MISC

2020年3月

幌延深地層研究計画における地下施設での調査研究段階; (第3段階: 必須の課題2015-2019年度)研究成果報告書

JAEA-Research 2019-013
  • 中山 雅
  • ,
  • 雑賀 敦
  • ,
  • 木村 駿
  • ,
  • 望月 陽人
  • ,
  • 青柳 和平
  • ,
  • 大野 宏和
  • ,
  • 宮川 和也
  • ,
  • 武田 匡樹
  • ,
  • 早野 明
  • ,
  • 松岡 稔幸
  • ,
  • 櫻井 彰孝
  • ,
  • 宮良 信勝
  • ,
  • 石井 英一
  • ,
  • 杉田 裕
  • ,
  • 笹本 広
  • ,
  • 棚井 憲治
  • ,
  • 佐藤 稔紀
  • ,
  • 大澤 英昭
  • ,
  • 北山 彩水
  • ,
  • 谷口 直樹

開始ページ
276
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-research-2019-013

幌延深地層研究計画は、日本原子力研究開発機構(原子力機構)が堆積岩を対象に北海道幌延町で実施している地層処分技術に関する研究開発の計画である。幌延深地層研究計画は、「地上からの調査研究段階(第1段階)」、「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」、「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの調査研究段階に分けて進めている。原子力機構の第3期中長期計画では、本計画について、「実際の地質環境における人工バリアの適用性確認、処分概念オプションの実証、地殻変動に対する堆積岩の緩衝能力の検証に重点的に取り組む。また、平成31年度末までに研究終了までの工程やその後の埋戻しについて決定する。」としている。本稿では、第3期中長期計画期間のうち、平成27年度から令和1年度までの地下施設での調査研究段階(第3段階)における調査研究のうち、原子力機構改革の中で必須の課題として抽出した(1)実際の地質環境における人工バリアの適用性確認、(2)処分概念オプションの実証、(3)地殻変動に対する堆積岩の緩衝能力の検証、の3つの研究開発課題について実施した調査研究の成果を取りまとめた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-research-2019-013
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5067776
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-research-2019-013

エクスポート
BibTeX RIS