MISC

2016年

中性子イメージングに向けたレーザー駆動重陽子加速実験と加速イオンによる中性子発生評価

日本物理学会講演概要集
  • 古賀 啓資
  • 安部 勇輝
  • 李 昇浩
  • 松尾 一輝
  • 側 貴行
  • Law King Fai Farley
  • 長友 英夫
  • 西村 博明
  • 中井 光男
  • 白神 宏之
  • 藤本 靖
  • 余語 覚文
  • 山ノ井 航平
  • 乗松 孝好
  • 時田 茂樹
  • 中田 芳樹
  • 實野 孝久
  • 河仲 準二
  • 宮永 憲明
  • 城崎 知至
  • 砂原 淳
  • 三間 圀興
  • 戸崎 翔太
  • 疇地 宏
  • Alessio Morace
  • 有川 安信
  • 藤岡 慎介
  • 岩田 夏弥
  • 坂田 匠平
  • 小島 完興
  • 全て表示

71
0
開始ページ
623
終了ページ
623
記述言語
日本語
掲載種別
研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
DOI
10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_623
出版者・発行元
一般社団法人 日本物理学会

<p>高強度kJクラスレーザーを重水素置換ポリスチレン薄膜に照射することで、陽子および重陽子を高エネルギーに加速することに成功した。本講演では、上記実験で得られたイオンを核反応により中性子に変換する手法を粒子計算コードを用いて検討し、レーザー駆動中性子イメージングの開発に向けた中性子発生数の評価を行ったので報告する。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_623
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006246352
ID情報
  • DOI : 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_623
  • CiNii Articles ID : 130006246352

エクスポート
BibTeX RIS