清水 和哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/18 21:20
 
アバター
研究者氏名
清水 和哉
 
シミズ カズヤ
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
准教授
学位
博士(農学)(筑波大学大学院)
科研費研究者番号
10581613

プロフィール

 研究室の標語は、「夢が希望を、希望が勇気を、勇気が夢を実現する。」です。
「宇宙産業の創出・発展で得られる技術が、食糧、人口、エネルギー問題などの課題の解決の糸口になり得るのではないか」ということを考え、大学では工学を専攻しました。しかし、大学院進学を考えた際に「生命維持装置における生物利用」および「淡水の持続的利用」に着目し、生命産業利用を目的とした研究を始め現在に至っています。
 宇宙基地といわずとも世界中の地域において「淡水」の持続的利用は、極めて重要な課題となっているのが現状です。私は、「いつでも、どこでも、誰でも安心・安全な水利用」を実現することを目標としています。その達成のために、淡水の持続的利用に資する微生物(とくに細菌および原生動物)利用および水域の微生物生態系に注目して研究を展開しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
筑波大学 生命環境系 准教授
 
2016年4月
 - 
2017年2月
東洋大学 生命科学部応用生物科学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東洋大学 生命科学部応用生物科学科 講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東洋大学 生命科学部 助教
 
2009年10月
 - 
2010年3月
サンケァフューエルス株式会社 研究員
 

受賞

 
2011年11月
日本水処理生物学会 論文賞
受賞者: 雷中方、Huang Yingen、清水和哉、張振亜
 
2009年3月
筑波大学生命環境科学研究科 生命環境科学研究科長表彰
 
2008年10月
1st Japan-China Graduated Student Forum Best Poster Presentation
 
2012年
International Conference on Interdisciplinary Research and Development in ASEAN Universities 2012 Best Paper Award Development of bio-fence for water purification of aquaculture ponds
受賞者: Tomoaki Itayama, Xueying Bi, Norio Iwami, Kazuya Shimizu, Chunyan Liu, Dong Xia, Redel Gutierrez, and Niwooti Whangchai
 

論文

 
Comparative study on hydrothermal treatment as pre- and post- treatment of anaerobic digestion of primary sludge: Focus on energy balance, resources transformation and sludge dewaterability
Tian Yuan, Yanfei Cheng, Zhenya Zhang, Zhongfang Lei, and Kazuya Shimizu
Applied Energy   239 171-180   2019年4月   [査読有り]
Characteristics of ultra-fine bubble water and its trials on enhanced methane production from waste activated sludge
Di Wang, Xiaojing Yang, Caixing Tian, Zhongfang Lei, Noriko Kobayahi, Motoyoshi Kobayashi, Yasuhisa Adachi, Kazuya Shimizu, Zhenya Zhang
Bioresource Technology   273 63-69   2019年2月   [査読有り]
Effect of levofloxacin exposure on sequencing batch reactor (SBR) behavior and microbial community changes
Liting Hao, Kunihiro Okano, Chi Zhang, Zhenya Zhang, Zhongfang Lei, Chuanping Feng, Motoo Utsumi, Ikko Ihara, Hideaki Maseda, and Kazuya Shimizu
Science of the Total Environment   accepted    2019年   [査読有り]
Yang Yu, Zhongfang Lei, Xi Yang, Xiaojing Yang, Weiwei Huang, Kazuya Shimizu, Zhenya Zhang
Applied Energy   229 88-95   2018年11月   [査読有り]
© 2018 Elsevier Ltd Anaerobic granular sludge (AGS) has been applied for most highly efficacy anaerobic digestion systems like upflow anaerobic sludge blanket and expanded granular sludge bed reactors. As a by-product from these systems, AGS is pr...
Ziwen Zhao, Xiaojing Yang, Wei Cai, Zhongfang Lei, Kazuya Shimizu, Zhenya Zhang, Motoo Utsumi, Duu Jong Lee
Bioresource Technology   268 221-229   2018年11月   [査読有り]
© 2018 Elsevier Ltd The effect of influent chemical oxygen demand to nitrogen (COD/N) ratio on the granular stability, nutrients removal and accumulation of the algal-bacterial AGS was investigated. Two sequencing batch reactors were operated unde...

Misc

 
アオコの毒が細菌で分解される仕組み
清水和哉、杉浦則夫
月刊 化学   (5月号) 74-75   2009年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Environment and Biotechnology; Chapter 12: Degradation of some secondary metabolites in aquatic environment.
清水 和哉、Sugiura N., Xue Q., Li J., Shimizu K., Utsumi M., Zhang Z., Sakhakar R. K.
LAP Lambert Academic Publishing   2012年8月   
水環境中の藍藻類は水利用障害を引き起こす様々な二次代謝産物を産生する。本章では、それら二次代謝産物を微生物がどの様に分解しているのかを詳細に述べた。

講演・口頭発表等

 
MlrA, the essential enzyme for microcystins biodegradation
古田土 実和、新井 美智子、黒古 成美、岡野 邦宏、張 振亜、内海 真生、杉浦 則夫、間世田 英明、清水 和哉*
16th International Symposium on Microbial Ecology (ISME16),   2016年8月21日   
Removal of cyanobacteria and cyanotoxin using micro-animal and co-existing bacteria in a bioreactor
清水 和哉、岡野 邦宏、木平 浩之、間世田 英明、岩見 徳雄、板山 朋聡、張 振亜、内海 真生、杉浦 則夫
16th International Symposium on Microbial Ecology (ISME16),   2016年8月21日   
Aquaculture fish ponds as experimental ponds for study on toxigenic cyanobacteria in Thailand
Aquaculture fish ponds as experimental ponds for study on toxigenic cyanobacteria in Thailand   2014年   
Finding of Microcystin-degrading bacterium and Elucidation of Its Degradation Mechanism
Kazuya Shimizu, Kunihiro Okano, Hideaki Maseda, Tomoaki Itayama, Yukio Kawauchi, Motoo Utsumi, Zhenya Zhang and Norio Sugiura
13th World Lake Conference   2009年11月   
ミクロシスティン高分解菌の創製
小林弘明、清水和哉、岡野邦宏、高麗寛紀、小林達彦、杉浦則夫、間世田英明
第46回 日本水処理生物学会   2009年11月   

担当経験のある科目

 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生命産業科学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
筑波大学大学院 バイオシステム研究科 バイオシステム専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
日本大学 理工学部 航空宇宙工学科
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2010年11月
日本水処理生物学会  日本水処理生物学会第47回大会(つくば大会)実行委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本水環境学会  第46回日本水環境学会年会 実行委員 副幹事長
 

その他

 
日本大学理工学部航空宇宙工学科中村・宮崎研究室に所属している間にCube Satプロジェクトに関わりSEEDSの設計を担当していました(EMモデルまで)。
今は、しっかりと宇宙を飛んでいます。
詳しくは
http://sat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/seeds/