高橋啓一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/01 07:58
 
アバター
研究者氏名
高橋啓一
 
タカハシ ケイイチ
ハンドル
Keiichi Takahashi
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50139309.ja.html
所属
滋賀県立琵琶湖博物館
職名
研究員
学位
歯学博士(日本歯科大学), 博士(理学)(日本大学)

プロフィール

滋賀県立琵琶湖博物館副館長
古脊椎動物学,博物館学
歯学博士,博士(理学)
日本の鮮新‐更新世の大型脊椎動物の起源と変遷について研究しています.

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
滋賀県立琵琶湖博物館 副館長
 
2010年4月
 - 
2014年3月
滋賀県立琵琶湖博物館 上席総括学芸員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
滋賀県立琵琶湖博物館 上席総括学芸員(兼事業部長)
 
2003年4月
 - 
2006年3月
滋賀県立琵琶湖博物館 研究部 総括学芸員(兼研究部長)
 
1996年4月
 - 
2003年3月
滋賀県立琵琶湖博物館 研究部 主任学芸員~専門学芸員~総括学芸員(兼展示科長,企画調整課長,集水域研究系代表,環境史領域研究グループリーダー
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1980年5月
京都大学 理学部 
 
1975年4月
 - 
1979年3月
日本大学 文理学部 応用地学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
滋賀県琵琶湖環境研究推進機構  幹事
 
2012年9月
 - 
現在
NPO法人西日本自然史博物館ネットワーク  「標本救済ネット」ケースワーカー
 
2007年
 - 
現在
International Conference on Mammoths and relatives  Scientific Committee
 
2015年6月
 - 
2016年3月
野尻湖ナウマンゾウ博物館  構想策定委員会委員
 
2010年10月
 - 
2015年10月
高島市  指定管理候補者選定委員
 

論文

 
Tolbaga revisited: Scrutinizing occupation duration and its relationship with the faunal landscape during MIS 3 and MIS 2
Izuho, M., Terry,K.,Vasil'ev,S, Konstantinov, M., Takahashi, K.
Archaeological Research in Asia   https://doi.org/10.1016/j.ara. 1-15   2018年   [査読有り]
宇佐市安心院町より発見されたミエゾウ頭骨化石
高橋啓一
琵琶湖博物館研究報告   (31) 56-67   2018年
古琵琶湖層群の陸上脊椎動物化石-日本の鮮新-更新世の動物相における意義
高橋啓一
化石研究会会誌   50 48-59   2017年12月   [査読有り]
Taxonomic invalidity of Busk's elephant (Elephas maximus buski Matsumoto, 1927) demonstrated by AMS 14C dating
高橋啓一・安井謙介
Paleontological Research   21 195-202   2017年   [査読有り]
モンゴル東部オンドルハーンより後期更新世サイ科化石の発見
半田直人・出穂雅実・高橋啓一・飯塚文枝・Batmunkh Tsogtbaatar・Byambaa gunchinsuren・Davaakhuu Odsuren・Lochin Ishtsere
地質学雑誌   123(12) 口絵v-口絵vi   2017年   [査読有り]
古琵琶湖層群から新たに発見されたサイ類足印化石
岡村喜明・高橋啓一・里口保文
化石研究会会誌   48 26-38   2016年   [査読有り]
門前標本・見玉標本(Mammuthus属)のX線CT装置による観察
高橋啓一・馬場理香・加藤正明
長岡市立科学博物館研究報告   51 1-6   2016年   [査読有り]
Observation by X-ray computed tomography of the Usuda specimen of Mammuthus
Takahashi, K., Baba, R., Kondo, Y., Kitagawa, H., and Seki, M.
Bulletin of the Nojiri-ko Museum   24 1-6   2016年   [査読有り]
The oldest record of Alligator sinensis from the Late Pliocene of Western Japan, and its biogeographic implication
Iijima, M., Takahashi, K., Kobayashi, Y.
Journal of Asian Earth Sciences   124 94-101   2016年   [査読有り]
隠岐諸島周辺の海底から産出したナウマンゾウ化石
高橋啓一
隠岐の文化財   (33) 45-53   2016年   [査読有り]

Misc

 
岡村 喜明, 高橋 啓一, 里口 保文
化石研究会会誌   44(1) 11-19   2011年10月
北川 博道, 高橋 啓一
化石研究会会誌   43(1) 30-39   2010年8月
高橋 啓一, 出穂 雅実, 佐藤 宏之
化石研究会会誌   [42](4) 1-79   2010年3月
出穂 雅実, 添田 雄二, 高橋 啓一
化石研究会会誌   [42](4) 5-8   2010年3月

書籍等出版物

 
ゾウがいた,ワニもいた琵琶湖のほとり
高橋啓一
サンライズ出版   2016年   
Emergence and diversity of modern human behavior in Paleolithic Asia
Iwase, A., Takahashi, K. and Izuho M. (担当:共著, 範囲:Further study on the Late Pleistocene megafaunal extinction in the Japanese Archipelago)
Taxas A & M University Press   2015年   
季刊考古学特集旧石器~縄文移行期を考える
高橋啓一 (担当:共著, 範囲:旧石器時代から縄文時代にかけての動物相の変化)
雄山閣   2015年   ISBN:978-4-639-02367-8
Lake Biwa: Interactions between Nature and People
H.Kawanabe, M. Nishino, M. Maehata (eds.) (担当:分担執筆, 範囲:章編集,分担執筆)
Springer   2012年   
生命の湖琵琶湖をさぐる
滋賀県立琵琶湖博物館編 (担当:分担執筆, 範囲:編集,分担執筆)
文一総合出版   2011年