齋藤憲一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 14:20
 
アバター
研究者氏名
齋藤憲一郎
 
サイトウケンイチロウ
eメール
ken-iscc.tuat.ac.jp
所属
東京農工大学
部署
先端産学連携研究推進センター
職名
特任講師
学位
博士(農学)(東京農工大学)
ORCID ID
0000-0002-1640-2595

研究分野

 
 

経歴

 
2016年8月
 - 
現在
東京農工大学 先端産学連携研究推進センター 特任講師
 
2012年3月
 - 
2016年7月
東京農工大学 先端産学連携研究推進センター リサーチ・アドミニストレーター
 
2008年7月
 - 
2012年3月
東京農工大学 アグロイノベーション高度人材養成センター 特任助教
 
2006年4月
 - 
2008年6月
農業生物資源研究所 植物・微生物間相互作用研究ユニット 特別研究員
 
2004年6月
 - 
2006年3月
東京農工大学 農学部 科研費等研究支援研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
東京農工大学 大学院連合農学研究科 生物生産学専攻
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京農工大学 大学院農学研究科 応用生物科学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京農工大学 農学部 応用生物科学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本植物病理学会  会計幹事
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本植物病理学会  庶務幹事・会計副幹事
 

受賞

 
2013年4月
日本植物病理学会 論文賞 Localization of probe-accessible chitin and characterization of genes encoding chitin-binding domains during rice–Magnaporthe oryzae interactions
 
2010年4月
日本植物病理学会 学術奨励賞 イネいもち病菌の付着器形成に関わる分子生物学的研究
 

論文

 
Misa Kuroki, Kana Okauchi, Sho Yoshida, Yuko Ohno, Sayaka Murata, Yuichi Nakajima, Akihito Nozaka, Nobukiyo Tanaka, Masahiro Nakajima, Hayao Taguchi, Ken-ichiro Saitoh, Tohru Teraoka, Megumi Narukawa and Takashi Kamakura
Scientific Reports   7 9697   2017年8月   [査読有り]
Megumi Narukawa-Nara, Kengo Sasaki, Akira Ishii, Kouhei Baba, Kanako Amano, Misa Kuroki, Ken-ichiro Saitoh and Takashi Kamakura
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   79(7) 1183-1190   2015年7月   [査読有り]
Susumu Mochizuki, Ken-ichiro Saitoh, Eiichi Minami, Yoko Nishizawa
Journal of General Plant Pathology   77 163-173   2011年5月   [査読有り]
We examined the localization of probe-accessible chitin in Magnaporthe oryzae, which causes rice blast disease, during the early infection process and the functions of two genes encoding a chitin-binding domain (ChBD). Invasive hyphae in the first...
Shigeru Tanabe, Naoko Ishii-Minami, Ken-ichiro Saitoh, Yuko Otake, Hanae Kaku, Naoto Shibuya, Yoko Nishizawa, Eiichi Minami
Molecular Plant-Microbe Interactions   24(2) 163-171   2011年2月   [査読有り]
Ken-ichiro Saitoh
Journal of General Plant Pathology   76 419-420   2010年12月
Yuichi Nakajima, Ken-ichiro Saitoh, Tsutomu Arie, Tohru Teraoka, Takashi Kamakura
Journal of General and Applied Microbiology   56 437-445   2010年12月   [査読有り]
The rice blast fungus Magnaporthe oryzae produces appressoria during the infection of a host. In M. oryzae, the appressorium formation-related gene CBP1 (Chitin Binding Protein 1) is specifi cally expressed during the early stage of appressorium d...
Ken-ichiro Saitoh, Marie Nishimura, Yasuyuki Kubo, Nagao Hayashi, Eiichi Minami, Yoko Nishizawa
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   72 1380-1383   2008年6月   [査読有り]
We developed an efficient method to analyze gene function and expression of the rice blast fungus. We constructed a GATEWAY binary vector, which generates a gene-targeted disruptant carrying a green fluorescent protein gene under the native promot...
Ken-ichiro Saitoh, Kana Togashi, Tsutomu Arie, Tohru Teraoka, Tohru Teraoka
Journal of General Plant Pathology   72 348-350   2006年12月   [査読有り]
A simple method was established to prepare DNA from fungal mycelia cultured on an agar plate. The fungi tested successfully with this method contained Zygomycetes, Ascomycetes, Basidiomycetes, and Oomycetes. This method did not require any time-co...
Masaki Kanamori, Ken-ichiro Saitoh, Tsutomu Arie, Takashi Kamakura, Tohru Teraoka
Journal of General Plant Pathology   71 253-262   2005年8月   [査読有り]
The rice blast fungus Magnaporthe grisea differentiates appressoria, which are required to attack its rice plant host. Clone A26, tentatively named LPL1, was previously found to be homologous to the known lysophospholipase genes from our subtracti...
ウコンノメイガによる葉巻がダイズの生育に及ぼす影響
齋藤憲一郎、青木由美、村岡裕一、松本美枝子
富山農業技術センター研究報告   22 7-12   2005年3月
イネいもち病菌の感染初期過程に発現する遺伝子の分子生物学的解析
齋藤憲一郎
東京農工大学      2003年3月   [査読有り]
Ken-ichiro Saitoh, Tsutomu Arie, Tohru Teraoka, Isamu Yamaguchi and Takashi Kamakura
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   67(3) 651-653   2003年3月   [査読有り]
Takashi Kamakura, Syuichi Yamaguchi, Ken-ichiro Saitoh, Tohru Teraoka and Isamu Yamaguchi
Molecular Plant-Microbe Interactions   15(5) 437-444   2002年5月   [査読有り]
The conidial germ tube of the rice blast fungus, Magnaporthe grisea, differentiates a specialized cell, an appressorium, required for penetration into the host plant. Formation of the appressorium is also observed on artificial solid substrata suc...

Misc

 
西澤 洋子, 岸本 久太郎, 齋藤 憲一郎, 南 栄一
キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research   14(2) 102-103   2008年7月
石田悠, 岡本俊輔, 齋藤憲一郎, 鎌倉高志
生化学   4P-1241   2007年

講演・口頭発表等

 
齋藤憲一郎
リサーチ・アドミニストレーター協議会第2回年次大会   2016年9月1日   リサーチ・アドミニストレーター協議会
東京農工大学は研究に関するIR機能強化に取り組んでいる。まずは大学単位に留まらず、部局や研究グループ単位での研究成果や外部資金獲得状況等を把握・分析し、全学での情報共有化と研究推進活動への反映を進めている。この中で、必要な情報を一元的に管理し、新しい情報を速やかに分析・共有化できるシステムが必要となっている。そこで、トムソン・ロイター社のConverisをプラットフォームとして、学内の国際論文の発表状況、外部資金の獲得状況等を適時適切に把握し、任意のグループ単位で分析できるシステムの構築に...
Role(s) of a chitin binding mucinoid protein, Cpb1, in appressorium differentiation of Pyricularia oryzae.
Misa Kuroki, Ken-ichiro Saitoh, Tohru Teraoka, Megumi narukawa, Takashi Kamakura
13th European Conference on Fungal Genetics   2016年4月3日   
齋藤憲一郎
リサーチ・アドミニストレーター協議会第1回年次大会   2015年9月2日   リサーチ・アドミニストレーター協議会
東京農工大学は研究に関するIR機能強化に取り組んでいる。まずは大学単位に留まらず、部局や研究グループレベルでの研究活動や外部資金獲得状況等を把握・分析し、全学での情報共有化と研究推進活動への反映を進めている。施策のひとつとして、国際論文発信状況の正確かつタイムリーな把握に取り組んだ。Web of Scienceを用い、全教員がRIDを取得し論文情報の紐付を行っている。また全学教員の研究成果を発信する「研究要素集」を公開した。
齋藤憲一郎
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
黒木美沙, 齋藤憲一郎, 寺岡徹, 成川恵, 鎌倉高志
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日