Kenichi Suzuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 1, 2019 at 09:23
 
Avatar
Name
Kenichi Suzuki
Affiliation
Hoshi University

Published Papers

 
Hiraide M, Minowa Y, Nakano Y, Suzuki K, Shiga T, Nishio M, Miyoshi J, Takahashi H, Hama T
Journal of oncology pharmacy practice : official publication of the International Society of Oncology Pharmacy Practitioners   25(7) 1599-1607   Oct 2019   [Refereed]
[Effects of Tyrosine Kinase Inhibitors on Control of PT-INR in Patients Receiving Warfarin].
Hiraide M, Minowa Y, Nakano Y, Yoshioka H, Suzuki K, Shiga T, Takahashi H, Hama T
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(9) 1413-1419   Sep 2019   [Refereed]
Hiraide M, Shiga T, Minowa Y, Nakano Y, Yoshioka H, Suzuki K, Yasuda C, Takahashi H, Hama T
Journal of cardiology      Aug 2019   [Refereed]
Nonomiya Y, Yokokawa T, Kawakami K, Kobayashi K, Aoyama T, Takiguchi T, Sugisaki T, Suzuki K, Suenaga M, Wakatsuki T, Yamaguchi K, Sugimoto Y, Hama T
Oncology research   27(5) 551-556   May 2019   [Refereed]
Tsuji D, Suzuki K, Kawasaki Y, Goto K, Matsui R, Seki N, Hashimoto H, Hama T, Yamanaka T, Yamamoto N, Itoh K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   27(3) 1139-1147   Mar 2019   [Refereed]

Misc

 
【目で見る標準治療-GATE frameによる図解がん薬物療法】(Part3)目で見る肺がん薬物療法 in GATE frame 日本肺癌学会 EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2017年版 第4版より 肺がん ニボルマブ単独療法 既治療進行非小細胞肺がん
鈴木 賢一
Cancer Board Square   5(2) 350-351   Jul 2019
『支持・緩和療法』の進歩と明日への提言
奥坂 拓志, 小川 朝生, 余宮 きのみ, 丹藤 雄介, 藤森 麻衣子, 森 雅紀, 辻 哲也, 保田 知生, 坂本 はと恵, 鈴木 賢一, 清水 陽一, 眞島 喜幸, 聖隷三方原病院緩和ケアチーム
膵臓   34(3) A17-A18   Jun 2019
がん臨床試験の最前線はこれだ!〜がん免疫療法を中心としたがん臨床試験の知識を深化する〜 薬剤師の視点から考える免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメント
鈴木 賢一
薬理と治療   47(5) 707-709   May 2019
臨床研究実践のコツ 病棟薬剤師の「気づき」から研究実現まで
鈴木 賢一, 山本 信之
アプライド・セラピューティクス   11 37-45   2019
2012年「Cisplatinを含む高度催吐性化学療法施行時の嘔吐に対するグラニセトロン(以下GRA)1mgとパロノセトロン(以下PALO)0.75mgの二重盲検ランダム化比較試験:TRIPLE study」を実施した。これは全国から842例を集めて実施した第III相試験であり、日本癌治療学会から推奨されている3剤併用標準制吐療法において、セロトニン受容体拮抗薬(5-HT3RA)の中ではどの薬剤を使用すべきかを検証した試験である。2010年に発売された5-HT3RAのPALOは長時間作用型...
Cabazitaxel治療におけるPegfilgrastimの予防的投与の安全性
吾妻 慧一, 川上 和宜, 湯浅 健, 杉崎 崇人, 橋本 幸輝, 青山 剛, 鈴木 賢一, 米瀬 淳二, 濱 敏弘
癌と化学療法   45(12) 1737-1742   Dec 2018
cabazitaxel治療においてpegfilgrastimを予防的投与した際の安全性を検討する目的で、治療実施状況、発熱性好中球減少症(fibrile neutropenia:FN)の発現率と発現時期、有害事象発現状況について2014年9月〜2016年8月まで当院でcabazitaxelを投与された去勢抵抗性前立腺癌(castration resistant prostate cancer:CRPC)の患者17例を対象にレトロスペクティブに調査を行った。その結果、FNの発現率は29.4%...