森 憲作

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/23 16:45
 
アバター
研究者氏名
森 憲作

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
2007年
東京大学 医学系研究科 教授
 
2005年
   
 
東京大学 大学院医学系研究科 教授
 
2001年
 - 
2009年
東京大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
2000年
   
 
東京大学 医学系研究科 教授
 
1999年
 - 
2007年
東京大学 医学系研究科・大学院 教授
 

論文

 
Matsumoto H, Kobayakawa K, Kobayakawa R, Tashiro T, Mori K, Sakano H, Mori K
Journal of neurophysiology   103(6) 3490-3500   2010年4月   [査読有り]
Miki S, Mori K, Masanari S, Furuta T, Saida T, Hiratsuka M, Tohno E, Minami M
Cardiovascular and interventional radiology   32(6) 1296-1299   2009年11月   [査読有り]
Naritsuka H, Sakai K, Hashikawa T, Mori K, Yamaguchi M
The Journal of comparative neurology   515(4) 409-426   2009年8月   [査読有り]
Mori K, Matsumoto H, Tsuno Y, Igarashi KM
Annals of the New York Academy of Sciences   1170 255-258   2009年7月   [査読有り]
Tsuno Y, Mori K
Communicative & integrative biology   2(4) 362-364   2009年7月   [査読有り]
Matsumoto H, Kashiwadani H, Nagao H, Aiba A, Mori K
Journal of neurophysiology   101(4) 1890-1900   2009年4月   [査読有り]
Kikuta S, Kashiwadani H, Mori K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(46) 11989-11997   2008年11月   [査読有り]
Tsuno Y, Kashiwadani H, Mori K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(37) 9227-9238   2008年9月   [査読有り]
Kobayakawa K, Kobayakawa R, Matsumoto H, Oka Y, Imai T, Ikawa M, Okabe M, Ikeda T, Itohara S, Kikusui T, Mori K, Sakano H
Nature   450(7169) 503-508   2007年11月   [査読有り]
Yoshida I, Mori K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(34) 9105-9114   2007年8月   [査読有り]
Hasegawa S, Yamaguchi M, Nagao H, Mishina M, Mori K
Journal of neuroimmunology   186(1-2) 75-85   2007年5月   [査読有り]
Mori K, Takahashi YK, Igarashi KM, Yamaguchi M
Physiological reviews   86(2) 409-433   2006年4月   [査読有り]
Imamura F, Nagao H, Naritsuka H, Murata Y, Taniguchi H, Mori K
The Journal of comparative neurology   495(6) 754-768   2006年4月   [査読有り]
Yamaguchi M, Mori K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(27) 9697-9702   2005年7月   [査読有り]
Murakami M, Kashiwadani H, Kirino Y, Mori K
Neuron   46(2) 285-296   2005年4月   [査読有り]
Igarashi KM, Mori K
Journal of neurophysiology   93(2) 1007-1019   2005年2月   [査読有り]
Mori K, Takahashi YK, Igarashi K, Nagayama S
Chemical senses   30 103-104   2005年1月   [査読有り]
Takahashi YK, Kurosaki M, Hirono S, Mori K
Journal of neurophysiology   92(4) 2413-2427   2004年10月   [査読有り]
Takahashi YK, Nagayama S, Mori K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(40) 8690-8694   2004年10月   [査読有り]
Nagayama S, Takahashi YK, Yoshihara Y, Mori K
Journal of neurophysiology   91(6) 2532-2540   2004年6月   [査読有り]
Hasegawa S, Yamaguchi M, Nagao H, Yoshihara Y, Mori K
Journal of neuroimmunology   151(1-2) 126-136   2004年6月   [査読有り]
Distorted odor maps in the olfactory bulb of semaphorin 3A-deficient mice.
Taniguchi M, Nagao H, Takahashi YK, Yamaguchi M, Mitsui S, Yagi T, Mori K, Shimizu T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 1390-1397   2003年2月   [査読有り]
Nagao H, Yamaguchi M, Takahash Y, Mori K
Microscopy research and technique   58(3) 168-175   2002年8月   [査読有り]
Sugitani Y, Nakai S, Minowa O, Nishi M, Jishage K, Kawano H, Mori K, Ogawa M, Noda T
Genes & development   16(14) 1760-1765   2002年7月   [査読有り]
Inaki K, Takahashi YK, Nagayama S, Mori K
The European journal of neuroscience   15(10) 1563-1574   2002年5月   [査読有り]

Misc

 
石川雅司, 藤木文乃, 辻知奈, 中村明朗, 井出純一, 森憲作
日本味と匂学会誌   14(3) 259-260   2007年12月
石川雅司, 井出純一, 辻知奈, 藤木文乃, 中村明朗, 森憲作
日本味と匂学会誌   14(3) 515-516   2007年12月
五十嵐啓, 吉田郁恵, 森憲作
生体の科学   58(4) 300-307   2007年7月
石川雅司, 藤木文乃, 中村明朗, 井手純一, 森憲作
電気学会研究会資料. CHS, ケミカルセンサ研究会   2006(19) 31-34   2006年12月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2006年 - 2009年
我々は,ウレタン麻酔下および自由行動時のラット嗅球を解析し,嗅球内の顆粒細胞から僧帽細胞への樹-状突起問抑制性シナプス伝達の大きさが睡眠,覚醒状態に依存して大きく変化することを平成18年度に見いだした。平成19年度には,この睡眠,覚醒状態に依存した樹状突起間シナプスの機能調整が,アセチルコリン作動性の遠心性神経線維によって媒介されることを発見した。すなわち,覚醒時にはアセチルコリン作動性の神経線維は高い活性を示し,ムスカリン性アセチルコリン受容体を介して,顆粒細胞から僧帽細胞への樹状突起間...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年
【目的】
嗅神経細胞は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻副鼻腔疾患・喫煙・ウイルス感染・老化など様々な原因により障害される。現在こうした嗅神経細胞の障害による嗅覚障害に対しては、ステロイドの局所投与が唯一の治療法として行われているが、無効例も少なくない。そこで本年度は嗅神経細胞の障害に対する新たな治療法として骨髄間葉系幹細胞の移植による再生治療の可能性とbFGFの嗅神経細胞再生への効果を検討した。
【方法】
I.神経細胞への分化傾向を持つ骨髄間質細胞NRGをBrdUを含んだ培養液中で培...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年
1. 本研究により、我々はこれまでに嗅皮質前梨状葉の個々のニューロンが、食べ物から発せられるにおい分子のカテゴリーの組み合わせに選択的に応答することを見出した。平成19年度の研究により嗅皮質内の前嗅核においても、個々のニューロンがにおい分子カテゴリーの特定の組み合わせに選択的に応答することを見出した。更に、前嗅核の主核ニューロンの多くにおいては、左鼻入力のにおい分子カテゴリー選択性と右鼻入力のにおい分子カテゴリー選択性がほぼ一致することを発見した。このことは前嗅核の個々のニューロンは、左鼻...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2001年 - 2001年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間: 2001年 - 2002年
神経系-免疫系の相互作用におけるテレンセファリン(TLCN)の役割を解析するために、我々は昨年度確立したマウス海馬初代培養神経細胞と活性化免疫細胞であるLAK細胞のin vitro共培養系を用いて解析を行った。その結果、共培養開始後2.5時間以内に神経細胞の樹状突起やmicrospikeの減少や切断などの大規模な形態変化が観察された。これらの現象はLAK細胞の分泌する可溶性因子によって引き起こされていることが、transwell membraneやLAK細胞の条件培地を用いた実験から明らか...