田中謙二

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 16:16
 
アバター
研究者氏名
田中謙二
eメール
kftanakame.com
URL
http://psy-keiomed-ect.com/index.html
所属
慶應義塾大学
部署
医学部
職名
准教授
科研費研究者番号
30329700
ORCID ID
0000-0003-2511-0057

プロフィール

こころの病から回復する過程で何が起こっているか知りたい。その知見を治療に役立てたい。H24年から慶應に戻りました。新しい視点、新しい技術、新しいメンバー、新しい共同研究が化学反応を起こしている最中です。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 精神神経科学教室 准教授
 
2012年
 - 
2015年12月
慶應義塾大学医学部 精神神経科 特任准教授
 
2008年
   
 
生理学研究所 助教
 
2006年
 - 
2008年
コロンビア大学 Rene Hen Lab ポスドク
 
2005年
   
 
生理学研究所 分子生理研究系 助手
 

論文

 
Saito K, Shigetomi E, Yasuda R, Sato R, Nakano M, Tashiro K, Tanaka KF, Ikenaka K, Mikoshiba K, Mizuta I, Yoshida T, Nakagawa M, Mizuno T, Koizumi S
Glia   66(5) 1053-1067   2018年5月   [査読有り]
Kikuchihara S, Sugio S, Tanaka KF, Watanabe T, Kano M, Yamazaki Y, Watanabe M, Ikenaka K
Journal of neurochemistry   147(3) 344-360   2018年11月   [査読有り]
Murakami TC, Mano T, Saikawa S, Horiguchi SA, Shigeta D, Baba K, Sekiya H, Shimizu Y, Tanaka KF, Kiyonari H, Iino M, Mochizuki H, Tainaka K, Ueda HR
Nature neuroscience   21(4) 625-637   2018年4月   [査読有り]
Takata N, Sugiura Y, Yoshida K, Koizumi M, Hiroshi N, Honda K, Yano R, Komaki Y, Matsui K, Suematsu M, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
Glia   66(9) 2013-2023   2018年9月   [査読有り]
Chen S, Weitemier AZ, Zeng X, He L, Wang X, Tao Y, Huang AJY, Hashimotodani Y, Kano M, Iwasaki H, Parajuli LK, Okabe S, Teh DBL, All AH, Tsutsui-Kimura I, Tanaka KF, Liu X, McHugh TJ
Science (New York, N.Y.)   359(6376) 679-684   2018年2月   [査読有り]
Marina Mori, Iku Tsutsui-Kimura, Masaru Mimura, Kenji F. Tanaka
Psychopharmacology   235(9) 2619-2629   2018年9月   [査読有り]
Fukumoto Y, Tanaka KF, Parajuli B, Shibata K, Yoshioka H, Kanemaru K, Gachet C, Ikenaka K, Koizumi S, Kinouchi H
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   271678X18805317   2018年10月   [査読有り]
Takata N, Kusayanagi K, Maruyama H, Eitai K, Abo M, Akiyama F, Tajima R, Inaba S, Tanaka KF, Mimura M, Sanaka K
Microscopy research and technique      2018年10月   [査読有り]
Shigetomi E, Hirayama YJ, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(6) 1383-1395   2018年2月   [査読有り]
Zhang P, Lu H, Peixoto RT, Pines MK, Ge Y, Oku S, Siddiqui TJ, Xie Y, Wu W, Archer-Hartmann S, Yoshida K, Tanaka KF, Aricescu AR, Azadi P, Gordon MD, Sabatini BL, Wong ROL, Craig AM
Cell   174(6) 1450-1464.e23   2018年9月   [査読有り]
Kondo T, Saito R, Otaka M, Yoshino-Saito K, Yamanaka A, Yamamori T, Watakabe A, Mizukami H, Schnitzer MJ, Tanaka KF, Ushiba J, Okano H
Cell reports   24(8) 2191-2195.e4   2018年8月   [査読有り]
Miyazaki K, Miyazaki K.W, Yamanaka A, Tokuda T, Tanaka K.F, Doya K.
Nature Communications   9(1) 2048   2018年6月   [査読有り]
Tainaka K, Murakami TC, Susaki EA, Shimizu C, Saito R, Takahashi K, Hayashi-Takagi A, Sekiya H, Arima Y, Nojima S, Ikemura M, Ushiku T, Shimizu Y, Murakami M, Tanaka KF, Iino M, Kasai H, Sasaoka T, Kobayashi K, Miyazono K, Morii E, Isa T, Fukayama M, Kakita A, Ueda HR
Cell reports   24(8) 2196-2210.e9   2018年8月   [査読有り]
Vahid-Ansari F, Daigle M, Manzini MC, Tanaka KF, Hen R, Geddes SD, Béïque JC, James J, Merali Z, Albert PR
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(49) 11967-11978   2017年12月   [査読有り]
Kinoshita M, Hirayama Y, Fujishita K, Shibata K, Shinozaki Y, Shigetomi E, Takeda A, Le H.P.N, Hayashi H, Hiasa M, Moriyama Y, Ikenaka K, Tanaka K.F, Koizumi S.
EBioMedicine   32 72-83   2018年6月   [査読有り]
Wisessmith W, Shimizu T, Li J, Abe M, Sakimura K, Chetsawang B, Tanaka KF, Suzumura A, Tohyama K, Ikenaka K
Journal of neurochemistry      2018年8月   [査読有り]
Good JM, Mahoney M, Miyazaki T, Tanaka KF, Sakimura K, Watanabe M, Kitamura K, Kano M
Cell reports   21(8) 2066-2073   2017年11月   [査読有り]
Watabe T, Xu M, Watanabe M, Nabekura J, Higuchi T, Hori K, Sato MP, Nin F, Hibino H, Ogawa K, Masuda M, Tanaka KF
Scientific reports   7(1) 13605   2017年10月   [査読有り]
Bouchekioua Y, Tsutsui-Kimura I, Sano H, Koizumi M, Tanaka KF, Yoshida K, Kosaki Y, Watanabe S, Mimura M
Neuroscience research   132 53-57   2017年9月   [査読有り]
Yano R, Hata J, Abe Y, Seki F, Yoshida K, Komaki Y, Okano H, Tanaka KF
Neurochemistry international   119 151-158   2017年10月   [査読有り]
Tsutsui-Kimura I, Natsubori A, Mori M, Kobayashi K, Drew MR, de Kerchove d'Exaerde A, Mimura M, Tanaka KF
Current biology : CB   27(19) 3042-3048.e4   2017年10月   [査読有り]
Madsen PM, Pinto M, Patel S, McCarthy S, Gao H, Taherian M, Karmally S, Pereira CV, Dvoriantchikova G, Ivanov D, Tanaka KF, Moraes CT, Brambilla R
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(42) 10185-10199   2017年10月   [査読有り]
Hamaguchi T, Tsutsui-Kimura I, F Tanaka K, Mimura M
Nagoya journal of medical science   79(3) 351-362   2017年8月   [査読有り]
Imada T, Nakamura S, Hisamura R, Izuta Y, Jin K, Ito M, Kitamura N, Tanaka KF, Mimura M, Shibuya I, Tsubota K
Scientific reports   7(1) 6965   2017年7月   [査読有り]
Tsutsui-Kimura I, Bouchekioua Y, Mimura M, Tanaka KF
The international journal of neuropsychopharmacology   20(7) 593-601   2017年7月   [査読有り]
Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H
Neuron   94(6) 1085-1100.e6   2017年6月   [査読有り]
Shimizu T, Wisessmith W, Li J, Abe M, Sakimura K, Chetsawang B, Sahara Y, Tohyama K, Tanaka KF, Ikenaka K
Glia   65(6) 917-930   2017年6月   [査読有り]
Kubo KI, Deguchi K, Nagai T, Ito Y, Yoshida K, Endo T, Benner S, Shan W, Kitazawa A, Aramaki M, Ishii K, Shin M, Matsunaga Y, Hayashi K, Kakeyama M, Tohyama C, Tanaka KF, Tanaka K, Takashima S, Nakayama M, Itoh M, Hirata Y, Antalffy B, Armstrong DD, Yamada K, Inoue K, Nakajima K
JCI insight   2(10)    2017年5月   [査読有り]
Shinozaki Y, Shibata K, Yoshida K, Shigetomi E, Gachet C, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S
Cell reports   19(6) 1151-1164   2017年5月   [査読有り]
Natsubori A, Tsutsui-Kimura I, Nishida H, Bouchekioua Y, Sekiya H, Uchigashima M, Watanabe M, de Kerchove d'Exaerde A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(10) 2723-2733   2017年3月   [査読有り]
Tsutsui-Kimura I, Takiue H, Yoshida K, Xu M, Yano R, Ohta H, Nishida H, Bouchekioua Y, Okano H, Uchigashima M, Watanabe M, Takata N, Drew MR, Sano H, Mimura M, Tanaka KF
Nature communications   8 14304   2017年2月   [査読有り]
Shimizu T, Osanai Y, Tanaka KF, Abe M, Natsume R, Sakimura K, Ikenaka K
Glia   65(2) 360-374   2017年2月   [査読有り]
Sugio S, Tohyama K, Oku S, Fujiyoshi K, Yoshimura T, Hikishima K, Yano R, Fukuda T, Nakamura M, Okano H, Watanabe M, Fukata M, Ikenaka K, Tanaka KF
Glia   65(1) 150-168   2017年1月   [査読有り]
Sato MP, Higuchi T, Nin F, Ogata G, Sawamura S, Yoshida T, Ota T, Hori K, Komune S, Uetsuka S, Choi S, Masuda M, Watabe T, Kanzaki S, Ogawa K, Inohara H, Sakamoto S, Takebayashi H, Doi K, Tanaka KF, Hibino H
Frontiers in molecular neuroscience   10 300   2017年   [査読有り]
Yoshida K, Mimura Y, Ishihara R, Nishida H, Komaki Y, Minakuchi T, Tsurugizawa T, Mimura M, Okano H, Tanaka KF, Takata N
Journal of neuroscience methods   274 38-48   2016年12月   [査読有り]
Satała G, Duszyńska B, Stachowicz K, Rafalo A, Pochwat B, Luckhart C, Albert PR, Daigle M, Tanaka KF, Hen R, Lenda T, Nowak G, Bojarski AJ, Szewczyk B
Molecular neurobiology   53(10) 6869-6881   2016年12月   [査読有り]
Nakayama R, Sasaki T, Tanaka KF, Ikegaya Y
The European journal of neuroscience   43(7) 923-932   2016年4月   [査読有り]
Trischler J, Shiomi T, Turner DL, Sklepkiewicz PL, Goldklang MP, Tanaka KF, Xu M, Farber DL, D'Armiento JM
American journal of respiratory cell and molecular biology   54(4) 584-593   2016年4月   [査読有り]
Zhou Z, Tanaka KF, Matsunaga S, Iseki M, Watanabe M, Matsuki N, Ikegaya Y, Koyama R
Scientific reports   5 19679   2016年1月   [査読有り]
Chiba T, Otani Y, Yamaguchi Y, Ishibashi T, Hayashi A, Tanaka KF, Yamazaki M, Sakimura K, Baba H
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   92(7) 237-254   2016年   [査読有り]
Samuels BA, Anacker C, Hu A, Levinstein MR, Pickenhagen A, Tsetsenis T, Madroñal N, Donaldson ZR, Drew LJ, Dranovsky A, Gross CT, Tanaka KF, Hen R
Nature neuroscience   18(11) 1606-1616   2015年11月   [査読有り]
Ishii K, Kubo K, Endo T, Yoshida K, Benner S, Ito Y, Aizawa H, Aramaki M, Yamanaka A, Tanaka K, Takata N, Tanaka KF, Mimura M, Tohyama C, Kakeyama M, Nakajima K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(36) 12432-12445   2015年9月   [査読有り]
Yoshida K, Xu M, Natsubori A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
Neuroscience research   98 1-8   2015年9月   [査読有り]
Seo DO, Carillo MA, Chih-Hsiung Lim S, Tanaka KF, Drew MR
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(32) 11330-11345   2015年8月   [査読有り]
Masamoto K, Unekawa M, Watanabe T, Toriumi H, Takuwa H, Kawaguchi H, Kanno I, Matsui K, Tanaka KF, Tomita Y, Suzuki N
Scientific reports   5 11455   2015年6月   [査読有り]
Aida T, Yoshida J, Nomura M, Tanimura A, Iino Y, Soma M, Bai N, Ito Y, Cui W, Aizawa H, Yanagisawa M, Nagai T, Takata N, Tanaka KF, Takayanagi R, Kano M, Götz M, Hirase H, Tanaka K
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   40(7) 1569-1579   2015年6月   [査読有り]
Nautiyal KM, Tanaka KF, Barr MM, Tritschler L, Le Dantec Y, David DJ, Gardier AM, Blanco C, Hen R, Ahmari SE
Neuron   86(3) 813-826   2015年5月   [査読有り]
Aida T, Chiyo K, Usami T, Ishikubo H, Imahashi R, Wada Y, Tanaka KF, Sakuma T, Yamamoto T, Tanaka K
Genome biology   16 87   2015年4月   [査読有り]
Natsubori A, Takata N, Tanaka KF
Frontiers in cellular neuroscience   9 176   2015年   [査読有り]
Takata N, Yoshida K, Komaki Y, Xu M, Sakai Y, Hikishima K, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
PloS one   10(3) e0121417   2015年   [査読有り]
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology   17(11) 1777-1783   2014年11月   [査読有り]
Miyazaki KW, Miyazaki K, Tanaka KF, Yamanaka A, Takahashi A, Tabuchi S, Doya K
Current biology : CB   24(17) 2033-2040   2014年9月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujiwara H, Kaneko K, Hozumi Y, Xu M, Ikenaka K, Fujii S, Tanaka KF
Glia   62(8) 1299-1312   2014年8月   [査読有り]
Denny CA, Kheirbek MA, Alba EL, Tanaka KF, Brachman RA, Laughman KB, Tomm NK, Turi GF, Losonczy A, Hen R
Neuron   83(1) 189-201   2014年7月   [査読有り]
Kanemaru K, Sekiya H, Xu M, Satoh K, Kitajima N, Yoshida K, Okubo Y, Sasaki T, Moritoh S, Hasuwa H, Mimura M, Horikawa K, Matsui K, Nagai T, Iino M, Tanaka KF
Cell reports   8(1) 311-318   2014年7月   [査読有り]
Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34(20) 6896-6909   2014年5月   [査読有り]
Beppu K, Sasaki T, Tanaka KF, Yamanaka A, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K
Neuron   81(2) 314-320   2014年1月   [査読有り]
Tsunematsu T, Tabuchi S, Tanaka KF, Boyden ES, Tominaga M, Yamanaka A
Behavioural brain research   255 64-74   2013年10月   [査読有り]
Tabuchi S, Tsunematsu T, Kilduff TS, Sugio S, Xu M, Tanaka KF, Takahashi S, Tominaga M, Yamanaka A
Sleep   36(9) 1391-1404   2013年9月   [査読有り]
Shimizu T, Tanaka KF, Takebayashi H, Higashi M, Wisesmith W, Ono K, Hitoshi S, Ikenaka K
Journal of neuroscience research   91(2) 178-186   2013年2月   [査読有り]
Lee HU, Yamazaki Y, Tanaka KF, Furuya K, Sokabe M, Hida H, Takao K, Miyakawa T, Fujii S, Ikenaka K
Glia   61(2) 210-224   2013年2月   [査読有り]
Koizumi A, Tanaka KF, Yamanaka A
Neuroscience research   75(1) 3-5   2013年1月   [査読有り]
Tsunematsu T, Tanaka KF, Yamanaka A, Koizumi A
Neuroscience research   75(1) 23-28   2013年1月   [査読有り]
[Optogenetics in biological psychiatry].
Tanaka KF, Takata N, Mimura M
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   115(12) 1211-1215   2013年   [査読有り]
Sasaki T, Beppu K, Tanaka KF, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(50) 20720-20725   2012年12月   [査読有り]
Baudouin SJ, Gaudias J, Gerharz S, Hatstatt L, Zhou K, Punnakkal P, Tanaka KF, Spooren W, Hen R, De Zeeuw CI, Vogt K, Scheiffele P
Science (New York, N.Y.)   338(6103) 128-132   2012年10月   [査読有り]
Okada Y, Sasaki T, Oku Y, Takahashi N, Seki M, Ujita S, Tanaka KF, Matsuki N, Ikegaya Y
The Journal of physiology   590(19) 4933-4944   2012年10月   [査読有り]
Tanaka KF, Samuels BA, Hen R
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   367(1601) 2395-2401   2012年9月   [査読有り]
Tanaka KF, Matsui K, Sasaki T, Sano H, Sugio S, Fan K, Hen R, Nakai J, Yanagawa Y, Hasuwa H, Okabe M, Deisseroth K, Ikenaka K, Yamanaka A
Cell reports   2(2) 397-406   2012年8月   [査読有り]
Inamura N, Sugio S, Macklin WB, Tomita K, Tanaka KF, Ikenaka K
Genesis (New York, N.Y. : 2000)   50(5) 424-428   2012年5月   [査読有り]
Gire DH, Franks KM, Zak JD, Tanaka KF, Whitesell JD, Mulligan AA, Hen R, Schoppa NE
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(9) 2964-2975   2012年2月   [査読有り]
Bepari AK, Sano H, Tamamaki N, Nambu A, Tanaka KF, Takebayashi H
PloS one   7(12) e52783   2012年   [査読有り]
Hitoshi S, Ishino Y, Kumar A, Jasmine S, Tanaka KF, Kondo T, Kato S, Hosoya T, Hotta Y, Ikenaka K
Nature neuroscience   14(8) 957-964   2011年7月   [査読有り]
Ma J, Tanaka KF, Shimizu T, Bernard CC, Kakita A, Takahashi H, Pfeiffer SE, Ikenaka K
Journal of neuroscience research   89(5) 639-649   2011年5月   [査読有り]
Chuhma N, Tanaka KF, Hen R, Rayport S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(4) 1183-1192   2011年1月   [査読有り]
Yadav VK, Oury F, Tanaka KF, Thomas T, Wang Y, Cremers S, Hen R, Krust A, Chambon P, Karsenty G
The Journal of experimental medicine   208(1) 41-52   2011年1月   [査読有り]
Kajigaya H, Tanaka KF, Hayashi A, Suzuki A, Ishibashi T, Ikenaka K, Baba H
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   87(7) 415-424   2011年   [査読有り]
Moritoh S, Tanaka KF, Jouhou H, Ikenaka K, Koizumi A
PloS one   5(9) e12917   2010年9月   [査読有り]
Tanaka KF, Ahmari SE, Leonardo ED, Richardson-Jones JW, Budreck EC, Scheiffele P, Sugio S, Inamura N, Ikenaka K, Hen R
Biological psychiatry   67(8) 770-773   2010年4月   [査読有り]
Yadav VK, Oury F, Suda N, Liu ZW, Gao XB, Confavreux C, Klemenhagen KC, Tanaka KF, Gingrich JA, Guo XE, Tecott LH, Mann JJ, Hen R, Horvath TL, Karsenty G
Cell   138(5) 976-989   2009年9月   [査読有り]
Tanaka H, Ma J, Tanaka KF, Takao K, Komada M, Tanda K, Suzuki A, Ishibashi T, Baba H, Isa T, Shigemoto R, Ono K, Miyakawa T, Ikenaka K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29(26) 8363-8371   2009年7月   [査読有り]
Tatsumi K, Takebayashi H, Manabe T, Tanaka KF, Makinodan M, Yamauchi T, Makinodan E, Matsuyoshi H, Okuda H, Ikenaka K, Wanaka A
Journal of neuroscience research   86(16) 3494-3502   2008年12月   [査読有り]
Yadav VK, Ryu JH, Suda N, Tanaka KF, Gingrich JA, Schütz G, Glorieux FH, Chiang CY, Zajac JD, Insogna KL, Mann JJ, Hen R, Ducy P, Karsenty G
Cell   135(5) 825-837   2008年11月   [査読有り]
Masuda M, Tanaka KF, Kanzaki S, Wakabayashi K, Oishi N, Suzuki T, Ikenaka K, Ogawa K
Neuroscience research   62(1) 15-24   2008年9月   [査読有り]
Tanaka KF, Takebayashi H, Yamazaki Y, Ono K, Naruse M, Iwasato T, Itohara S, Kato H, Ikenaka K
Glia   55(6) 617-631   2007年4月   [査読有り]
Ma J, Tanaka KF, Yamada G, Ikenaka K
Neurochemical research   32(2) 311-320   2007年2月   [査読有り]
Tanaka KF, Ochi N, Hayashi T, Ikeda E, Ikenaka K
Neuroscience letters   407(2) 127-130   2006年10月   [査読有り]
Ma J, Matsumoto M, Tanaka KF, Takebayashi H, Ikenaka K
Neuron glia biology   2(2) 81-91   2006年5月   [査読有り]
Ding L, Takebayashi H, Watanabe K, Ohtsuki T, Tanaka KF, Nabeshima Y, Chisaka O, Ikenaka K, Ono K
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   234(3) 622-632   2005年11月   [査読有り]
Suzuki T, Uchida H, Tanaka KF, Nomura K, Takano H, Tanabe A, Watanabe K, Yagi G, Kashima H
The international journal of neuropsychopharmacology   7(2) 133-142   2004年6月   [査読有り]
Suzuki T, Uchida H, Tanaka KF, Tomita M, Tsunoda K, Nomura K, Takano H, Tanabe A, Watanabe K, Yagi G, Kashima H
International clinical psychopharmacology   18(6) 323-329   2003年11月   [査読有り]
Uchida H, Suzuki T, Tanaka KF, Watanabe K, Yagi G, Kashima H
Journal of clinical psychopharmacology   23(5) 496-499   2003年10月   [査読有り]
Ono K, Yoshihara K, Suzuki H, Tanaka KF, Takii T, Onozaki K, Sawada M
Journal of neuroscience research   72(4) 503-507   2003年5月   [査読有り]
Tanaka KF, Kashima H, Suzuki H, Ono K, Sawada M
Journal of neuroscience research   70(2) 232-237   2002年10月   [査読有り]

Misc

 
【基礎研究で活躍する精神科医の魂はいずこに宿るか?】 臨床教室に所属することで気付かされた研究医のミッション
田中 謙二
日本生物学的精神医学会誌   28(3) 110-112   2017年9月
研究者自らが研究を楽しむ。この姿を学生や研修医が見る。彼らは研究者が人生をエンジョイしていると思う。自分もそうなりたいと彼らが思う。この繰り返しで若手を育てたらどうだろうか。(著者抄録)
【光が拓く神経科学の未来-オプトジェネティクスと光イメージング】 オプトジェネティクス各論 報酬系の病態解析
阿部 欣史, 田中 謙二
Clinical Neuroscience   36(8) 932-934   2018年8月
オプトジェネティクスは何故そんなに注目されるのでしょうか?
田中 謙二
生物物理   58(4) 185-190   2018年7月
神経科学からの精神疾患へのアプローチ 光観察と光操作を融合させた神経回路研究
田中 謙二
精神神経学雑誌   (2018特別号) S434-S434   2018年6月
正常マウスの意欲と体重におよぼす加味帰脾湯、人参養栄湯の長期投与の効果
栗山 奈恵, 植木 俊之, 大宮 雄司, 溝口 和臣, 濱口 卓也, 木村 生, 田中 謙二, 山本 雅弘
和漢医薬学会学術大会要旨集   34回 102-102   2017年8月
Microglial VNUT derived ATP mediates astrogliosis-dependent epileptogenesis after status epilepticus(和訳中)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 池中 一裕, 田中 謙二, 相原 正男
脳と発達   50(Suppl.) S432-S432   2018年5月
ミクログリアのVNUTはけいれん重積後のアストログリオーシスを伴うてんかん原生獲得に関与する(Microglial VNUT contribute to epileptogenesis including astrogliosis after status epilepticus)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 池中 一裕, 田中 謙二, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   49(Suppl.) S417-S417   2017年5月
日中の運動によりもたらされる「良質な睡眠」の脳内機序の解明 脳内アストロサイトの細胞内エネルギー状態に着目して
夏堀 晃世, 辛島 彰洋, 山本 正道, 小島 崇, 児玉 亨, 高田 則雄, 田中 謙二, 本多 真
若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書   (33) 88-92   2018年4月
【強迫症の理解と治療の新たな展開I】 強迫症研究のこれから translational researchの可能性について
酒井 雄希, 田中 謙二
精神科治療学   32(3) 399-404   2017年3月
強迫症(obsessive-compulsive disorder:OCD)は、前頭葉-線条体回路の異常に代表される明確な生物学的基盤を持つ精神疾患と考えられている。我々は、近年注目されている安静時fMRIを用いることで、OCD患者におけるマクロレベルでの神経回路異常を明らかにしてきた。このような異常を詳細に検討し、さらに、操作を加えることによる神経活動の変化や症状との因果関係を同定するためにはモデル動物が必要不可欠である。これまでに様々な遺伝子改変モデル動物が報告されているが、OCD患者...
精神科領域の用語解説 DREADD-CNO system
阿部 欣史, 田中 謙二
分子精神医学   18(1) 46-47   2018年1月
Tetシステムを利用したチャネルロドプシンの異所性発現による視覚再生
堅田 侑作, 國見 洋光, 田中 謙二, 坪田 一男, 栗原 俊英
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 175-175   2017年3月
視床下部オレキシン神経に対するドーパミンの長期的作用の解析
向井 康敬, 田中 謙二, 永井 健治, 山中 章弘
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2AT12-03(2P   2017年12月
小脳登上線維-プルキンエ細胞間シナプスの精緻化へのグリア細胞の関与
菊地原 沙織, 杉尾 翔太, 稲村 直子, 渡辺 雅彦, 田中 謙二, 渡邉 貴樹, 狩野 方伸, 山崎 良彦, 池中 一裕
日本生理学雑誌   79(1) 23-23   2017年2月
別々のセロトニン神経回路が不安、うつ、衝動性を制御する
大村 優, 田中 謙二, 山中 章弘, 吉岡 充弘
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 168-168   2017年9月
カルシウムイメージングを用いたMCH神経・オレキシン神経活動を調節する因子のスクリーニング
向井 康敬, 乾 あずさ, 田中 謙二, 永井 健治, 山中 章弘
日本内分泌学会雑誌   92(3) 730-730   2017年1月
ミクログリアはアストロサイトのP2Y1受容体発現低下を介して神経保護機能を誘導する(Micloglia induce neuroprotective astrocytes via down-regulation of P2Y1 receptors)
篠崎 陽一, 柴田 圭輔, 吉田 慶太郎, 繁冨 英治, 田中 謙二, 小泉 修一
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 194-194   2017年9月
神経画像最前線 神経機能の可視化はどこまで進んだか オプトジェネティクスを用いたアストロサイト・ニューロン賦活による脳血流空間伝播の比較
畠山 菜緒, 正本 和人, 畝川 美悠紀, 田桑 弘之, 菅野 巖, 松井 広, 田中 謙二, 冨田 裕, 鈴木 則宏
脳循環代謝   28(1) 137-137   2016年11月
精神科領域の用語解説 DREADD-CNO system
阿部 欣史, 田中 謙二
分子精神医学   18(1) 46-47   2018年1月
神経科学・神経化学におけるレジリエンス研究
田中 謙二
ストレス科学   31(2) 58-58   2016年10月
別々のセロトニン神経回路が不安、うつ、衝動性を制御する
大村 優, 田中 謙二, 山中 章弘, 吉岡 充弘
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 168-168   2017年9月
脳科学と精神疾患-分子・細胞から精神疾患を読み解く 階層をつなぎ種を越える脳科学研究
田中 謙二
日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集   46回 48-48   2016年7月
ミクログリアはアストロサイトのP2Y1受容体発現低下を介して神経保護機能を誘導する(Micloglia induce neuroprotective astrocytes via down-regulation of P2Y1 receptors)
篠崎 陽一, 柴田 圭輔, 吉田 慶太郎, 繁冨 英治, 田中 謙二, 小泉 修一
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 194-194   2017年9月
光遺伝学を活用した難聴モデルマウスの作成
佐藤 満雄, 樋口 大河, 任 書晃, 吉田 崇正, 緒方 元気, 堀 かりん, 上塚 学, 竹林 浩秀, 土井 勝美, 田中 謙二, 日比野 浩
耳鼻咽喉科ニューロサイエンス   30 18-19   2016年5月
光遺伝学を駆使した難聴モデルマウスの作成
佐藤 満雄, 樋口 大河, 任 書晃, 吉田 崇正, 緒方 元気, 上塚 学, 増田 正次, 渡部 高久, 神崎 晶, 小川 郁, 竹林 浩秀, 土井 勝美, 田中 謙二, 日比野 浩
日本生理学雑誌   78(2) 48-49   2016年3月
Tetシステムを利用した網膜神経節細胞特異的な遺伝子改変動物モデルの構築
堅田 侑作, 田中 謙二, 三輪 幸裕, 姜 効炎, 森 紀和子, 宮内 真紀, 鳥居 秀成, 坪田 一男, 栗原 俊英
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 181-181   2016年3月
fMRIを用いた光刺激によるC57BL6/jマウス視覚野活性化の同定
坪田 欣也, 小牧 裕司, 高田 則雄, 吉田 哲, 田中 謙二, 岡野 栄之, 後藤 浩, 坪田 一男, 栗原 俊英
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 250-250   2016年3月
超高磁場拡散MRIで脱髄を追う
矢野 竜太朗, 畑 純一, 関 布美子, 石原 良祐, 小牧 裕司, 疋島 啓吾, 田中 謙二, 岡野 栄之
日本磁気共鳴医学会雑誌   36(1) 50-54   2016年2月
高磁場小動物用MRIと免疫組織化学を併用することで脱髄と拡散MRIの関連について検討した。脱髄モデルとしてクプリゾン投与による可逆性脱髄モデルマウスを使用した。特に脳梁においては投与前、投与後、回復後で明らかなシグナルの増減を確認した。通常の飼料に切り替えてから1週間の時点では、脱髄はいまだに進行した。MRIでのシグナルの変化と組織学的評価を比較すると、最も有意な相関があったのは髄鞘とFractional anisotropy(FA)、およびmean kurtosis(MK)であった。髄鞘...
田中 謙二
日本レーザー医学会誌   36(4) 478-481   2016年1月
オプトジェネティクス(OG)とは、光(opto)と遺伝子発現(genetics)を組み合わせた語である。この技術が神経科学の分野でどのようなインパクトをもって迎えられたか、精神医学の発展にどのような期待が込められているか、筆者の視点から述べた。神経科学の歴史、観察の歴史を歩んできた神経科学、相関関係と因果関係、相関研究と因果研究、Francis Crickから与えられた宿題-答えたKarl Deisseroth、Nature Methods誌が選ぶmethod of the year 20...
【オプトジェネティクス 細胞・組織・個体を光で操作する】 オプトジェネティクス研究の変遷とこれから
木村 生, 田中 謙二
実験医学   33(19) 3054-3058   2015年12月
オプトジェネティクスが神経科学のフィールドに登場してからおよそ10年が経った。これまでの電気や薬剤を用いた操作研究が抱えていた細胞種特異性、時間特異性の問題を大きく改善し、さらに投射線維特異的操作をも可能にしたオプトジェネティクスは、今では操作研究において頼れるツールとしての地位を築きつつある。本稿では、オプトジェネティクス利用の変遷を、脳機能と行動のメカニズムを鮮やかに解き明かした研究例を紹介しながら辿る。現在、オプトジェネティクスは、「十分な観察に基づく細胞機能操作法」と「摂動ツールと...
遺伝子改変を駆使したグリア研究の推進
田中 謙二
神経化学   54(3) 41-50   2015年12月
光遺伝学による背側/正中縫線核セロトニン神経制御は不安、うつ、衝動性に部位依存的に影響を与える
大村 優, 田中 謙二, 木村 生, 常松 友美, 山中 章弘, 吉岡 充弘
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 163-163   2015年9月
アパシー(意欲障害)と線条体D2受容体陽性中型有棘神経細胞
木村 生, 泉関 芙美也, 田中 謙二
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 167-167   2015年9月
光遺伝学を駆使した難聴モデルマウスの作成
佐藤 満雄, 樋口 大河, 任 書晃, 吉田 崇正, 緒方 元気, 上塚 学, 竹林 浩秀, 土井 勝美, 田中 謙二, 日比野 浩
応用薬理   89(1-2) 54-54   2015年8月
発達段階の脳白質において活性化ミクログリアに発現するPLD4の機能解析
千葉 輝正, 大谷 嘉典, 山口 宜秀, 田中 謙二, 崎村 建司, 林 明子, 馬場 広子
日本薬学会年会要旨集   135年会(3) 164-164   2015年3月
Close Up実験法 遺伝子改変マウスを"小さく"維持するコツ
田中 優衣, 日野 宇太郎, 田中 謙二
実験医学   32(18) 2973-2979   2014年11月
【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第2章)神経・非神経細胞ネットワークと脳内環境 オプトジェネティクスと小動物functional MRIの融合による脳内環境変化の解析
田中 謙二, 三村 將, 高田 則雄
遺伝子医学MOOK   (26) 125-128   2014年11月
グリア神経相互作用は,グリアから神経への一方向性の作用と,神経からグリアへの一方向性の作用の総和からなる。それぞれ一方向性の作用を切り分けて記載して初めて相互作用が見えてくるという立場のもと,オプトジェネティクスを用いてグリアだけを操作する実験方法を開発した。次に,グリアを起点とした操作が神経細胞へどのような影響を及ぼすか明らかにした。最後にグリアを起点とした操作が脳の活動をどのように変化させるか非侵襲的に観察する方法を開発した。(著者抄録)
アストロサイト賦活による局所脳血流反応の空間伝播の解析
渡部 竜志, 正本 和人, 畝川 美悠紀, 結城 浩弥, 新タ 雅啓, 鳥海 春樹, 田桑 弘之, 川口 拓之, 菅野 巖, 松井 広, 田中 謙二, 冨田 裕, 鈴木 則宏
脳循環代謝   26(1) 228-228   2014年11月
オプトジェネティクス(光遺伝学)による生体機能制御 精神医学研究にオプトジェネティクスが期待されること
田中 謙二
日本レーザー医学会誌   35(3) 347-347   2014年10月
Topics Q&A うつ病治療におけるDBS(deep brain stimulation)の現在について教えてください
高宮 彰紘, 田中 謙二
Depression Journal   2(2) 58-59   2014年8月
【精神疾患の病態解析と新たな診断技法】 Optogeneticsが拓く精神疾患の未来
夏堀 晃世, 田中 謙二
Medical Science Digest   40(5) 229-231   2014年5月
2002年、生物物理学者によって古細菌に存在する光感受性タンパク質、チャネルロドプシンが発見された。そのユニークな特徴に目をつけた精神科医がチャネルロドプシンの遺伝子導入と光照射を組み合わせ、神経細胞の発火を操作する手法を開発した。この手法の発見から10年余りが経過した現在、特定の神経活動を自在に操作する技術、optogenetics(オプトジェネティクス)が確立し、精神疾患研究をはじめとする神経科学研究はパラダイムシフトを起こした。本稿ではoptogenetics発見の歴史と技術進歩、そ...
田中 謙二
日本薬理学雑誌   143(4) 193-197   2014年4月
チャネルロドプシンを神経細胞に発現させ、光照射のオンオフで神経発火を操作する技術論文が2005年に報告されてから10年近くが経過しようとしている。その技術にはオプトジェネティクスという造語が与えられ、2010年にはNature Methods誌によってMethod of the Yearに選ばれた。先端技術は取り入れるのに多少の困難があったとしても、ひとたび取り入れてしまえば強力に研究をサポートする。光操作可能な遺伝子改変マウスの開発は、先端技術の取り込みを加速させた。というのも、遺伝子改...
田中 謙二
精神医学   56(4) 281-284   2014年4月
光遺伝学を用いたレム睡眠調節に関わる神経回路の操作
櫻本 新, 常松 友美, 田淵 紗和子, 犬束 歩, 田中 謙二, 山中 章弘
日本生理学雑誌   76(2) 108-109   2014年3月
光遺伝学を用いたオレキシン神経活動の長期抑制と睡眠覚醒状態変化
乾 あずさ, 常松 友美, 田中 謙二, 山中 章弘
日本生理学雑誌   76(2) 109-109   2014年3月
【オプトジェネティクスを用いた神経機能操作の現在地:光で行動をコントロールする】 光遺伝学に有用な遺伝子改変マウス
田中 謙二
細胞工学   33(3) 260-263   2014年2月
アストロサイト機能不全マウスにおけるシナプス伝達の変化
山崎 良彦, 田中 謙二, 金子 健也, 藤原 浩樹, 後藤 純一, 藤井 聡
日本生理学雑誌   76(1) 36-37   2014年1月
【精神疾患の解明に貢献する脳科学技術の進歩】 オプトジェネティクスと精神医学
田中 謙二, 高田 則雄, 三村 將
精神神経学雑誌   115(12) 1211-1215   2013年12月
Optogeneticsを用いたアストロサイト賦活による脳血流反応
渡部 竜志, 正本 和人, 畝川 美悠紀, 鳥海 春樹, 谷口 順子, 田桑 弘之, 川口 拓之, 伊藤 浩, 菅野 巖, 松井 広, 田中 謙二, 冨田 裕, 鈴木 則宏
脳循環代謝   25(1) 186-186   2013年11月
光操作による細胞内cAMP量制御のてんかん研究への応用
柴田 和輝, 中原 聡一郎, 周 至文, 田中 謙二, 鍋倉 淳一, 伊関 峰生, 渡辺 正勝, 松木 則夫, 小山 隆太
日本薬理学雑誌   142(4) 2P-2P   2013年10月
ADHD/衝動性の神経基盤と治療戦略 衝動性とセロトニン
宮崎 勝彦, 宮崎 佳代子, 田中 謙二, 山中 章弘, 高橋 阿貴, 銅谷 賢治
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回 131-131   2013年10月
正中縫線核から腹側海馬へのセロトニン神経投射は5-HT2C受容体刺激を介して不安様行動を調節する オプトジェネティクス(光遺伝学)による解明
大村 優, 田中 謙二, 山中 章弘, 吉岡 充弘
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回 185-185   2013年10月
最新のグリア研究で見えてきた脳機能 光遺伝学と機能的MRIとを用いたグリア細胞研究
高田 則雄, 岡野 栄之, 田中 謙二
応用薬理   85(1-2) 48-48   2013年8月
【グリア細胞が心を動かす!-脳回路の情報処理を調律するメカニズム】 in vivoでグリアを見る・操作するための機能遺伝子発現方法
田中 謙二, 高田 則雄, 三村 將
実験医学   31(11) 1736-1741   2013年7月
オプトジェネティクスを用いてグリア細胞の機能を操作する、あるいはカルシウムセンサーを用いてグリア細胞の機能を見ることを提案したとしよう。では実験に必要な機能分子をどうやってグリア細胞に発現させればよいのだろうか?やるからには実験を成功させたい。そんな研究者のために機能分子を高いレベルで発現させる方法を紹介する。その方法はグリア研究のみならず汎用性の高い方法であるので多くの分野で用いられることを期待する。(著者抄録)
改変型チャネルロドプシン2を用いた特定神経高頻度刺激法の開発
犬束 歩, 常松 友美, 田中 謙二, 岡部 勝, Deisseroth K., 山中 章弘
日本生理学雑誌   75(4) 198-198   2013年7月
精神疾患の解明に貢献する脳科学技術の進歩 オプトジェネティクスと精神医学
田中 謙二
精神神経学雑誌   (2013特別) S-293   2013年5月
【通電療法アップデート】 深部脳刺激
内田 貴仁, 小泉 輝樹, 入來 怜香, 田中 謙二, 三村 將
臨床精神医学   42(4) 477-484   2013年4月
【線条体の基礎と臨床】 線条体操作から強迫性障害を理解できるか
田中 謙二
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   64(8) 903-909   2012年8月
【ニューロサイエンス最前線】 オプトジェネティクスと精神疾患研究への応用
田中 謙二
分子精神医学   12(3) 196-199   2012年7月
2002年に生物物理学者によって古細菌に存在する光感受性蛋白質、チャネルロドプシンが発見された。そのユニークな特徴に目をつけた精神科医がチャネルロドプシンの遺伝子導入と光照射を組み合わせて神経細胞の発火を操作する手法を開発した。発見から約10年経過した現在、オプトジェネティクスという造語が定着し、オプトジェネティクスは神経科学研究のパラダイムシフトを起こした。本稿ではオプトジェネティクス入門としてこの技法の原理について詳しく述べる。オプトジェネティクスを、モデル動物を用いた実験に使いたいと...
睡眠中の脳活動と神経回路網 セロトニン神経からオレキシン神経への抑制性入力の睡眠覚醒調節における役割
田淵 紗和子, 常松 友美, 杉尾 翔太, 田中 謙二, 富永 真琴, 山中 章弘
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   37回 168-168   2012年6月
光が切り拓く新しい薬理学 オプトジェネティクスを用いた行動制御
山中 章弘, 常松 友美, 田淵 紗和子, 田中 謙二
日本薬学会年会要旨集   132年会(1) 122-122   2012年3月
グリア研究展開に必要な技術の開発
田中 謙二
神経化学   50(4) 293-299   2011年12月
Brain Science セロトニン自己受容体とヘテロ受容体の新展開
田中 謙二
精神科   19(5) 489-492   2011年11月
てんかん脳における顆粒細胞の構造可塑性におけるcAMPの役割(cAMP-induced morphological plasticity of hippocampal granule cells in the epileptic brain)
中原 聡一郎, 田中 謙二, 鍋倉 淳一, 伊関 峰生, 渡辺 正勝, 松木 則夫, 小山 隆太
てんかん研究   29(2) 379-379   2011年9月
脱髄性疾患モデルにおけるシスタチンFの機能解析(Exploring the role of cystatin F in demyelination disease)
清水 崇弘, 田中 謙二, 馬 堅妹, 池中 一裕
神経化学   50(2-3) 172-172   2011年9月
マウスにおけるCathepsin C遺伝子の操作(Manipulation of cathepsin c gene expression in mouse)
ウィゼスミス・ウィライワン, 清水 崇弘, 田中 謙二, 池中 一裕
神経化学   50(2-3) 192-192   2011年9月
小脳発生におけるバーグマングリアの役割(The role of Bergmann glia in cerebellar development)
杉尾 翔太, 田中 謙二, 渡辺 雅彦, 池中 一裕
神経化学   50(2-3) 200-200   2011年9月
バーグマングリアが及ぼす小脳発生異常
杉尾 翔太, 田中 謙二, 池中 一裕
生化学   83(8) 777-777   2011年8月
てんかん脳の神経細胞構造可塑性におけるcAMPの役割
中原 聡一郎, 田中 謙二, 鍋倉 淳一, 伊関 峰生, 渡辺 正勝, 松木 則夫, 小山 隆太
神経組織の成長・再生・移植研究会学術集会プログラム・予稿集   26回 38-38   2011年6月
アストロサイト機能異常マウスにおけるグルタミン酸トランスポーター電流の変化
山崎 良彦, 李 海雄, 田中 謙二, 藤原 浩樹, 千田 邦明, 金子 健也, 池中 一裕, 藤井 聡
山形医学   28(2) 80-80   2010年8月
グリオトランスミッターATPの多寡による脳機能の変化(Increase in ATP release from astrocytes results in increase in the excitability of the hippocampus)
田中 謙二, 山崎 良彦, Lee Hae Ung, 古家 喜四夫, 飛田 秀樹, 高雄 啓三, 宮川 剛, 藤井 聡, 池中 一裕
神経化学   49(2-3) 531-531   2010年8月
小脳発達におけるバーグマングリアの役割(The role of Bergmann glia in cerebellar development)
杉尾 翔太, 田中 謙二, 渡辺 雅彦, 池中 一裕
神経化学   49(2-3) 543-543   2010年8月
脱髄疾患モデルマウスにおけるシステインプロテアーゼインヒビターCystatin Fの機能解析(Exploring the role of Cystatin F in murine demyelinating models)
清水 崇弘, 田中 謙二, Ma Jianmei, 池中 一裕
神経化学   49(2-3) 586-586   2010年8月
げっ歯類成熟網膜組織培養と遺伝子銃による遺伝子導入法(Organotypic culture of adult rodent retina with particle-mediated acute gene transfer in vitro)
森藤 暁, 田中 謙二, 池中 一裕, 小泉 周
神経化学   49(2-3) 726-726   2010年8月
アストロサイト機能不全マウスにおけるグルタミン酸取り込み機能の変化
山崎 良彦, 李 海雄, 田中 謙二, 藤原 浩樹, 千田 邦明, 金子 健也, 池中 一裕, 藤井 聡
日本生理学雑誌   72(4) 121-121   2010年4月
【脳神経系の情報伝達と疾患 さまざまなシグナル伝達因子の異常が引き起こす精神疾患・発達障害・神経変性疾患のメカニズム】 疾患研究の基礎 白質の可塑性と疾患との関わり
田中 謙二, 池中 一裕
実験医学   28(5) 830-835   2010年3月
グリア細胞は本当に脳の高次機能を積極的に支えているのだろうか?その機能喪失で精神疾患の病態生理を説明できるであろうか?これらを実証することは容易ではない。一方でヒト遺伝学はグリア細胞特異的に発現する遺伝子、特にオリゴデンドロサイト関連遺伝子を疾患感受性遺伝子として拾い上げてくる。この広大な隙間を埋めるためにどうしたらよいのか筆者らの私見を述べる。そこではオリゴデンドロサイト関連遺伝子の変化を現象論へ展開させるための、脳白質の可塑的な要素を紹介する。最後に伝導速度低下という中間表現型と認知機...
【多発性硬化症】 慢性脱髄巣におけるオリゴデンドロサイトの分化制御
池中 一裕, 清水 崇弘, 田中 謙二
神経免疫学   17(2) 173-176   2009年12月
急性期多発性硬化症の病態は、いわゆる免疫反応、炎症反応の亢進が関与する。免疫抑制剤による治療が効果的なこともこれを裏付ける。しかし、慢性期には炎症反応は比較的静かである一方、髄鞘の再生が阻害され、軸索が裸のままになる。この病理変化が慢性期の機能的障害を原因になる。慢性脱髄巣の髄鞘の再生阻害は、オリゴデンドロサイト前駆細胞の枯渇による髄鞘形成細胞の補充不足ではなく、オリゴデンドロサイト前駆細胞の分化の障害であることが分かってきた。その原因には軸索の幼若化、アストロサイトによる阻害物質の産生な...
Brain Science ノックアウトマウス解析からみるセロトニン受容体研究の歴史
田中 謙二
精神科   15(2) 175-177   2009年8月
培養アストロサイトからのグリオトランスミター放出の空間的・時間的特徴(Spatio-temporal information of gliotransmitter release from cultured astrocytes)
李 海雄, 並木 繁行, 古家 喜四夫, 田中 謙二, Liu Hongtao, 岡田 泰信, 曽我部 正博, 廣瀬 謙造, 池中 一裕
神経化学   48(2-3) 203-203   2009年6月
マウスglial cells missing遺伝子は初期胚におけるHes5発現を誘導する(Mammalian glial cells missing genes induce Hes5 expression and definitive neural stem cells in early embryos)
等 誠司, クマール・アキレッシュ, 石野 雄吾, 田中 謙二, 細谷 俊彦, 堀田 凱樹, 池中 一裕
神経化学   48(2-3) 204-204   2009年6月
慢性脱髄巣形成とともに起こるミクログリア特異的な遺伝子発現の変化(Unique gene expression changes in microglia coincide with the appearance of chronic demyelinating lesions)
馬 堅妹, 清水 崇弘, 田中 謙二, 池中 一裕
神経化学   48(2-3) 220-220   2009年6月
Brain Science チャネルロドプシン
田中 謙二
精神科   13(5) 428-430   2008年11月
培養アストロサイトからのグリオトランスミッター放出機構の解析(Mechanism underlying gliotransmitter release from cultured astrocytes)
李 海雄, Liu Hongtao, 田中 謙二, 並木 繁行, 廣瀬 謙造, 古家 喜四夫, 曽我部 正博, 岡田 泰信, 池中 一裕
神経化学   47(2-3) 224-224   2008年8月
マウス海馬の中隔側頭軸に沿った海馬におけるセロトニン受容体の発現プロファイル(Serotonin receptor expression profiles in mouse hippocampus along the septo-temporal axis of the mouse hippocampus)
田中 謙二, レネ・ヘン
神経化学   47(2-3) 231-231   2008年8月
Brain Science オリゴデンドロサイト前駆細胞
田中 謙二
精神科   11(2) 154-157   2007年8月
【情報伝達処理におけるグリアの機能と異常】 グリア細胞機能異常動物の開発
田中 謙二, 李 海雄, 池中 一裕
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   59(7) 747-753   2007年7月
Brain Science マウスにおける遺伝子改変技術
田中 謙二
精神科   9(3) 251-254   2006年9月
自然発症慢性遅発性脱髄動物モデルにおけるCystatin F mRNA発現(Cystatin F mRNA expression in spontaneous chronic late-onset demyelination animal model)
馬 堅妹, 田中 謙二, 池中 一裕
神経化学   44(2-3) 182-182   2005年8月
alexander病モデルマウス(Alexander disease model mice)
田中 謙二, 竹林 浩秀, 池中 一裕
神経化学   44(2-3) 208-208   2005年8月
輝け次代の担い手たち 精神疾患の病態をグリア細胞の機能異常で説明する試み
田中 謙二
神経化学   44(1) 5-13   2005年3月
Brain Science アストロサイトの微細形態
田中 謙二
精神科   5(4) 308-312   2004年10月
脱髄モデルマウスにおける脳内遺伝子変化の解析(DNA microarray analysis of gene expression during demyelination)
馬 堅妹, 田中 謙二, 山田 元, 松本 路生, 竹林 浩秀, 池中 一裕
神経化学   43(2-3) 423-423   2004年8月
後脳と脊髄でみられるOlig3系譜細胞の腹側方向への移動(Dorsal-to-ventral migration of Olig3 lineage cells in the fetal mouse hindbrain and spinal cord)
丁 雷, 竹林 浩秀, 田中 謙二, 小野 勝彦, 千坂 修, 池中 一裕
神経化学   43(2-3) 484-484   2004年8月
前脳オリゴデンドロサイトの細胞系譜解析(Lineage analysis on forebrain oligodendrocyte)
竹林 浩秀, 政平 訓貴, 田中 謙二, 清水 恵司, 池中 一裕
神経化学   42(2-3) 341-341   2003年8月
変異GFAPの動態(Analysis of mutated GFAP dynamics)
田中 謙二, 竹林 浩秀, 池中 一裕
神経化学   43(2-3) 495-495   2004年8月
精神障害とグリア
田中 謙二, 澤田 誠
分子精神医学   3(1) 45-46   2003年1月
精神分裂病で血清インターロイキン-18は高値である
新谷 太, 田中 謙二, 八木 剛平, 鹿島 晴雄
日本神経精神薬理学雑誌   21(6) 227-227   2001年12月
骨髄に由来する脳移行細胞の性質
小野 健治, 田中 謙二, 瀧井 猛将, 小野嵜 菊夫, 澤田 誠
神経化学   40(2-3) 375-375   2001年9月
ミクログリアはモノアミントランスポーターとカテコラミン代謝酵素を持つ
田中 謙二, 鹿島 晴雄, 川上 真紀子, 澤田 誠
神経化学   40(2-3) 445-445   2001年9月
精神分裂病の慢性例に対する抗精神病薬の多種併用と大量投与の有用性に関する研究
八木 剛平, 高野 晴成, 渡邊 衡一郎, 鈴木 健文, 内田 裕之, 田中 謙二
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費総括研究報告書 精神分裂病の病態,治療・リハビリテーションに関する研究   平成12年度 83-87   2001年3月
精神分裂病・分裂感情病で,2種類以上の抗精神病薬を服用し,6ヵ月以上処方の変更がない24名を対象に単剤化を試みた.変更開始時と終了時のGAF得点には有意な変化はなかった.最終判定では「同等或いは単剤が優る」は16名,判定保留2名,「単剤が劣る」6名であった.悪化例の症状増悪は比較的早期に生じ,処方を戻した後は安定した.悪化は低力価薬から高力価薬への以降の際に生じやすかった.一方大量投与例34名に対しては減量を試み,1日CP換算量平均1944mg/日から687mg/日へ,平均7.2ヵ月かけて...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 田中 謙二
多機能遺伝子改変技術を用いて、ヒト小児神経疾患MLCのモデルマウスを樹立した。ヒトではMLC1遺伝子の変異によって生じる病態が、マウスにおいては遺伝子喪失ではなく過剰発現によってモデル出来ることが分かった。モデルマウスの解析から、MLCはその機能亢進によってアストロサイトの膨化および髄鞘内の空胞に至ることが明らかになった。