MISC

2015年3月7日

消失点検出を利用した手描き線画の対話的編集(キャラクタ・セキュリティ(ポスター),映像表現・芸術科学フォーラム2015)

映像情報メディア学会技術報告
  • 郷間 理規
  • ,
  • 倉田 沙織
  • ,
  • 森 博志
  • ,
  • 外山 史
  • ,
  • 東海林 健二

39
14
開始ページ
141
終了ページ
144
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
一般社団法人映像情報メディア学会

手描き線画は自分の考えやイメージを人に伝えるのに有効な表現方法である.手描きのパース線画はCADよりも短時間で制作することができ,変更も容易である.しかし,パース線画の完成後は,CADのように異なる視点から見た図を得るのは困難である.そこで,手描きパース線画から消失点を検出し,検出した消失点を任意位置へ移動させ,それに従い線画を変形することで擬似的に視点の移動を実現する対話的編集法を提案する.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009937144
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000304000045