using mouse and human genome sequences)ワークショップ: “脳発生プログラムの複雑化と、その進化”(オーガナイザー:水谷健一、丸山千秋)
田畑秀典、八谷剛史、下田耕治、林周宏、永田浩一、榊原康文、仲嶋 一範
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
マウス大脳皮質発生における、ニューロン移動の領域差の個体発生的解析(Ontogenetic analyses of areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice)
吉永怜史、シン ミンギョン、北澤彩子、久保健一郎、仲嶋 一範
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
リーリンシグナルによるニューロン移動停止制御機構(How does Reelin signaling control the termination of neuronal migration?) ワークショップ: “多細胞生物の発生における細胞接着・移動” (オーガナイザー:松井貴輝、坂根亜由子) [招待有り]
廣田ゆき、仲嶋 一範
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
Cas9を用いたゲノム編集技術によって高感度タグラベルされたDab1の大脳新皮質神経細胞における細胞内局在の解析
本田岳夫、仲嶋 一範
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
超早産児虚血性脳障害モデルマウスの解析と治療戦略 [招待有り]
久保健一郎、出口貴美子、ハズラ デバブラタ、吉永怜史、井上健、仲嶋一範
日本新生児生育医学会・学術集会サテライトセミナー、都市センターホテル(東京都千代田区)   2018年11月22日   超早産児神経発達症研究会
Optogenetic induction of neural synchronization in the mouse medial prefrontal cortex
Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Kimiko Deguchi,Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA, Kazunori
Society for Neuroscience, Neuroscience 2018 meeting   2018年11月3日   Society for Neuroscience
Reelin-Dab1シグナルによる大脳新皮質Layer1形成の制御機構
本田岳夫、仲嶋一範 
第53回TOKYOニューロサイエンス研究会   2018年10月27日   
Drebrin-like (Dbnl) controls neuronal migration through regulating N-cadherin expression in the developing mouse cerebral cortex
井上聖香、林周宏、藤田慶大、田川一彦、岡澤均、久保健一郎、仲嶋一範
第53回TOKYOニューロサイエンス研究会   2018年10月27日   
大脳皮質発生におけるリーリンシグナルの機能 [招待有り]
廣田ゆき、仲嶋 一範
2018年度生理学研究所研究会 「神経発達・再生研究会」   2018年10月17日   生理学研究所
発生期のマウス大脳新皮質及び海馬CA1における細胞移動様式についての解析
北澤 彩子、シン ミンギョン、林 周宏、久保 健一郎、仲嶋 一範
第27回 海馬と高次脳機能学会   2018年9月29日   海馬と高次脳機能学会
神経発達症モデルマウスの作成とその神経回路の解析 [招待有り]
久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋 一範
2018年度生理学研究所研究会 「情動の神経回路機構とその破綻」   2018年9月18日   自然科学研究機構生理学研究所
Reelin function in the developing cerebral neocortexSymposium: “Brain Development and Mental Disorder” (Chair: Norio Ozaki and Kazunori Nakajima) [招待有り]
Kazunori Nakajima
World Federation of the Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry (WFSBP 2018 KOBE)   2018年9月7日   World Federation of the Societies of Biological Psychiatry (WFSBP)
Reelin controls N-cadherin-dependent neuronal adhesion by a couple of mechanisms in the developing mouse cortex
Kanehiro Hayashi, Nobuhiko Nakao, Seika Inoue, Taiji Adachi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Koji Oishi and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Takao Honda and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Kanehiro Hayashi, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Satoshi Yoshinaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
Yuki Hirota, NAKAJIMA, Kazunori
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会   2018年9月6日   日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
リーリンと新規結合分子との結合は、大脳皮質浅層神経細胞の樹状突起発達に必要である(The interaction between Reelin and its novel binding protein is required for dendrite development of cortical upper-layer neurons.)
河野孝夫、牧野誠、石井圭介、廣田ゆき、本田岳夫、仲嶋 一範、服部光治
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   日本神経科学会
CRISPR/Cas9により高感度タグラベルしたDab1の大脳新皮質神経細胞における細胞内分布の解析 (Analysis of subcellular distribution of CRISPR/Cas9-mediated highly sensitive tagged-Dab1 in cerebral neocortical neurons)
本田岳夫、仲嶋 一範
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   日本神経科学学会
Pathogenesis of neurodevelopmental disorders in extremely preterm infants
Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Ken Inoue, and NAKAJIMA, Kazunori
11th FENS Forum of Neuroscience   2018年7月7日   FENS
発生期哺乳類大脳皮質における神経細胞移動は癌細胞の間葉上皮転換と同じ仕組みを持つか?
林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋 一範
第37回分子病理学研究会はがくれシンポジウム   2018年7月7日   分子病理学研究会
AhR Activation Impairs Neuronal Growth in Mice
Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Wenting Ling, NAKAJIMA KAZUNORI, Masaki Kakeyama, and Chiharu Tohyama
68th Lindau Nobel Laureate Meeting   2018年6月24日   
Neuronal layer formation during mouse neocortical development [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
Cortical Evolution Conference 2018, Conference Center of the Canary Islands, Las Palmas de Gran Canaria (Spain)   2018年6月6日   Cortical Evolution
In vitro and in vivo cell dynamics analysis of iPSC-derived neural crest cells from CHARGE patients harboring CHD7 mutations reveals deficit in delamination, migration and motility of CHARGE syndrome
Hironobu Okuno,Francois Renault Mihara, Shigeki Ohta, Kimiko Fukuda, Kenji Kurosawa, Wado Akamatsu, Tsukasa Sanosaka, Jun Kohyama, Kanehiro Hayashi, NAKAJIMA KAZUNORI, Takao Takahashi, Joanna Wysocka, Kenjiro Kosaki, and Hideyuki Okano
第70回日本細胞生物学会・第51回日本発生生物学会合同大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)   2018年6月5日   日本細胞生物学会・日本発生生物学会
In vivo reprogramming of postmitotic neocortical neurons into different neuronal subtypes Symposium: “Developmental Biology in Stem Cell Research and Regenerative Medicine” (Chair: Hideyuki Okano and Kiyokazu Agata)
Koji Oishi and NAKAJIMA KAZUNORI
第70回日本細胞生物学会・第51回日本発生生物学会合同大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)   2018年6月5日   日本細胞生物学会・日本発生生物学会
Association of altered neuronal migration with cognitive deficits in a newly established mouse model of extremely preterm infants with brain injuries [招待有り]
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Ken Inoue, and NAKAJIMA, Kazunori
LKC Medicine Neuroscience Seminar   2018年5月23日   Lee Kong Chian School of Medicine
ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex
Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and NAKAJIMA KAZUNORI
22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018)   2018年5月22日   International Society for Developmental Neuroscience
Neuronal network damage in mouse model of extremely preterm infants with brain injury
Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Ken Inoue, and NAKAJIMA KAZUNORI
22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018)   2018年5月22日   International Society for Developmental Neuroscience
Subtype specification of cortical neurons by the extracellular environment
Koji Oishi and NAKAJIMA KAZUNORI
22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018)   2018年5月22日   International Society for Developmental Neuroscience
Haploinsufficiency of dab1 causes upward shift and invasion of superficial-layer neurons into the cortical layer I and splitting of the CA1 pyramidal cell layer
Takao Honda and NAKAJIMA KAZUNORI
22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018)   2018年5月22日   International Society for Developmental Neuroscience
“Control of neuronal layer formation during cerebral cortical development” (invited) Symposium: “Cell migration and layer formation in the developing cerebral cortex” (Chair: Kazunori Nakajima) [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018)   2018年5月22日   International Society for Developmental Neuroscience
Improvement of cognitive deficits observed in a mouse model of extremely preterm infants with brain injuries
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Ken Inoue, and NAKAJIMA KAZUNORI
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   日本解剖学会
Dab1 haploinsufficiency causes invasion of superficial cortical neurons into layer I and splitting of CA1 pyramidal cell layer
Takao Honda and NAKAJIMA KAZUNORI
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   日本解剖学会
Optogenetic modulation of the neural oscillation in the mouse medial prefronal cortex
Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   日本解剖学会
Kelchリピート蛋白質Enc1の大脳新皮質発生における発現と機能
廣田 ゆき、鶴重 千加子、味岡 逸樹、仲嶋 一範
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   日本解剖学会
大脳皮質神経細胞による層形成機構 シンポジウム:“脳・神経形成のメカニズム:細胞から回路・組織構築まで” (オーガナイザー:小川覚之、竹田扇)
仲嶋 一範
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   日本解剖学会
特別講演:大脳皮質層構造の形成機構 [招待有り]
仲嶋 一範
第39回Neuroscience Seminar Tokushima   2018年3月12日   徳島大学大学院
Region-dependent differences in the migratory capacity of hippocampal CA1 and neocortical neurons during brain development
Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
次世代脳プロジェクト 2017年度冬のシンポジウム   2017年12月20日   次世代脳プロジェクト
dab1のハプロ不全は表層神経細胞の大脳皮質第一層への侵入とCA1錐体細胞層の分離を引き起こす(Haploinsufficiency of dab1 causes invasion of superficial-layer neurons into the cortical layer I and splitting of the CA1 pyramidal cell layer)
本田岳夫、仲嶋 一範
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)   2017年12月6日   日本分子生物学会・日本生化学会
マウス大脳新皮質形成におけるreelin-Nck2シグナルの役割
林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋 一範
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)   2017年12月6日   日本分子生物学会・日本生化学会
Analysis of cortical development in a newly established mouse model of extremely preterm infants with brain injuries
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Ayako Kitazawa, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Minkyung Shin, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and NAKAJIMA KAZUNORI
Neuroscience 2017 meeting   2017年11月11日   Society for Neuroscience
A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via synaptic disruption
Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, NAKAJIMA KAZUNORI Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
Neuroscience 2017 meeting   2017年11月11日   Society for Neuroscience
超早産児に生じる脳障害のマウスモデル作成の試み
久保健一郎、出口貴美子、永井拓、シャン ウェイ、北澤彩子、荒巻道彦、石井一裕、シン ミンギョン、高嶋幸男、中山雅弘、伊藤雅之、アンタルフィ バーバラ、アームストロング ダーナ、山田清文、井上健、仲嶋 一範
第52回TOKYOニューロサイエンス研究会   2017年10月28日   TOKYOニューロサイエンス研究会
超早産児の脳障害マウスモデルの作成と解析
久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、井上健、仲嶋 一範
超早産児発達神経症研究班キックオフ会   2017年10月13日   超早産児発達神経症研究班
超早産児の神経病理の特徴
出口貴美子、久保健一郎、仲嶋 一範、井上健
超早産児発達神経症研究班キックオフ会   2017年10月13日   超早産児発達神経症研究班
マウスにおける神経発達障害モデルの作成とその解析 (Establishment and investigation of mouse models of neurodevelopmental disorders) シンポジウム:“発達早期の要因による神経発達障害の形成メカニズムとその治療法開発〜動物実験からRCTまで〜” (オーガナイザー:山末英典、掛山正心)
久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋 一範
第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会   2017年9月28日   日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会
A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via dendritic homeostasis disruption.(selected as Best Research Paper)
Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, NAKAJIMA KAZUNORI Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
(第23回世界神経学会議)/第58回日本神経学会学術大会   2017年9月16日   日本神経学会
The Role of Nck as a downstream effector of the Reelin signaling
Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Enc1 controls neuronal migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex
Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Dab1 haploinsufficiency causes reduction of layer I thickness and splitting of CA1 pyramidal cell layer
Takao Honda and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Investigation of cytological architectures in the brains of newly established mouse models with cognitive impairments (認知機能障害を伴うマウスモデルの作成とその脳における細胞構築の解析)
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Kazuhiro Ishii, Ken Inoue, and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Region-dependent differences in the migratory capacity of hippocampal CA1 and neocortical neurons during brain development
Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Molecular mechanisms of neuronal aggregation caused by Reelin in the developing mouse neocortex
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   日本神経化学会
Neuronal layer specification during development of the cerebral cortexSymposium: “Cortical development” (organizers: Chong-Hyun Kim and Seunghee Lee) [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
Korean Society for Brain and Neural Science (KSBNS), 20th Annual Meeting, Grand Hilton Seoul, Seoul (Korea)   2017年8月30日   Korean Society for Brain and Neural Science (KSBNS)
Temporal control of Foxp2 expression by Neurogenin and Polycomb repressive complexes regulates specification of cortico-thalamic neurons
Koji Oishi, NAKAJIMA KAZUNORI and Francois Guillemot
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Structural analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex
Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Visualization of neuronal migration and morphology in the entire cerebral cortex of developing mice (マウス大脳皮質全般にわたる神経細胞移動とその形態の可視化)
Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Dab1 haploinsufficiency causes superficial shift of later-born cortical neuron positioning and splitting of the CA1 pyramidal cell layer (Dab1のハプロ不全は大脳新皮質遅生まれニューロンの脳表層側配置と海馬CA1錐体細胞層の分離を引き起こす)
Takao Honda and NAKAJIMA KAZUNORI
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Establishment of a mouse model of extremely preterm infants with brain injuries and analysis of neuronal migration (脳障害を伴う超早産児マウスモデルの確立と神経細胞移動の解析
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and NAKAJIMA KAZUNORI
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Enc1 controls migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex
Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and NAKAJIMA KAZUNORI
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   日本神経科学学会
Abnormal neuronal migration with ischemic brain injuries in extremely preterm infants underlies subsequent cognitive impairment
Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, NAKAJIMA KAZUNORI and Ken Inoue
12th European Paediatric Neurology Society (EPNS) Congress   2017年6月20日   European Paediatric Neurology Society
Molecular mechanisms of Reelin-induced neuronal aggregation in the developing mouse neocortex
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
18th International Congress of Developmental Biology (ISDB)   2017年6月18日   International Congress of Developmental Biology
Mechanisms underlying the cognitive impairment in extremely preterm infants
Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, NAKAJIMA KAZUNORI and Ken Inoue
第59回日本小児神経学会学術集会   2017年6月15日   日本小児神経学会
未成熟な大脳皮質ニューロンにおけるサブタイプ決定(シンポジウム: “時間による発生制御のメカニズム”オーガナイザー:岸雄介、永樂元次) [招待有り]
大石康二、仲嶋 一範
第69回日本細胞生物学会大会   2017年6月13日   日本細胞生物学会
大脳皮質構造の形成機構とその変化によって生じる病態
久保健一郎、仲嶋 一範
平成29年度研究会「神経科学の新しい解析法とその応用」「グリア細胞機能から迫る脳機能解明」   2017年5月26日   大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所 研究力強化戦略室
Areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice
Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, NAKAJIMA KAZUNORI
Cortical Development Conference 2017   2017年5月17日   Cortical Development
ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex
Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and NAKAJIMA KAZUNORI
Cortical Development Conference 2017   2017年5月17日   Mediterranean Agronomic Institute of Chania (MAICh)
Temporal control of cortico-thalamic neuron specification by regulation of Neurogenin activity and Polycomb repressive complexes (皮質視床投射ニューロンの時期特異的な産生は転写因子NeurogeninとPolycomb抑制複合体によって制御される)
Koji Oishi, NAKAJIMA KAZUNORI, and Francois Guillemot
第50回日本発生生物学会大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)   2017年5月10日   日本発生生物学会
Neuronal layer formation during cerebral cortical development [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
KBRI Special Seminar, Korea Brain Research Institute, Daegu (Korea)   2017年4月28日   Korea Brain Research Institute
Novel ALS/FTD model mice expressed cytoplasmic FUS in a toxic gain-of-function manner
Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Yuki Kobayashi, Shigeyoshi Itohara, Kanehiro Hayashi, NAKAJIMA KAZUNORI, Shintaro Otsuka, Michisuke Yuzaki, and Norihiro Suzuki
The 13th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases   2017年3月29日   Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases
超早産児脳障害のモデルマウス脳における組織構築の解析
久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、石井一裕、シン ミンギョン、高嶋幸男、中山雅弘、伊藤雅之、井上健、仲嶋 一範
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年3月28日   日本解剖学会
哺乳類大脳皮質発生における神経細胞移動の領野別検討
吉永怜史、北澤彩子、シン ミンギョン、久保健一郎、仲嶋 一範
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年3月28日   第122回日本解剖学会総会・全国学術集会
リーリン受容体ApoER2による大脳皮質ニューロン移動と停止の制御機構
廣田ゆき、久保健一郎、藤野貴広、山本徳男、仲嶋 一範
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年3月28日   日本解剖学会
Molecular and morphological analyses of radial glial fibers during mouse neocortical development (発生期のマウス大脳皮質における放射状グリア線維についての分子的・形態的解析)
Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第10回神経発生討論会   2017年3月10日   神経発生討論会
Neuronal layer formation during development of the cerebral cortex [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
NUS-KEIO JOINT SCIENTIFIC SYMPOSIUM “Frontiers of Translational Medicine –From Cradle to Ageing”, National University of Singapore, Singapore   2017年1月10日   National University of Singapore
Investigation of the molecular mechanisms underlying Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex
Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
2016 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting   2016年12月3日   The American Society for Cell Biology
大脳皮質ニューロンのサブタイプ決定におけるポリコーム抑制複合体の役割
大石康二、仲嶋 一範、 Francois Guillemot
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   日本分子生物学会
Enhanced expression of Pafah1b causes overmigration of cerebral cortical neurons into the marginal zone
Kei-ichi Katayama, Kanehiro Hayashi, Kazushige Sakaguchi, and NAKAJIMA KAZUNORI
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   日本分子生物学会
“Specification of neuronal layer identity during neocortical development” シンポジウム: “神経細胞の誕生と初期神経回路形成の分子メカニズム(Generation of neuronal subtypes and initial steps of circuit formation)”(オーガナイザー:後藤由季子) [招待有り]
NAKAJIMA KAZUNORI
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   日本分子生物学会
ApoER2 controls neuronal migration in the intermediate zone and termination of migration in the developing cerebral cortex
Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and NAKAJIMA KAZUNORI
The 28th CDB Meeting “Cilia and Centrosomes, Current Advances and Future Directions”   2016年11月27日   RIKEN CDB
子宮内電気穿孔法を用いたマウス脳内神経細胞における活動制御の試み
ハズラ デバブラタ、久保健一郎、仲嶋 一範
日本解剖学会関東支部 第104回学術集会   2016年11月19日   日本解剖学会
Morphological analyses of radial glial cells in the developing mouse neocortex
仲嶋 一範
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting   2016年11月12日   Society for Neuroscience
Erratic migration: a unique migratory behavior of astrocyte progenitors
仲嶋 一範
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting   2016年11月12日   Society for Neuroscience
Why does cognitive impairment frequently develop later in extremely preterm infants?
Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, andNAKAJIMA KAZUNORI
Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting   2016年11月10日   Society for Neuroscience
Morphological analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex
Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and NAKAJIMA KAZUNORI
第51回慶應ニューロサイエンス研究会   2016年10月29日   慶應ニューロサイエンス研究会
リーリン分子により形成される神経細胞凝集を制御する分子メカニズム
井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋 一範
第51回慶應ニューロサイエンス研究会   2016年10月29日   慶應ニューロサイエンス研究会
大脳皮質ニューロンの分化制御機構
仲嶋 一範
日本発生生物学会大会 秋季シンポジウム2016   2016年10月19日   日本発生生物学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
脳の肥大化機構の解明
慶應義塾学事振興資金
脳の構造が整然と作られるメカニズムの解明
福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金
成熟した大脳皮質神経細胞のサブタイプを生体内で人為的に転換させる試み
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
大脳皮質層形成のメカニズム
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
場との連携による脳細胞の動態制御機構
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)

学歴

 
 
 - 
1988年3月
慶應義塾大学 医学部 
 
 
 - 
1994年3月
大阪大学 医学研究科 生理系
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
Experimental Neurobiology  Associate Editor (Development/Differentiation/Regeneration Neuroscience)
 
2018年4月
 - 
現在
Frontiers in Neuroscience  Associate Editor for Specialty Section Neurogenesis
 
2017年11月
 - 
2017年11月
公益財団法人ブレインサイエンス振興財団  塚原仲晃記念賞評価者
 
2017年7月
 - 
2018年9月
世界生物学的精神医学会連合(WFSBP)アジア太平洋地域会議  副組織委員長
 
2017年4月
 - 
現在
篤志解剖全国連合会  代議員
 
2017年3月
 - 
現在
日本解剖学会  常務理事(庶務担当)
 
2017年3月
 - 
現在
日本医学会・日本医学会連合  連絡委員(日本解剖学会担当)
 
2017年3月
 - 
現在
日本解剖学会選挙管理委員会、倫理委員会/利益相反委員会、男女共同参画推進委員会  オブザーバー(常務理事役職指定)
 
2017年3月
 - 
現在
日本神経化学会  理事
 
2017年2月
 - 
現在
第41回日本神経科学大会  プログラム委員
 
2017年1月
 - 
現在
Neuroscience Research (Elsevier)  Associate Editor (Development/Repair Neuroscience)
 
2016年11月
 - 
2016年11月
公益財団法人ブレインサイエンス振興財団  塚原仲晃記念賞評価者
 
2016年8月
 - 
現在
Altman Award in Developmental Neuroscience  選考委員(2018年7月より委員長)
 
2016年3月
 - 
2018年9月
第61回日本神経化学会大会  大会長
 
2016年3月
 - 
2017年3月
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会  プログラム委員
 
2016年1月
 - 
2017年3月
独立行政法人大学評価・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会  専門委員
 
2015年12月
 - 
2017年7月
第40回日本神経科学大会  プログラム委員
 
2015年12月
 - 
2016年11月
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員(神経解剖学・神経病理学A)
 
2015年11月
 - 
2015年11月
公益財団法人ブレインサイエンス振興財団  第30回研究助成課題評価者
 
2015年11月
 - 
2015年11月
日本解剖学会 第103回関東支部学術集会  大会長
 
2015年10月
 - 
2015年10月
国立研究開発法人理化学研究所多細胞システム形成研究センター  評価委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本神経化学会研究助成金等候補者選考委員会  委員
 
2015年3月
 - 
2016年3月
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会  プログラム委員
 
2015年1月
 - 
2016年7月
第39回日本神経科学大会  プログラム委員
 
2014年10月
 - 
現在
日本学術会議  23-24期連携会員、形態・細胞生物医科学分科会委員・幹事
 
2014年5月
 - 
2018年4月
Frontiers in Neuroscience  Guest Associate Editor for Specialty Section Neurogenesis
 
2014年4月
 - 
2014年5月
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))  研究進捗評価に係る評価意見書作成者
 
2014年2月
 - 
2015年3月
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会、第92回日本生理学会大会  拡大プログラム委員
 
2014年1月
 - 
2016年12月
Neuroscience Research (Elsevier)  Associate Editor (Cellular Neuroscience)
 
2013年12月
 - 
2014年12月
日本学術振興会科学研究費委員会  新学術領域研究専門委員(グリアアセンブリ)<科学研究費補助金における評価に関する委員会>
 
2013年12月
 - 
2014年3月
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会トラベルアワード選考委員会  委員
 
2013年10月
 - 
2017年3月
生物科学学会連合ポスドク問題検討ワーキンググループ  委員(日本解剖学会担当)
 
2013年8月
 - 
2015年7月
日本学術振興会特別研究員等審査会  専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員(総合生物領域)
 
2013年7月
 - 
2015年7月
第38回日本神経科学大会  実行委員・プログラム委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本神経化学会利益相反委員会  委員(平成27年4月より29年3月まで委員長)
 
2013年4月
 - 
現在
日本脳科学関連学会連合会  評議員(日本解剖学会担当)
 
2013年4月
 - 
2017年3月
日本医学会・日本医学会連合  評議員(日本解剖学会担当)
 
2013年3月
 - 
2017年3月
日本解剖学会  常務理事(企画渉外担当)
 
2013年3月
 - 
2017年3月
日本解剖学会解剖組織技能士資格審査委員会  委員(常務理事役職指定)
 
2013年3月
 - 
2017年3月
日本解剖学会海外交流委員会、学術委員会、賞・研究費候補者選考委員会  オブザーバー(常務理事役職指定)
 
2013年3月
 - 
2017年3月
日本解剖学会肉眼解剖学トラベルアワード  選考委員(常務理事役職指定)
 
2013年3月
 - 
2015年3月
日本神経化学会  庶務担当理事
 
2013年2月
 - 
2014年3月
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会  プログラム委員
 
2013年2月
 - 
2013年3月
French National Research Agency (ANR) Blue-Sky Programme  外部審査員
 
2013年1月
 - 
現在
日本解剖学会  代議員(一般社団法人への移行に伴い、学術評議員から改称)
 
2012年12月
 - 
2013年11月
日本学術振興会科学研究費委員会  新学術領域研究専門委員(大脳新皮質構築)
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本神経科学学会奨励賞選考委員会  委員
 
2012年2月
 - 
現在
解剖体協議会  監査
 
2011年12月
 - 
2012年11月
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員(神経科学一般)
 
2011年11月
 - 
2012年10月
第11回アジア太平洋神経化学会/第55回日本神経化学会合同大会  組織委員
 
2011年11月
 - 
2012年3月
French National Research Agency (ANR) non-thematic programme  神経科学分野外部審査員
 
2011年9月
 - 
2013年6月
Neuro2013(第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学大会、第23回日本神経回路学会大会 合同大会)  プログラム委員
 
2011年7月
 - 
2015年3月
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」(大脳新皮質構築)  班友
 
2011年6月
 - 
2013年5月
日本私立医科大学協会学生部委員会  委員
 
2011年5月
 - 
2015年3月
日本神経化学会脳研究推進委員会  委員
 
2011年3月
 - 
2015年3月
日本解剖学会  常任幹事
 
2011年3月
 - 
2013年3月
日本神経化学会  出版・広報担当理事、出版・広報委員長
 
2011年2月
 - 
2011年3月
French National Research Agency (ANR)  Blue-Sky Programme  外部審査員
 
2010年12月
 - 
2011年11月
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員(神経科学一般)
 
2010年12月
 - 
2011年11月
日本学術振興会科学研究費委員会  新学術領域研究専門委員(大脳新皮質構築)
 
2010年11月
 - 
2012年3月
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会  プログラム委員
 
2010年6月
 - 
2012年10月
第11回アジア太平洋神経化学会/第55回日本神経化学会合同大会  プログラム委員
 
2009年11月
 - 
2009年11月
名古屋大学大学院医学系研究科グローバルCOEプログラム  「機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点」外部評価委員
 
2009年10月
 - 
2013年3月
日本解剖学会  将来計画ワーキンググループ委員
 
2009年10月
 - 
2011年9月
第34回日本神経科学大会  プログラム委員
 
2009年9月
 - 
2011年5月
第88回日本生理学会大会、第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会  組織委員及びプログラム委員
 
2009年7月
 - 
2014年4月
Frontiers in Neuroscience  Review Editor for Specialty Section Neurogenesis
 
2009年7月
 - 
2011年8月
国際神経化学会/ヨーロッパ神経化学会 2011年合同大会  プログラム委員
 
2009年4月
 - 
2011年2月
日本神経化学会  出版・広報委員会委員
 
2009年3月
 - 
2011年3月
日本解剖学会  学術委員長
 
2009年3月
 - 
2010年3月
第115回日本解剖学会総会・全国学術集会  プログラム委員
 
2009年1月
 - 
現在
Frontiers in Neuroanatomy  Review Editor
 
2008年8月
 - 
2010年7月
日本学術振興会特別研究員等審査会  専門委員
 
2008年8月
 - 
2010年3月
日本学術振興会国際事業委員会  書面評価員
 
2008年6月
 - 
2014年6月
三四会(慶應義塾大学医学部同窓会)  評議員
 
2008年6月
 - 
2008年6月
日本解剖学会第18回関東支部懇話会  会長
 
2007年6月
 - 
2009年5月
社団法人日本私立医科大学協会卒前医学教育委員会  委員
 
2007年4月
 - 
2009年8月
国際生理学会第36回世界大会  財務実行委員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本神経化学会  出版・広報担当理事、出版・広報委員長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本解剖学会  学術委員会委員
 
2006年11月
 - 
2007年12月
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同年会(BMB2007)  プログラム委員
 
2006年10月
 - 
2008年8月
日本神経科学会第31回日本神経科学大会  プログラム委員
 
2006年8月
 - 
2006年11月
理化学研究所「生体形状情報の数値化およびデータベース構築研究」  外部評価委員
 
2006年6月
 - 
2008年8月
日本神経科学会第31回日本神経科学大会  Travel Award選考委員長
 
2006年6月
 - 
2008年8月
日本神経科学会第31回日本神経科学大会  実行委員
 
2006年1月
 - 
2007年9月
NEURO2007(第30回日本神経科学大会、第50回日本神経化学会大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会)  プログラム委員
 
2006年1月
 - 
2007年3月
第6回日本再生医療学会  企画・プログラム委員
 
2006年1月
 - 
2006年12月
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本解剖学会  奨励賞選考委員会委員
 
2005年3月
 - 
2009年3月
日本神経化学会  理事
 
2005年3月
 - 
2009年3月
日本神経化学会  出版・広報委員会委員
 
2005年1月
 - 
2005年12月
日本学術振興会  専門委員
 
2004年10月
 - 
2005年5月
内閣府沖縄科学技術大学院大学  「Scientific Working Group」メンバー
 
2004年6月
 - 
2004年9月
内閣府沖縄科学技術大学院大学  「ブレインストーミング会合」メンバー
 
2004年1月
 - 
2011年7月
Molecular and Cellular Biochemistry  Editorial Board Member
 
2003年10月
 - 
2007年9月
日本神経化学会  奨励賞選考委員
 
2003年9月
 - 
現在
日本神経化学会  評議員
 
2003年8月
 - 
2005年7月
日本学術振興会特別研究員等審査会  専門委員
 
2003年4月
 - 
2012年3月
篤志解剖全国連合会  代議員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
日本解剖学会  選挙管理委員