菊池 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 18:36
 
アバター
研究者氏名
菊池 直樹
eメール
n.kikuchinittai.ac.jp
所属
日本体育大学
科研費研究者番号
10739478

論文

 
Kumagai H, Miyamoto-Mikami E, Hirata K, Kikuchi N, Kamiya N, Hoshikawa S, Zempo H, Naito H, Miyamoto N, Fuku N
Medicine and science in sports and exercise      2018年8月   [査読有り]
Fink J, Schoenfeld BJ, Kikuchi N, Nakazato K
The Journal of sports medicine and physical fitness   58(5) 597-605   2018年5月   [査読有り]
Fink J, Kikuchi N, Nakazato K
Clinical physiology and functional imaging   38(2) 261-268   2018年3月   [査読有り]
Kikuchi N, Tsuchiya Y, Nakazato K, Ishii N, Ochi E
International journal of sports medicine   39(2) 148-153   2018年2月   [査読有り]
Moderate Intensity Cycling Exercise after Upper Extremity Resistance Training Interferes Response to Muscle Hypertrophy but Not Strength Gains.
Tomiya S, Kikuchi N, Nakazato K
Journal of sports science & medicine   16(3) 391-395   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
菊池 直樹
臨床スポーツ医学   35(2) 216-222   2018年2月
菊池 直樹
Journal of training science for exercise and sport = トレーニング科学   29(2) 89-93   2017年
岡本 孝信, 菊池 直樹, 小林 亮太, 橋本 佑斗, 畠山 廣之
日本体育学会大会予稿集   68(0) 130_1-130_1   2017年
<p>【背景】動脈スティフネス(動脈の柔軟性指標)の増加は左心室後負荷を増加させ、心筋の酸素消費量を増大させるため有酸素性運動パフォーマンスに影響を与えると考えられる。一方、身体の柔軟性は動脈スティフネスと関係することが報告されている。【目的】動脈と身体の柔軟性指標が有酸素性運動パフォーマンスに及ぼす影響について検討した。【方法】健康な成人男性15名を対象に自転車エルゴメーターを用いて最高酸素摂取量を測定した。動脈の柔軟性指標として頸動脈─大腿動脈間脈波伝播速度(cfPWV)、上腕─足首間...
岡本 孝信, 菊池 直樹, 小林 亮太
日本体育学会大会予稿集   67(0) 157_1-157_1   2016年
<p> 【背景】動脈壁の硬化や機能低下は酸素運搬機能を低下させ、有酸素性運動能力を制限する可能性が示唆されている。【目的】本研究は動脈スティフネス(硬化度)の増加や減少が有酸素性運動能力に及ぼす影響について検討することを目的とした。【方法】実験1:健康な成人男性および女性12名を対象に自転車エルゴメーターを用いて最高酸素摂取量を測定した。実験2:健康な成人男性および女性8名を対象に1500メートル走のタイムトライアル(1500m-T)を行った。最高酸素摂取量の測定および1500m-Tは別々...
村上 晴香, 膳法 浩史, 宮本(三上) 恵里, 菊池 直樹, 福 典之
体力科学   65(3) 277-286   2016年
Physical fitness including muscle strength and endurance capacity varies substantially among individuals. Physical activity level and exercise behavior also vary among individuals. Many family studies and studies on twins have reported that geneti...