菊井玄一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/03 10:18
 
アバター
研究者氏名
菊井玄一郎
 
キクイ ゲンイチロウ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80395011.ja.html
所属
岡山県立大学
部署
情報工学部
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
岡山県立大学 情報工学部 教授
 

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
総務省グローバルコミュニケーションプロジェクト運営委員会  委員
 
2013年5月
 - 
現在
岡山県高度情報化推進協議会  幹事
 
2012年4月
 - 
2016年3月
言語処理学会  理事
 

論文

 
松崎 拓也, 横野 光, 宮尾 祐介, 川添 愛, 狩野 芳伸, 加納 隼人, 佐藤 理史, 東中 竜一郎, 杉山 弘晃, 磯崎 秀樹, 菊井 玄一郎, 堂坂 浩二, 平 博順, 南 泰浩, 新井 紀子
自然言語処理   23(1) 119-159   2016年
「ロボットは東大に入れるか」は,大学入試試験問題を計算機で解くという挑戦を通じ,言語処理を含む AI 諸技術の再統合と,知的情報処理の新たな課題の発見を目指すプロジェクトである.知的能力の測定を第一目的として設計された入試問題は,AI 技術の恰好のベンチマークであるとともに,人間の受験者と機械のエラー傾向を直接比較することが可能である.本稿では,大手予備校主催のセンター試験形式模試を主たる評価データとして,各科目の解答システムのエラーを分析し,高得点へ向けた今後の課題を明らかにするとともに...
Tomoko Izumi,Kenji Imamura,Taichi Asami,Kuniko Saito,Gen-ichiro Kikui,Satoshi Sato
ACM Trans. Asian Lang. Inf. Process.   12(3) 11:1-11:20   2013年   [査読有り]
西川 仁, 長谷川 隆明, 松尾 義博, 菊井 玄一郎
人工知能学会論文誌   28(1) 88-99   2013年
貞光 九月, 齋藤 邦子, 今村 賢治, 松尾 義博, 菊井 玄一郎
自然言語処理 = Journal of natural language processing   19(2) 89-106   2012年7月
本論文ではブートストラップ法を用いた語彙獲得を行う際に,トピック情報を用いることでセマンティックドリフトを緩和し,獲得精度を向上できることを示す.獲得対象とする語を含む文書の大域的情報であるトピック情報を,統計的トピックモデルを用いて推定し,識別モデルを用いたブートストラップ法における3つの過程で利用する.1つ目は識別モデルにおける素性として,2つ目は負例生成の選択基準として,3つ目は学習データの多義性解消のために用いる.実験において,提案手法を用いることでセマンティックドリフトを軽減し,...
Yasuhiro Tajima,Genichiro Kikui
Proceedings of the 12th International Conference on Grammatical Inference, ICGI 2014, Kyoto, Japan, September 17-19, 2014.   182-192   2014年   [査読有り]
Tomoko Izumi,Kenji Imamura,Gen-ichiro Kikui,Atsushi Fujita,Satoshi Sato
Int. J. Comput. Proc. Oriental Lang.   23(2) 147-167   2011年   [査読有り]
長谷川 隆明, 西川 仁, 今村 賢治, 菊井 玄一郎, 奥村 学
人工知能学会論文誌   25(1) 133-143   2010年
Recently, web pages for mobile devices are widely spread on the Internet and a lot of people can access web pages through search engines by mobile devices as well as personal computers. A summary of a retrieved web page is important because the p...
Genichiro Kikui,Yasuhiro Tajima
Proceedings of the 11th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, NTCIR-11, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, December 9-12, 2014      2014年   [査読有り]
Yasuhiro Tajima,Genichiro Kikui,Megumi Kubota,Rikako Inoue
Proceedings of the 11th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, NTCIR-11, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, December 9-12, 2014      2014年   [査読有り]
Kugatsu Sadamitsu,Kuniko Saito,Kenji Imamura,Gen-ichiro Kikui
The 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies, Proceedings of the Conference, 19-24 June, 2011, Portland, Oregon, USA - Short Papers   726-731   2011年   [査読有り]
Hikaru Yokono,Takaaki Hasegawa,Gen-ichiro Kikui,Manabu Okumura
Fifth International Joint Conference on Natural Language Processing, IJCNLP 2011, Chiang Mai, Thailand, November 8-13, 2011   920-928   2011年   [査読有り]
Hitoshi Nishikawa,Takaaki Hasegawa,Yoshihiro Matsuo,Gen-ichiro Kikui
ACL 2010, Proceedings of the 48th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, July 11-16, 2010, Uppsala, Sweden, Short Papers   325-330   2010年   [査読有り]
Ryuichiro Higashinaka,Yasuhiro Minami,Hitoshi Nishikawa,Kohji Dohsaka,Toyomi Meguro,Satoshi Takahashi,Gen-ichiro Kikui
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Posters Volume, 23-27 August 2010, Beijing, China   400-408   2010年   [査読有り]
Toru Hirano,Hisako Asano,Yoshihiro Matsuo,Gen-ichiro Kikui
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Posters Volume, 23-27 August 2010, Beijing, China   409-417   2010年   [査読有り]
Hitoshi Nishikawa,Takaaki Hasegawa,Yoshihiro Matsuo,Gen-ichiro Kikui
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Posters Volume, 23-27 August 2010, Beijing, China   910-918   2010年   [査読有り]
Ryuichiro Higashinaka,Yasuhiro Minami,Hitoshi Nishikawa,Kohji Dohsaka,Toyomi Meguro,Satoshi Kobashikawa,Hirokazu Masataki,Osamu Yoshioka,Satoshi Takahashi,Gen-ichiro Kikui
2010 IEEE Spoken Language Technology Workshop, SLT 2010, Berkeley, California, USA, December 12-15, 2010   61-66   2010年   [査読有り]
櫻井 俊之, 松尾 義博, 菊井 玄一郎
日本データベース学会論文誌   8(1) 1-4   2009年6月
平野 徹, 松尾 義博, 菊井 玄一郎
自然言語処理 = Journal of natural language processing   15(4) 43-58   2008年9月
平野 徹, 松尾 義博, 菊井 玄一郎
自然言語処理   15(4) 43-58   2008年
本論文では, テキストに出現する固有表現の組が意味的な関係を有するか否かを判定する手法, 特に異なる文に出現する固有表現の組に有効な手法を提案する.提案手法では, Salient Referent Listに基づく文脈的素性を新たに導入し, 単語や品詞, 係り受けなどの伝統的に利用されている素性と組合わせた.これらの素性はひとつの木構造として表現され, ブースティングに基づく分類アルゴリズムに渡される.実、験結果では, 提案手法は従来手法より精度11.3%, 再現率14.2%向上することが...
水島 昌英, 竹澤 寿幸, 清水 徹, 菊井 玄一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   90(12) 3131-3140   2007年12月
音声翻訳システムのコミュニケーション支援能力を,対話実験に基づくコミュニケーション効率の観点で評価する手法を提案し,同手法により,ATRが開発した日英及び日中音声翻訳システムを評価した結果について報告する.同システムの情報伝達の効率は,一つの伝達項目を相手に伝えるのに,日英システムで1.03発話,日中で1.14発話要するレベルであることが分かった.これらは,人間が機械の代わりに翻訳を行う"Wizard of Oz (WOZ)"システムと比較すると,日英が約66%,日中では約60%に相当した...
Toshiyuki Takezawa,Gen-ichiro Kikui,Masahide Mizushima,Eiichiro Sumita
IJCLCLP   12(3)    2007年   [査読有り]
Toru Hirano,Yoshihiro Matsuo,Gen-ichiro Kikui
ACL 2007, Proceedings of the 45th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, June 23-30, 2007, Prague, Czech Republic      2007年   [査読有り]
Kenji Imamura,Gen-ichiro Kikui,Norihito Yasuda
ACL 2007, Proceedings of the 45th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, June 23-30, 2007, Prague, Czech Republic      2007年   [査読有り]
Toshiyuki Takezawa,Masahide Mizushima,Tohru Shimizu,Gen-ichiro Kikui
INTERSPEECH 2007, 8th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Antwerp, Belgium, August 27-31, 2007   1342-1345   2007年   [査読有り]
Daichi Mochihashi,Gen-ichiro Kikui,Kenji Kita
Systems and Computers in Japan   37(9) 12-21   2006年   [査読有り]
Ruiqiang Zhang,Gen-ichiro Kikui
Speech Communication   48(3-4) 321-334   2006年   [査読有り]
Satoshi Nakamura,Konstantin Markov,Hiromi Nakaiwa,Gen-ichiro Kikui,Hisashi Kawai,Takatoshi Jitsuhiro,Jin-Song Zhang,Hirofumi Yamamoto,Eiichiro Sumita,Seiichi Yamamoto
IEEE Trans. Audio, Speech & Language Processing   14(2) 365-376   2006年   [査読有り]
Gen-ichiro Kikui,Seiichi Yamamoto,Toshiyuki Takezawa,Eiichiro Sumita
IEEE Trans. Audio, Speech & Language Processing   14(5) 1674-1682   2006年   [査読有り]
Ruiqiang Zhang,Gen-ichiro Kikui,Eiichiro Sumita
ACL 2006, 21st International Conference on Computational Linguistics and 44th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, Proceedings of the Conference, Sydney, Australia, 17-21 July 2006      2006年   [査読有り]
Xinhui Hu,Hirofumi Yamamoto,Gen-ichiro Kikui,Yoshinori Sagisaka
INTERSPEECH 2006 - ICSLP, Ninth International Conference on Spoken Language Processing, Pittsburgh, PA, USA, September 17-21, 2006      2006年   [査読有り]
Hirofumi Yamamoto,Gen-ichiro Kikui,Satoshi Nakamura,Yoshinori Sagisaka
INTERSPEECH 2006 - ICSLP, Ninth International Conference on Spoken Language Processing, Pittsburgh, PA, USA, September 17-21, 2006      2006年   [査読有り]
菊井 玄一郎
自然言語処理 = Journal of natural language processing   7(3) 79-96   2000年7月

Misc

 
菊井 玄一郎
自然言語処理 = Journal of natural language processing   19(4) 227-228   2012年12月
貞光 九月, 齋藤 邦子, 今村 賢治, 菊井 玄一郎
研究報告自然言語処理(NL)   2010(12) 1-8   2010年11月
本稿ではコーパスからの語彙獲得を行う際に,トピック情報と属性情報を用いる手法を提案する.語彙が用いられている文書のトピックをトピックモデルを用いて推定し,新たな語彙獲得の際の素性として用いる.また,語彙が共通して持つ属性を文書中から選択し,それを語彙選択の制約条件として用いる.提案手法を用いることでセマンティックドリフトを軽減し,語彙の獲得精度が向上したことを示す.This paper proposes a bootstrapping entity set expansion method...
中村 哲, 佐々木 裕, 菊井 玄一郎, 清水 徹
情報の科学と技術   55(8) 345-350   2005年8月
音声翻訳は, 日本語を喋ると英語やその他の外国語に翻訳して喋ってくれる, あるいは外国語を喋ると日本語に翻訳して喋ってくれるという技術である。音声翻訳を実際の生活のあらゆる場面で使えるものにするためにはまだ多くの課題が山積している。個別の技術で言えば, 音声認識, 翻訳, 音声合成といった要素技術を, 話し言葉を対象にいかにしてロバストで高精度にするか, そして, それらをいかに効果的に統合するかという音声翻訳特有の課題の解決が不可欠である。そこで, 本稿では, ATRが現在研究開発を進め...
胡 新輝, 劉 敏, 山本 博史, 菊井 玄一郎
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2005(50) 47-52   2005年5月
現在, 自由対話の音声翻訳システムにおける音声認識及び翻訳では, 統計的言語モデルが広く使われている.統計言語モデルでは, 信頼できる統計量を得るために, 大規模で高品質な学習用コーパスが必要である.本報告では, 日中音声対話翻訳システムのための, 中国語対話文のコーパスの整備(セグメンテーション及び品詞付与)の方法及びその特徴を述べる.更に, そのコーパスを用いて構築した言語モデルのパープレキシティ及び連続音声認識による性能評価結果を報告する.

書籍等出版物

 
自動翻訳電話
菊井玄一郎 (担当:分担執筆, 範囲:5章 言語生成)
1993年   

講演・口頭発表等

 
福圓 琢真, 菊井 玄一郎, 但馬 康宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2016年12月20日   
齋藤 美絵子, 但馬 康宏, 菊井 玄一郎
日本デザイン学会研究発表大会概要集   2016年   
バーチャルリアリティ技術の一つであるAugmented Reality (以下ARという)は、スマートフォンの高性能化とその普及に比例するように一般社会への普及が加速した。そのような中、相次ぐ自然災害に対する国民一人ひとりの自助力と防災意識を向上するべく、防災のためのスマートフォンアプリが多数開発され無料で公開されている。近年では特に、ARの利点といわれる「直感的なわかりやすさ」に注目し、AR技術を用いた防災アプリが開発され始めている。そこで、本研究では、浸水想定のためのARアプリにおいて...
福圓 琢真, 但馬 康宏, 菊井 玄一郎
情報科学技術フォーラム講演論文集   2015年8月24日   
菊井 玄一郎, 三村 奈央, 藤川 哲志
人工知能学会全国大会論文集   2015年   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
インターナショナル・オープンデータデイ in Kurashiki 2017
【助言・指導, 運営参加・支援】  一社)データクレイドル  2017年3月4日