論文

査読有り
2010年

文化的自己観とストレスフルイベントの経験頻度が個人の集団表象に及ぼす影響

実験社会心理学研究
  • 中島 健一郎
  • ,
  • 礒部 智加衣
  • ,
  • 長谷川 孝治
  • ,
  • 浦 光博

49
2
開始ページ
122
終了ページ
131
DOI
10.2130/jjesp.49.122
出版者・発行元
日本グループ・ダイナミックス学会

本研究の目的は次の2つである。ひとつは,文化的自己観と集団表象(common identity group vs. common bond group: Prentice, Miller, & Lightdale, 1994)の関連を検証することである。もうひとつは,この関連が個人の経験したストレスフルイベントの頻度によってどのように変動するか検討することである。そのために本研究では大学1年生を対象とする縦断調査を行った。その結果,独自に作成した集団表象尺度が想定どおりの2因子構造であり,信頼性も許容できる範囲であることが示された。加えて,予測されたように,相互協調性とcommon bond group得点に正の関連があり,common bond group得点において文化的自己観とストレスフルイベントの経験頻度の交互作用効果が認められた。相互協調的自己観が優勢な個人の場合,ストレスフルイベントの経験頻度が少ない群よりも多い群においてcommon bond group得点が高いのに対して,相互独立的自己観が優勢な個人の場合,これとは逆の関連が示された。しかしながら,common identity group得点において予測された効果は認められなかった。この点に関して,個人の集団表象と内集団の特徴との一致・不一致の観点より考察がなされた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2130/jjesp.49.122
URL
http://ci.nii.ac.jp/naid/130000303167

エクスポート
BibTeX RIS