菊田和宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 13:45
 
アバター
研究者氏名
菊田和宏

論文

 
Yoshida N, Kanno A, Masamune A, Nabeshima T, Hongo S, Miura S, Takikawa T, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Ueno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年8月   [査読有り]
Nabeshima T, Kanno A, Masamune A, Hayashi H, Hongo S, Yoshida N, Nakano E, Miura S, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Unno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(3) 357-362   2018年2月   [査読有り]
Masamune A, Kikuta K, Hamada S, Nakano E, Kume K, Inui A, Shimizu T, Takeyama Y, Nio M, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology   53(1) 152-160   2018年1月   [査読有り]
Hamada S, Masamune A, Kikuta K, Shimosegawa T
United European gastroenterology journal   5(8) 1136-1137   2017年12月   [査読有り]
Masamune A, Kikuta K, Nabeshima T, Nakano E, Hirota M, Kanno A, Kume K, Hamada S, Ito T, Fujita M, Irisawa A, Nakashima M, Hanada K, Eguchi T, Kato R, Inatomi O, Shirane A, Takeyama Y, Tsuji I, Shimosegawa T, Research Committee of Intractable Pancreatic Diseases in Japan.
Journal of gastroenterology   52(8) 992-1000   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
【Acute on chronic-慢性病態の急性増悪-】 膵臓 慢性膵炎の急性増悪
滝川 哲也, 本郷 星仁, 鍋島 立秀, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 菅野 敦, 正宗 淳
肝・胆・膵   76(6) 1137-1145   2018年6月
【胆膵疾患と性差医学】 アルコールと女性
菊田 和宏, 粂 潔, 正宗 淳
胆と膵   39(6) 559-562   2018年6月
本邦における女性の飲酒率は依然として男性より低いものの、飲酒率の男女差はとくに若い年齢層において小さくなりつつある。一方で、ライフスタイルの多様化、低アルコール性飲料の普及などを背景に、飲酒スタイルは多様化することが予想され、このような変化がアルコール関連問題の男女差にどのような影響をもたらすのか注視していく必要がある。女性のほうが男性に比べ血中エタノール濃度が上昇しやすく生物学的にアルコールに脆弱であるが、アルコール関連問題の性差を考えるうえでは、生物学的要因のみならず、社会学的要因、心...
急性膵炎重症度判定基準をめぐる諸問題 急性膵炎の予後に関わる発症早期因子の検討
濱田 晋, 正宗 淳, 菊田 和宏, 下瀬川 徹
膵臓   33(3) 320-320   2018年5月
保存的に経過観察を行っている膵石症における糖尿病の現況
菊田 和宏, 菅野 敦, 粂 潔, 濱田 晋, 三浦 晋, 滝川 哲也, 本郷 星仁, 鍋島 立秀, 正宗 淳
膵臓   33(3) 388-388   2018年5月
壊死性膵炎に対する内視鏡的ネクロセクトミーの治療適応とその合併症について
粂 潔, 菅野 敦, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 三浦 晋, 滝川 哲也, 濱田 晋, 菊田 和宏, 正宗 淳
膵臓   33(3) 396-396   2018年5月