喜多 敏博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 12:20
 
アバター
研究者氏名
喜多 敏博
 
キタ トシヒロ
URL
http://tkita.net
所属
熊本大学
部署
教授システム学研究センター
職名
教授
学位
工学学士(京都大学工学部), 工学修士(京都大学大学院工学研究科), 博士(工学)(名古屋大学大学院工学研究科 (論工博第1638号))
ORCID ID
0000-0001-8950-144X

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
熊本大学 工学部 電気システム工学科 助手
 
2002年4月
 - 
2008年3月
熊本大学 総合情報基盤センター 計算機援用教育研究部門 助教授/准教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
熊本大学 eラーニング推進機構 教授
 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 教授システム学研究センター 学習支援情報システム研究部門 教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
京都大学 工学部 電子工学科
 
1991年4月
 - 
1993年3月
京都大学大学院 工学研究科 電気工学第二専攻修士課程
 
1993年4月
 - 
1996年3月
京都大学大学院 工学研究科 電気工学第二専攻博士課程(単位取得満期退学)
 
 
 - 
2005年9月
名古屋大学大学院 工学研究科 論文博士
 

委員歴

 
2003年
 - 
2006年
電気学会  調査専門委員会「電力系統におけるインテリジェントシステムの実用化とその実態評価」幹事
 
2005年
 - 
2009年
電気学会  全国大会グループ委員会委員
 
2012年
 - 
2013年
Moodle Research Conference  Program committee member
 
2015年
 - 
現在
日本ムードル協会  研究開発担当理事
 
 
 - 
現在
電気学会(A,B,C部門), 情報処理学会, 日本教育工学会  論文査読委員
 

受賞

 
2018年10月
32nd Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2018) Best Paper Award Silver Medal Crowdsourced learning based on learning economy
受賞者: Masumi Hori, Seishi Ono, Toshihiro Kita, Hiroki Miyahara, Shiu Sakashita, Kensuke Miyashita, Kazutuna Yamaji, Tsuneo Yamada.
 
2015年
大学ICT推進協議会 2015年度年次大会 優秀ポスター賞 複数大学間連携プログラムの運営を支援する参加者管理システム -Moodleの標準機能を活用したシステム構築-
受賞者: 長岡千香子,喜多敏博,吉田護,竹内裕希子,藤見俊夫,松田泰治
 
2014年
28th Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2014) Best Paper Award Silver Medal Learner Autonomy through Adoption of OER using SNS and Multi-media E-textbooks
受賞者: Masumi Hori, Seishi Ono, Shinzo Kobayashi, Kazutsuna Yamaji, Toshihiro Kita, Tsuneo Yamada
 
1996年
電気学会 電気学会論文発表賞(平成7年電気関係学会関西支部連合大会)
 

論文

 
Toshihiro Kita,Chikako Nagaoka,Naoshi Hiraoka,Katsuaki Suzuki,Martin Dougiamas
Proceedings of the 10th International Conference on Computer Supported Education, CSEDU 2018, Funchal, Madeira, Portugal, March 15-17, 2018, Volume 1.   398-404   2018年   [査読有り]
Masumi Hori,Seishi Ono,Kensuke Miyashita,Shinzo Kobayashi,Hiroki Miyahara,Toshihiro Kita,Tsuneo Yamada,Kazutsuna Yamaji
Proceedings of the 10th International Conference on Computer Supported Education, CSEDU 2018, Funchal, Madeira, Portugal, March 15-17, 2018, Volume 1.   183-190   2018年   [査読有り]
Yusei Suzuki,Ryuichi Matsuba,Katsuaki Suzuki,Toshihiro Kita,Shin-Ichiro Kubota,Hiroaki Nishino
Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems - Proceedings of the 12th International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems, CISIS-2018, Matsue, Japan, 4-6 July 2018   927-935   2018年   [査読有り]
長岡千香子, 喜多敏博, 平岡斉士, 中野裕司, 鈴木克明
教育システム情報学会誌   34(4) 314‐318(J‐STAGE)-318   2017年
杉木大輔, 杉木大輔, 鈴木克明, 北村士朗, 喜多敏博, 都竹茂樹, 池上敬一
教育システム情報学会誌   34(3) 227‐237(J‐STAGE)-237   2017年
<p>The medical team system in emergency medicine was needed to make up for labor shortage. Therefore we developed a system for promoting standardization of the medical practice (making medical protocols) to maintain the quality in medical practice...
桑原千幸, 桑原千幸, 喜多敏博, 合田美子, 鈴木克明
教育システム情報学会誌   34(3) 238‐250(J‐STAGE)-250   2017年
<p>This paper reports a case study of an asynchronous e-learning course for undergraduate career education based on questionnaire survey of career decision making self-efficacy. Career development tasks for undergraduate students include self-unde...
宮崎 誠, 喜多 敏博, 小山田 誠, 根本 淳子, 中野 裕司, 鈴木 克明
情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)   2(2) 66-75   2016年10月   [査読有り]
我々は,熊本大学大学院教授システム学専攻で利用することを意図し,Sakai CLEのeポートフォリオツールであるOSPによるeポートフォリオシステムを開発した.開発にあたっては,本専攻のコンピテンシーベースの授業設計に合わせてシステムの要件定義を行い,OSPを採用したうえで不足した機能要件については,OSPをカスタマイズし,Blackboard Learning System CE6.0からSakai CLEへ自動連携するためのオリジナルツールを開発した.また本専攻のコンピテンシーリストに...
及川 義道, 松葉 龍一, 喜多 敏博, 鈴木 克明, 中野 裕司
情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)   2(2) 85-94   2016年10月   [査読有り]
類題を用いた演習は,ピア・ティーチングを活性化するとともに,学生の自信と学習に対する満足度を高める傾向がある.しかし,この類題演習を活用するには,事前に多くの問題を準備し,学生ごとに異なる問題を出題しなければならない.本研究では,この類題演習実施上の問題を軽減することを目的として,LMS上で単一のテンプレートから複数の類題を生成するためのMoodle用プラグインを開発した.この拡張機能を利用することで,類題作成にかかる労力を軽減できるとともに,問題に応じてフィードバック情報を変化させること...
荒井直美, 根本淳子, 喜多敏博, 鈴木克明
日本教育工学会論文誌   39(Suppl.) 57‐60   2016年1月   [査読有り]
仲道雅輝, 仲道雅輝, 佐藤慎一, 根本淳子, 喜多敏博, 中野裕司, 鈴木克明
教育システム情報学会誌   33(3) 149‐154(J‐STAGE)   2016年   [査読有り]

Misc

 
中野裕司, 喜多敏博, 杉谷賢一, 松葉龍一, 久保田真一郎, 宇佐川毅
情報処理学会研究報告(Web)   2018(CLE-24) Vol.2018‐CLE‐24,No.4,1‐5 (WEB ONLY)   2018年3月
喜多敏博, 穗屋下茂, 大西淑雅, 奥村晴彦, 上木佐季子, 木原寛, 長谷川理, 不破泰
教育システム情報学会誌   32(1) 16-26   2015年1月
堀真寿美, 小野成志, 小林信三, 山地一禎, 喜多敏博, 山田恒夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 507‐514   2016年8月
奥典宏, 奥典宏, 奥典宏, 都竹茂樹, 喜多敏博, 鈴木克明
日本小児アレルギー学会誌   30(3) 518-518   2016年8月
奥典宏, 奥典宏, 奥典宏, 都竹茂樹, 喜多敏博, 鈴木克明
日本小児アレルギー学会誌   30(3) 517-517   2016年8月
谷塚 光典, 東原 義訓, 喜多 敏博, 戸田 真志, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   16(1) 533-538   2016年3月
中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 喜多敏博, 喜多敏博, 喜多敏博, 松葉龍一, 松葉龍一, 松葉龍一, WANNOUS Muhammad, 宇佐川毅
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   41st ROMBUNNO.I1‐7   2016年
中嶌康二, 長岡千香子, 平岡斉士, 喜多敏博
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   41st ROMBUNNO.I2‐18   2016年
北川周子, 喜多敏博, 松葉龍一, 中野裕司
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   41st ROMBUNNO.I1‐8   2016年
長岡千香子, 喜多敏博, 平岡斉士, 中野裕司, 鈴木克明
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   41st ROMBUNNO.I1‐5   2016年
右田雅裕, 永井孝幸, 武藏泰雄, 戸田真志, 中野裕司, 喜多敏博, 松葉龍一, 北村士朗, 辻一隆, 島本勝, 木田健, 杉谷賢一
学術情報処理研究(CD-ROM)   (19) 68-75   2015年9月
谷塚 光典, 東原 義訓, 喜多 敏博
日本教育工学会研究報告集   15(3) 15-20   2015年7月
中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 永井孝幸, 永井孝幸, 永井孝幸, 永井孝幸, 中村泰之, 中村泰之, 稲垣佑亮, MUHAMMAD Wannous, MUHAMMAD Wannous, MUHAMMAD Wannous, 喜多敏博, 喜多敏博, 喜多敏博, 宇佐川毅, 宇佐川毅, 宇佐川毅
情報処理学会研究報告(Web)   2015(CLE-16) VOL.2015-CLE-16,NO.7 (WEB ONLY)   2015年5月
志村友行, 喜多敏博, 松葉龍一, 中野裕司
情報処理学会研究報告(Web)   2015(CLE-16) VOL.2015-CLE-16,NO.2 (WEB ONLY)   2015年5月
長岡千香子, 丹羽優, 平岡斉士, 喜多敏博
情報処理学会研究報告(Web)   2015(CLE-16) VOL.2015-CLE-16,NO.1 (WEB ONLY)   2015年5月
常盤祐司, 出口大輔, 宮崎誠, 平岡斉士, 喜多敏博, 梶田将司, 梶田将司
情報処理学会研究報告(Web)   2015(CLE-16) VOL.2015-CLE-16,NO.4 (WEB ONLY)   2015年5月
常盤祐司, 出口大輔, 宮崎誠, 平岡斉士, 喜多敏博, 梶田将司
情報処理学会デジタルプラクティス(Web)   6(2) 79-88 (WEB ONLY)-88   2015年4月
大学教育で利用されているオープンソースソフトウェアの多くは英語圏で開発されているため日本語への翻訳が必要となる.今後大学では複数のシステムにより教育支援のためのIT環境を構築することが予想されるが,システム間で用語が異なっているとユーザに違和感を抱かせる.この課題に対して,大学教育で頻出する用語および用例を包含する大規模な共通翻訳メモリを作成することによって一貫性のある翻訳が実現できると考えた.また,翻訳メモリによる翻訳では実現できないコンテキスト依存の翻訳を可能とするgettext形式の...
谷塚 光典, 東原 義訓, 喜多 敏博
教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report   29(6) 97-102   2015年3月
長岡 千香子, 平岡 斉士, 喜多 敏博
日本教育工学会研究報告集   15(1) 59-66   2015年2月
中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 鶴田博信, 喜多敏博, 喜多敏博, 喜多敏博, 永井孝幸, 永井孝幸, 永井孝幸, 杉谷賢一, 杉谷賢一, 杉谷賢一
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   40th ROMBUNNO.I1-4   2015年

書籍等出版物

 
大学におけるeラーニング活用実践集: 大学における学習支援への挑戦2
ナカニシヤ出版   2016年1月   
ICTで実現する大学教育改革―フランス・カナダ・日本の事例から―
東北大学出版会   2013年4月   
William H. Rice IV (担当:共訳)
技術評論社   2009年11月   ISBN:4774140791
熊本大学 コンピュータ・インターネットハンドブック
ムイスリ出版   2002年   
IT時代の教育プロ養成戦略(共著)
東信堂   2008年   ISBN:9784887138285
最適モデルによるインストラクショナルデザイン(共著)
東京電機大学出版局   2008年   ISBN:9784501543907

講演・口頭発表等

 
長岡千香子, 喜多敏博, 平岡斉士, 中野裕司, 鈴木克明
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2016年   
喜多敏博, 長岡千香子, 吉田護, 藤見俊夫, 竹内裕希子, 柿本竜治
情報処理学会研究報告(Web)   2015年5月15日   
喜多敏博, 松葉龍一, 中野裕司
情報処理学会シンポジウム論文集   2012年8月13日   
喜多 敏博, 根本 淳子, 上田 公代, 宇佐川 毅
研究報告コンピュータと教育(CE)   2011年10月7日   
オンライン学習環境を前提とする課程等では、LMS (Learning Management System) は核となるシステムだが、PC 端末が設置されていない通常教室 (普通教室) で行われる授業でも、LMS が持つ機能を利用できれば、授業運営の効率化や教育効果向上が期待できる。LMS の代表格の一つである Moodle を通常教室での授業でも利用するために、2 つの追加機能 (プラグイン) を開発した。開発には全てオープンソースのライブラリやツールを用いた。これらを用いると、紙に書かれ...
喜多敏博, 合林亨, 中野裕司, 鈴木克明
教育システム情報学会全国大会講演論文集   2008年8月20日   

Works

 
知識工学の適用による電力システムモデリング手法の開発
1997年 - 1999年
電力システムのオンライン広域安定度モニタリング方式の開発
1999年 - 2001年
カオス動揺に含まれるシステム動特性情報を利用した発電機パラメータ値同定法
2001年 - 2003年
電力クォリティ改善多機能エネルギー貯蔵システムの電力系統への導入
2001年 - 2004年
マルチエージェント方式による自己診断修復機能を有する電力システムの構成とその運用
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
ICT活用促進の鍵となるLMSやeポートフォリオの効果的活用事例DBの設計と構築
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 喜多 敏博
電力系統における非線形現象
科学研究費補助金
研究期間: 1996年   
インターネット技術を利用した情報教育,工学教育
科学研究費補助金
研究期間: 2002年