Kentaro Kikuchi

J-GLOBAL         Last updated: Mar 19, 2019 at 09:35
 
Avatar
Name
Kentaro Kikuchi
Affiliation
Teikyo University
Section
Faculty of Medicine,University Hospital,Mizonokuchi

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Honda A, Tanaka A, Kaneko T, Komori A, Abe M, Inao M, Namisaki T, Hashimoto N, Kawata K, Takahashi A, Ninomiya M, Kang JH, Arakawa M, Yamagiwa S, Joshita S, Umemura T, Sato K, Kaneko A, Kikuchi K, Itakura J, Nomura T, Kakisaka K, Fujii H, Kawada N, Takikawa Y, Masaki T, Ohira H, Mochida S, Yoshiji H, Iimuro S, Matsuzaki Y, Takikawa H, Japan PBC Study Group (JPBCSG).
Hepatology (Baltimore, Md.)      Feb 2019   [Refereed]
Matsumoto K, Kikuchi K, Kajiyama Y, Takano Y, Mabuchi M, Doi S, Sato K, Miyakawa H, Yasuda I
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(18) 2669-2673   Sep 2018   [Refereed]
Yagi M, Tanaka A, Abe M, Namisaki T, Yoshiji H, Takahashi A, Ohira H, Komori A, Yamagiwa S, Kikuchi K, Yasunaka T, Takaki A, Ueno Y, Honda A, Matsuzaki Y, Takikawa H
Scientific reports   8(1) 12542   Aug 2018   [Refereed]
Moritoki Y, Tsuneyama K, Nakamura Y, Kikuchi K, Shiota A, Ohsugi Y, Lian ZX, Zhang W, Yang GX, Ueki S, Takeda M, Omokawa A, Saga T, Saga A, Watanabe D, Miura M, Ueno Y, Leung PSC, Tanaka A, Gershwin ME, Hirokawa M
Frontiers in immunology   9 2534   2018   [Refereed]
Matsumoto K, Ichimura M, Tsuneyama K, Moritoki Y, Tsunashima H, Omagari K, Hara M, Yasuda I, Miyakawa H, Kikuchi K
PloS one   12(6) e0175406   2017   [Refereed]
Tsunashima H, Tsuneyama K, Moritoki Y, Hara M, Kikuchi K
Hepatobiliary surgery and nutrition   4(5) 313-319   Oct 2015   [Refereed]
Tanaka A, Kikuchi K, Miura R, Miura K, Mikami M, Aiso M, Takamori Y, Takikawa H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   46(3) E45-50   Apr 2015   [Refereed]
Nakamura M, Kondo H, Tanaka A, Komori A, Ito M, Yamamoto K, Ohira H, Zeniya M, Hashimoto E, Honda M, Kaneko S, Ueno Y, Kikuchi K, Shimoda S, Harada K, Arai K, Miyake Y, Abe M, Taniai M, Saibara T, Sakisaka S, Takikawa H, Onji M, Tsubouchi H, Nakanuma Y, Ishibashi H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   45(8) 846-855   Sep 2014   [Refereed]
Takai A, Kikuchi K, Kajiyama Y, Sugiura A, Negishi M, Tsunashima H, Yamada H, Matsumoto K, Tsuneyama K, Moritoki Y, Hara M, Miyakawa H
International scholarly research notices   2014 725351   2014   [Refereed]
Wang J, Budamagunta MS, Voss JC, Kurth MJ, Lam KS, Lu L, Kenny TP, Bowlus C, Kikuchi K, Coppel RL, Ansari AA, Gershwin ME, Leung PS
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   191(5) 2126-2133   Sep 2013   [Refereed]
Kikuchi K, Tsuneyama K, Yamada H, Kajiyama Y, Matsumoto K, Tsunashima H, Yamashita R, Takai A, Negishi M, Hara M, Moritoki Y, Miyakawa H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   44(10) E253-E256   Aug 2013   [Refereed]
Tsuneyama K, Baba H, Kikuchi K, Nishida T, Nomoto K, Hayashi S, Miwa S, Nakajima T, Nakanishi Y, Masuda S, Terada M, Imura J, Selmi C
Clinical reviews in allergy & immunology   45(1) 143-148   Aug 2013   [Refereed]
Nakamura M, Nishida N, Kawashima M, Aiba Y, Tanaka A, Yasunami M, Nakamura H, Komori A, Nakamuta M, Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Onji M, Kaneko S, Honda M, Yamagiwa S, Nakao K, Ichida T, Takikawa H, Seike M, Umemura T, Ueno Y, Sakisaka S, Kikuchi K, Ebinuma H, Yamashiki N, Tamura S, Sugawara Y, Mori A, Yagi S, Shirabe K, Taketomi A, Arai K, Monoe K, Ichikawa T, Taniai M, Miyake Y, Kumagi T, Abe M, Yoshizawa K, Joshita S, Shimoda S, Honda K, Takahashi H, Hirano K, Takeyama Y, Harada K, Migita K, Ito M, Yatsuhashi H, Fukushima N, Ota H, Komatsu T, Saoshiro T, Ishida J, Kouno H, Kouno H, Yagura M, Kobayashi M, Muro T, Masaki N, Hirata K, Watanabe Y, Nakamura Y, Shimada M, Hirashima N, Komeda T, Sugi K, Koga M, Ario K, Takesaki E, Maehara Y, Uemoto S, Kokudo N, Tsubouchi H, Mizokami M, Nakanuma Y, Tokunaga K, Ishibashi H
American journal of human genetics   91(4) 721-728   Oct 2012   [Refereed]
Jin Q, Moritoki Y, Lleo A, Tsuneyama K, Invernizzi P, Moritoki H, Kikuchi K, Lian ZX, Hirschfield GM, Ansari AA, Coppel RL, Gershwin ME, Niu J
Hepatology (Baltimore, Md.)   55(5) 1495-1506   May 2012   [Refereed]
Kajiyama Y, Kikuchi K, Takai A, Hosoya N, Hoshino H, Hino K, Miyakawa H
Clinical & developmental immunology   2012 247973   2012   [Refereed]
Tsuneyama K, Moritoki Y, Kikuchi K, Nakanuma Y
International journal of hepatology   2012 403954   2012   [Refereed]
Shimoda S, Tsuneyama K, Kikuchi K, Harada K, Nakanuma Y, Nakamura M, Ishibashi H, Hisamoto S, Niiro H, Leung P, Ansari AA, Gershwin ME, Akashi K.
Clinical & Experimental Immunology   168(3) 279-284   2012   [Refereed]
Tanaka A, Harada K, Ebinuma H, Komori A, Yokokawa J, Yoshizawa K, Abe M, Miyake Y, Kikuchi K, Ohira H, Zeniya M, Yamamoto K, Ishibashi H, Onji M, Nakanuma Y, Tsubouchi H, Takikawa H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   41(9) 877-886   Sep 2011   [Refereed]
Yoshida H, Shiratori Y, Kudo M, Shiina S, Mizuta T, Kojiro M, Yamamoto K, Koike Y, Saito K, Koyanagi N, Kawabe T, Kawazoe S, Kobashi H, Kasugai H, Osaki Y, Araki Y, Izumi N, Oka H, Tsuji K, Toyota J, Seki T, Osawa T, Masaki N, Ichinose M, Seike M, Ishikawa A, Ueno Y, Tagawa K, Kuromatsu R, Sakisaka S, Ikeda H, Kuroda H, Kokuryu H, Yamashita T, Sakaida I, Katamoto T, Kikuchi K, Nomoto M, Omata M
Hepatology (Baltimore, Md.)   54(2) 532-540   Aug 2011   [Refereed]
Tanaka A, Invernizzi P, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Shibuya A, Seldin MF, Gershwin ME, Takikawa H.
Tisuue Antigens   78(1) 65-68   2011   [Refereed]
Tanaka A, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Shibuya A, Bianchi I, Podda M, Invernizzi P, Takikawa H.
Tisuue Antigens   77(3) 239-243   2011   [Refereed]
Shimoda S, Harada K, Niiro H, Taketomi A, Maehara Y, Tsuneyama K, Kikuchi K, Nakanuma Y, Mackay IR, Gershwin ME, Akashi K
Hepatology (Baltimore, Md.)   51 567-575   Feb 2010   [Refereed]
Montali L, Tanaka A, Riva P, Takahashi H, Cocchi C, Ueno Y, Miglioretti M, Takikawa H, Vecchio L, Frigerio A, Bianchi I, Jorgensen R, Lindor KD, Podda M, Invernizzi P, Battezzati PM, Crosignani A, Hayami E, Hosoya N, Kido O, Kikuchi K, Miyakawa H, Monoe K, Nezu S, Ohira H, Okuyama S, Selmi C, Shibuya A, Takahashi A, Takahashi S, Takai A, Yokokawa J, Zeniya M, Zuin M.
Digestive and Liver Disease   42(10) 718-723   2010   [Refereed]
Kawai T, Hosoya N, Moritoki Y, Kajiyama Y, Watanabe M, Takai A, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H, Kikuchi K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   39 874-881   Sep 2009   [Refereed]
Tanaka A, Nezu S, Uegaki S, Kikuchi K, Shibuya A, Miyakawa H, Takahashi S, Bianchi I, Zermiani P, Podda M, Ohira H, Invernizzi P, Takikawa H
Journal of hepatology   50 1202-1209   Jun 2009   [Refereed]
Kikuchi K, Hsu W, Hosoya N, Moritoki Y, Kajiyama Y, Kawai T, Takai A, Hayami E, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   39 448-454   May 2009   [Refereed]
Shimoda S, Miyakawa H, Nakamura M, Ishibashi H, Kikuchi K, Kita H, Niiro H, Arinobu Y, Ono N, Mackay IR, Gershwin ME, Akashi K
Journal of autoimmunity   31 110-115   Sep 2008   [Refereed]
Leung PS, Rossaro L, Davis PA, Park O, Tanaka A, Kikuchi K, Miyakawa H, Norman GL, Lee W, Gershwin ME, Acute Liver Failure Study Group
Hepatology (Baltimore, Md.)   46 1436-1442   Nov 2007   [Refereed]
Kikuchi K, Tanaka A, Matsushita M, Kitazawa E, Hosoya N, Kawashima Y, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H
Annals of the New York Academy of Sciences   1110 15-22   Sep 2007   [Refereed]
Mataki N, Kikuchi K, Kawai T, Higashiyama M, Okada Y, Kurihara C, Hokari R, Kawaguchi A, Nagao S, Kondo T, Itoh K, Miyakawa H, Miura S
The American journal of gastroenterology   102 302-312   Feb 2007   [Refereed]
Values of doppler sonography predicts high risk variceal bleeding in patients with viral cirrhosis.
Tsubaki T, Sato S, Fujikawa H, Kawashima Y, Kitazawa E, Takai A, Kikuchi K, Morizane T, Miyakawa H.
Hepatogastroenterology   54(73) 96-99   2007   [Refereed]
Miyakawa H, Tanaka A, Selmi C, Hosoya N, Mataki N, Kikuchi K, Kato T, Arai J, Goto T, Gershwin ME
Clinical & developmental immunology   13 289-294   Jun 2006   [Refereed]
Honda M, Kawashima Y, Kawamura H, Fujikawa H, Kikuchi K, Ohashi H, Mori Y, Miyakawa H, Ishibashi M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   45 1225-1229   2006   [Refereed]
Plasmacytoid dendritic cells of different origins have distinct characteristics and function: studies of lymphoid progenitors versus myeloid progenitors.
Yang GX, Lian ZX, Kikuchi K, Moritoki Y, Ansari AA, Liu YJ, Ikehara S, Gershwin ME
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   175 7281-7287   Dec 2005   [Refereed]
Umeuchi H, Kawashima Y, Aoki CA, Kurokawa T, Nakao K, Itoh M, Kikuchi K, Kato T, Okano K, Gershwin ME, Miyakawa H
European journal of pharmacology   518 133-139   Aug 2005   [Refereed]
Kikuchi K, Lian ZX, Kimura Y, Selmi C, Yang GX, Gordon SC, Invernizzi P, Podda M, Coppel RL, Ansari AA, Ikehara S, Miyakawa H, Gershwin ME
Journal of autoimmunity   24 347-352   Jun 2005   [Refereed]
CD4- plasmacytoid dendritic cells (pDCs) migrate in lymph nodes by CpG inoculation and represent a potent functional subset of pDCs.
Yang GX, Lian ZX, Kikuchi K, Liu YJ, Ansari AA, Ikehara S, Gershwin ME
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   174 3197-3203   Mar 2005   [Refereed]
Kikuchi K, Lian ZX, Yang GX, Ansari AA, Ikehara S, Kaplan M, Miyakawa H, Coppel RL, Gershwin ME
Gastroenterology   128 304-312   Feb 2005   [Refereed]
Expansion of bone marrow IFN-alpha-producing dendritic cells in New Zealand Black (NZB) mice: high level expression of TLR9 and secretion of IFN-alpha in NZB bone marrow.
Lian ZX, Kikuchi K, Yang GX, Ansari AA, Ikehara S, Gershwin ME
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   173 5283-5289   Oct 2004   [Refereed]
Benson GD, Kikuchi K, Miyakawa H, Tanaka A, Watnik MR, Gershwin ME
Clinical & developmental immunology   11 129-133   Jun 2004   [Refereed]
Miyakawa H, Kawashima Y, Kitazawa E, Kawaguchi N, Kato T, Kikuchi K, Imai E, Fujikawa H, Hashimoto E, Schlumberger W
Journal of autoimmunity   21 77-82   Aug 2003   [Refereed]
Kikuchi K, Tanaka A, Miyakawa H, Kawashima Y, Kawaguchi N, Matsushita M, Gershwin ME
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   26 87-90   Jun 2003   [Refereed]
Kikuchi K, Lian ZX, He XS, Ansari AA, Ishibashi M, Miyakawa H, Shultz LD, Ikehara S, Gershwin ME
Clinical & developmental immunology   10 197-202   Jun 2003   [Refereed]
Heterogeneity of dendritic cells in the mouse liver: identification and characterization of four distinct populations.
Lian ZX, Okada T, He XS, Kita H, Liu YJ, Ansari AA, Kikuchi K, Ikehara S, Gershwin ME
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   170 2323-2330   Mar 2003   [Refereed]
Matsushita M, Tanaka A, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawaguchi N, Kawashima Y, Kato T, Fujikawa H, Quaranta S, Rosina F, Gershwind ME, Miyakawa H
Autoimmunity   35 531-536   Dec 2002   [Refereed]
Kikuchi K, Minami K, Miyakawa H, Ishibashi M
The American journal of gastroenterology   97 1274-1275   May 2002   [Refereed]
Miyakawa H, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawaguchi N
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   22 167-173   Mar 2002   [Refereed]
Miyakawa H, Fujikawa H, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawashima Y
The American journal of gastroenterology   97 488   Feb 2002   [Refereed]
Miyakawa H,?Kikuchi K, Jong-Hon K, Kawaguchi N, Yajima R, Ito Y, Maekubo H.
Journal of Gastroenterology   36(1) 33-38   2001   [Refereed]
Miyakawa H, Tanaka A, Kikuchi K, Matsushita M, Kitazawa E, Kawaguchi N, Fujikawa H, Gershwin ME.
Hepatology   34(2) 243-248   2001   [Refereed]
Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawashima Y, Yajima R, Itoh Y.
Hepatology Research   20(3) 279-287   2001   [Refereed]
Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Fujikawa H, Kitazawa E, Matsushita M.
Hepatology Research   21(2) 101-107   2001   [Refereed]
Matsushita M, Miyakawa H, Tanaka A, Hijikata M, Kikuchi K, Fujikawa H, Arai J, Sainokami S, Hino K, Terai I, Mishiro S, Gershwin ME.
Journal of Autoimmunity   17(3) 251-257   2001   [Refereed]
Kikuchi K, Miyakawa H, Abe K, Fujikawa H, Horiuchi T, Nagai K, Kako M.
Digestive Diseases and Sciences   45(1) 160-165   2000   [Refereed]
Kikuchi K, Miyakawa H, Abe K, Kako M, Katayama K, Fukushi S, Mishiro S.
Journal of Medical Virology   61(1) 165-170   2000   [Refereed]
Immunoreactivity to various human cytochrome P450 proteins of sera from patients with autoimmune hepatitis, chronic hepatitis B, and chronic hepatitis C.
Miyakawa H, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Kawaguchi N, Abe K, Matsushita M, Matsushima H, Igarashi T, Hankins RW, Kako M.
Autoimmunity   33(1) 23-32   2000   [Refereed]
Miyakawa H, Kitazawa E, Fujikawa H, Kikuchi K, Abe K, Kawaguchi N, Kako M.
Hepatology Research   18(1) 1-9   2000   [Refereed]
Detection of anti-branched chain 2-oxo acid dehydrogenase complex (BCOADC)-E2 antibody in primary biliary cirrhosis by ELISA using recombinant fusion protein.
Miyakawa H, Abe K, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kawaguchi N, Kako M.
Autoimmunity   30(1) 11-20   1999   [Refereed]
Detection of anti-LKM-1(anti-CYP2D6) by an enzyme-linked immunosorbent assay in adult patients with chronic liver diseases.
Miyakawa H, Kikazawa E, Abe K, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kawaguchi N, Morizane T, Ohya K, Kako M.
Autoimmunity   30(2) 107-114   1999   [Refereed]
Serial changes of serum anti-M2 proteins in patients with primary biliary cirrhosis: a follow-up study by immunoblotting
Miyakawa H, Kawaguchi N, Abe K, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kako M.
Hepatology Research   13(2) 143-152   1999   [Refereed]
cDNA sequencing of branched chain 2-oxo acid dehydrogenase complex (BCOADC)-E2 in Japanese patients with primary biliary cirrhosis.
Miyakawa H, Kawaguchi N, Katayama K, Noyama T, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Abe K, Kako M.
Hepatology Research   14(1) 70-77   1999   [Refereed]
Miyakawa H, Matsushima H, Narita Y, Hankins RW, Kitazawa E, Fujikawa H, Kikuchi K, Matsushita M, Abe K, Kawaguchi N, Morizane T, Kako M.
Journal of Gastroenterology   33(4) 529-535   1998   [Refereed]
Anti-liver-kidney microsome (LKM)-1 autoantibody in HCV-positive sera reacts predominantly to conformational epitope, not to linear epitope.
Miyakawa H, Kitazawa E, Abe K, Matsushita M, Kawaguchi N, Fujikawa H, Kikuchi K, Kako M.
Hepatology Research   10(2) 112-120   1998   [Refereed]
Combination assays for IgG class and IgM class anti-pyruvate dehydrogenase complex(PDC)-E2 by ELISA using recombinant autoantigen to diagnose primary biliary cirrhosis.
Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Fujikawa H, Kitazawa E, Matsushita M, Abe K, Kako M.
Hepatology Research   12(2) 140-150   1998   [Refereed]
Miyakawa H, Kitazawa E, Abe K, Kawaguchi N, Fuzikawa H, Kikuchi K, Kako M, Komatsu T, Hayashi N, Kiyosawa K.
Journal of Gastroenterology   32(6) 769-776   1997   [Refereed]

Misc

 
肝動注化学療法が奏効した下大静脈浸潤および肝外転移を伴うChild-Pugh分類B、肝細胞癌の1例
梶山 祐介, 菊池 健太郎, 小尾 俊太郎, 宮川 浩, 佐藤 新平, 安田 一朗
癌と化学療法   45(9) 1339-1341   Sep 2018
症例は65歳、女性。C型肝硬変にて近医に通院中であったが、肝静脈浸潤、門脈腫瘍浸潤、多発肺転移を伴う肝細胞癌と診断された。下大静脈浸潤が予後に影響すると考え肝動注化学療法を行ったところ、脈管浸潤や肝内病変のみならず、肺転移も含めて著明な縮小を認めた。科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン上は、Child-Pugh分類Bの肝硬変症患者における脈管侵襲を伴う肝細胞癌に対する推奨治療は確立されていないが、下大静脈症候群を来した脈管浸潤症例に対して治療選択の一つになり得ると考え報告する。(著者抄録)
【胆膵EUSを極める-私ならこうする(There is always a better way)-】 治療 EUSガイド下腹腔神経叢ブロック 私はこうする
安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 高野 祐一, 辻川 尊之, 関根 一智, 國吉 宣行, 足立 貴子, 恩田 毅, 松本 光太郎, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
胆と膵   38(臨増特大) 1103-1106   Oct 2017
EUSガイド下腹腔神経節ブロック(EUS-CGN)は、従来行われてきたEUSガイド下腹腔神経叢ブロック(EUS-CPN)よりも高い疼痛緩和効果が期待できる。腹腔神経節の描出はコツさえつかめば容易であり、すべての症例において描出可能である。また、エタノールの注入量はEUS-CPNよりも少量ですむため、偶発症の発生も抑制できる可能性がある。効果的で安全なEUS-CGNを行うための手技の工夫について紹介した。(著者抄録)
当院における過去5年間に分離されたカンジダの検査動向
大崎 さゆり, 風間 義顕, 菊池 健太郎, 下山 陽也, 茂木 千代子, 黒崎 文広, 芦川 鈴子, 加藤 良子, 村川 裕二, 吉田 稔
日本臨床微生物学雑誌   27(4) 281-288   Sep 2017
カンジダ属酵母はヒトに常在するが,immunocompromised hostにおいてはカンジダ症の原因微生物としての割合が高く死亡率も高いため,真菌症の早期診断および適切な治療を行うことは重要である。今回,2011年から2015年まで過去5年間の,自施設におけるカンジダ属の分離数を調査し,症例の臨床背景を検討した。5年間で細菌検査室に提出された臨床検体5130件のうち1311件からカンジダ属が分離された。種別の分離頻度はCandida albicans,C.glabrata,C.trop...
小澤 範高, 土井 晋平, 辻川 尊之, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 高橋 美紀子, 川本 雅司, 安田 一朗
日本消化器病学会雑誌   114(7) 1285-1292   Jul 2017
78歳男性。発熱、心窩部痛を主訴に近医受診。腹部超音波検査にて肝膿瘍を疑われ当科紹介、経皮的ドレナージ、抗菌薬投与にて解熱、CRP低下を認めたが、腹部CTにて膿瘍周囲の充実性部分の増大があり、経皮的肝生検を施行し低分化腺癌と診断。また、入院時から白血球増多、高Ca血症を認め、血清G-CSFおよびPTHrPを測定したところ高値であった。肝膿瘍を合併したG-CSF・PTHrP産生肝内胆管癌と診断した。(著者抄録)
松本 光太郎, 馬淵 正敏, 足立 貴子, 梶山 はな恵, 恩田 毅, 綱島 弘道, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   90(1) 62,2-65,2   Jun 2017
症例は71歳、女性。Vogt-小柳-原田病に対して当院眼科にてステロイド内服加療中であったが、腹痛、嘔吐、下痢、発熱が出現したため当科を受診した。感染性腸炎と診断し、絶食・補液・抗菌薬投与で加療を開始したところ、症状は数日で改善し、炎症反応もおさまったため抗菌薬投与を終了した。しかし、食事再開後に炎症が再燃し、CTにて骨盤内に膿瘍形成を認めた。抗菌薬投与を再開したが、膿瘍が消失せず症状も遷延したため、超音波内視鏡下経直腸膿瘍ドレナージを施行した。術中・術後偶発症はなく、症状・炎症反応は改善...
【ERCPのエキスパートを目指して】 スコープ挿入の基本と困難例への対処
安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 足立 貴子, 梶山 はな恵, 恩田 毅, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 辻川 尊之, 関根 一智, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
消化器内視鏡   29(5) 811-815   May 2017
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)におけるスコープ挿入の基本手技および困難例における対処法について解説した。ERCPで用いる後方斜視鏡は直視下にスコープを進めることができないため、安全かつ速やかに乳頭まで到達するには様々な注意点とコツが必要である。なかでも、挿入に際して最も重要なことは、抵抗を感じたら無理にスコープを押し込まず、スコープをいったん少し引き戻して進行方向を確認してから、再度スコープを進めることである。(著者抄録)
【膵疾患の疼痛治療のup-to-date-疼痛の発生メカニズムから疾患別治療まで-】 膵癌の疼痛治療 超音波内視鏡下腹腔神経叢ブロック術
関根 一智, 安田 一朗, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 辻川 尊之, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
胆と膵   37(12) 1615-1621   Dec 2016
癌性疼痛の管理は、近年WHOの除痛ラダーが推奨されている。しかし、種々の理由によりモルヒネを中心とした鎮痛薬による疼痛管理が困難な場合がある。一方、内視鏡技術の進歩により超音波内視鏡下腹腔神経叢ブロック(EUS-guided celiac plexus neurolysis:EUS-CPN)が近年行われるようになり、膵癌をはじめとする上腹部悪性腫瘍に伴う癌性疼痛の緩和治療に用いられている。超音波内視鏡下では、穿刺経路に介在する血管や臓器を避けて対象部位に正確な穿刺が行えるため、従来の方法と...
馬淵 正敏, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   89(1) 70-71   Dec 2016
ERCP時の鎮痙薬としてl-menthol製剤を投与した359例を対象に、他の鎮痙薬を用いない手技完遂率、腸蠕動の程度、全処置時間、術中・術後の偶発症について検討した。その結果、他の鎮痙剤を用いない手技完遂率は90.5%で、鎮痙剤の追加の有無にかかわらず、手技を完遂できなかった症例は4.5%であった。鎮痙剤の追加を必要とした症例は34例(9.5%)であった。スコープ挿入からの総検査時間は中央値23分(2〜102分)であった。l-menthol単独での腸蠕動は、grade別に各々none/m...
【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 結石除去 結石破砕と破砕具使用のコツ、トラブルシューティング
土井 晋平, 松本 光太郎, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 関根 一智, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
胆と膵   37(臨増特大) 1241-1245   Nov 2016
総胆管結石はバスケットやバルーンカテーテルを用いた内視鏡的結石除去術によりほとんどの症例で治療完遂可能であるが、2cmを超えるような大結石に対しては内視鏡的機械的砕石術(endoscopic mechanical lithotripsy:EML)を適宜併用した処置を行う必要がある。EML砕石具のシースは乳頭への挿入が他のデバイスと比べて難しく、軸合わせを意識した丁寧な挿入を心がけないと思わぬ偶発症を招く可能性がある。最近では新しい経口胆道鏡や、電気水圧衝撃波結石破砕装置(EHL)が相次いで...
【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 胆管選択的カニュレーション カニュレーション手技の種類と使い分け
安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 関根 一智, 足立 貴子, 恩田 毅, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
胆と膵   37(臨増特大) 1145-1148   Nov 2016
古典的な胆管カニュレーションの方法は、造影剤を充填したカニューラの先端で胆管口を探ったのち、造影剤の注入によって胆管挿管の成否を確認する方法である。しかし、欧米では以前から十二指腸乳頭において見上げのポジションをとりやすいパピロトームを好んで使用する施設が多くあり、また最近ではガイドワイヤーを先行させて胆管を探るwire-guided cannulationが標準的な手技として定着している。また、胆管カニュレーション困難例については、従来、プレカット法が一般的に行われてきたが、国内では膵管...
【Interventional EUSのすべて】 縦隔病変におけるEUS-FNAの実際
馬淵 正敏, 安田 一朗, 土井 晋平, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
消化器内視鏡   28(10) 1574-1580   Oct 2016
縦隔病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)は、欧米では肺癌のリンパ節転移診断を中心に盛んに行われている。本邦でも保険診療で行える検査であるが、膵病変に対するEUS-FNAと比べると、その普及は拡がっていない。本稿では、画像診断では限界のある縦隔病変に対するEUS-FNAについて、具体的な適応、実際の穿刺のコツを述べるとともに、これまでに報告されているさまざまな病変に対するEUS-FNAの診断能・安全性について概説した。縦隔病変の経食道的なEUS-FNAは、画像診断よりも診断...
田中 篤, 三浦 幸太郎, 八木 みなみ, 菊池 健太郎, 上野 義之, 大平 弘正, 銭谷 幹男, 滝川 一
肝臓   57(9) 457-467   Sep 2016
原発性胆汁性胆管炎(primary biliary cholangitis;PBC)の自覚症状として皮膚そう痒、疲労、口腔・眼の乾燥が知られているが、日本人患者におけるその実態は明らかになっていない。我々はPBC特異的QOL評価尺度"PBC-40"日本語版を作成し、外来通院中の日本人PBC患者180例を対象として、PBC-40、健康関連QOL評価尺度SF-36、疲労症状評価尺度FFSS、抑うつ・不安評価尺度HADS、以上4種の客観的QOL評価尺度への記入を依頼し、日本語版PBC-40の妥当...
【変化した重症急性膵炎の診断・治療】 壊死性膵炎WON(Walled-off necrosis)の治療 内視鏡的ネクロセクトミー追加の適応、コツ、頻度、難易度(合併症)
土井 晋平, 松本 光太郎, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 関根 一智, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
肝・胆・膵   73(1) 53-58   Jul 2016
【緩和内視鏡】 疼痛管理における緩和内視鏡 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 松本 光太郎, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
消化器内視鏡   28(5) 769-773   May 2016
超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック(EUS-CPN)は、従来までのCTなどをガイドに行われる方法と比べ穿刺経路がより短く、ドプラを用いることでリアルタイムに血管を避けながら、安全かつ確実な手技が可能となった。オピオイドを中心とした疼痛緩和治療のなかで、EUS-CPNは補助的手段として位置づけられるが、その侵襲性の低さゆえに、より早期の段階での治療介入も検討の余地があると考えられる。EUS-CPNの疼痛緩和効果は60〜80%とされており、偶発症として一過性の下痢や血圧低下などが報告されて...
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 松本 光太郎, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
臨床消化器内科   31(5) 563-569   Apr 2016
2012年に発表された新アトランタ分類より膵炎後局所合併症の定義が一新され,境界明瞭な被膜を有する被包化壊死(walled?off necrosis;WON)の概念が新たに加わった.従来の壊死性膵炎に該当するWONに対しては,これまで外科的治療が標準的治療手段とされていたが,interventional EUS手技が確立されるに従い,より低侵襲な治療から段階的に行うstep-up approach法が標準的な治療戦略となってきている.(著者抄録)
松本 光太郎, 馬淵 正敏, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 春日井 尚, 高橋 美紀子, 川本 雅司
Progress of Digestive Endoscopy   87(1) 130,9-131,9   Dec 2015
43歳女。健診の腹部超音波検査で肝尾状葉の隆起性病変を指摘された。入院時、腫瘍マーカーCA19-9の高値、CTで尾状葉に39mm大の低吸収腫瘤性病変を認めた。MRIで腫瘤の境界は明瞭で、結節が癒合したような形を示し、T2強調像・拡散強調像とも著明な高信号を呈した。また、out of phaseで一部腫瘤内に低信号域を認めた。超音波内視鏡では肝尾状葉に高エコーと低エコーが混在する49×35mmの腫瘍を認め、カラードップラーで腫瘤内に血瘤シグナルを認めた。EUS-FNAを行い腫瘤を2回穿刺し、...
【Difficult stoneへの挑戦-内視鏡的胆管結石治療】 各種内視鏡的胆管結石治療の方法と治療成績
馬淵 正敏, 安田 一朗, 土井 晋平, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
消化器内視鏡   27(12) 1918-1923   Dec 2015
総胆管結石に対する内視鏡治療は40年以上前から行われ、標準的治療法として確立されている。内視鏡的乳頭括約筋切開術(endoscopic sphincterotomy:EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(endoscopic papillary balloon dilation:EPBD)、および内視鏡的乳頭大口径バルーン拡張術(endoscopic papillary large balloon dilation:EPLBD)は必須の乳頭処置であるが、いずれの手技も高い治療成績が報告され...
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性消化器疾患(消化管、肝胆膵) 自己免疫性肝胆疾患 自己免疫性胆管炎 抗ミトコンドリア抗体陰性原発性胆汁性肝硬変
守時 由起, 菊池 健太郎, 常山 幸一
日本臨床   別冊(免疫症候群I) 369-374   Nov 2015
【コランギオパチー】 免疫介在性コランギオパチー 原発性胆汁性肝硬変の免疫病理
佐々塚 涼弥, 馬場 逸人, 菊池 健太郎, 守時 由起, 常山 幸一
肝・胆・膵   71(5) 831-837   Nov 2015
【ERCPマスターへのロードマップ】 応用編 POCS(SpyGlass)(診断・治療)
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 奥野 充
胆と膵   36(臨増特大) 1003-1007   Oct 2015
親子方式の経口胆道鏡は、良悪性鑑別や胆管癌の表層拡大進展の存在診断において有用性が報告される一方、操作性や耐久性などの点で多くの問題点があることから、ERCP手技の中でも最も敷居の高い手技の一つである。SpyGlassは、これらの問題点を克服するべく開発された、比較的新しい経口胆道鏡システムである。電子経口胆道鏡と比べ画質の点では劣るものの、4方向へのアングル操作や独立したイリゲーションポートを備えており、より精度の高い狙撃生検やストレスの少ない結石破砕手技が可能となっている。(著者抄録)
上部内視鏡検査時の汚染防止対策調査と当院の状況
藤田 賢一, 吉永 さゆり, 松本 美智子, 岡田 和代, 森本 寿恵, 柳沢 紀久恵, 笠井 美樹, 吉村 翼, 菊池 めぐみ, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 山川 達郎
関東消化器内視鏡技師会誌   22 14-17   Sep 2015
上部消化管内視鏡検査時に流れ出た唾液による汚染は患者自身に不快感を与え、感染源にもなり得るのでその防止は重要であるが、他施設ではどのように唾液が処理されているか不明である。そこで今回、他施設の唾液汚染防止対策状況の把握を目的に関東1都6県の内視鏡医療施設を対象に調査用紙による調査を行なった。回収されたのは76施設(病院64施設、クリニック12施設)で、これらの回答について分析した結果、1)唾液汚染防止対策に用いられる製品はエプロン、防水シーツが各43件、吸収マットが25件、膿盆が2件、平お...
A型肝炎ウイルスの家族内感染の一事例
茂木 千代子, 菊池 健太郎, 長井 美知子, 芦川 鈴子, 梶山 祐介, 高井 敦子, 宮川 浩, 三崎 貴子, 清水 英明, 岡部 信彦, 吉田 稔
日本臨床微生物学雑誌   25(3) 230-233   Jun 2015
A型肝炎の家族内発症例を経験した。患者は45歳女性,夫が10週間前にA型肝炎を発症していた。患者のA型肝炎ウィルス遺伝子型はIAであり,劇症化に至らず改善した。4週後に検索した5歳の男児の糞便中からHAV-RNAが検出されたが無症状であった。VP1/2A領域のDNAシークエンスでは患者と100%一致していた。男児は2週間毎に糞便の検査を行い,患者発症から8週間後に陰性化を確認した。本邦におけるA型肝炎罹患率の低下により,人々の抗体保有率も低下しているため,家族内感染に注意する必要がある。(...
綱島 弘道, 土井 晋平, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 川本 雅司, 小林 紀子, 南部 敦史, 多湖 正夫, 内藤 善久, 春日井 尚, 谷口 桂三, 山川 達郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   86(1) 200,13-201,13   Jun 2015
68歳男。左下腿浮腫、腰痛、食欲低下、全身倦怠感を主訴に当科を受診した。腹部骨盤CTで転移性肝癌が疑われ入院となった。腫瘍マーカーは尿中NMP22の上昇を認め、尿細胞診はClass Vで、大腸内視鏡・生検組織像より膀胱腺癌の直腸粘膜下浸潤が考えられた。入院後は病期の進行および全身状態の悪化を認め、第31病日に死亡した。病理解剖では、膀胱癌の直腸粘膜下への直接浸潤が確認された。
【生検を極める】 胆管病変に対する経乳頭的生検・細胞診
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎
消化器内視鏡   27(6) 1011-1016   Jun 2015
胆管狭窄、胆管壁不整、腫瘤性病変に対する治療方針を決めるうえで病理学的診断は必要不可欠である。ERCPに続いて行う擦過細胞診や透視下生検がそのための第一選択であるが、いずれも十分な診断能を有しているとは言い難く、複数の手技を併用して行うことが重要である。最近では経口胆道鏡検査やEUS-FNAの有用性も報告されており、診断に難渋する際には選択肢として考慮する必要がある。本稿では、これらの手技の基本的な手技手順、手技の工夫について概説した。(著者抄録)
松本 光太郎, 菊池 健太郎, 守時 由起, 茂木 千代子, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 宮川 浩, 安田 一朗
肝臓   56(5) 179-185   May 2015
当院における敗血症性肝障害の臨床的特徴をretrospectiveに調査し、発症早期に予後予測に役立つ因子を検討した。過去1年間の敗血症116例中、敗血症性肝障害を61例(52.6%)に認めた。敗血症性肝障害を合併した例は非合併例に比べて死亡率が有意に高かった。敗血症性肝障害合併例は非合併例と比較してDICの併発例が多く、DIC非併発例でも血清FDP、D-dimer値が高値であることから、敗血症性肝障害の発生にDICが関与していると考えられた。またDICを併発した敗血症性肝障害における死亡...
【胆膵EUS-FNAのエビデンス2015-この5年間の進歩-】 腹腔神経叢/神経節ブロック
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強, 安藤 暢洋, 岩田 圭介
胆と膵   36(4) 369-373   Apr 2015
腹腔神経叢ブロックは、癌性疼痛に対する緩和療法における補助的な治療手段として位置付けられ、従来は術中・透視下・CTガイド下により行なわれてきた。近年、超音波内視鏡を用いた方法(endoscopic ultrasound guided celiac plexus neurolysis:EUS-CPN)が普及してきており、より安全かつ正確に手技を行えるようになった。また、ここ数年の間に、腹腔神経節そのものを穿刺する手技、超音波内視鏡ガイド下腹腔神経節ブロック(Endoscopic ultras...
【胆嚢総胆管結石の治療を考える】 内視鏡治療別にみた胆嚢総胆管結石治療後の長期成績の比較
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強
胆と膵   35(12) 1365-1369   Dec 2014
胆嚢総胆管結石症例を対象としてEST/EPBD後の長期予後に関して検討を行った。術後の結石再発率はEPBD群と比べてEST群の方が有意に高く(HR 2.57;95%CI 1.45-3.80)、胆嚢摘出術の施行例(HR 5.66;95%CI 1.14-8.13)、胆嚢温存例(HR2.46;95%CI 1.26-4.27)でも同様に有意差を認めた。胆嚢総胆管結石症例における総胆管結石は多くが胆嚢からの落下による二次結石であり、元々の乳頭機能は保たれている症例が多いため、内視鏡治療による乳頭機能...
綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 青柳 賀子, 中村 圭介, 赤羽根 拓弥, 内藤 善久, 谷口 桂三, 山川 達郎, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   85(1) 114-115   Dec 2014
症例は82歳女性で、81歳時に2型糖尿病と診断され、ミグリトール内服中であった。正常圧水頭症で脳外科入院中に頻回の嘔吐で当科紹介となった。胸部X線でfree airを認め、消化管穿孔を疑った腹部CTで腸管の気腫性変化、壁内ガス像を広範囲に認めて腸管嚢胞性気腫症(PCI)と診断した。腹部症状はなく、炎症所見も軽微であり、CTで腹膜炎や腸管壊死所見も認めず、PCIに起因するfree airと考え、保存的治療(絶食、補液、ミグリトール中止、酸素投与)を開始した。第13病日の胸部X線でfree a...
【高齢者総胆管結石の管理と治療】 総胆管結石に対する内視鏡的治療成績の年齢別比較
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強
消化器内科   59(6) 547-551   Dec 2014
内視鏡的治療が行われた総胆管結石症例を75歳未満の非高齢者984例(A群)と高齢者669例(B群)に分け、成績を比較した。初回乳頭処置症例において選択された術式の割合は、内視鏡的乳頭括約筋切開術は両群間で有意差がなく、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)がA群で、EPLBDはB群で有意に多かった。完全切石までに要した処置回数は両群間で差はなく、機械的砕石具の使用率はB群で有意に高かった。治療完遂群は両群とも99.6%で、完遂できなかったA群4例全例とB群3例中2例は外科的治療を行った。早...
【肝胆膵診療のNew Horizon】 膵疾患 急性膵炎 新たな概念WONとその内視鏡的治療の現状
安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎
肝・胆・膵   69(6) 1109-1114   Dec 2014
原発性胆汁性肝硬変(PBC)と自己免疫性肝炎(AIH)のoverlap例
宮川 浩, 菊池 健太郎
川崎市医師会医学会誌   31 31-33   Aug 2014
10年以上観察した原発性胆汁性肝硬変(PBC)と自己免疫性肝炎(AIH)の病像を併せ持つ6例(男1例、女5例、平均53歳)について報告した。発症経過は同時性2例、PBC先行1例、AIH先行3例で、合併症は成人Still病、橋本病を各1例認めた。経過中の主な生化学検査および免疫グロブリンの最高値は、症例ごとに大きな幅があった。抗核抗体(ANA)は5例に検出され、陰性1例は抗平滑筋抗体が高力価で検出された。II型AIHを特徴づける肝腎マイクロゾーム-1抗体はANA陽性の1例に併存した。抗ミトコ...
【ここまで進歩した胆・膵EUSをどう使いこなすか】 膵癌のEUS下神経ブロック オピオイドとの使い分けは?
土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 岩田 圭介, 向井 強
胆と膵   35(8) 767-771   Aug 2014
膵癌の70〜80%に伴うとされる癌性疼痛に対してはオピオイドを中心とした薬物療法が標準的に行われている。腹腔神経叢ブロックは癌性疼痛に対する非薬物療法の一つであり、薬物療法で十分なコントロールが困難な場合に行われるレスキュー的治療手段として位置付けられている。超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック(endoscopic ultrasound guided celiac plexus neurolysis:EUS-CPN)は、EUSを用いてリアルタイムに周囲組織を確認しながら、より直接的な経...
宮川浩, 菊池健太郎
内科   113(6) 1091-1092   Jun 2014
綱島 弘道, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 井上 泰介, 青柳 賀子, 中村 圭介, 内藤 善久, 谷口 桂三, 山川 達郎, 財 裕明, 菊池 健太郎
Progress of Digestive Endoscopy   84(1) 48,1-51,1   Jun 2014
大腸癌イレウスおよび大腸癌による悪性狭窄に対する大腸ステント治療を8例経験した。bridge to surgeryの6例、緩和療法の2例とも偶発症を認めず、手術までの期間が平均48.4日と既報告より長かったが、大腸閉塞スコアを落とすことはなかった。緩和療法例でも生存期間中にステントの閉塞を認めず、患者QOLの向上に有用であると考えた。(著者抄録)
MATSUMOTO KOTARO, KAJIYAMA YUSUKE, KIKUCHI KENTARO, SAMESHIMA RYO, MOTEGI CHIYOKO, UNNO KAZUTOSHI, MURAKAWA YUJI, YOSHIDA MINORU
帝京医学雑誌   37(3) 127-133   May 2014
症例は26歳男性。38℃以上の発熱が続いたため当院を受診した。採血により肝機能障害を認め入院となったが、肝炎ウイルスマーカーはすべて陰性であった。入院時に施行した血液培養よりSalmonella Paratyphi Aが検出され、パラチフスによる早期敗血症性肝障害と診断した。当院の集計では早期敗血症性肝障害は予後不良であり、迅速な診断と治療の開始が必要と考えた。(著者抄録)
藤田賢一, 吉永さゆり, 岡田和代, 笠井美樹, 松本美智子, 柳沢喜久恵, 森本寿恵, 菊池健太郎, 山川達郎
日本消化器内視鏡技師会会報   (52) 60-62   Mar 2014
中村稔, 上野義之, 大平弘正, 橋本悦子, 銭谷幹男, 滝川一, 田中篤, 菊池健太郎, 金子周一, 本多政夫, 山本和秀, 恩地森一, 西原利治, 向坂彰太郎, 市田隆文, 山際訓, 梅村武司, 海老沼浩利, 中尾一彦, 清家正隆, 下田慎治, 原田憲一, 小森敦正, 伊東正博, 安波道郎, 國土典宏, 上本伸二, 前原喜彦, 横須賀収, 樋本尚志, 徳永勝士, 溝上雅史, 石橋大海, 中沼安二, 坪内博仁
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   68-71   2014
菊池健太郎, 宮川浩, GERSHWIN M Eric
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   115   2014
TSUNASHIMA HIROMICHI, KAJIYAMA YUSUKE, KOBAYASHI TAKESHI, KIKUCHI KENTARO, YAMAKAWA TATSUO
Prog Dig Endosc   83(1) 118-119   Dec 2013
KIKUCHI KENTARO, KAJIYAMA YUSUKE, TSUNASHIMA HIROMICHI, YAMADA HANAE, MATSUMOTO KOTARO, YOSHIMURA REO, TAKAI ATSUKO, NEGISHI MASATSUGU, HARA MASUMI, MIYAKAWA HIROSHI
帝京医学雑誌   36(5) 167-172   Sep 2013
藤田賢一, 吉永さゆり, 湯田まり子, 岡田和代, 笠井美樹, 松本美智子, 森本寿惠, 菊池健太郎, 山川達郎
日本消化器内視鏡技師会会報   (51) 130-132   Sep 2013
TSUNASHIMA HIROMICHI, KAJIYAMA YUSUKE, KOBAYASHI TAKESHI, KIKUCHI KENTARO
Prog Dig Endosc   82(1) 176-177   Jun 2013
宮川浩, 菊池健太郎
内科   111(6) 1364   Jun 2013
宮川浩, 菊池健太郎
内科   111(6) 1362-1363   Jun 2013
宮川浩, 宮川浩, 菊池健太郎
川崎市医師会医学会誌   29 45-47   Sep 2012
菊池健太郎, 芦川鈴子, 乙田舞衣, 田嶋まさ子, 一ノ瀬篤司, 澁谷勲, 虫明寛行, 茂木千代子, 浅田猛大, 高裕之, 丸茂健治, 吉田稔
日本臨床微生物学雑誌   22(1) 60-65   Mar 2012
中村稔, 上野義之, 大平弘正, 橋本悦子, 銭谷幹男, 滝川一, 田中篤, 菊池健太郎, 金子周一, 本田政夫, 山本和秀, 恩地森一, 西原利治, 向坂彰太郎, 市田隆文, 山際訓, 梅村武司, 海老沼浩利, 中尾一彦, 清家正隆, 下田慎治, 原田憲一, 小森敦正, 伊東正博, 安波道郎, 國土典宏, 上本伸二, 前原喜彦, 徳永勝士, 溝上雅史, 中沼安二, 坪内博仁, 石橋大海
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   56-58   2012
宮川浩, 菊池健太郎, 田中篤
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   74-75   2012
田中篤, 大平弘正, 根津佐江子, 奥山秀平, 菊池健太郎, 渋谷明隆, 宮川浩, 滝川一
消化器と免疫   (47) 48-51   Mar 2011
宮川浩, 菊池健太郎
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   73   2011
石黒精, 幸田恭子, 村田敬寛, 澁川鈴子, 虫明寛行, 澁谷勲, 一ノ瀬篤司, 小川香織, 高裕之, 田嶋まさ子, 内田尚宏, 菊池健太郎
神奈川医学会雑誌   37(2) 246-247   Jul 2010
菊池健太郎, 宮川浩
日本臨床   68 582-585   Jun 2010
Kikuchi K, Miyakawa H
Japanese journal of clinical medicine   68(0) 582-585   Jun 2010   [Refereed]
宮川浩, 菊池健太郎
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   81   2010
高井敦子, 菊池健太郎
診断と治療   97(10) 2117-2119   Oct 2009
TANAKA Atsushi, TAKAHASHI Hiroki, NEZU Saeko, UENO Yoshiyuki, KIKUCHI Kentaro, SHIBUYA Akitaka, OHIRA Hiromasa, ZENIYA Mikio, MONTALI Lorenzo, INVERNIZZI Pietro, TAKIKAWA Hajime
Kanzo   50(2) 51-59   Feb 2009
Fatigue is considered to be a specific symptom of primary biliary cirrhosis (PBC), while the prevalence of fatigue in Japanese PBC patients remain unclear, probably due to lack of objective scales for assessment of fatigue in Japanese. In this stu...
宮川浩, 細谷直美, 梶山祐介, 河井敏宏, 笹本留美子, 高井敦子, 川島由美, 速水絵里子, 菊池健太郎
Med Postgrad   47(1) 31-33   Jan 2009
田中篤, 根津佐江子, 高橋宏樹, 菊池健太郎, 大平弘正, 滝川一
Med Postgrad   47(1) 27-30   Jan 2009
宮川浩, 菊池健太郎
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   73   2009
IWASAWA Eriko, MIYAKAWA Hiroshi, KIKUCHI Kentaro, NIIMI Akiko, KAMATANI Naoyuki
Journal of Tokyo Women's Medical College   78(4) 198-204   Apr 2008
Anti-mitochondrial antibody (AMA) is serum hallmark of primary biliary cirrhosis (PBC). However, AMA is also detected in other patients at low frequency. In the present study, 350 patients with various collagen diseases were screened for AMA by en...
田中篤, 根津佐江子, 上垣佐登子, 菊池健太郎, 宮川浩, 渋谷明隆, 大平弘正, 高橋信一, 滝川一
診療と新薬   45(1) 37-39   Jan 2008
宮川浩, 菊池健太郎
難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書   62   2008
GOTO Toshihiro, WATABE Hirotsugu, KAWAKAMI Takayuki, WATANABE Masashi, NAKANO Kentaro, TAKAI Atsuko, KITAZAWA Eriko, SATO Shinpei, TAJIMA Yasuo, MIZUGUCHI Kunio, KIKUCHI Kentaro, MIYAKAWA Hiroshi, MURAKAWA Yuji
Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi   104(8) 1204-1211   Aug 2007   [Refereed]
A 63-year-old man visited our hospital with complaints of the chest pain and loss of appetite. A computed tomography of chest showed wall thickening in the lower portion of the esophagus and carinal and para-aorta lymph node swelling. Upper gastro...
IWASAWA Eriko, MIYAKAWA Hiroshi, KIKUCHI Kentaro, NIMI Akiko, HARA Masako, KAMATANI Naoyuki
Kanzo   48(5) 210-218   May 2007
Primary biliary cirrhosis (PBC) is a chronic progressive cholestatic liver disease of presumed autoimmune etiology, characterized by the destruction of small intrahepatic bile ducts and the eventual development of cirrhosis and liver failure. Pati...
河井敏宏, 又木紀和, 川口淳, 川口淳, 永尾重昭, 永尾重昭, 菊池健太郎, 宮川浩, 三浦総一郎, 三浦総一郎
診療と新薬   44(2) 138-143   Feb 2007
本田宗宏, 菊池健太郎, 又木紀和, 細谷直美, 河井敏弘, 高井敦子, 北澤絵里子, 佐藤新平, 宮川浩, 宮川浩
診療と新薬   44(2) 152-154   Feb 2007
MIYAKAWA HIROSHI, KITAZAWA ERIKO, KIKUCHI KENTARO
検査と技術   34(11) 1206-1211   Oct 2006
KIKUCHI KENTARO, KAWAI TOSHIHIRO, KAWAI TOSHIHIRO, MATAKI NORIKAZU, HOSOYA NAOMI, KAYAKI SHINTARO, EZOE JUN, KAKISAKA HITOSHI, SASAMOTO RUMIKO, GOTO TOSHIHIRO, WATANABE MASASHI, NAKANO KENTARO, TAKAI ATSUKO, ARAI JUN'YA, KITAZAWA ERIKO, KAWAKAMI TAKAYUKI, NAGAO SHIGEAKI, MIURA SOICHIRO, TANAKA ATSUSHI, MIYAKAWA HIROSHI
帝京医学雑誌   29(4) 239-244   Jul 2006
KIKUCHI KENTARO, MIYAGAWA HIROSHI
Minophagen Med Rev   51(3) 161-164   May 2006
又木紀和, 東山正明, 河井敏宏, 川口淳, 永尾重昭, 細谷直美, 菊池健太郎, 宮川浩, 三浦総一郎
診療と新薬   43(2) 172-175   Feb 2006
岩沢絵里子, 新見晶子, 関山和彦, 重本六男, 前田淳, 山下克子, 中島洋, 立石睦人, 原まさ子, 鎌谷直之, 細谷直美, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 宮川浩
診療と新薬   43(2) 176-177   Feb 2006
菊池健太郎, 宮川浩
臨床消化器内科   20(3) 311-318   Feb 2005
菊池健太郎, 宮川浩
Medicina   39(11) 124-126   Oct 2002
藤川博敏, 菊池健太郎, 川島由美, 北沢絵里子, 宮川浩, 渋谷明隆
診療と新薬   39(5) 390-391   May 2002
菊池健太郎, 宮川浩, 川口直美, 川島由美, 北沢絵里子, 藤川博敏, 松下昌直
診療と新薬   38(9) 808-809   Sep 2001
KIKUCHI KENTARO, MIYAKAWA HIROSHI
帝京医学雑誌   24(5) 409-420   Sep 2001
川口直美, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 藤川博敏, 松下昌直, 宮川浩
診療と新薬   38(3) 229-230   Mar 2001
菊池健太郎, 宮川浩, 藤川博敏, 幾世橋経人, 松下昌直, 川口直美, 春日井尚, 酒井滋, 水口国男
診療と新薬   37(8) 934-935   Aug 2000
FUJIKAWA HIROTOSHI, KITAZAWA ERIKO, KIKUCHI KENTARO, HOZUMI YUMI, KIMBARA TAKESHI, SATO SHIGENOBU, MIYAKAWA HIROSHI, YOSHIDA MINORU, KAKO MAKOTO
帝京医学雑誌   23(4) 447-454   Jul 2000
菊池健太郎, 宮川浩, 藤川博敏, 松下昌直, 北沢絵里子, 金原猛, 阿部和裕, 賀古真, 川口直美
診療と新薬   37(6) 756-757   Jun 2000
菊池健太郎, 宮川浩, 山崎繁樹, 藤川博敏, 北沢絵里子, 松下昌直, 阿部和裕, 賀古真, 川口直美
診療と新薬   37(1) 43-44   Jan 2000
菊池健太郎, 宮川浩, 北沢絵里子, 藤川博敏, 松下昌直, 川口直美
消化器と免疫   (37) 125-127   2000
KIKUCHI KENTARO, MIYAKAWA HIROSHI, KAKO MAKOTO
Pharma Med   17(12) 13-17   Dec 1999
KIKUCHI KENTARO, YOSHIDA MINORU, KIYOHASHI TSUNETO, TSUDA ATSUKO, UESUGI KAZUTO, KANDA RYOSUKE, KAMIYA MASUZO, MIZUGUCHI KUNIO, KAKO MAKOTO
帝京医学雑誌   22(4) 315-319   Jul 1999
FUJIKAWA HIROTOSHI, SUGITANI MASAHIKO, MIYAKAWA HIROSHI, ABE KAZUHIRO, KIKUCHI KENTARO, KITAZAWA ERIKO, AMAKI SHUICHI, ARAKAWA YASUYUKI, KAKO MAKOTO
月刊医学と薬学   41(3) 416-418   Mar 1999
KAKO MAKOTO, NAGAI KOZO, IWASAKI HIROSHI, FUJIKAWA HIROTOSHI, KANEHARA TAKESHI, KIKUCHI KENTARO, KITAZAWA ERIKO, ABE KAZUHIRO, MIYAGAWA HIROSHI
厚生省特定疾患難治性の肝疾患調査研究班 平成10年度研究報告書   107-109   1999
ABE KAZUHIRO, KIKUCHI KENTARO, FUJIKAWA HIROTOSHI, KITAZAWA ERIKO, KAWAGUCHI NAOMI, MIYAKAWA HIROSHI
Prog Med   18(10) 2579-2580   Oct 1998
INOUE JUN'YA, HOZUMI YUMI, KITAZAWA ERIKO, KIMBARA TAKESHI, YAMAZAKI HIROYUKI, TAKAI KAZUNARI, KATO TAKASHI, KIKUCHI KENTARO, KAKO MAKOTO
Prog Dig Endosc   52 96-97,5   Oct 1998
KIKUCHI Kentaro, MIYAKAWA Hiroshi, ABE Kazuhiro, KITAZAWA Eriko, FUJIKAWA Hirotoshi, KAWAGUCHI Naomi, NAGAI Kozo, KAKO Makoto
Kanzo   39(8) 533-538   Aug 1998
HBV genotype A初感染後キャリア化した夫より夫婦間感染した妻の急性B型肝炎の1例を経験した. 症例は43歳, 家婦で, 1994年4月にトランスアミナーゼの高値を指摘され入院となった. HBs抗原は陽性, IgM-HBc抗体cut off indexは8.1で, 急性B型肝炎と診断した. 一過性の経過で肝障害は改善し, HBs抗原は陰性化した. 感染源と考えられる夫は1991年1月, 急性B型肝炎に罹患し, 以降トランスアミナーゼは正常化しているが, HBs抗原, HBe抗原は...
TSUDA ATSUKO, ABE KAZUHIRO, KITAZAWA ERIKO, MATSUSHITA MASANAO, TAKARAZUNO YUMI, KANEHARA TAKESHI, FUJIKAWA HIROTOSHI, KIKUCHI KENTARO, KAKO MAKOTO
川崎市医師会医学会誌   15 46-52   Aug 1998
金原猛, 宝角由美, 藤川博敏, 菊池健太郎, 阿倍和裕, 佐藤重信, 宮川浩, 永井孝三, 賀古真
神奈川医学会雑誌   25(2) 305   Jul 1998
ABE Kazuhiro, MIYAKAWA Hiroshi, KITAZAWA Eriko, FUJIKAWA Hirotoshi, KIKUCHI Kentaro, NAGAI Kouzo, KAKO Makoto, KAWAGUCHI Naomi
Kanzo   39(5) 349-355   May 1998
II型自己免疫性肝炎に検出される肝腎マイクロゾーム (liver-kidney-microsome: LKM) -1抗体は, C型慢性肝炎の一部にも検出される. 今回我々は, 本抗体陽性のC型慢性肝疾患の観察中, 肝細胞癌を発症した2症例を経験した. 症例1は64歳, 男性. LKM-1抗体は160倍陽性で, インターフェロン治療を行ったが, HCV-RNAの持続陰性化には至らず, その約2年後, 肝細胞癌を発症した. 手術所見ではwell differentiated hepatocel...
KIKUCHI KENTARO, MIYAKAWA HIROSHI, ABE KAZUHIRO, HORIUCHI TOSHIMITSU, KITAZAWA ERIKO, FUJIKAWA HIROTOSHI, KAWAGUCHI NAOMI, NAGAI KOZO, KAKO MAKOTO
Prog Med   18(4) 855-856   Apr 1998
OKA YUJI, KIKUCHI KENTARO, KAMOSHIDA TOSHIRO, HIRAI SHINJI, TAKAHASHI ATSUSHI, MATSUDA YOSHIYUKI, ABE KAZUHIRO, MIYAKAWA HIROSHI, KAKO MAKOTO
日立医学会誌   35(1) 15-24   Mar 1998

Conference Activities & Talks

 
青汁による薬物性肝障害の1例
梶山 祐介, 菊池 健太郎, 綱島 弘道, 関根 一智, 辻川 尊之, 高野 祐一, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 安田 一朗
日本内科学会関東地方会   Nov 2017   
異なる非アルコール性脂肪肝炎モデル間におけるフラクトオリゴ糖による肝脂肪化抑制機序の違い
市村 真祐子, 常山 幸一, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 菊池 健太郎
肝臓   Apr 2017   
monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスに対するフラクトオリゴ糖の効果
菊池 健太郎, 常山 幸一, 市村 真祐子, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩
肝臓   Apr 2017   
エソメプラゾールが原因と考えられたCollagenous colitisの1例
綱島 弘道, 菊池 健太郎, 小山 ひかり, 幸山 正, 原 眞純, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 安田 一朗, 大圃 研, 松橋 信行
日本内科学会関東地方会   Feb 2017   
細菌性腸炎との鑑別を要したCollagenous colitisの一例
綱島 弘道, 菊池 健太郎, 小山 ひかり, 田島 知明, 野中 康一, 大圃 研, 松橋 信行, 松本 光太郎, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 幸山 正, 原 眞純, 吉田 稔, 安田 一朗
神奈川医学会雑誌   Jan 2017   
当院のC型慢性肝炎におけるDAA治療成績
高井 敦子, 菊池 健太郎, 梶山 祐介, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 足立 貴子, 恩田 毅, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 杉浦 杏奈, 速水 絵里子, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jan 2017   
再生不良性貧血に対して免疫抑制療法中にHSVとCMVの重感染を来たし、著明な粘膜障害により経口摂取不能となった一例
松本 光太郎, 菊池 健太郎, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 吉田 稔, 安田 一朗, 阿曽 達也, 高橋 美紀子, 川本 雅司
神奈川医学会雑誌   Jan 2017   
当院における過去5年間に分離されたカンジダの検査動向
大崎 さゆり, 茂木 千代子, 菊池 健太郎
日本臨床微生物学雑誌   Dec 2016   
EUS下経直腸ドレナージが有用であった骨盤内膿瘍の一例
松本 光太郎, 馬淵 正敏, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   Dec 2016   
2型糖尿病と脂質異常症のNASHスクリーニングとしてM2BPGiの有用性
菊池 健太郎, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩
日本病院総合診療医学会雑誌   Dec 2016   
当院で経験した重症型自己免疫性肝炎の3例
藤井 徹郎, 藤川 博敏, 遠渡 貴子, 有間 修平, 堤 菜津子, 三浦 隆生, 宇野 昭毅, 宮川 浩, 菊池 健太郎, 長谷川 博雅, 松岡 俊一, 森山 光彦, 斎藤 聡, 中島 淳
肝臓   Oct 2016   
2型糖尿病患者におけるM2BPGiの肝線維化マーカーとしての有用性と陽性例の特徴について
梶山 はな恵, 高井 敦子, 金子 麗奈, 守時 由起, 松本 光太郎, 杉浦 杏奈, 梶山 祐介, 原 眞純, 安田 一朗, 宮川 浩, 菊池 健太郎
肝臓   Oct 2016   
DaclatasvirとAsunaprevir経口2剤治療中に著明な血小板減少を認めたC型肝硬変の1例
高井 敦子, 菊池 健太郎, 吉田 稔, 梶山 祐介, 速水 絵里子, 藤川 博敏, 宮川 浩
肝臓   Oct 2016   
介護老人保険施設における非代償性肝硬変患者の生活管理と治療
速水 絵里子, 馬淵 正敏, 高井 敦子, 菊池 健太郎, 宮川 浩
肝臓   Oct 2016   
当科妊娠糖尿病外来に紹介された患者の診療実態についての調査
高井 敦子, 杉浦 杏奈, 堤 祐佳里, 梶山 祐介, 美甘 任史, 菊池 健太郎, 原 眞純
糖尿病   Apr 2016   
糖尿病患者におけるLDLコレステロール値の測定法による差異
杉浦 杏奈, 高井 敦子, 堤 祐佳里, 梶山 祐介, 美甘 任史, 菊池 健太郎, 原 眞純
糖尿病   Apr 2016   
NASH・NAFLD研究の新展開 フラクトオリゴ糖によるNASH改善効果の検討
松本 光太郎, 市村 真祐子, 菊池 健太郎
肝臓   Apr 2016   
Lactobacillus rhamnosusによる菌血症の一例
茂木 千代子, 菊池 健太郎, 吉田 稔
感染症学雑誌   Mar 2016   
インスリン中断を理由に発症早期で来院し、高クロール性アシドーシスが顕著であった1型糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)の1例
原 園佳, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 堤 祐佳里, 速水 紀幸, 菊池 健太郎, 村川 裕二, 原 眞純
日本内科学会関東地方会   Feb 2016   
Gemella morbillorumによる感染性心内膜炎の1例
藤倉 睦生, 金森 健太, 永井 良, 茂木 千代子, 中嶋 真由子, 青柳 貴, 美甘 任史, 筒井 健太, 永山 嘉恭, 稲葉 秀子, 菊池 健太郎, 速水 紀之, 村川 裕二, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jan 2016   
PPI抵抗性GERDに対する半夏瀉心湯の有効性に関する検討
綱島 弘道, 土井 晋平, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 山田 はな恵, 松本 光太郎, 梶山 祐介, 小林 猛, 田島 智明, 港 洋平, 野中 康一, 大圃 研, 松橋 信行, 菊池 健太郎, 安田 一朗
日本消化器病学会雑誌   Sep 2015   
当院における肝硬変に伴う難治性腹水に対するトルバプタン投与の検討
梶山 祐介, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一郎
肝臓   Sep 2015   
NASHモデルマウスの腸内環境の解析
松本 光太郎, 菊池 健太郎, 綱島 弘道, 常山 幸一, 市村 真祐子, 守時 由起, 大曲 勝久, 宮川 浩, 安田 一朗
肝臓   Sep 2015   
カンジダ性胃潰瘍の1例
菊池 健太郎, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 安田 一朗, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jul 2015   
関節リウマチの治療経過中にサイトメガロウイルス感染胃潰瘍を合併した1例
松本 光太郎, 菊池 健太郎, 山田 はな恵, 青柳 貴, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 高橋 美紀子, 川本 雅司, 安田 一朗, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jul 2015   
A型肝炎ウィルスの家族内感染の一事例
茂木 千代子, 菊池 健太郎, 長井 美知子, 芦川 鈴子, 梶山 祐介, 高井 敦子, 宮川 浩, 三崎 貴子, 清水 英明, 岡部 信彦, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jul 2015   
肝機能障害を呈しウイルス性肝炎との鑑別を要したパラチフスの一例
松本 光太郎, 鮫島 亮, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 茂木 千代子, 海野 和俊, 村川 裕二, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jul 2015   
血液培養から診断した劇症型A群溶連菌感染症の一例
茂木 千代子, 根岸 雅嗣, 菊池 健太郎, 芦川 鈴子, 海野 和俊, 原 眞純, 村川 裕二, 吉田 稔
神奈川医学会雑誌   Jul 2015   
経口腸管洗浄剤にてイレウスを呈した一例
綱島 弘道, 土井 晋平, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 田島 知明, 港 洋平, 野中 康一, 大圃 研, 内藤 善久, 春日井 尚, 谷口 桂三, 山川 達郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   Jun 2015   
EUS-FNAによって術前診断できた肝尾状葉PEComaの1例
松本 光太郎, 馬淵 正敏, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 川本 雅司, 高橋 美紀子, 春日井 尚
Progress of Digestive Endoscopy   Jun 2015   
持続グルコースモニタリング(CGM)を用いた経管栄養施行中の血糖日内変動の検討
綱島 弘道, 馬淵 正敏, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 堤 祐佳里, 宮野 七奈, 花山 亜沙, 根岸 雅嗣, 村川 裕二, 原 眞純
成人病と生活習慣病   May 2015   
経管栄養による血糖変化の解析
綱島 弘道, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 堤 祐佳里, 土屋 恵理子, 梶山 祐介, 根岸 雅嗣, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 原 眞純
糖尿病   Apr 2015   
大腸ステント留置後の排便コントロールにおけるルビプロストンの有用性
綱島 弘道, 土井 晋平, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 内藤 善久, 春日井 尚, 谷口 桂三, 山川 達郎, 小林 紀子, 南部 敦史, 多湖 正夫, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Gastroenterological Endoscopy   Apr 2015   
NASHにおけるIgAの病態的意義の検討
綱島 弘道, 菊池 健太郎, 常山 幸一, 金子 麗奈, 市村 真祐子, 守時 由起, 原 眞純, 大曲 勝久, 宮川 浩, 安田 一朗
肝臓   Apr 2015   
治療評価に持続グルコース測定(CGM)が有用であった経管栄養中のミトコンドリア脳筋症に伴う糖尿病の1例
堤 祐佳里, 綱島 弘道, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 土屋 恵理子, 菊池 健太郎, 田中 麻衣子, 安田 一朗, 村川 裕二, 原 眞純
日本内科学会関東地方会   Mar 2015   
市中感染型Clostridium difficile腸炎の1例
綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗
日本内科学会関東地方会   Feb 2015   
持続グルコースモニタリング(CGM)を用いた経管栄養施行中の血糖日内変動の検討
綱島 弘道, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 堤 祐佳里, 宮野 七奈, 花山 亜沙, 根岸 雅嗣, 馬淵 正敏, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 村川 裕二, 原 眞純
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   Jan 2015   
内視鏡的に診断し得た膀胱癌直腸粘膜下浸潤の一例
綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 内藤 善久, 春日井 尚, 谷口 桂三, 山川 達郎, 川本 雅司, 小林 紀子, 南部 敦史, 多湖 正夫, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗
Progress of Digestive Endoscopy   Dec 2014   
イレウスを来した小腸アニサキス症の1例
綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗
日本内科学会関東地方会   Nov 2014   
当院におけるプラチナ製剤を用いた肝細胞癌の血管内治療成績
山田 はな恵, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 高井 敦子, 土井 晋平, 宮川 浩, 安田 一朗
肝臓   Oct 2014   
Nano-PALDIイメージング質量分析を用いた、低分子Xenobiotics(2オクチン酸)検出法の開発
常山 幸一, 菊池 健太郎, 守時 由起, 井村 穣二, 平 修
肝臓   Sep 2014   
PBC肝組織におけるCYP2E1発現と臨床像の検討
菊池 健太郎, 常山 幸一, 梶山 祐介, 綱島 弘道, 山田 はな恵, 松本 光太郎, 高井 敦子, 速水 絵里子, 加藤 隆司, 川田 一仁, 守時 由起, 宮川 浩
肝臓   Sep 2014   
NASHマウスモデルにおけるMyeloid-Derived Suppressor Cellsの検討
綱島 弘道, 常山 幸一, 梶山 祐介, 山田 はな恵, 松本 光太郎, 杉浦 杏奈, 根岸 雅嗣, 高井 敦子, 小林 猛, 守時 由起, 原 眞純, 菊池 健太郎
肝臓   Sep 2014   
原発性胆汁性肝硬変で検出される抗ミトコンドリア抗体の主要対応抗原について
宮川 浩, 梶山 祐介, 高井 敦子, 速水 絵里子, 菊池 健太郎
神奈川医学会雑誌   Jul 2014   
TSUNASHIMA HIROMICHI, KAJIYAMA YUSUKE, KOBAYASHI TAKESHI, MATSUMOTO KOTARO, YAMADA HANAE, INOUE TAISUKE, AOYAGI YOSHIKO, NAKAMURA KEISUKE, NAITO YOSHIHISA, TANIGUCHI KEIZO, YAMAKAWA TATSUO, ZAI HIROAKI, KIKUCHI KENTARO
Prog Dig Endosc   14 Jun 2014   
根岸雅嗣, 高井敦子, 杉浦杏奈, 石倉慶彦, 梶山祐介, 菊池健太郎, 原眞純
糖尿病   25 Apr 2014   
綱島弘道, 梶山祐介, 小林猛, 松本光太郎, 山田はな恵, 内藤善久, 谷口桂三, 財裕明, 菊池健太郎, 山川達郎
Gastroenterol Endosc   15 Apr 2014   
藤田賢一, 吉永さゆり, 菊池健太郎
日本環境感染学会誌   24 Jan 2014   
高井敦子, 佐藤新平, 梶山祐介, 菊池健太郎, 宮川浩
神奈川医学会雑誌   1 Jan 2014   
綱島弘道, 梶山祐介, 小林猛, 財裕明, 菊池健太郎
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   2014