共同研究・競争的資金等の研究課題

2017年7月 - 2021年3月

日本におけるヘイトスピーチの心的基盤と法規範形成の研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 西澤 由隆
  • ,
  • 河野 勝
  • ,
  • 荒井 紀一郎
  • ,
  • 中條 美和
  • ,
  • 村上 剛
  • ,
  • 金 慧
  • ,
  • 広瀬 健太郎

課題番号
17KT0005
配分額
(総額)
15,600,000円
(直接経費)
12,000,000円
(間接経費)
3,600,000円

本研究の目的は、現代日本のヘイトスピーチ(HS)に関する心的基盤を実証的に明らかにし、そのエヴィデンスをふまえた上で、現行のヘイトスピーチ対策法(「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」2016年制定)をさらに超える新しい法規範形成の可能性を検討することにある。
研究3年目となる当該年度(2019年度)には、それまで取得した2回のサーベイ実験のデータについて詳細な分析をした。また、質問紙に依存するサーベイ実験では特定することの難しいヘイトスピーチに関する深層心理における認知構造を検討するために、フォーカス・グループインタビューを実施した。
その結果、ヘイトスピーチを法的に規制しようとすること(それは、逆に、表現の自由が一定程度制約されること)を容認する態度は、一定の正当化理由とシステマティックな関係が認められることが判明した。例えば、「尊厳を傷つけるから」との理由が、ヘイトスピーチの対象者によっては、ヘイトスピーチ規制に対する正当化の根拠になり得ることが確認された。また、そもそも、「ヘイトスピーチ」とのことば自体が、特定のターゲットグループを想起させる「刷り込み」のあることも判明した。
そして、その結果を、2019年10月5日、成蹊大学で開催の日本政治学会(「【企画委員会企画】 ヘイトスピーチ規制の心的基盤の解明」)にて報告をし、討論者および参加者から、今後の研究遂行に対する有益な示唆を得た。また、それに先立つ、10月3日には、津田塾大学において開催したワークショップ(「日本におけるヘイトスピーチの心的基盤と法規範形成」)では、当該フィールドの実務家(憲法学者・NPO代表者・マスメディア関係者)からのフィードバックを得た。

ID情報
  • 課題番号 : 17KT0005