基本情報

所属
京都大学 大学院教育学研究科 教育学環専攻 日本学術振興会特別研究員DC2
学位
学士(人間科学)(2019年3月 大阪大学)
修士(人間科学)(2021年3月 大阪大学)

連絡先
k.yanagida1129gmail.com
J-GLOBAL ID
202101002060030274
researchmap会員ID
R000018121

 

専攻は教育哲学・教育思想史です。政治哲学や高等教育についても専門領域として研究しています。


博士論文のテーマとして、ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの初期の政治理論を、代表的な著作『国家活動の限界』を中心に研究しています。リベラリズムや卓越主義等の政治哲学上の潮流を解釈の枠組みとして取り入れることで、教育や陶冶をめぐる理論へのフンボルト思想の意義を探っています。
英米政治思想史や現代政治理論にも目を向けながら、フンボルトの政治思想の背景をなす陶冶=教養(Bildung)の理論についても教育学における研究の蓄積を踏襲しつつ解釈を行うことによって、フンボルトの初期政治理論を自由と卓越性とを両立させる政治理論として再構成することを目指しています。
修士論文では、予備的な研究としてフンボルトの『国家活動の限界』とJ. S. ミルの『自由論』における政治理論と陶冶理論の比較を行いました。博士論文ではフンボルトを単独で扱う予定ですが、ミルとフンボルトの比較研究についても継続して取り組みたいと考えています。

 

サブテーマとして、大学教育や高等教育の領域に対する哲学的な手法によるアプローチに取り組んでいます。この研究は、ロナルド・バーネット(R. Barnett)を立役者として近年英語圏を中心に盛り上がっている高等教育の哲学(philosophy of higher education)の研究動向を踏襲しています。目下の課題は、アカデミックなコンテンツに基づいた高等教育の目的についての概念的・規範的な説明を提示することです。
また、フンボルト、カント、オルテガ、オークショット、リオタール等の著作に代表される古典的な大学論の思想史的な再構成にも関心があります。

 

英米系の現代教育哲学にも関心を寄せています。リベラリズムを中心とする現代政治理論の応用的なアプローチとともに、いずれは分析哲学的な手法に則った教育哲学の伝統の再構成にも取り組んでみたいと考えています。
具体的なトピックとしては、シティズンシップ教育や公教育一般の正当性に関する哲学的な議論や、「教育のある人/教養人(educated person)」についての概念的な研究等に関心があります。いずれのテーマについてもフンボルトの政治理論やドイツの陶冶理論の伝統と連続的に考えてみたいと思っています。


経歴

  4

論文

  1

MISC

  3

書籍等出版物

  1
  • (担当:分担執筆, 範囲:教育はだれが行うのか?ー「公教育」について pp. 69-83)
    2022年4月 (ISBN: 9784779306785)

講演・口頭発表等

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

社会貢献活動

  1