論文

査読有り 筆頭著者 本文へのリンクあり
2022年3月25日

Learner profiles for EFL in Japanese higher education: Incoming student beliefs, experiences, and expectations

ダウンロード
回数 : 171
  • カーシマイヤー ブランデン
  • ,
  • ゼタキス ラーリー

1
開始ページ
20
終了ページ
37
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(大学,研究機関等紀要)

言語学習の研究者は、学習者プロファイルが、教師がより適切で差別化された生徒 中心の学習環境を開発するのに役立つことを示唆している。本研究では、学習者の 信念、経験、および期待を調査するために、混合手法を用いました。本研究では、 学習者の信念、経験、期待を調査するために、日本の大学で必修科目である英語コ ミュニケーションコースの新入生からデータを収集するために、量的および質的な 手段を用いました。データは、学習者の英語学習への志向、コミュニケーションへ の意欲、e ラーニングへの準備について分類・分析されました。その結果、このグ ループの学習者は、より現代的な言語学習の方向性を持ち、言語クラスで他の人と 交流することに積極的で、ウェブ技術の使用に比較的慣れており、コースに対して 前向きな期待を持っていることがわかりました。学科や性別を問わず同様の結果が 得られたことから、学習者プロファイルは教師にとって学習者個人のレベルでより 有用であると考えられます。このデータが教育上の課題に役立つかどうかについて、教師の認識を探るためのさらなる研究が推奨される。

エクスポート
BibTeX RIS