論文

2019年3月15日

Twitter上での類似性認知が他者への不寛容性に及ぼす効果

信州大学人文科学論集
  • 長谷川 孝治
  • ,
  • 小向 佳乃

6
開始ページ
71
終了ページ
82
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
信州大学人文学部

本研究は,Twitter のフォロワーに対する類似性認知が他者への不寛容性を促進させるのかを検討することを目的として行われた。インターネット調査会社のモニター127名に対するWeb 調査の結果,フォロワーに対する類似性認知が高いほど,彼/彼女らに対する不寛容性も高いことが示された。また,この傾向は,孤独感の高さや自己肯定感の低さによって,調整されていた。すなわち,孤独感が高い人や自己肯定感が低い人は,フォロワーに対する類似性を高く認知するほど,それらの人々と意見の食い違いが生じた際に,不寛容性が高くなることが示された。さらに,そのような際に,フォローを解除したり,ミュートしたりする拒否行動をとるのは,不寛容性が高い人であることも示された。これらのことから,SNSを通してコミュニケーションが円滑になる反面,そこでの同質性の追求が,他者に対する寛容性を下げることにつながることが示唆された。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006599645
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000402140127

エクスポート
BibTeX RIS