Kinoshita Ken

J-GLOBAL         Last updated: Aug 9, 2019 at 19:21
 
Avatar
Name
Kinoshita Ken
E-mail
kinoshitafit.ac.jp
Affiliation
Fukuoka Institute of Technology
Section
Faculty of Social and Environmental Studies Department of Social and Environmental Studies
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-1010-0550

Published Papers

 
Feldman, Ofer and Ken Kinoshita
Journal of Language and Social Psychology      Mar 2019   [Refereed]
Feldman Ofer, Kinoshita Ken, Bull Peter
JOURNAL OF LANGUAGE AND POLITICS   16(2) 285-312   2017   [Refereed]
Feldman Ofer, Kinoshita Ken
JOURNAL OF ASIAN PACIFIC COMMUNICATION   27(1) 121-157   2017   [Refereed]
Feldman Ofer, Kinoshita Ken
LANGUAGE AND DIALOGUE   7(3) 336-359   2017   [Refereed]
Feldman Ofer I, Kinoshita Ken, Bull Peter
JAPANESE JOURNAL OF POLITICAL SCIENCE   17(2) 141-167   Jun 2016   [Refereed]

Misc

 
Kinoshita Ken
同志社政策科学院生論集 = Doshisha policy and management review   7 23-36   Feb 2018
論説(Article)本稿は、インターネット調査を用いて、情報技術が国会の信頼を高めるかを検証している。また、政治文化による先行研究を踏まえて、解放に向けた価値観及び他者信頼が政治信頼に与える影響を検証している。国会の信頼は代議制民主主義を支える上で重要な指標となるため、低すぎる信頼は協調行動を伴わず、非効率な立法に陥る危険性がある。この状況を改善するために、国会の信頼を高めるための一つの方策として、議会HPへのアクセス視聴が挙げられる。
加藤 洋平, 木下 健
流通経済大学法学部流経法學   17(2) 31-60   Feb 2018
Kinoshita Ken
同志社政策科学研究 = Doshisha policy and managemant review   17(2) 17-33   Mar 2016
論説(Article)本稿においては、エネルギーDPのデータを用いて、討議による合意に関して分析を行っている。分析の結果、特に討議前において、コスモポリタニズム因子は相手の意見尊重及び妥協を引き上げる要因であることを明らかにした。しかし、討議後においては、コスモポリタニズムは相手の意見尊重に有意であることを示すのみであり、リベラリズム・コスモポリタニズムという価値観の影響力は討議前より大きくないことが明らかとなった。価値対立がある場合、合意にはたどり着けないという指摘があるが、実際はそうで...
木下 健
公共選択 = Public choice studies   (66) 152-155   2016
木下 健
同志社政策科学研究 = Doshisha policy and managemant review   17(1) 17-30   Sep 2015
論説(Article)本稿の目的は、政治家とインタビュアーのコミュニケーションにおける相互作用の実態をケース・スタディにより明らかにすることにある。政治討論番組は、視聴者にわかり易く政治状況を伝えるとともに、マスコミが政治家に対して直接質問することによって、政府や政党を追及することに意義があるといえる。本稿においては、テレビの政治討論番組がインタビューを行う過程において、出演する政治家に対して、いかなる質問を行い、どのような回答を得ているのかを明らかにする。その際、司会者はどのような争点を...
Kinoshita Ken, Tanaka Hiroki
同志社政策科学研究   16(2) 15-25   Mar 2015   [Refereed]
論説(Article)本稿では、2012年8月に実施された「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」の効力について、計量評価を行っている。具体的には、Fishkin et. al.(2006)で提示されたDP評価の4基準に照らして、エネルギーDPがそれらの基準をどこまでクリアできていたかを検証する。実証分析の結果、討議参加者の代表性の確保に関しては、電話アンケート調査とエネルギーDP参加者の選好が異なっていたことから、記述的代表性が確保されていないことを明らかにした。有意な意見態度...
Kinoshita Ken
Doshisha University policy & management   15(1) 45-59   Sep 2013
Kinoshita Ken
Doshisha University policy & management   14(2) 37-49   Mar 2013

Conference Activities & Talks

 
"Only Asking Questions: Framing the Context and the Content of Televised Political Interviews in Japan"
Feldman, Ofer, Ken Kinoshita
Asia Network for Public Opinion Research 2015 Annual Conference at Aetas Lumpini, Bangkok, Thailand   26 Nov 2015   
「議会への信頼は制度か文化か―世界価値観調査を用いた実証分析―」
Kinoshita Ken
kekinosh   26 Sep 2015   
「地方議会改革の検証ー住民参加に着目した分析」
Kinoshita Ken
kekinosh   26 Sep 2015   
“Making Sense of Politics in Japan: The Role of Televised Political Interviews”
Kinoshita Ken
kekinosh   5 Jul 2015   
A Conversation Analysis in the Political TV Show : The Case Study at the Time of the Prime Minister Abe Appearance
Kinoshita Ken
kekinosh   6 Jun 2015   
Feldman, Ofer and Ken Kinoshita
23rd World Congress of International Political Science Association   22 Jul 2014   
Feldman, Ofer and Ken Kinoshita
137th Annual Meeting of the International Society of Political Psychology   6 Jul 2014