上阪直史

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/15 10:42
 
アバター
研究者氏名
上阪直史
 
ウエサカ ナオフミ
ハンドル
ueue2468

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
東京大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 

受賞

 
2016年
日本神経科学学会 日本神経科学学会奨励賞
 
2015年
日本生理学会 日本生理学会奨励賞
 
2014年
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 包括脳ネットワーク冬のシンポジウム 若手優秀発表賞
 
2004年
4th Asia pacific symposium on neural regeneration Best Poster Award
 

論文

 
Uesaka N, Uchigashima M, Mikuni T, Hirai H, Watanabe M, Kano M
Cerebellum (London, England)   14(1) 4-7   2014年10月   [査読有り]
Uesaka N, Kano M
Cerebellum (London, England)   17(1) 17-22   2018年2月   [査読有り]
Uesaka N, Abe M, Konno K, Yamazaki M, Sakoori K, Watanabe T, Kao TH, Mikuni T, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Neuron   97(4) 796-805.e5   2018年2月   [査読有り]
Uesaka N, Uchigashima M, Mikuni T, Nakazawa T, Nakao H, Hirai H, Aiba A, Watanabe M, Kano M
Science (New York, N.Y.)   344(6187) 1020-1023   2014年5月   [査読有り]
Choo M, Miyazaki T, Yamazaki M, Kawamura M, Nakazawa T, Zhang J, Tanimura A, Uesaka N, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Nature communications   8(1) 195   2017年8月   [査読有り]
Mikuni T, Uesaka N, Okuno H, Hirai H, Deisseroth K, Bito H, Kano M
Neuron   78(6) 1024-1035   2013年6月   [査読有り]
Leto K, Arancillo M, Becker EB, Buffo A, Chiang C, Ding B, Dobyns WB, Dusart I, Haldipur P, Hatten ME, Hoshino M, Joyner AL, Kano M, Kilpatrick DL, Koibuchi N, Marino S, Martinez S, Millen KJ, Millner TO, Miyata T, Parmigiani E, Schilling K, Sekerková G, Sillitoe RV, Sotelo C, Uesaka N, Wefers A, Wingate RJ, Hawkes R
Cerebellum (London, England)   15(6) 789-828   2016年12月   [査読有り]
Uesaka N, Mikuni T, Hashimoto K, Hirai H, Sakimura K, Kano M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(34) 11657-11670   2012年8月   [査読有り]
Narushima M, Uchigashima M, Yagasaki Y, Harada T, Nagumo Y, Uesaka N, Hashimoto K, Aiba A, Watanabe M, Miyata M, Kano M
Neuron   91(5) 1097-1109   2016年9月   [査読有り]
Tanimura A, Uchigashima M, Yamazaki M, Uesaka N, Mikuni T, Abe M, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(30) 12195-12200   2012年7月   [査読有り]
Sugo N, Oshiro H, Takemura M, Kobayashi T, Kohno Y, Uesaka N, Song WJ, Yamamoto N
The European journal of neuroscience   31(9) 1521-1532   2010年5月   [査読有り]
[Cellular and molecular mechanisms of synapse elimination in the Mammalian brain].
Uesaka N, Kawata S, Kano M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   66(9) 1069-1077   2014年9月   [査読有り]
Yamada A, Uesaka N, Hayano Y, Tabata T, Kano M, Yamamoto N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(16) 7562-7567   2010年4月   [査読有り]
Ohnami S, Endo M, Hirai S, Uesaka N, Hatanaka Y, Yamashita T, Yamamoto N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(37) 9117-9121   2008年9月   [査読有り]
Uesaka N, Nishiwaki M, Yamamoto N
Development, growth & differentiation   50(6) 475-477   2008年8月   [査読有り]
Uesaka N, Hayano Y, Yamada A, Yamamoto N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(19) 5215-5223   2007年5月   [査読有り]
Molecular mechanisms of thalamocortical axon targeting.
Yamamoto N, Maruyama T, Uesaka N, Hayano Y, Takemoto M, Yamada A
Novartis Foundation symposium   288 199-208; discussion 208   2007年   [査読有り]
Uesaka N, Ruthazer ES, Yamamoto N
The Neuroscientist : a review journal bringing neurobiology, neurology and psychiatry   12(2) 102-106   2006年4月   [査読有り]
Uesaka N, Hirai S, Maruyama T, Ruthazer ES, Yamamoto N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   25(1) 1-9   2005年1月   [査読有り]

Misc

 
上阪直史
ブレインサイエンス・レビュー   2017 99‐114-114   2017年2月
上阪直史, 川田慎也, 狩野方伸
Brain Nerve   66(9) 1069-1077   2014年9月
生後間もない時期の動物の脳には,成熟動物の脳と比較して,過剰なシナプスが存在する。生後発達過程において,このうち必要なシナプス結合が強められ,不要な結合は除去されて,成熟した機能的な神経回路が完成する。この過程は「シナプス刈り込み」と呼ばれており,生後発達期の神経系にみられる普遍的な現象であると考えられている。最近の研究により,シナプス刈り込みの細胞・分子機構が明らかになりつつある。(著者抄録)
【脳神経回路リモデリング ヒトの個性と心の根源への挑戦+特別フォーラム】 発達期におけるシナプス刈り込みと逆行性シグナル
上阪 直史, 狩野 方伸
実験医学   33(9) 1364-1370   2015年6月
生後間もない時期の動物の脳には、成熟動物の脳と比較して、過剰なシナプスが存在する。その後の生後発達過程において、必要なシナプス結合が強められ、不要な結合は除去され、成熟した機能的な神経回路が完成する。この過程は「シナプス刈り込み」とよばれており、生後発達期の神経系で起こる普遍的な現象であり、その異常が精神神経疾患にかかわると考えられている。本稿では、最近の研究により明らかとなってきたシナプス刈り込みの細胞・分子メカニズムに関して、シナプス後部から前部への「逆行性シグナル」を中心に解説する。...
渡邉貴樹, 上阪直史, 狩野方伸
生化学   88(5) 621‐629-629   2016年10月
生後発達期の神経系において,出生直後にいったん過剰にシナプスが形成された後,環境や経験に依存して必要なシナプスは強められて残り,不要なシナプスは除去されることが知られている.この現象は「シナプス刈り込み」と呼ばれており,機能的でむだの少ない神経回路を作るための基本的過程であると考えられている.本稿では,シナプス刈り込みの代表的なモデルである小脳の登上線維-プルキンエ細胞シナプスの生後発達について概説するとともに,最近の研究成果を紹介する.(著者抄録)
上阪直史
ライフサイエンス振興財団年報   (30) 23‐26   2016年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 上阪 直史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 上阪 直史
発達期の脳内でおこる必要なシナプスの強化と不必要な入力の弱化及び除去の細胞機構を解明するために、本研究では、小脳登上線維-プルキンエ細胞シナプスの生後発達を対象とし、新規マルチカラーリアルタイムイメージング法の確立を目指している。平成23年度は、プルキンエ細胞や、シナプスに隣接するグリア細胞に特異的に蛍光タンパク遺伝子を発現させる方法を確立した。プルキンエ細胞特異的に機能するプロモーター(L7)の下流に蛍光タンパク遺伝子を挿入したウイルスベクターを作製し、注入した結果、プルキンエ細胞特異的...
シナプス結合の選択的強化・除去を制御する神経活動依存的機構とその分子基盤の解析
東京大学: 文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 上阪直史