深谷 肇一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 22:06
 
アバター
研究者氏名
深谷 肇一
 
フカヤ ケイイチ
URL
https://sites.google.com/site/fukayak99/
所属
国立研究開発法人国立環境研究所
職名
特別研究員
学位
博士(環境科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 特別研究員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
統計数理研究所 統計思考院 特任助教
 
2012年5月
 - 
2013年2月
USGS Patuxent Wildlife Research Center 外来研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
北海道大学 環境科学院 生物圏科学専攻博士課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
北海道大学 環境科学院 生物圏科学専攻修士課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 理学部 生物科学科
 

論文

 
Y. Kanamori, K. Fukaya, T. Noda
Population Ecology   59(4) 301-313   2017年11月   [査読有り]
T. Noda, M. Sakaguchi, A. Iwasaki, K. Fukaya
Coastal Marine Science   40(2) 35-43   2017年9月   [査読有り]
K. Fukaya, A. Kawamori, Y. Osada, M. Kitazawa, M. Ishiguro
Statistics in Medicine   36(21) 3361-3379   2017年8月   [査読有り]
arXiv: 1606.02536
H. Yokomizo, T. Takada, K. Fukaya, J. G. Lambrinos
Population Ecology   59(2) 89-97   2017年7月   [査読有り]
K. Fukaya, J. A. Royle, T. Okuda, M. Nakaoka, T. Noda
Methods in Ecology and Evolution   8(6) 757–767   2017年6月   [査読有り]
arXiv:1606.02101

受賞

 
2015年9月
北海道大学大学院環境科学院 第1回松野環境科学賞
 
2014年9月
2014年度統計関連学会連合大会 コンペティション講演セッション優秀報告賞
 
2014年3月
日本生態学会奨励賞(鈴木賞)
 
2013年9月
2013年度統計関連学会連合大会 コンペティション講演セッション優秀報告賞
 
2012年2月
2011年度日本生態学会北海道地区会 若手研究奨励賞
 
2010年2月
2009年度日本生態学会北海道地区会 若手研究奨励賞
 
2009年3月
第56回日本生態学会大会 ポスター賞優秀賞(動物個体群部門)
 

Misc

 
K. Fukaya, H. Murakami, S. Yoon, K. Minami, Y. Osada, S. Yamamoto, R. Masuda, A. Kasai, K. Miyashita, T. Minamoto, M. Kondoh
bioRxiv   482489    2018年11月
K. Fukaya, B. Kusumoto, T. Shiono, J. Fujinuma, Y. Kubota
bioRxiv   426379    2018年9月
深谷 肇一,長田 穣,源 利文
海洋と生物   40(1) 47-53   2018年3月   [依頼有り]
北野 雅人, 深谷 肇一
建設機械施工   68(2) 89-94   2016年2月

書籍等出版物

 
サンプリングって何だろう―統計を使って全体を知る方法(岩波科学ライブラリー271)
廣瀬 雅代,稲垣 佑典,深谷 肇一
岩波書店   2018年3月   ISBN:9784000296717
Rocky intertidal barnacle population dynamics: impacts and recovery from the Great East Japan Earthquake
T. Noda, M. Sakaguchi, A. Iwasaki, K. Fukaya
Springer Japan   2016年11月   
In: J. Urabe, T. Nakashizuka (eds) Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake, pp. 47-58.
Quantitative evaluation of the impact of the Great East Japan Earthquake and Tsunami on the rocky intertidal community
A. Iwasaki, K. Fukaya, T. Noda
Springer Japan   2016年11月   
In: J. Urabe, T. Nakashizuka (eds) Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake, pp. 35-46.
Rocky intertidal zonation: impacts and recovery from the Great East Japan Earthquake
T. Noda, A. Iwasaki, K. Fukaya
Springer Japan   2016年11月   
In: J. Urabe, T. Nakashizuka (eds) Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake, pp. 25-34.
BUGSで学ぶ階層モデリング入門ー個体群のベイズ解析ー
M. Kéry, M. Schaub(著) 飯島 勇人, 伊東 宏樹, 深谷 肇一, 正木 隆(訳)
共立出版   2016年3月   ISBN:978-4-320-05780-7

競争的資金等の研究課題

 
野外群集動態を定量する新規な統計的手法の開発とその適用による多様性維持機構の検証
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 深谷 肇一
野外群集動態を定量する新規な統計的手法の開発とその適用による多様性維持機構の検証
日本学術振興会: 科研費若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 深谷 肇一
東アジア島嶼の植物多様性の起源と維持:群集形成プロセスの階層的作用機構を探る
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 久保田 康裕 琉球大学
生活史行列ビッグデータを用いた植物個体群の比較統計解析
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高田 壮則 北海道大学
生態学的ビッグデータを基盤とした生物多様性パターンの予測と自然公園の実行力評価
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 久保田 康裕 琉球大学