基本情報

所属
大阪大学 人間科学研究科 講師
京都大学 東南アジア研究所 人間生態相関研究部門 連携助教
学位
博士(社会健康医学)(京都大学)

研究者番号
00637077
J-GLOBAL ID
201601004411274046

外部リンク

「食と健康」のフィールド研究を、主に高齢者を対象として国内外で実施しています。
ヒマラヤ高地の遊牧民や、ニューギニア島西部パプアの人びとの食生活とその変化を通じて、グローバル化が及ぼす健康問題をテーマとしています。
また、アジア地域で深刻化する人口高齢化を背景に、地域に根ざした「食からの介護予防」の礎となる科学的エビデンスを構築すべく、日本やタイでも研究をしています。食事の調査に関しては、栄養摂取量だけでなく、「食多様性」「共食」を中心として食習慣を包括的に探る手法を取ります。
また、食べることに関する重大な関連因子である口腔機能についても、歯科学分野と共同でフィールド調査を行っています。


科研プロジェクト
◆基盤B:地域に根ざした介護予防プログラムの構築―日タイ比較研究から実践的介入への挑戦(代表、2019~2023年度)
◆萌芽研究: 地域での「共食の場」を通じた介護予防の効果 ―住民主体の活動における実践的研究(代表、2019~2021年度)
◇基盤(C)特設分野研究:ネオジェロントロジー「アジア地域における高齢者のフレイルに関する複合的研究」(代表、2016~2018年度)
◇若手研究(B):ヒマラヤ高地の伝統食による生活習慣病改善への取り組み」2016~2018年度
◇若手研究(B):ヒマラヤ高地における生活習慣病と食に関する「フィールド栄養学」研究 2014~2016年度

* 詳細は、こちらのHPをご覧ください ↓↓
「フィールド栄養学」http://yumik-fn.sakura.ne.jp/


受賞

  1

主要な論文

  88

MISC

  126

書籍等出版物

  7

共同研究・競争的資金等の研究課題

  16