木元克典

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/14 15:01
 
アバター
研究者氏名
木元克典
 
キモトカツノリ
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
地球環境観測研究開発センター
職名
主任技術研究員
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地学専攻
 
1993年4月
 - 
1995年3月
熊本大学 大学院理学研究科 地球環境システム学
 
1989年4月
 - 
1993年3月
高知大学 理学部 地学科
 

論文

 
Phylogeography of the pelagic snail Limacina helicina (Gastropoda: Thecosomata) in the subarctic western North Pacific
Journal of Molluscan Studies   84 30-37   2018年   [査読有り]
木元克典
Earth Science Reviews   169 132-145   2017年   [査読有り]
マイクロCTで取得した三次元形状情報に基づく有孔虫骨格モデルのパラメータ同定
岸本直子・木元克典
化石   99 53-61   2016年   [査読有り]
計算美古生物学:最新3次元イメージング技術の浮遊性有孔虫研究への応用
佐々木理・岩下智洋・木元克典・鹿納晴尚・木原辰之
化石   99 63-72   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
深海がせまる地球・生命、そして人類
木元克典 (担当:共著, 範囲:海洋酸性化と深層循環)
講談社   2019年4月   
深海2017 〜最深研究でせまる生命と地球〜
木元克典 (担当:共著, 範囲:深海と地球環境)
NHK、NHKプロモーション、読売新聞社   2017年   
新版微化石研究マニュアル
木元克典 (担当:共著, 範囲:浮遊性有孔虫を用いた化学分析)
朝倉書店   2013年8月   
日本の海産プランクトン図鑑(第二版)
木元克典 (担当:共著, 範囲:浮遊性有孔虫)
共立出版   2013年7月   
ずかん プランクトン
木元克典 (担当:共著, 範囲:浮遊性有孔虫)
技術評論社   2011年5月   

講演・口頭発表等

 
有孔虫を体験する ― 立体造形によるかたちの啓発活動 [招待有り]
木元克典
日本プランクトン学会年会   2018年3月25日   
南大洋季節海氷域における浮遊性有孔虫Neogloboquadrina pachyderma の分布 その生活史と海氷の 関連性を探る
小島本葉、木元克典
MRC微化石研究集会   2018年3月3日   
遠洋域をめざす浮遊性有孔虫:そのあくなきチャレンジ [招待有り]
木元克典
MRC微化石研究集会   2018年3月3日   
High resolution morphometry of shelled pteropods by the X-ray microtomography: a new perspective of ocean acidification study
The 33rd International Symposium on the Okhotsk Sea and Polar Oceans, 2018   2018年2月20日   
Shell density measurements of thecosomatous pteropods in the Arctic Ocean
The 33rd International Symposium on the Okhotsk Sea and Polar Oceans   2018年2月19日   

担当経験のある科目

 
 

特許

 
特願2018-128758 : 密度測定方法および更正基準試料並びにその作成方法
木元克典・菊池一夫・岩下智洋・佐々木理