鬼頭 宏任

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/28 15:45
 
アバター
研究者氏名
鬼頭 宏任
 
キトウ ヒロタカ
所属
国立研究開発法人科学技術振興機構
部署
戦略研究推進部ライフイノベーショングループ
職名
さきがけ専任研究者
学位
理学(名古屋大学)
その他の所属
筑波大学
科研費研究者番号
80722561
ORCID ID
0000-0002-6210-3641

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
筑波大学 計算科学研究センター 研究員
 
2017年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 戦略研究推進部 さきがけ専任研究者
 
2016年4月
 - 
2017年9月
筑波大学 計算科学研究センター 研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学 大学院理学研究科物質理学専攻 博士研究員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
京都大学 大学院理学研究科 特定研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻博士課程後期
 
2001年4月
 - 
2003年3月
名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻博士課程前期
 
2000年4月
 - 
2000年9月
広島大学 大学院理学研究科 物理科学専攻 博士前期課程
 
1996年4月
 - 
2000年3月
名古屋大学 理学部 物理学科
 

論文

 
Kitoh-Nishioka Hirotaka, Ando Koji
The Journal of Physical Chemistry C   123(18) 11351-11361   2019年   [査読有り]
Ryuma Sato, Hirotaka Kitoh-Nishioka, Kenji Kamada, Toshiko Mizokuro, Kenji Kobayashi, Yasuteru Shigeta
The Journal of Physical Chemistry C   122(10) 5334   2018年2月   [査読有り]
Sato Ryuma, Kitoh-Nishioka Hirotaka, Kamada Kenjiand Mizokuro Toshiko, Kobayashi Kenji, Shigeta Yasuteru
The Journal of Physical Chemistry Letters   9(22) 6638-6643   2018年   [査読有り]
Sato Ryuma, Kitoh-Nishioka Hirotaka, Ando Koji, Yamato Takahisa
The Journal of Physical Chemistry B   122(27) 6912-6921   2018年   [査読有り]
PMID: 29890068
Naoya Suzuki, Kayo Suda, Daisuke Yokogawa, Hirotaka Kitoh-Nishioka, Stephan Irle, Akihiro Ando, Luis M. G. Abeg{ã}o, Kenji Kamada, Aiko Fukazawa, Shigehiro Yamaguchi
Chemical Science   9(10) 2666   2018年   [査読有り]

Misc

 
Singlet Fission相互作用の量子化学計算
鬼頭(西岡) 宏任,佐藤 竜馬,重田 育照
京都大学学術情報メディアセンター広報・全国共同利用版   16(1) 9-10   2018年1月   [依頼有り]
共有結合性有機骨格構造体(COF)の電荷移動シミュレーション
鬼頭(西岡) 宏任
京都大学学術情報メディアセンター広報・全国共同利用版   15(2) 29-30   2017年3月   [依頼有り]
フラグメント分子軌道法と非経験的に最適化した長距離補正密度汎関数法による電荷移動パラメータの高精度計算
鬼頭(西岡)宏任,安藤 耕司
京都大学学術情報メディアセンター広報・全国共同利用版   14(2) 8-9   2016年3月   [依頼有り]
フラグメント分子軌道法を用いたタンパク質中電子移動の高精度経路解析法の開発
鬼頭(西岡)宏任,安藤 耕司
京都大学学術情報メディアセンター広報・全国共同利用版   12(2) 10-11   2013年12月   [依頼有り]
フラグメント分子軌道法を用いた光合成反応中心の電子移動経路解析
鬼頭(西岡)宏任・安藤耕司
京都大学学術情報メディアセンター広報・全国共同利用版   11(2) 16-17   2012年12月   [依頼有り]
理論計算+生命情報学で初めて見いだされた機能性残基―DNA 補修酵素の場合―
倭 剛久, 西岡 宏任, 由良 敬
生物物理   49(4) 196-197   2009年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Chemical Science of π-Electron Systems
Hirotaka Kitoh-Nishioka and Koji Ando (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 39 "Electron Transfer Pathway Analysis in Bacterial Photosynthetic Reaction Center" (pp. 658-673))
Springer Japan   2016年   
高次π空間の創発と機能開発
鬼頭-西岡 宏任、安藤 耕司 (担当:分担執筆, 範囲:第4章1節 “光合成反応中心における長距離電子移動の経路解析”)
シーエムシー出版   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
ヘリオバクテリアI型反応中心の量子化学計算による理論モデル:RC進化への応用
鬼頭(西岡)宏任、重田育照、伊藤繁、木村明洋
第27回「光合成セミナー2019」   2019年7月17日   
理論が示す構造未開明の緑色硫黄細菌I型反応中心の分光特性モデル:ヘリオバクテリアおよびPSI反応中心との進化的関係
木村明洋、浅井智広、鬼頭(西岡)宏任、重田育照、伊藤繁
第27回「光合成セミナー2019」   2019年7月17日   
蛋白質中電子トンネル移動の第一原理計算
鬼頭(西岡) 宏任、安藤 耕司
第46回生体分子科学討論会   2019年6月22日   
ヘリオバクテリア反応中心の励起子相互作用計算
鬼頭(西岡) 宏任、重田 育照、伊藤 繁、木村 明洋
第22回理論化学討論会   2019年5月28日   
ヘリオバクテリア I 型反応中心の理論モデル II:量子化学計算によるモデルの拡張と進化への応用
鬼頭(西岡) 宏任、重田 育照、伊藤 繁、木村 明洋
第10回日本光合成学会年会   2019年5月26日   

競争的資金等の研究課題

 
量子シミュレーション技術による未知の生体電子移動/機能発現の探索
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
研究期間: 2017年10月 - 2021年3月    代表者: 鬼頭 宏任
有機半導体のエキシトン/キャリア輸送現象の理論解析
学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 (JHPCN): 萌芽共同研究課題
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 鬼頭 宏任
生体分子内の電荷移動現象の理論解析
京都大学スーパーコンピュータ共同研究制度: 若手研究者奨励枠
研究期間: 2014年6月 - 2016年3月    代表者: 鬼頭 宏任