OTA Kei

J-GLOBAL         Last updated: Apr 8, 2019 at 21:08
 
Avatar
Name
OTA Kei
E-mail
kei_otatcue.ac.jp
Affiliation
Takasaki City University of Economics
Section
Faculty of Regional Policy Department of Regional Activation

Research Areas

 
 

Published Papers

 
洪 明真, 太田 慧, 杉本 興運, 菊地 俊夫
観光科学研究 = The international journal of tourism science   (11) 35-43   Mar 2018
本研究は東京都台東区上野地域おける行楽行動の要素を歴史地理学的な観点から検討したものである。江戸期にわたって刊行された名所案内記の挿絵と錦絵を用い,これらの視覚史料に描かれた江戸期の上野地域の描写対象を分析した。江戸上野地域は,新しい都市となった江戸を象徴する建造物を建設するため,地形的・文化的条件が合致する場所であった。そして,為政者による江戸の都市施設と遊覧場所として計画された上野地域の「東叡山」とその周辺には,当時の人々の行楽行動が現われていた。江戸上野地域の視覚史料から描写対象とし...
ISONO Takumi, SUGIMOTO Koun, IZUKA Ryo, IKEDA Mariko, KOIKE Takuya, OTA Kei
Geospace space   10(3) 180-194   2018   [Refereed]
The purpose of this study is to clarify the characteristics of international educational travel in Tokyo through an analysis of the acceptance system and tourist behaviors of foreign students. This study began by explaining the trend of internatio...
IZUKA Ryo, OTA Kei, IKEDA Mariko, KOIKE Takuya, ISONO Takumi, SUGIMOTO Koun
Geospace space   10(3) 140-148   2018   [Refereed]
 近年の世界的なクラフトビールブームのなか,ビールの消費量が減少している日本においてもクラフトビールの人気が高まりをみせている。とくにクラフトビールをテーマとしたイベントは全国各地で開催されるようになり,単なるプロモーションだけではなく,地域活性化の手段としても注目され始めている。また,それらのイベントは,ビール離れが進行しているとされる若者をも集客しており,若者のイベントとしての様相もみせている。本研究は,イベントの集積がみられる東京都を対象として,クラフトビールイベントの展開と若者のク...
OTA Kei, SUGIMOTO Koun, UEHARA Akira, IKEDA Mariko, IZUKA Ryo, ISONO Takumi, KOIKE Takuya
Geospace space   10(3) 165-179   2018   [Refereed]
 近年,日本におけるクルーズ需要は高まっており,都市におけるナイトクルーズも都市観光におけるナイトライフの充実を図るうえで重要な観光アトラクションとなっている。本研究は,東京におけるナイトクルーズの一つとして東京湾納涼船をとりあげ,東京湾納涼船の歴史と運航システムを整理し,東京湾納涼船の集客戦略と若者の利用特性を明らかにした。1990年代以降の東京湾納涼船の乗船客数の減少に対して,2000年以降に若者をターゲットとした集客戦略の転換が図られ,ゆかたを着た乗船客への割引や若者向けの船内コンテ...
IKEDA Mariko, UDA Takuya, ISONO Takumi, SUGIMOTO Koun, OTA Kei, KOIKE Takuya, IZUKA Ryo
Geospace space   10(3) 149-164   2018   [Refereed]
With the vitalization of urban tourism in the wake of the Tokyo Olympic Games in 2020 , there is an increasing focus on research about nightlife in Tokyo. This paper clarifies the characteristics of Tokyo's nightlife tourism for young people throu...
KOIKE Takuya, SUGIMOTO Koun, OTA Kei, IKEDA Mariko, IZUKA Ryo, ISONO Takumi
Geospace space   10(3) 125-139   2018   [Refereed]
 本研究は,東京大都市圏における若者のアニメに関連した観光・レジャーの実態と空間的な特徴を明らかにすることを目的とした。Web上で実施したアンケートからは,単にアニメに関連した観光・レジャーといっても,その活動の種類によって参加頻度が大きくことなることや,日常的に顔を合わせる友人だけでなく,オンライン上で知り合った友人とも一緒に観光・レジャーを行う層が一定数いることが明らかになった。さらに,アンケートの結果をもとに,来訪されやすいアニメショップや印象に残りやすいアニメの聖地の空間的特徴を概...
太田 慧, 杉本 興運, 菊地 俊夫, 土居 利光
観光科学研究 = The international journal of tourism science   (10) 1-8   Mar 2017   [Refereed]
本研究は東京都台東区・上野地域を研究対象地域として,商店街を単位とした商業集積地の特性を明らかにしたものである。上野地域には多様な個性を持つ商店街が展開されており,これらの観光資源としての潜在的な価値は大きい。本研究では,位置情報付き施設データである『テレポイントデータ』を用いて商店街単位の業種を集計し,それぞれの商店街の業種構成の特徴を検討した。その結果,上野地域の商店街を「ショッピング型」,「飲み屋街型」,「飲食・サービス型」,「教育・ビジネス型」の4つに分類できた。上野地域における商...
服部 陽太, 杉本 興運, 太田 慧, 菊地 俊夫
観光科学研究 = The international journal of tourism science   (9) 59-66   Mar 2016   [Refereed]
箱根町は江戸時代初期から栄えた長い歴史をもち,現在では日本を代表する観光地となった。本研究では,芦ノ湖岸の集落である箱根および元箱根の2つの地区に着目し,それぞれの空間構成と両者の特徴差を明らかにすることを目的とする。フィールドワークによる調査と地理情報システムによる分析を組み合わせ,両地区の詳細な土地利用や建物用途を分析した結果,元箱根地区では湖岸から近いところに観光施設,宿泊施設,交通施設が混在した観光空間が形成されているのに対し,箱根地区では湖岸付近に観光施設と交通施設を中心とした観...
太田 慧, 飯塚 遼
観光科学研究   (8) 99-106   Mar 2015   [Refereed]
マルタ共和国はGDPの約20%を観光業が占める観光立国である。本研究は地中海中央部に位置するマルタ共和国最大の漁村であるマルサシュロックを事例として,沿岸集落における漁村観光の展開と漁村の空間構成について明らかにした。マルサシュロックにおける施設や街区利用の分布状況を調査した結果,生活関連施設が卓越する中心地区とそれらを取り囲む住居群からなる生活空間,漁港と農地からなる生産空間,およびマルサシュロック湾を取り囲む観光空間の3つの空間構成要素から構成されていることが明らかになった。さらに,海...
OTA Kei
Journal of Geography (Chigaku Zasshi)   124(4) 525-544   2015   [Refereed]
 Changing land use patterns are clarified from time and space points of view. Relationships are revealed between changing land-use patterns and port functions in the Kaigan area of the Tokyo waterfront, Minato Ward, Tokyo Metropolis. After To...
OTA Kei, KIKUCHI Toshio
Journal of Geography (Chigaku Zasshi)   124(6) 1061-1084   2015   [Refereed]
 This study clarifies changes in agricultural land use at the foot of Mt. Fuji and regional characteristics. Variations at different altitudes at the foot of Mt. Fuji are examined. An agricultural land-use map of the foot of Mt. Fuji was prep...
太田 慧
観光科学研究   (7) 37-44   Mar 2014   [Refereed]
近年,隅田川や東京臨海部をはじめとしたウォーターフロントへの関心が高まっている。そこで本研究では,東京ウォーターフロントにおける水上バス航路の変遷と運航船舶の多様化についての考察を試みた。東京における水上バスの歴史は明治時代に始まったが,高度経済成長期の水質悪化によって低迷した。その後,水質改善と1980年代のウォーターフロントブームが契機となり,水上バス事業者の新規参入が促された。1990年代の航路では,荒川や旧江戸川を航路とした広域的な航路が存在したが,2000年代になると隅田川および...
Kei Ota
European Journal of Geography   5 47-55   Jan 2014   [Refereed]
© Association of European Geographers. Recent years have witnessed a growing interest in the Tokyo waterfront, which includes the Sumida River and Tokyo Rinkai areas. This research investigates the changing waterbus routes and increasingly diverse...
太田 慧
観光科学研究   (5) 137-147   Mar 2012   [Refereed]
本研究は,東京都杉並区の済美公園における親水施設設置の過程とその後の評価を明らかにしたものである。都市化の進展によって,河川と人々のつながりが希薄になった高度成長期以降,全国に多くの親水公園が設置された。さらに,河川法の改正や多自然川型づくりの通達など,河川整備をめぐる法的・制度的変化が生じている。このような法的・制度的変化の背景から,河川整備の場面においてワークショップ (以下,WS) やその他の手段によって合意形成を図る取り組みが全国で行われるようになってきた。しかし,事業完成後の河川...
岡村 祐, 石川 雄, 太田 慧, 佐藤 圭太
観光科学研究   (5) 149-157   Mar 2012   [Refereed]
神奈川県茅ヶ崎市で活動するまち景まち観フォーラム・茅ヶ崎 (まち景) は、エリアを限定せず、かつ多数のテーマを扱う「オールラウンド型」の景観まちづくり市民団体である。一般的に、このような団体はマップづくりやイベント開催などの周知・啓発活動に取り組むことができるが、特定地域の直接の当事者でないために、地域の物的環境改善を伴う景観まちづくりに関わることは難しい。しかしながら、まち景は、2011年に市内西久保地区で取り組んだ河童徳利広場WSの開催に至るプロセス、ならびにWSの企画・運営のなかで、...

Misc

 
OTA Kei, SUGIMOTO Koun, KIKUCHI Toshio
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2016(0)    2016
Land use and spatial constriction of the retail agglomeration place in Ueno Area
OTA Kei, KIKUCHI Toshio
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2017(0)    2017
A Study on the Regional Characteristics of Shopping Behavior in Kodaira City, Tokyo
OTA Kei, SUGIMOTO Koun, KIKUCHI Toshio
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2016(0)    2016
1研究背景と目的 東京都心周辺地域に位置する東京都台東区上野地域は,北関東,東北,信越,北陸地方へのターミナル駅である上野駅を中心に東京を代表する主要な商業集積地として発展している.また,上野地域は,世界文化遺産に登録された美術館や博物館,動物園などの文化施設とともに,アメヤ横丁に代表されるような東京の下町の風情を感じられる商業集積地が隣接しており,それらの文化施設との近接が上野地域における商業集積地の魅力の一つとなっている。  本研究では,東...
OTA Kei
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2015(0)    2015
1研究背景と目的 房総半島は東京大都市圏に位置しながら,高度経済成長期に産業構造の著しい変化を経験した神奈川県や静岡県の東海道沿道と異なり,農業や漁業を基盤とする1次産業が卓越する地域であった(菊地,1982). 1990年代以降,南房総地域における高速道路やバイパス道路の整備によって交通インフラが著しく改善し,さまざまな地域変化が生じるようになった.そこで本研究では,南房総地域における主要な産業の産業である農業に着目し,農業的土地利用の変化の分...
OTA Kei, KIKUCHI Toshio
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2015(0)    2015
1研究背景と目的 富士山麓は山梨県と静岡県の両県に位置し,富士山の北麓,東麓,南麓,西麓では地形,気候,土壌などの自然条件や人文条件の差異から異なる地域的性格をみせる.本研究では,富士山麓における農業的土地利用変化について,斜面地における垂直的な変化と,北麓,東麓,南麓,西麓地域における水平的な変化パターンについて明らかにすることを研究目的とする.本研究では,主に農林業センサスのデータを用いて富士山麓における農業的土地利用の変化を分析した.まず,...
OTA Kei
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2014(0)    2014
The Transformation of “Minshuku Regions” in Iwai Area, Minami-Boso City
OTA Kei, Sugimoto Koun
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2014(0)    2014
1.研究背景と目的<br> 本研究は,日本全国に立地する展望タワーの立地特性を自然条件との関連から明らかにしたものである.ヨーロッパにおける展望タワーの歴史は,19世紀のエッフェル塔の登場が大きな転換点となり,以後エッフェル塔を模した塔建築は世界各地で開催された博覧会のモニュメントとして建設され,その一部は現在でも観光施設として残っている(川村,2013).さらに,展望タワーは19世紀以降ヨーロッパの海岸リゾートにおいて多数建設され,ビーチ全体を見渡せるモニュメントとして観光客を非日常的な...
OTA Kei
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2013(0)    2013
The Process of the Land Use Changes and their Driving Forces in the Coastal Resort; A Case Study of Hojo Beach, Tateyama City, Chiba
OTA Kei
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2013(0)    2013
The process of the land use changes and their driving forcesin the waterfront area;A case study of Kaigan area, Minato-ku, Tokyo Metropolis
OTA Kei
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2012(0)    2012
The Mutual Agreement Process among Local Residents and its Propriety &nbsp;in terms of the Multi-functional River Improvement,-A case study of Park,Suginami Ward,Tokyo Metropolis

Conference Activities & Talks

 
Recent trends in night cruises and the restructuring of the Tokyo waterfront
OTA Kei
2018   
Regional characteristics of land use change on the Boso Peninsula, Japan
Kei Ota
European Association of Geographies, Ankara   2015   
The transformation and development of a sustainable tourism system in the guest house region in Iwai Beach, Minami-Boso City, Chiba Prefecture, Tokyo Metropolitan Suburb
Kei Ota
Regional Conference of the International Geographical Union, Moscow   2015   
A study on the transition of water bus routes and ship diversification in the Tokyo Waterfront Area
Kei Ota
European Association of Geographies, Malta   2014   
Land use changes and their regional characteristics in the coastal resort area of Tokyo Metropolis Suburbs: A case study of Hojo Area, Tateyama City, Chiba Prefecture
Kei Ota
Regional Conference of the International Geographical Union, Kraków   2014   
A study on the process of the land use changes in the Tokyo Waterfront Area.
Kei Ota
Regional Conference of the International Geographical Union, Kyoto   2013