今井 敬吾

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/05 11:42
 
アバター
研究者氏名
今井 敬吾
ハンドル
keigoi
eメール
keigoigifu-u.ac.jp
URL
https://keigoimai.info/
所属
岐阜大学
部署
工学部
職名
助教
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)
Twitter ID
keigoi
ORCID ID
0000-0003-1602-8473

プロフィール

計算機科学、とくにプログラミング言語の基礎理論が専門であり、関数型プログラミング言語とその産業活用、並行計算モデル、型理論 (特に振舞い型システム) に興味をもつ。企業では関数型プログラミング言語によるソフトウェア開発に取り組んだ。京都大学学術研究支援室において、研究支援業務および学内情報システムの設計・構築に携わった。博士(情報科学)。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 情報コース 助教
 
2013年12月
 - 
2016年8月
京都大学 学術研究支援室 特定専門業務職員 (URA)
 
2010年4月
 - 
2013年11月
有限会社ITプランニング ソフトウェアエンジニア
 
2009年4月
 - 
2010年3月
名古屋大学 情報科学研究科附属組込みシステム研究センター (NCES) 研究員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
名古屋大学 情報科学研究科附属組込みシステム研究センター (NCES) 研究アシスタント
 
2006年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 情報科学研究科 COE研究アシスタント
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
名古屋大学 情報科学研究科 情報システム学専攻 博士課程(後期課程)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
名古屋大学 情報科学研究科 情報システム学専攻 博士課程(前期課程)
 
2000年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 工学部 物理工学科
 

論文

 
Keigo Imai, Nobuko Yoshida, Shoji Yuen
Science of Computer Programming   (to appear)    2018年   [査読有り]
Keigo Imai, Nobuko Yoshida, Shoji Yuen
COORDINATION 2017: Coordination Models and Languages (Lecture Notes in Computer Science, volume 10319)   99-118   2017年   [査読有り]
Yusuke Yamamoto, Keigo Imai, Taketo Tsugehara
Information Engineering Express   2(1) 11-22   2016年   [査読有り]
Yusuke Yamamoto; Keigo Imai; Taketo Tsugehara
In Proceedings of 4th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI 2015), Okayama, Japan   462-467   2015年7月   [査読有り]
Keigo Imai,Shoji Yuen,Kiyoshi Agusa
IEICE Transactions   95-D(8) 2053-2064   2012年   [査読有り]
Keigo Imai,Shoji Yuen,Kiyoshi Agusa
Proceedings Third Workshop on Programming Language Approaches to Concurrency and communication-cEntric Software, PLACES 2010, Paphos, Cyprus, 21st March 2010.   74-91   2010年   [査読有り]
横山哲郎, 今井敬吾, ZENG Gang, 冨山宏之, 高田広章, 結縁祥治
情報処理学会論文誌 プログラミング   2(2) 54-69   2009年4月   [査読有り]
今井敬吾, 結縁祥治, 阿草清滋
情報処理学会論文誌   47(SIG16(PRO31)) 10-28   2006年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Benjamin C. Pierce, 住井 英二郎, 遠藤 侑介, 酒井 政裕, 今井 敬吾, 黒木 裕介, 今井 宜洋, 才川 隆文, 今井 健男 (担当:共訳)
オーム社   2013年   ISBN:9784274069116
Scala実践プログラミング
小笠原 啓, 尾崎 智仁, 関 隆, 水島 宏太, 今井 敬吾 (担当:共著)
秀和システム   2011年6月   ISBN:479802998X
入門OCaml 〜プログラミング基礎と実践理解〜
OCaml-Nagoya (担当:共著)
毎日コミュニケーションズ   2007年5月   ISBN:4839923116

Misc

 
Keigo Imai; Shoji Yuen; Nobuko Yoshida
Dagstuhl Seminar 17051: Theory and Applications of Behavioural Types   169   2017年1月
天野 絵里子; 岡野 恵子; 稲石 奈津子; 今井 敬吾
情報管理   58(2) 83-91   2015年1月
極性をもたないセッション型システム
今井 敬吾, 結縁 祥治, 阿草 清滋
第12回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集 (PPL2010)   16-30   2010年3月   [査読有り]
伴潤, 今井敬吾, 結縁祥治
電子情報通信学会技術研究報告   109(41(KBSE2009 1-11)) 49-54   2009年5月
本稿では,プロセス計算の操作意味を定義するときに一般的に用いられる構造操作意味定義(SOS)によって定義されるラベル付き遷移系を実現するインタプリタを書換え論理の処理系であるMaudeによって実装する.SOS規則の前件に否定を含む場合の充足性検査として,Maudeのメタレベルの探索機能を用いることで,一般的なSOSを解釈するインタプリタを構築する.さらに,SOSから導出されるラベル付き遷移系上での項に対する強双模倣等価性検証器をMaudeによって実装し,SOSによって定義される動作仕様上で...
A full implementation of Session Types in Haskell
Keigo Imai, Shoji Yuen, Kiyoshi Agusa
第11回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集 (PPL2009)   44-56   2009年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Session-ocaml: a session-based library with polarities and lenses (PPL カテゴリ2)
Keigo Imai, Nobuko Yoshida, Shoji Yuen
第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ   2018年3月6日   
研究「環境」と「成果」の関係という視点による分析フレーム
仲野 安紗, 稲石 奈津子, 神谷 俊朗, 森下 明子, 佐々木結 , 藤枝 絢子,大澤 由美, 伊藤 健雄, 今井 敬吾
研究・イノベーション学会 第32回年次学術大会   2017年10月28日   
今井 敬吾
Code4Lib JAPAN Conference 2016   2016年9月10日   Code4Lib JAPAN Conference 2016
今井 敬吾
オープンアクセスで拓く徳島大学の可能性   2015年12月11日   徳島大学附属図書館
林 和弘; 引原 隆士; 今井 敬吾; 天野 絵里子
RA協議会第1回年次大会   2015年9月1日   リサーチ・アドミニストレーター協議会
OCamlにおけるセッション型のエンコードと型推論
今井 敬吾, 結縁 祥治
第16回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL2014)   2014年3月   
今井 敬吾
PPLサマースクール2012 関数型言語ベースの先進的Webフレームワーク   2012年8月21日   ソフトウェア科学会
今井 敬吾
次世代ソフトウェアの開発支援環境 (公益財団法人 科学技術交流財団)   2012年3月23日   
今井 敬吾, 今井 宜洋, 小笠原 啓
第9回クリティカルソフトウェアワークショップ (WOCS9)   2011年11月   
OCamlと定理証明支援系Coqの組込み開発への応用を目指して
今井 敬吾
組込みシステム技術に関するサマーワークショップ (SWEST13)   2011年9月   
Keigo IMAI
Commercial Users of Functional Programming (CUFP 2011)   2011年8月   
今井 敬吾, 今井 宜洋, 小笠原 啓, 結縁 祥治
第13回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL2011)   2011年3月   
オープンソースと関数型言語によるプログラム解析とカバレッジテスト自動実行
今井 敬吾
組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST12)   2010年8月   
π計算に基づくGUIプログラムの構築および検証
下村翔, 今井敬吾, 結縁祥治, 小笠原啓
第10回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL2008)   2008年3月   
高信頼なネットワークアプリケーションのためのHaskell言語による型付き通信ライブラリ
今井 敬吾, 結縁 祥治, 阿草 清滋
第5回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW07)   2007年7月   
An i/o typed framework for network programming in Haskell based on Localized pi-calculus
Keigo IMAI, Shoji Yuen, Kiyoshi Agusa
The Third Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2005)   2005年11月   

受賞

 
2010年9月
組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST12) ベストポスター賞
 

競争的資金等の研究課題

 
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 今井 敬吾
研究コミュニティ分析に基づく研究戦略立案ツールキットの構築
情報・システム研究機構 統計数理研究所: 平成28年度共同利用 重点テーマ4:学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 永井 靖浩

委員歴

 
2017年
 - 
現在
情報処理学会論文誌 プログラミング  編集委員