Yamamoto Takeshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2019 at 21:19
 
Avatar
Name
Yamamoto Takeshi
E-mail
kenyamayamaguchi-u.ac.jp
Affiliation
Yamaguchi University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kajii T, Kobayashi S, Shiba S, Fujii S, Tamitani M, Kohno M, Nakamura Y, Nanno T, Kato T, Okuda S, Uchinoumi H, Oda T, Yamamoto T, Yano M
Biochemical and biophysical research communications      Oct 2019   [Refereed]
Nakamura Y, Yamamoto T, Kobayashi S, Tamitani M, Hamada Y, Fukui G, Xu X, Nishimura S, Kato T, Uchinoumi H, Oda T, Okuda S, Yano M
JCI insight   4(11)    Jun 2019   [Refereed]
Oda T, Yamamoto T, Kato T, Uchinoumi H, Fukui G, Hamada Y, Nanno T, Ishiguchi H, Nakamura Y, Okamoto Y, Kono M, Okuda S, Kobayashi S, Bers DM, Yano M
Journal of molecular and cellular cardiology      Oct 2018   [Refereed]
Nishimura S, Yamamoto T, Nakamura Y, Kohno M, Hamada Y, Sufu Y, Fukui G, Nanno T, Ishiguchi H, Kato T, Xu X, Ono M, Oda T, Okuda S, Kobayashi S, Yano M
Heart rhythm   15(6) 905-914   Jun 2018   [Refereed]
Murayama R, Kimura-Asami M, Togo-Ohno M, Yamasaki-Kato Y, Naruse TK, Yamamoto T, Hayashi T, Ai T, Spoonamore KG, Kovacs RJ, Vatta M, Iizuka M, Saito M, Wani S, Hiraoka Y, Kimura A, Kuroyanagi H
Scientific reports   8(1) 8970   Jun 2018   [Refereed]
Okuda S, Sufu-Shimizu Y, Kato T, Fukuda M, Nishimura S, Oda T, Kobayashi S, Yamamoto T, Morimoto S, Yano M
Biochemical and biophysical research communications   496(4) 1250-1256   Feb 2018   [Refereed]
癌細胞遊走を制御する新規シグナル分子のチロシンリン酸化の重要性
横林 志織, 張 影, 岡本 嵩史, 岸 博子, 森田 知佳, 山本 健, 小林 誠
山口医学   66(4) 239-239   Oct 2017
Tanabe N, Ikeda S, Tahara N, Fukuda K, Hatano M, Ito H, Nakayama T, Anzai T, Hashimoto A, Inoue T, Kajinami K, Kihara Y, Kinoshita H, Kuwahara K, Murohara T, Okazaki O, Sakai S, Satoh T, Takeda Y, Takeishi Y, Taniguchi M, Watanabe H, Yamamoto T, Yamauchi-Takihara K, Yoshioka K, Sasayama S
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(9) 1360-1367   Aug 2017   [Refereed]
PETで心臓を診る
山本 健
山口県医学会誌   (51) 78-85   Mar 2017
Kato T, Yamamoto T, Nakamura Y, Nanno T, Fukui G, Sufu Y, Hamada Y, Maeda T, Nishimura S, Ishiguchi H, Murakami W, Fukuda M, Xu X, Hino A, Ono M, Oda T, Okuda S, Kobayashi S, Koseki N, Kyushiki H, Yano M
Heart rhythm   14(1) 120-127   Jan 2017   [Refereed]
Murakami W, Kobayashi S, Susa T, Nanno T, Ishiguchi H, Myoren T, Nishimura S, Kato T, Hino A, Oda T, Okuda S, Yamamoto T, Yano M
PloS one   11(9) e0163250   2016   [Refereed]
【心不全に対する多面的治療戦略-基礎から臨床へ-】 細胞内カルシウム制御による心不全治療
山本 健
循環器内科   78(2) 149-153   Aug 2015
Oda T, Yang Y, Uchinoumi H, Thomas DD, Chen-Izu Y, Kato T, Yamamoto T, Yano M, Cornea RL, Bers DM
Journal of molecular and cellular cardiology   85 240-248   Aug 2015   [Refereed]
Kobayashi S, Susa T, Ishiguchi H, Myoren T, Murakami W, Kato T, Fukuda M, Hino A, Suetomi T, Ono M, Uchinoumi H, Tateishi H, Mochizuki M, Oda T, Okuda S, Doi M, Yamamoto T, Yano M
PloS one   10(1) e0114314   2015   [Refereed]
Uchida K, Wada Y, Ariyoshi T, Okuda S, Murakami W, Myoren T, Harada N, Yamamoto T, Ueyama T, Tanaka N, Yano M
Journal of echocardiography   12(3) 89-97   Sep 2014   [Refereed]
カルモジュリンはリアノジン受容体に結合し後圧負荷による心不全心の心筋機能を改善する
加藤 孝佳, 山本 健, 前田 貴子, 石口 博智, 西村 滋彦, 末冨 建, 大野 誠, 望月 守, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
山口医学   63(3) 231-231   Aug 2014
Fukuda M, Yamamoto T, Nishimura S, Kato T, Murakami W, Hino A, Ono M, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Kobayashi S, Koseki N, Kyushiki H, Yano M
Biochemical and biophysical research communications   448(1) 1-7   May 2014   [Refereed]
【β遮断薬はなぜ効くのか-ここが知りたい-】 β遮断薬による心筋細胞内Ca2+ハンドリングの是正はなぜ心不全に有効か
小田 哲郎, 山本 健, 小林 茂樹, 矢野 雅文
臨床医のための循環器診療   (20) 18-21   Mar 2014
矢野 雅文, 山本 健, 小林 茂樹, 松崎 益徳
日本薬理学雑誌   140(6) 250-254   Dec 2012
心筋細胞膜の脱分極が生じるとL型Ca2+チャネル(LTCC)から少量のCa2+が流入し、その流入Ca2+がトリガーとなり筋小胞体(SR)膜上にあるCa2+放出チャネルのリアノジン受容体(RyR)からの大量のCa2+放出を引き起こす。細胞内の増加したCa2+は、収縮タンパク質を活性化した後、SRのCa2+-ATPaseによりSR内に再び取り込まれるとともに、一部はNa+/Ca2+交換機構や細胞膜Ca2+ポンプを介して除去される。このような細胞内のCa2+濃度変化は心筋の機械的収縮・弛緩に先行...
Hino A, Yano M, Kato T, Fukuda M, Suetomi T, Ono M, Murakami W, Susa T, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Koseki N, Kyushiki H, Ikemoto N, Matsuzaki M
Cardiovascular research   96(3) 433-443   Dec 2012   [Refereed]
トルバプタン投与が奏効した心室中隔欠損症による慢性心不全の1例
日野 昭宏, 池田 安宏, 山本 健, 三浦 俊郎, 松崎 益徳
Fluid Management Renaissance   2(2) 194-196   Apr 2012
79歳男。40歳時に心室中隔欠損症を指摘され、内科的治療を受けていた。今回、労作時の息切れ、下肢浮腫が出現し、胸部X線にて著明な胸水貯留を認めたため、入院となった。諸検査より、心室中隔欠損症、慢性心房細動を基礎心疾患とした慢性心不全の増悪と診断した。また、片側性の胸水貯留であり、胸水穿刺にて悪性疾患を疑う所見が乏しいことを確認した。塩分制限および飲水制限を開始し、それまでの内服薬は継続した。その後、飲水制限を解除し、トルバプタンを追加した。入院加療にて自覚症状、下腿浮腫、胸部X線での胸水お...
Suetomi T, Yano M, Uchinoumi H, Fukuda M, Hino A, Ono M, Xu X, Tateishi H, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Ikeda Y, Yamamoto T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation   124(6) 682-694   Aug 2011   [Refereed]
Kubo K, Shiga T, Yamamoto T, Tajima A, Moriwaki T, Ikemoto Y, Yamashita M, Sessini E, Mercuri ML, Deplano P, Nakazawa Y, Kato R
Inorganic chemistry   50(19) 9337-9344   Oct 2011   [Refereed]
Aoyama H, Ikeda Y, Miyazaki Y, Yoshimura K, Nishino S, Yamamoto T, Yano M, Inui M, Aoki H, Matsuzaki M
Cardiovascular research   89(1) 79-88   Jan 2011   [Refereed]
カテコラミン誘発性心室頻拍(CPVT)の発症要因としてのリアノジン受容体(RyR2)ドメイン連関異常
末冨 建, 矢野 雅文, 大野 誠, 内海 仁志, 立石 裕樹, 奥田 真一, 土居 正浩, 小林 茂樹, 山本 健, 池田 安宏, 松崎 益徳
山口医学   59(5-6) 247-247   Dec 2010
Dantrolene, a therapeutic agent for malignant hyperthermia, inhibits catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia in a RyR2(R2474S/+) knock-in mouse model.
Kobayashi S, Yano M, Uchinoumi H, Suetomi T, Susa T, Ono M, Xu X, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Doi M, Yamamoto T, Matsuzaki M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(12) 2579-2584   Nov 2010   [Refereed]
Ono M, Yano M, Hino A, Suetomi T, Xu X, Susa T, Uchinoumi H, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Koseki N, Kyushiki H, Ikemoto N, Matsuzaki M
Cardiovascular research   87(4) 609-617   Sep 2010   [Refereed]
Ando M, Yamamoto T, Hino A, Sato T, Nakamura Y, Matsuzaki M
Journal of nuclear cardiology : official publication of the American Society of Nuclear Cardiology   17(5) 868-873   Oct 2010   [Refereed]
【高血圧と心不全 基礎から臨床へ】 高血圧性心不全の基礎医学 細胞内Caイオン変化と心筋障害
山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
血圧   17(7) 566-570   Jul 2010
高血圧における病的肥大の形成にはCaイオンが深くかかわっている。Caイオンの増加を引き金に活性化したcalmodulin(CaM)がHDACのリン酸化とNFATの脱リン酸化の2つの経路を介して肥大のシグナルが進行する。最近の研究でこの肥大が病的肥大へ進むにはCaMK IIによるリアノジン受容体のリン酸化も深く関与している可能性が出ている。(著者抄録)
Xu X, Yano M, Uchinoumi H, Hino A, Suetomi T, Ono M, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ikemoto N, Matsuzaki M
Biochemical and biophysical research communications   394(3) 660-666   Apr 2010   [Refereed]
Uchinoumi H, Yano M, Suetomi T, Ono M, Xu X, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation research   106(8) 1413-1424   Apr 2010   [Refereed]
【新しい心不全としての拡張性心不全】拡張性心不全の疫学と病態 Ca動態からみた拡張不全の病態(リラクゼーション)
山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
Cardiac Practice   20(3) 279-283   Jul 2009
心筋伝導障害および心機能障害を合併したEmery-Dreifuss型筋ジストロフィの1症例
日野 昭宏, 小林 茂樹, 中邑 友美, 奥田 真一, 和田 靖明, 池上 直慶, 吉賀 康裕, 山本 健, 矢野 雅文, 三浦 俊郎, 松崎 益徳
山口医学   58(3) 123-123   Jun 2009
Kobayashi S, Yano M, Suetomi T, Ono M, Tateishi H, Mochizuki M, Xu X, Uchinoumi H, Okuda S, Yamamoto T, Koseki N, Kyushiki H, Ikemoto N, Matsuzaki M
Journal of the American College of Cardiology   53(21) 1993-2005   May 2009   [Refereed]
Yano M, Yamamoto T, Kobayashi S, Matsuzaki M
Journal of cardiology   53(1) 1-7   Feb 2009   [Refereed]
Tateishi H, Yano M, Mochizuki M, Suetomi T, Ono M, Xu X, Uchinoumi H, Okuda S, Oda T, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Cardiovascular research   81(3) 536-545   Feb 2009   [Refereed]
心不全における心房性利尿ペプチドの抗酸化作用による心筋保護効果の検討
須佐 建央, 小林 茂樹, 大野 誠, 内海 仁志, 田中 健雄, 奥田 真一, 河村 修二, 山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
山口医学   57(6) 225-225   Dec 2008
【心不全診療 確立された診療を見定める】心筋細胞内カルシウム動態と心不全
山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
Mebio   25(7) 15-22   Jul 2008
Yamamoto T, Yano M, Xu X, Uchinoumi H, Tateishi H, Mochizuki M, Oda T, Kobayashi S, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation   117(6) 762-772   Feb 2008   [Refereed]
Yano M, Yamamoto T, Kobayashi S, Ikeda Y, Matsuzaki M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 Suppl A A22-30   2008   [Refereed]
Yamaguchi N, Yamamoto T, Suruga K, Takase S
Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology   148(3) 690-697   Nov 2007   [Refereed]
【心不全】 心臓細胞機能とCa2+調節
山本 健, 矢野 雅文
細胞   39(11) 449-452   Oct 2007
心筋細胞の分子レベルの研究は興奮-収縮連関の分子メカニズムが解明し、さらに心不全時の変化についても明らかになってきた。興奮-収縮連関ではL-type Ca2+チャネルを通して細胞外から少量のCa2+が流入し、その流入したCa2+がリアノジン受容体を活性化し、L-type Ca2+チャネルを介して流入したCa2+流入の1000倍ものCa2+が放出され、Ca2+ induced Ca2+ release(CICR)と呼ばれている。筋小胞体(SR)の関連蛋白の中でも特にSERCA2aとリアノジン...
致死的不整脈発症要因としてのリアノジン受容体機能異常
立石 裕樹, 矢野 雅文, 徐 暁娟, 大野 誠, 内海 仁志, 野間 利至, 望月 守, 小林 茂樹, 山本 健, 大草 知子, 松崎 益徳
山口医学   56(3) 93-93   Jun 2007
適応の破綻と修復 心不全での脱リン酸化制御とカルシウムハンドリング
池田 安宏, 青木 浩樹, 青山 英和, 吉村 耕一, 山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
適応医学   11(1) 20-20   May 2007
Mochizuki M, Yano M, Oda T, Tateishi H, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Journal of the American College of Cardiology   49(16) 1722-1732   Apr 2007   [Refereed]
[Aldosterone antagonists: characteristics, mechanisms of action, pharmacokinetics, indication, contraindication, clinical data, and side effects].
Yamamoto T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   65 Suppl 5 102-106   May 2007   [Refereed]
Tokuhisa T, Yano M, Obayashi M, Noma T, Mochizuki M, Oda T, Okuda S, Doi M, Liu J, Ikeda Y, Yamamoto T, Ohkusa T, Matsuzaki M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70(6) 777-786   Jun 2006   [Refereed]
Hadano Y, Murata K, Yamamoto T, Kunichika H, Matsumoto T, Akagawa E, Sato T, Tanaka T, Nose Y, Tanaka N, Matsuzaki M
The American journal of cardiology   97(7) 1025-1028   Apr 2006   [Refereed]
Yano M, Okuda S, Oda T, Tokuhisa T, Tateishi H, Mochizuki M, Noma T, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation   112(23) 3633-3643   Dec 2005   [Refereed]
Yano M, Yamamoto T, Ikeda Y, Matsuzaki M
Nature clinical practice. Cardiovascular medicine   3(1) 43-52   Jan 2006   [Refereed]
Yano M, Yamamoto T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Pharmacology & therapeutics   107(3) 377-391   Sep 2005   [Refereed]
Oda T, Yano M, Yamamoto T, Tokuhisa T, Okuda S, Doi M, Ohkusa T, Ikeda Y, Kobayashi S, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation   111(25) 3400-3410   Jun 2005   [Refereed]
Paul-Pletzer K, Yamamoto T, Ikemoto N, Jimenez LS, Morimoto H, Williams PG, Ma J, Parness J
The Biochemical journal   387(Pt 3) 905-909   May 2005   [Refereed]
Kobayashi S, Yamamoto T, Parness J, Ikemoto N
The Biochemical journal   380(Pt 2) 561-569   Jun 2004   [Refereed]
Paul-Pletzer K, Yamamoto T, Bhat MB, Ma J, Ikemoto N, Jimenez LS, Morimoto H, Williams PG, Parness J
The Journal of biological chemistry   277(38) 34918-34923   Sep 2002   [Refereed]
Okuda S, Yano M, Doi M, Oda T, Tokuhisa T, Kohno M, Kobayashi S, Yamamoto T, Ohkusa T, Matsuzaki M
Circulation   109(7) 911-919   Feb 2004   [Refereed]
Regulation of calcium release by interdomain interaction within ryanodine receptors.
Ikemoto N, Yamamoto T
Frontiers in bioscience : a journal and virtual library   7 d671-83   Mar 2002   [Refereed]
Yamamoto T, Ikemoto N
Biochemical and biophysical research communications   291(4) 1102-1108   Mar 2002   [Refereed]
Shtifman A, Ward CW, Yamamoto T, Wang J, Olbinski B, Valdivia HH, Ikemoto N, Schneider MF
The Journal of general physiology   119(1) 15-32   Jan 2002   [Refereed]
Lamb GD, Posterino GS, Yamamoto T, Ikemoto N
American journal of physiology. Cell physiology   281(1) C207-14   Jul 2001   [Refereed]
Ikemoto N, Yamamoto T
Biochemical and biophysical research communications   279(3) 858-863   Dec 2000   [Refereed]
Yamamoto T, El-Hayek R, Ikemoto N
The Journal of biological chemistry   275(16) 11618-11625   Apr 2000   [Refereed]
El-Hayek R, Saiki Y, Yamamoto T, Ikemoto N
The Journal of biological chemistry   274(47) 33341-33347   Nov 1999   [Refereed]
Ikemoto N, Yamamoto T
Trends in cardiovascular medicine   10(7) 310-316   Oct 2000   [Refereed]
Altered stoichiometry of FKBP12.6 versus ryanodine receptor as a cause of abnormal Ca(2+) leak through ryanodine receptor in heart failure.
Yano M, Ono K, Ohkusa T, Suetsugu M, Kohno M, Hisaoka T, Kobayashi S, Hisamatsu Y, Yamamoto T, Kohno M, Noguchi N, Takasawa S, Okamoto H, Matsuzaki M
Circulation   102(17) 2131-2136   Oct 2000   [Refereed]
Yamamoto T, Yano M, Kohno M, Hisaoka T, Ono K, Tanigawa T, Saiki Y, Hisamatsu Y, Ohkusa T, Matsuzaki M
Cardiovascular research   44(1) 146-155   Oct 1999   [Refereed]
Yano M, Yamamoto T, Kohno M, Hisaoka T, Ono K, Tanigawa T, Ueyama T, Ohkusa T, Matsuzaki M
Journal of cardiovascular pharmacology   32(1) 96-100   Jul 1998   [Refereed]
Shiigi T, Furutani Y, Nakamura Y, Nakamura H, Harada M, Yamamoto T, Shimizu A, Matsuzaki M
Japanese circulation journal   62(5) 336-340   May 1998   [Refereed]
Alterations in cardiac SR Ca(2+)-release channels during development of heart failure in cardiomyopathic hamsters.
Ueyama T, Ohkusa T, Hisamatsu Y, Nakamura Y, Yamamoto T, Yano M, Matsuzaki M
The American journal of physiology   274(1 Pt 2) H1-7   Jan 1998   [Refereed]

Misc

 
致死的不整脈発症要因としてのリアノジン受容体機能異常
立石 裕樹, 矢野 雅文, 徐 暁娟, 内海 仁志, 野間 利至, 望月 守, 小林 茂樹, 山本 健, 大草 知子, 松崎 益徳
Circulation Journal   71(Suppl.II) 859-859   Apr 2007
肺血栓塞栓症の1例
日野 昭宏, 野見山 隆太, 矢野 雅文, 山本 健, 松崎 益徳, 徳久 善弘, 岡 正朗
山口医学   55(6) 206-206   Dec 2006
心不全における筋小胞体Ca2+放出チャネル安定化機序の検討
内海 仁志, 矢野 雅文, 山本 健, 立石 裕樹, 望月 守, 野間 利至, 徐 暁娟, 小林 茂樹, 池田 安宏, 大草 知子, 松崎 益徳
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1173-1173   Oct 2006
左総腸骨動脈瘤穿破により生じた動静脈婁のため、高心拍出性心不全をきたした1例
須佐 建央, 小林 茂樹, 末富 建, 和田 靖明, 河村 修二, 森景 則保, 古谷 彰, 山本 健, 藤井 崇史, 濱野 公一, 松崎 益徳
Circulation Journal   72(Suppl.II) 957-957   Apr 2008
【慢性心不全の分子機構 新しい治療戦略を求めて】 カルシウムハンドリングと心筋障害
山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
循環器科   59(6) 535-540   Jun 2006

Conference Activities & Talks

 
心血管病のトランスレーショナルリサーチ リアノジン受容体を分子標的とした心不全・不整脈治療
小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2019   
Ryanodine受容体安定化薬dantroleneは圧過負荷心における心不全への移行を抑制する(Dantrolene, A Ryanodine Receptor Stabilizer, Suppresses the Transition to Heart Failure in Pressure-overloaded Heart)
河野 通暁, 小林 茂樹, 藤井 翔平, 梶井 俊郎, 民谷 正輝, 中村 吉秀, 南野 巧真, 福井 剛, 濱田 頼臣, 内海 仁志, 小田 哲郎, 奥田 真一, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   
DantroleneによるCaMKII-リン酸化RyR2の安定化はCaMKII δcトランスジェニックマウスにおける加齢性心筋症の発現を予防する(Stabilization of CaMKII-phosphorylated RyR2 by Dantrolene Prevents the Development of Agerelated Cardiomyopathy in CaMKII δ c Transgenic Mice)
周布 陽子, 奥田 真一, 岡本 陽子, 小田 哲郎, 小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   
NAFLDに対するCa代謝調節による新規治療方法の確立のための基礎的検討
山本 直樹, 高見 太郎, 民谷 正輝, 松本 俊彦, 藤澤 浩一, 宮地 隆史, 佐々木 領, 西村 達郎, 松浦 桂司, 仁志 麻衣子, 内田 耕一, 山本 健, 矢野 雅文, 坂井田 功
肝臓   Apr 2018   
マウスのmonocrotaline誘発性PAHにおいてdantroleneは肺動脈圧を低下させずに右室肥大を予防する(Dantrolene Prevents Right Ventricular Hypertrophy without Reducing Pulmonary Arterial Pressure in Monocrotaline-Induced PAH in Mice)
中村 吉秀, 山本 健, 福井 剛, 石口 博智, 内海 仁志, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
CaMKIIリン酸化RyR2の安定化は遺伝子導入したCaMKIIδc過剰発現に起因する加齢に伴う心筋症の発症を予防する(Stabilization of CaMKII-phosphorylated RyR2 Prevents the Development of Age-related Cardiomyopathy Caused by Transgenic CaMKII δ c Overexpression)
周布 陽子, 奥田 真一, 岡本 陽子, 小田 哲郎, 小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
Ryanodine受容体標的治療は代償性圧過負荷心臓における心筋細胞肥大と弛緩障害を抑制する(Ryanodine Receptor Targeting Therapy Inhibits Cardiomyocyte Hypertrophy and Relaxation Impairment in the Compensated Pressure-Overloaded Heart)
河野 通暁, 小林 茂樹, 梶井 俊郎, 南野 巧真, 石口 博智, 内海 仁志, 小田 哲郎, 奥田 真一, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
マウスのmonocrotaline誘発性PAHにおいてdantroleneは肺動脈圧を低下させずに右室肥大を予防する(Dantrolene Prevents Right Ventricular Hypertrophy without Reducing Pulmonary Arterial Pressure in Monocrotaline-Induced PAH in Mice)
中村 吉秀, 山本 健, 福井 剛, 石口 博智, 内海 仁志, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
CaMKIIリン酸化RyR2の安定化は遺伝子導入したCaMKIIδc過剰発現に起因する加齢に伴う心筋症の発症を予防する(Stabilization of CaMKII-phosphorylated RyR2 Prevents the Development of Age-related Cardiomyopathy Caused by Transgenic CaMKII δ c Overexpression)
周布 陽子, 奥田 真一, 岡本 陽子, 小田 哲郎, 小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
Ryanodine受容体標的治療は代償性圧過負荷心臓における心筋細胞肥大と弛緩障害を抑制する(Ryanodine Receptor Targeting Therapy Inhibits Cardiomyocyte Hypertrophy and Relaxation Impairment in the Compensated Pressure-Overloaded Heart)
河野 通暁, 小林 茂樹, 梶井 俊郎, 南野 巧真, 石口 博智, 内海 仁志, 小田 哲郎, 奥田 真一, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
CaMKIIδc遺伝子導入マウスにおいてdantroleneはCaMKIIによるリン酸化RyR2の安定化により加齢に伴う心筋症の進行を予防する(Dantrolene Prevents the Progression of Agerelated Cardiomyopathy by Stabilizing CaMKII-phosphorylated RyR2 in CaMKII δ c Transgenic Mice)
周布 陽子, 奥田 真一, 岡本 陽子, 加藤 孝佳, 西村 滋彦, 小田 哲郎, 小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2017   
変異がCaM様領域ではなく中央領域で発生したCPVTにおいてdantroleneはRyR2へのcalmodulinの結合を増進する(Dantrolene Enhances Binding of Calmodulin to RyR2 in CPVT Which Mutation Located at Central Domain but not at CaM-like Domain)
西村 滋彦, 山本 健, 中村 吉秀, 福井 剛, 大野 誠, 望月 守, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2017   
CaMKII活性化を介したRyR2機能不全の改善はTnT関連性の肥大型心筋症における不整脈原性を抑制する(Improvement of Defective RyR2 Function Mediated by CaMKII Activation Suppresses Arrhythmogenesis in TnT-related Hypertrophic Cardiomyopathy)
奥田 真一, 周布 陽子, 加藤 孝佳, 岡本 陽子, 西村 滋彦, 小田 哲郎, 小林 茂樹, 山本 健, 矢野 雅文
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2017   
当院における過去3年間の新規透析導入患者の傾向から見た現状
池上 直慶, 白上 巧作, 小林 茂樹, 内山 浩一, 山本 健, 松山 豪泰, 矢野 雅文
日本内科学会雑誌   Feb 2016   
発作性心房細動に対する肺静脈隔離術により、術後急性期に起立性低血圧や反射性失神を助長する可能性がある
大野 誠, 吉賀 康裕, 上山 剛, 文本 朋子, 石口 博智, 山本 健, 清水 昭彦, 矢野 雅文
心電図   Feb 2016   
【背景・目的】心房細動に対して肺静脈隔離術(pulmonary vein isolation:PVI)を行うことにより、肺静脈周囲の迷走神経叢に対する修飾が起こり、術後に副交感神経活性が抑制されることが、以前より報告されている。そこで、PVIを行う前後での起立負荷に対する自律神経調節能の変化について、検討した。【方法】当院でPVIを施行された発作性心房細動患者32名を対象とした。PVI前後でヘッドアップチルト試験(HUT試験)を行い、その際の圧受容体感受性(BRS)と心拍変動の計測を行った...
ダントロレンは後圧負荷による心不全心においてリアノジン受容体の安定化により催不整脈を改善させうる
加藤 孝佳, 山本 健, 前田 貴子, 西村 滋彦, 末冨 建, 大野 誠, 望月 守, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2014   
リアノジン受容体高親和性カルモジュリンは後圧負荷による心不全心の心筋機能を改善させうる
加藤 孝佳, 山本 健, 前田 貴子, 西村 滋彦, 末冨 建, 大野 誠, 望月 守, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2014   
発作性心房細動に対する肺静脈隔離術により術後急性期に起立性低血圧や反射性失神の出現を助長する可能性がある
大野 誠, 吉賀 康裕, 上山 剛, 加藤 孝佳, 中島 唯光, 文本 朋子, 西村 滋彦, 石口 博智, 西村 傑, 山本 健, 清水 昭彦, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2014   
カテコラミン誘発性多形性心室頻拍関連の遺伝子変異(RyR2 N4103K)ノックインマウスの不整脈発症におけるカルモジュリンの重要性
西村 滋彦, 山本 健, 前田 貴子, 加藤 孝佳, 末冨 建, 大野 誠, 望月 守, 小田 哲郎, 奥田 真一, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2014   
急性心不全におけるカテコラミン誘発性心筋傷害に対するカルペリチドの心筋保護効果についての検討
村上 和華子, 小林 茂樹, 須佐 建央, 明連 武樹, 加藤 孝佳, 福田 昌和, 奥田 真一, 土居 正浩, 山本 健, 矢野 雅文
日本心臓病学会誌   Sep 2013   
カテコラミン誘発性多形性心室頻拍関連の遺伝子変異を持つリアノジン受容体におけるカルモジュリンの効果について
福田 昌和, 山本 健, 西村 滋彦, 明連 武樹, 加藤 孝佳, 村上 和華子, 大野 誠, 小田 哲郎, 奥田 真一, 土居 正浩, 小林 茂樹, 矢野 雅文
日本心臓病学会誌   Sep 2013   
心臓再同期化療法による拡張期同期化異常の補正は、全体的拡張期流入充填を介して心不全を改善する(Correction of Diastolic Dyssynchrony by Cardiac Resynchronization Therary Improves Heart Failure via Acceleration of Global Diastolic Filling)
安藤 みゆき, 山本 健, 佐伯 幸男, 白石 宏造, 日野 昭宏, 上山 剛, 清水 昭彦, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2010   
急性重症心不全に対するミルリノンと低用量β遮断薬の併用療法 低用量β遮断薬の心筋筋小胞体からのCa2+リーク抑制作用
小林 茂樹, 田中 健雄, 須佐 建央, 小野 誠, 内海 仁志, 奥田 真一, 土居 正浩, 名尾 朋子, 和田 靖明, 山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2010   
リアノジン受容体の点突然変異はドメイン連関異常を介してCPVTを発症する
末冨 建, 矢野 雅文, 日野 昭宏, 大野 誠, 内海 仁志, 立石 裕樹, 奥田 真一, 土居 正浩, 小林 茂樹, 山本 健, 池田 安宏, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2010   
カテコラミン誘発性心室頻拍の発症要因としてのリアノジン受容体ドメイン連関異常
末冨 建, 矢野 雅文, 徐 暁娟, 大野 誠, 内海 仁志, 立石 裕樹, 奥田 真一, 土居 正浩, 小林 茂樹, 山本 健, 池田 安宏, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2009   
非代償期急性重症心不全に対して、ミルリノンに低容量β遮断薬を併用することは心機能の改善により有効か?
小林 茂樹, 田中 健雄, 須佐 建央, 大野 誠, 内海 仁志, 奥田 真一, 土居 正浩, 和田 靖明, 河村 修二, 山本 健, 矢野 雅文, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2009   
カテコラミン誘発性心室頻拍(CPVT)の発生機序としての筋小胞体Ca2+放出チャネル機能異常
内海 仁志, 矢野 雅文, 末冨 建, 大野 誠, 徐 暁娟, 立石 裕樹, 小林 茂樹, 山本 健, 池田 安宏, 松崎 益徳
Circulation Journal   Oct 2008   
カテコラミン誘発性心室頻拍の発症要因としてのリアノジン受容体機能異常
末冨 建, 矢野 雅文, 大野 誠, 内海 仁志, 立石 裕樹, 奥田 真一, 小林 茂樹, 山本 健, 池田 安宏, 松崎 益徳
日本心臓病学会誌   Aug 2008   
カテコラミン誘発性心室頻拍(CPVT)の発生機序としてのリアノジン受容体機能異常
内海 仁志, 矢野 雅文, 大野 誠, 徐 暁娟, 立石 裕樹, 小林 茂樹, 山本 健, 大草 知子, 池田 安宏, 松崎 益徳
Circulation Journal   Apr 2008   
VF後の心肺蘇生急性期にCRTd植込みを施行し救命した心サルコイドーシスの一例
大野 誠, 國近 英樹, 矢野 雅文, 大宮 俊秀, 杉 直樹, 鈴木 慎介, 沢 映良, 吉賀 康裕, 上山 剛, 山本 健, 藤井 崇史, 松崎 益徳, 清水 昭彦
Circulation Journal   Oct 2007