的場 圭一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/29 09:54
 
アバター
研究者氏名
的場 圭一郎
 
マトバ ケイイチロウ
URL
http://www.diabendo.jp/
所属
東京慈恵会医科大学
部署
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科
職名
講師
学位
医学博士(東京慈恵会医科大学)
科研費研究者番号
20459647

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年8月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科 講師
 
2005年4月
 - 
2017年7月
東京慈恵会医科大学 内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科 助教
 
2014年9月
 - 
2017年3月
Case Western Reserve University Shool of Medicine Research Associate
 
2003年5月
 - 
2005年3月
東京慈恵会医科大学附属病院 内科 研修医
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年2月
東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 医学系専攻博士課程
 
1997年4月
 - 
2003年3月
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本糖尿病学会  学術評議委員
 
2019年1月
 - 
現在
日本機能性食品医用学会  評議員
 

受賞

 
2019年12月
鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成
 
2019年11月
日本医師会 医学研究奨励賞
 
2019年11月
武田科学振興財団 医学系研究助成
 
2019年3月
東京都医師会 医学研究奨励賞
 
2018年11月
横山臨床薬理研究助成基金 研究助成
 

論文

 
KLF15 regulates endobiotic and xenobiotic metabolism
Han S, Ray JW, Pathak P, Sweet DR, Zhang R, Gao H, Jain N, Koritzinsky EH, Matoba K, Xu W, Chan ER, Simon DI, Jain MK.
Nature Metabolism   1 422-430   2019年4月   [査読有り]
Unraveling the role of inflammation in the pathogenesis of diabetic kidney disease.
Matoba K (Corresponding author), Takeda Y, Nagai Y, Kawanami D, Utsunomiya K, Nishimura R.
International Journal of Molecular Sciences   20(14) 3393   2019年7月   [査読有り]
ROCK2 regulates TGF-β–induced expression of CTGF and profibrotic genes via NF-κB and cytoskeleton dynamics in the mesangial cells.
Nagai Y, Matoba K (Corresponding author), Kawanami D, Takeda Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K, Nishimura R.
American journal of physiology. Renal physiology   317(4) F839-F851   2019年7月   [査読有り]
Takeda Y, Matoba K (Corresponding author), Kawanami D, Nagai Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K
International Journal of Molecular Sciences   20(6) 1331   2019年3月   [査読有り]
Matoba K, Lu Y, Zhang R, Chen ER, Sangwung P, Wang B, Prosdocimo DA, Jain MK
Cell Reports   21(11) 3129-3140   2017年12月   [査読有り]
Matoba K, Kawanami D, Nagai Y, Takeda Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K
International Journal of Molecular Sciences   18(8) 1795   2017年8月   [査読有り]
Kawanami D, Matoba K, Takeda Y, Nagai Y, Akamine T, Yokota T, Sango K, Utsunomiya K
International Journal of Molecular Sciences   18(5) 1083   2017年5月   [査読有り]
Kawanami D, Matoba K, Sango K, Utsunomiya K
International Journal of Molecular Sciences   17(8) 1223   2016年7月   [査読有り]
Kawanami D, Matoba K, Utsunomiya K
Histology and Histopathology   31(10) 1059-1067   2016年10月   [査読有り]
Matoba K (Corresponding author), Mitsuishi S, Hayashida S, Yamazaki H
Internal Medicine (Tokyo, Japan)   53(17) 1961-1964   2014年   [査読有り]
Mitsuishi S, Matoba K (Corresponding author), Yamazaki H
Internal Medicine (Tokyo, Japan)   53(14) 1581   2014年   [査読有り]
Matoba K, Kawanami D, Tsukamoto M, Kinoshita J, Ito T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Murai N, Matsufuji S, Utsunomiya K
American Journal of Physiology. Renal Physiology   307(5) F571-80   2014年9月   [査読有り]
Ishizawa S, Takahashi-Fujigasaki J, Kanazawa Y, Matoba K, Kawanami D, Yokota T, Iwamoto T, Tajima N, Manome Y, Utsunomiya K
Clinical and Experimental Nephrology   18(6) 844-852   2014年12月   [査読有り]
Kawanami D, Matoba K, Okada R, Tsukamoto M, Kinoshita J, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K
Biochemical and Biophysical Research Communications   435(2) 171-175   2013年5月   [査読有り]
Matoba K, Kawanami D, Okada R, Tsukamoto M, Kinoshita J, Ito T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Murai N, Matsufuji S, Takahashi-Fujigasaki J, Utsunomiya K
Kidney International   84(3) 545-554   2013年9月   [査読有り]
Kanazawa Y, Takahashi-Fujigasaki J, Ishizawa S, Takabayashi N, Ishibashi K, Matoba K, Kawanami D, Yokota T, Tajima N, Utsunomiya K
Experimental Neurology   247 438-446   2013年9月   [査読有り]
Kawanami D, Matoba K, Kanazawa Y, Ishizawa S, Yokota T, Utsunomiya K
Biochemical and Biophysical Research Communications   411(4) 798-803   2011年8月   [査読有り]
Matoba K, Kawanami D, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K
Biochemical and Biophysical Research Communications   402(4) 725-730   2010年11月   [査読有り]
Yoshihara R, Utsunomiya K, Gojo A, Ishizawa S, Kanazawa Y, Matoba K, Taniguchi K, Yokota T, Kurata H, Yokoyama J, Urashima M, Tajima N
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   16(3) 250-255   2009年6月   [査読有り]
Matoba K, Tojo K, Nemoto M, Tajima N
Internal Medicine (Tokyo, Japan)   48(9) 701-704   2009年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
GLP-1受容体作動薬 こいつはいったい何者なのか
的場 圭一郎 (担当:共著, 範囲:GLP-1受容体作動薬の課題と展望 腎臓への影響)
カレントテラピー (ライフメディコム)   2019年7月   
世界の医学誌から
的場 圭一郎 (担当:共著, 範囲:減量維持期の低炭水化物食)
The Mainichi Medical Journal (毎日新聞出版)   2019年4月   
リハビリテーション医療に必要な薬物療法
的場 圭一郎 (担当:共著, 範囲:糖尿病)
総合リハビリテーション (医学書院)   2019年4月   
糖尿病合併症のしくみ
的場 圭一郎 (担当:分担執筆, 範囲:微量アルブミン尿とたんぱく尿)
糖尿病の病態生理イラスト図鑑 (メディカ出版)   2019年3月   
糖尿病腎症
的場 圭一郎 (担当:分担執筆, 範囲:顕性腎症期)
糖尿病 最新の治療2019-2021 (南江堂)   2019年2月   

講演・口頭発表等

 
病期に応じた糖尿病性腎症の治療 [招待有り]
的場 圭一郎
第34回日本糖尿病合併症学会・第25回日本糖尿病眼学会総会   2019年9月28日   
Rho-kinaseの機能解明と糖尿病腎症への治療応用 [招待有り]
的場 圭一郎
第8回糖尿病腎症を考える会   2019年8月24日   
糖尿病の血管障害とROCKシグナル [招待有り]
的場 圭一郎
第6回Japan ROCK Conference   2019年8月24日   
腎アウトカムを考慮した糖尿病のリスクファクター管理
的場 圭一郎
生活習慣病トータルケアセミナー   2019年7月30日   
腎アウトカムを考慮した糖尿病のリスクファクター管理 [招待有り]
的場 圭一郎
Cardio-Diabetes Seminar   2019年7月5日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
糖尿病腎症における糸球体メサンギウム細胞ROCK1の意義
文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 的場 圭一郎
糖尿病腎症の進展過程におけるROCK2の意義
文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 的場 圭一郎