Profile Information

Affiliation
Shimane University Faculty of Life and Environmental Science Department of Environmental and Sustainability Sciences
Degree
Mr.Science(Mar, 1999 Tohoku University)
Dr.Science(Tohoku University)

J-GLOBAL ID
200901049142536100

External link

汽水域生態系と沿岸潟湖環境の生態学として、主に宍道湖~中海に生息する底生生物の研究を行っている。汽水域生態系は気候変動に対して敏感に反応すると予想されるが、それを実証した研究例はほとんどない。大橋川は宍道湖と中海を繋ぐ河川であり、海面上昇により現在の塩分環境から次第にシフトする可能性がある。2005年から大橋川における長期的な底生生物群集の変化を調べている。中海干拓淡水化事業により地形と流動環境が改変された本庄水域において、底生生物群集の種組成と現存量の変化を解析している。中海の海藻類の刈り取りが藻場および底生生物群集に及ぼす影響について2017年からNPO法人および米子高専と共同研究を行っている。


Major Papers

  20

Misc.

  17

Books and Other Publications

  2

Presentations

  52

Professional Memberships

  2

Major Research Projects

  18