論文

査読有り
2019年5月

ナトリウム冷却高速炉1次冷却系における気泡・溶存ガス挙動のパラメーター解析

Proceedings of 27th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE-27) (Internet)
  • 松下 健太郎
  • ,
  • 伊藤 啓*
  • ,
  • 江連 俊樹
  • ,
  • 田中 正暁

開始ページ
9
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

ナトリウム冷却高速炉(SFR)では、炉心反応度擾乱等を防止する観点から一次冷却系統内に存在する非凝縮性ガスの量を制御することが重要であり、そのための数値計算コードSYRENAを開発している。本研究では、仮想的なタンク型炉を対象にフローネットワークモデルを構築して気泡・溶存ガス挙動の解析を行い、ループ型炉の解析結果との比較を行った。また、タンク型炉にディッププレート(D/P)を導入した場合を仮定し、D/Pを通るナトリウム交換流量および自由液面での気泡巻込み量をパラメーターとした解析を行ってタンク型炉の気泡挙動に対するD/Pの影響を調査した。その結果、D/Pを通過する交換流量の増加が必ずしも一次冷却系統内の気泡量の減少に働くとは限らないことが示された。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5065176

エクスポート
BibTeX RIS