平山順

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/17 17:59
 
アバター
研究者氏名
平山順
 
ヒラヤマ ジュン
eメール
jun.hirayamakomatsu-u.ac.jp
URL
https://www.komatsu-u.ac.jp/
所属
公立小松大学
部署
保健医療学部臨床工学科
職名
教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)
科研費研究者番号
90510363

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
公立小松大学 保健医療学部臨床工学科 教授
 
2010年10月
 - 
2018年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 発生再生生物学分野 准教授
 
2008年3月
 - 
2010年10月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 MTTプログラム 特任講師
 
2006年4月
 - 
2008年2月
米国 カリフォルニア大学アーバイン校 医学部 博士研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
仏国 国立遺伝細胞分子生物学研究所(IGBMC) 博士研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
京都大学 大学院 人間・環境学研究科  第一専攻 博士課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院 人間・環境学研究科  第一専攻 修士課程
 
1994年4月
 - 
1998年3月
大阪大学 医学部 保健学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
一般社団法人日本臨床工学技士教育施設協議会  広報委員
 
2016年
 - 
現在
日本時間生物学会  評議員
 
2016年
 - 
2017年
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

受賞

 
2017年11月
Asia and Oceania Society for Photobiology AOSP Award for Young Scientists
 
2016年9月
東京医科歯科大学 学長裁量優秀若手研究者奨励賞
 

論文

 
Light-dependent regulation of circadian clocks in vertebrates
Izawa J and Hirayama J# (#Corresponding author)
Chronobiology (Edited by Pavol Svorc) InTechOpen.   In press    [査読有り]
Roles of MAPKs in circadian clock regulation in vertebrates.
Izawa J and Hirayama J# (#Corresponding author)
Mitogen-Activated Protein Kinases (MAPKs): Activation, Functions and Regulation (Edited by Nathaniel Hayes) Nova Science Publishers   In press   [査読有り]
The clock components Period2, Cryptochrome1a, and Cryptochrome2a function in establishing light-dependent behavioral rhythms and/or total activity levels in zebrafish
Hirayama J#, Alifu Y, Hamabe R, Yamaguchi S, Tomita J, Maruyama Y, Asaoka Y, Nakahama K, Tamaru T, Takamatsu K, Takamatsu N, Hattori A, Nishina S, Azuma N, Kawahara A, Kume K, Nishina H. (#Corresponding author)
Sci. Rep.   9 196   2019年   [査読有り]
A molecular link between the circadian clock, DNA damage responses, and oncogene activation
Izawa J and Hirayama J# (#Corresponding author)
Oncogene (Edited by Pinar Erkekoǧlu) InTechOpen   intechopen.81063.   2019年   [査読有り]
The zebrafish as an attractive model animal for the study of the circadian clocks.
Hirayama J# (#Corresponding author)
Circadian clock: Regulations, Genetic and External Factors (Edited by N. Hayes) Nova Science Publishers   103-127   2018年   [査読有り]
Screening with a fluorescence reporter-based assay for YAP1 activators identifies a novel compound that suppresses multiple myeloma proliferation.
Maruyama J, Inami K, Michishita F, Jiang X, Iwasa H, Nakagawa K, Ishigami-Yuasa M, Kagechika H, Miyamura N, Hirayama J, Nishina H, Nogawa D, Yamamoto K, and Hata Y
Mol. Cancer Res.   16 197-211   2018年   [査読有り]
Age-dependent motor dysfunction due to neuron-specific disruption of stress-activated protein kinase MKK7
Yamasaki T, Deki-Arima N, Kaneko A, Miyamura N, Iwatsuki M, Matsuoka M, Fujimori-Tonou N, Okamoto-Uchida Y, Hirayama J, Marth J, Yamanashi Y, Kawasaki H, Yamanaka K, Penninger J, Shibata S, and Nishina H
Sci. Rep.   7 7348   2017年   [査読有り]
Manganese and cobalt activate zebrafish ovarian cancer G-protein coupled receptor 1 but not GPR4
Negishi J, Omori Y, Shindo M, Takanashi H, Musha S, Nagayama S, Hirayama J, Nishina H, Nakakura T, Mogi C, Sato K, Okajima F, Mochimaru Y, Tomura H
J Recept Signal Transduct Res   137 401-408   2017年   [査読有り]
Shimomura T, Miyamura N, Hata S, Miura R, Hirayama J#, Nishina H# (#Corresponding authors)
Biochem. Biophys. Res. Commun.   376 206-210   2014年   [査読有り]
Egg M, Köblitz L, Hirayama J, Schwerte T Folterbauer C, Kurz A, Fiechtner B, Möst M, Salvenmoser W, Sassone- Corsi P, Pelster B.
Chronobiol. Int.   30 510-529   2013年   [査読有り]
Hata S, Hirayama J, Kajiho H, Nakagawa K, Hata Y, Katada T, Furutani-Seiki M, Nishina H
J. Biol. Chem..   287 22089-22098   2012年6月   [査読有り]
Uchida Y, Osaki T, Yamasaki T, Shimomura T, Hata S, Horikawa K, Shibata S, Todo T, Hirayama J#, NishinaH. (#Corresponding author)
J. Biol. Chem.   287 8318-8326   2012年   [査読有り]
Osaki T, Uchida Y, Hirayama J#, Nishina H (#Corresponding author)
Biol. Pharm. Bull.   34 1343-1347   2011年   [査読有り]
Uchida Y, Shimomura T, Hirayama J#, NishinaH (#Corresponding author)
Appl. Magn. Reson.   42 69-77   2011年   [査読有り]
Uchida Y, Hirayama J#, Nishina H. (#Corresponding author)
Biol. Pharm. Bull.   33 535-544   2010年   [査読有り]
Nakagawa K, Sugahara M, Yamasaki T, Kajiho H, Takahashi S, Hirayama J, Minami Y, Ohta Y, Watanabe T Hata Y, Katada T, Nishina H.
Biochem. J.   427 237-245   2010年   [査読有り]
Seo J, Asaoka Y, Nagai Y, Hirayama J, Yamasaki T, Namae M, Ohata S, Shimizu N, Negishi T, Kitagawa D, Kondoh H, Furutani-Seiki M, Penninger JM, Katada T, Nishina H.
J. Cell. Biochem.   110 1022-1037   2010年   [査読有り]
Wu J*, Kubota J*, Hirayama J*, Nagai Y, Nishina S, Yokoi T, Asaoka Y, Seo J, Shimizu N, Kajiho H, WatanabeT, Azuma N, Katada T, Nishina H. (* Contributed equally)
Stem. Cells Dev.   19 1723-1734   2010年   [査読有り]
Grimaldi B, Bellet MM, Katada S, Astarita G, Hirayama J, Amin RH, Granneman JG, Piomelli D, Leff T,Sassone-Corsi P.
Cell Metab.   12 509-520   2010年   [査読有り]
Hirayama J and Sassone-Corsi P.
The New Encyclopedia of Neuroscience. (Edited by Larry Squire et al.),  Elsevier Ltd.   1071-1080   2009年   [査読有り]
Tamaru T, Hirayama J, Isojima Y, Nagai K, Norioka S, Takamatsu K, Sassone-Corsi P.
Nat. Struct. Mol. Biol.   16 446-448   2009年   [査読有り]
Miyamura N*,Hirayama J*#, Sawanobori K, Tamaru T, Asaoka Y, Honda R, Yamamoto T, Uno H, Takamatsu K, Nishina H. (#Corresponding author, *Contributed equally)
Biol. Pharm. Bull.   32 1183-1189   2009年   [査読有り]
Common light signaling pathways controlling DNA repair and circadian clock entrainment in zebrafish
Hirayama J#, Miyamura N, Uchida Y, Asaoka Y, Honda R, Sawanobori K, Todo T, Yamamoto T, Sassone-Corsi P#, Nishina H. (#Corresponding authors)
Cell Cycle.   8 2794-2801   2009年   [査読有り]
Nakahata Y, Kaluzova M, Grimaldi B, Sahar S, Hirayama J, Chen D, Guarente LP, Sassone-Corsi P.
Cell   134 329-340   2008年   [査読有り]
Acimovic J, Fink M, Pompon D, Bjorkhem I, Hirayama J, Sassone-Corsi P, Golicnik M, Rozman D.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   376 206-210   2008年   [査読有り]
Nakahata Y, Grimaldi B, Sahar S, Hirayama J, Sassone -Corsi P.
Curr. Opin. Cell. Bio.   19 230-237   2007年   [査読有り]
Grimaldi B, Nakahata Y, Sahar S, Koluzova M, Gauthier D, Pham K, Patel N, Hirayama J, Sassone-Corsi, P.
Cold Spring Harbor Symp. Quant. Biol.   72 105-112   2007年   [査読有り]
Hirayama J, Cho S, Sassone-Corsi P.
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A.   104 15747-15752   2007年   [査読有り]
Hirayama J, Sahar S, Grimaldi B, Tamaru T, Takamatsu K, Nakahata Y, Sassone-Corsi P.
Nature   405 1086-1090   2007年   [査読有り]
Hirayama J*, Yujnovsky I*, Doi M, Borrelli E Sassone-Corsi P. (* Contributed equally)
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. Vol   103 6386-6391   2006年   [査読有り]
Doi M, Hirayama J, Sassone-Corsi P.
Cell   25 497-508   2006年   [査読有り]
Doi M, Yujnovsky I, Hirayama J, Malerba M, Tirotta E, Sassone-Corsi P, Borrelli E.
Nat. Neurosci.   9 732-734   2006年   [査読有り]
Doi M, Cho S, Yujnovsky I, Hirayama J, Cermakian N, Cato A, Sassone-Corsi P.
J. Biol. Rhythms.   22 127-139   2006年   [査読有り]
Differential functions of the Aurora-B and Aurora-C kinases in mammalian spermatogenesis.
Kimmins S, Crosio C, Kotaja N, Hirayama J, Monaco L, Ho¨o¨g C, van Duin M, Gossen JA, Sassone-Corsi P.
Mol. Endocrinol.   22 127-140   2006年   [査読有り]
Hirayama J, Sassone-Corsi P.
Curr. Opin. Genet. Dev.   15 548-556   2005年   [査読有り]
Hirayama J, Kaneko M, Cardone L, Cahill G, Sassone-Corsi P.
Methods Enzymol.   393 186-204   2005年   [査読有り]
Cardone L, Hirayama J, Giordano F, Tamaru T, Palvimo J, Sassone-Corsi P.
Science   309 1390-1394   2005年   [査読有り]
Hirayama J, Cardone L, Doi M, Sassone-Corsi P.
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. Vol.   102 10194-10199   2005年   [査読有り]
Hirayama J, Fukuda I, Ishikawa T, Kobayashi Y, Todo T.
Nucleic. Acids Res.   31 935-943   2003年   [査読有り]
Hirayama J, Nakamura H, Ishikawa T, Kobayashi Y, Todo T.
J. Biol. Chem.   278 35620-35628   2003年   [査読有り]
Ikenaga M, Hirayama J, Kato T, Kitao H, Han ZB, Ishizaki K Nishizawa K, Suzuki F, Cannon TF, Fukui K, Shimazu T, Kamigaichi S, Ishioka N Matsumiya H.
J. Radiat. Res.   43 141-148   2002年   [査読有り]
Ishikawa T, Hirayama J, Kobayashi Y, Todo T.
Genes Cells   7 1073-1086   2002年   [査読有り]
Genetic changes induced in human cells in Space Shuttle experiment (STS-95).
Ishizaki K, Nishizawa K, Kato T, Kitao H, Han ZB, Hirayama J, Suzuki F, Cannon TF, Kamigaichi S, Tawarayama Y, Masukawa M, Shimazu T Ikenaga M.
Aviat. Space Environ. Med.   72 794-798   2001年   [査読有り]
Kobayashi Y, Ishikawa T, Hirayama J, Daiyasu H, Kanai S, Toh H Fukuda I, Tsujimura T, Terada N, Kamei Y, Yuba S, Iwai S, Todo T.
Genes Cells   5 725-738   2000年   [査読有り]

Misc

 
Shedding light on zebrafish daily rhythms: Clock gene functions revealed.
Hirayama J and Nishina H
EurekAlert.      2019年2月   [査読有り]
Genetic effects of space radiation and microgravity on cultured human tumor cells.
Ikenaga M, Ishizaki K Nishizawa K, Han ZB, Kitao H, Hirayama J, Kato T.
Exploring Future Research Strategies in Space Radiation Sciences. (Edited by Majima H. J. and FujitakaK.),IRYOKAGAKUSHA Co. Ltd.,   86-91   2000年   [査読有り]
酸化還元ホメオスタシスと概日リズム
平山 順 仁科 博史 
医学のあゆみ   247 753-757   2013年
活性酸素シグナルと概日リズム
平山 順 仁科 博史 
実験医学 11月増刊号   30 36-41   2012年
平山順
ファルマシア   48 285-289   2012年

講演・口頭発表等

 
Circadian rhythm establishment and sleep control by the light-induced clock factors [招待有り]
Hirayama Jun
The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Kobe, Japan)   2018年7月   
Molecular mechanism of light-dependent establishment of circadian rhythm [招待有り]
Hirayama Jun
8th Asia and Oceania Conference for Photobiology (Seoul, The Republic of Korea )   2017年11月   
Molecular mechanism for the light-dependent establishment of circadian clock during development in zebrafish [招待有り]
Hirayama Jun
7th Asia and Oceania Conference for Photobiology (Taipei, Taiwan)   2015年11月   
Molecular mechanism for the light-dependent establishment of circadian clock during zebrafish development [招待有り]
Hirayama Jun
Seminar in National Health Research Institutes (Zhunan, Taiwan)   2015年11月   
Light-dependent transcription of circadian clock [招待有り]
Hirayama Jun
Developmental Biology Seminar in University of Bath (Bath, UK)   2011年11月   
Identification of novel kinase phosphorylating CRYPTOCHROME 1 to regulate its protein stability [招待有り]
Hirayama Jun
5th Asia and Oceania Conference for Photobiology (Nara, Japan)   2011年6月   
Light-dependent regulation of zebrafish circadian transcription [招待有り]
Hirayama Jun
Spin Chemistry Meeting 2011 (Noordwijk, Netherlands)   2011年5月   
Light-dependent transcriptional regulation of zebrafish Cryptochrome [招待有り]
Hirayama Jun
15th International Congress on Photobiology (Dusseldorf, Germany)   2009年6月   
ゼブラフィッシュ体内時計の光制御機構 [招待有り]
平山順
ウロコの会(金沢大学)   2018年12月   
ストレス応答キナーゼによる概日リズム制御 [招待有り]
平山順
第35回日本分子生物学会年会: DNA損傷応答研究の新境地(福岡)   2012年12月   
ストレス応答キナーゼによる概日リズム制御 [招待有り]
平山順
第19回日本時間生物学会学術大会: 生物時計と時を刻む分子の翻訳後修飾制御 (北海道大学)   2012年9月   
細胞死制御因子DAXXに よる分子時計制御 [招待有り]
平山順
日本分子生物学会第11回春季シンポジウム/金沢国際がん生物学シンポジウム (金沢)   2011年5月   
概日リズムの光入力シグナルとDNA損傷応答の類似性 [招待有り]
平山順
第19回千葉視覚研究会 (千葉大学)   2010年2月   
時計蛋白質を含む生化学反応系に対する磁場効果 [招待有り]
平山順
千葉大学大学院 工学研究科 第4回生体磁気科学セミナー (千葉大学)   2009年12月   
磁場による概日リズム 転写制御 [招待有り]
平山順
磁気科学会 有機・バイオサテライトシンポジウム: 生物磁気現象の歴史と最近の話題 (信州大学)   2009年11月   
DNA損傷応答因子DAXXによる概日リズム制御 [招待有り]
平山順
第62回日本自律神経学会総会 シンポジウム:生体リズム研究の新展開 (和歌山)   2009年11月   
DNA損傷応答因子による概日リズム制御 [招待有り]
平山順
第82回日本生化学会大会 シンポジウム:概日時計の分子制御と時刻リセット (神戸)   2009年10月   
培養細胞を用いた概日 リズムの転写機構の研究 [招待有り]
平山順
東京大学薬学セミナー(東京大学)   2009年10月   
Circadian control by the CLOCK histone acetyltransferase activity [招待有り]
平山順
北海道大学医学部第15回雪まつりセミナー(北海道大学)   2008年2月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
体内時計制御を担う細胞時計の組織内・組織間同調機構の解明
科学研究費: 基盤研究(C) 特設分野
研究期間: 2018年7月 - 2021年3月    代表者: 平山順
脊椎動物の個体発生に伴う概日リズム形成機構の解明
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 平山順
標的既知化合物ライブラリーを用いた脊椎動物概日リズム形成機構の解明
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 平山順
概日リズムの外環境への応答における時計蛋白質の翻訳後修飾の役割
科学研究費: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 平山順
DNA損傷シグナルによる概日リズム制御機構の解明
科学研究費: 若手研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 平山順
概日リズム制御因子によるヌクレオソーム形成・維持の分子機構及び生理学的意義の解析
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 平山順
活性酸素シグナルによる概日リズム制御機構の解明
科学研究費: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 平山順
時計蛋白質BMAL1によるクロマチンダイナミックス制御機構及び生理機能の解明
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 平山順
基本生理機能調節における概日リズム制御蛋白質の酵素活性及び翻訳後修飾の役割
科学研究費: 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 平山順
概日リズムによる基本生理機能調節の分子メカニズム
科学研究費: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 平山順

社会貢献活動

 
~この街から世界に向かって飛び立て!小松大学~
【出演】  ラジオこまつ/かなざわ/ななお/たかおか  臨床工学科 研究者紹介  2019年2月
こまつ市民大学
【講師】  小松市、小松商工会議所、まちづくり市民財団、社会福祉協議会  健康100年「そくさい」プロジェクト 「健康を守る体内時計」  2018年12月1日
こまつ市民大学 学問のススメ
【出演】  ラジオこまつ  健康100年「そくさい」プロジェクト  2018年11月
公立小松大学 シーズ・ニーズマッチングシンポジウム
【情報提供】  現代病・生活習慣病の予防法構築を目指した体内時計研究  2018年9月29日
公立小松大学 開け!研究室のとびら: 体内時計を整えて生活習慣病を予防
【インタビュイー】  小松市  広報こまつ  2018年9月
自由研究のまとめ方を相談しよう
【運営参加・支援】  サイエンスヒルズこまつ  公立小松大学教員自由研究相談  2018年8月20日