石坂和博

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/26 15:28
 
アバター
研究者氏名
石坂和博
 
イシザカ カズヒロ
eメール
ishizakamed.teikyo-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60168218.ja.html
所属
帝京大学
部署
医学部付属溝口病院 泌尿器科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1999年
東京医科歯科大学 医学部 助手
 

Misc

 
石坂 和博, 永渕 富夫, 大矢 和宏, 関根 英明
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   28(4) 198-202   2011年10月
石坂 和博, 大矢 和宏, 永渕 富夫, 池田 春樹, 町田 竜也, 大森 洋平, 中村 圭輔, 中島 明子, 関根 英明
日本泌尿器科學會雜誌   102(2)    2011年3月
小林 秀一郎, 町田 竜也, 石坂 和博
日本泌尿器科學會雜誌   97(6) 801-803   2006年9月
患者は28歳,男性.排便時に左陰嚢部に疼痛を自覚,陰嚢の腫脹も認めたため来院した.左陰嚢内から精索にかけて血腫を触知した.MRIでは腫大した精索と左精巣周囲の血腫を認めた.非外傷性の精索静脈瘤破裂による陰嚢から精索の血腫と診断し保存的治療にて軽快した.発症4カ月後に再発予防のため顕微鏡下左精索静脈瘤低位結紮術を施行した.
小林 秀一郎, 岡 薫, 町田 竜也, 石坂 和博
日本泌尿器科學會雜誌   97(4) 636-641   2006年5月
(目的)表在性膀胱癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)後の再発予防としてマイトマイシンC (MMC)とピラルビシン(THP)の膀胱内注入療法を長期間行い再発予防効果,有用性について検討した.(対象と方法)1991年から2000年に当院でTUR-Btを施行した患者のうち46例に対してMMC 20mgをday 1に,THP 20mgをday 2に膀胱内に注入した.月1回,5年間治療を継続し,再発の有無を膀胱鏡,尿細胞診で確認した.(結果)1, 3, 5年の非再発率は88.8%, 7...