基本情報

所属
東京大学大学院 人文社会系研究科

J-GLOBAL ID
201901005623584248

外部リンク

ポルノグラフィ、とりわけ女性向けアダルトビデオ(AV)を性的主体化・ジェンダー化の装置として捉え、主体化への視聴者の抵抗可能性を分析しています。理論的にはミシェル・フーコーやジュディス・バトラー、方法的にはインタビュー調査を主としたファン研究を背景としています。
女性向けポルノを単に「女性の性の解放」として捉える、抑圧/解放の二項対立図式の議論を批判し、「性的主体としての女性」に対する肯定と警戒の間の葛藤を射程に含めた研究を試みています。

研究以外の著作(短歌、短歌評論、エッセイなど)も含めた業績リストは、上記の[URL]よりご覧ください。

研究分野

  1

経歴

  1

委員歴

  1

MISC

  6

その他

  2