共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

語形成および意味的情報を付加した実践医療用語辞書の構築

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 相良 かおる
  • ,
  • 山崎 誠
  • ,
  • 小野 正子
  • ,
  • 東条 佳奈
  • ,
  • 内山 清子
  • ,
  • 岡 照晃

課題番号
18H03499
配分額
(総額)
13,390,000円
(直接経費)
10,300,000円
(間接経費)
3,090,000円

本研究の目的は、医療記録で使われる実践医療用語の語構造を解明し、実践医療用語を構成する語構成要素表を作成すること、および語構成パターンに関する情報を付加した実践医療用語辞書を構築することである。そのために、(A) 語構造を解明するための対象語彙となる実践医療用語を選定すること、(B) 対象語彙を構成する語構成要素候補を選定すること、(C)「語構成要素」の定義を定めることが重要となる。
そこで今年度は、上記(A)について実践医療用語(合成語)31,162語を選定した。
また(B)については、①語構成要素候補の抽出規則を定め、②対象語彙より、語構成要素候補7,327語を選定し、③医療記録の分かち書きを支援するために作成した実践医療用語辞書ComeJisyoUtf8-1の登録語75,861語中に高頻度で出現する語構成要素候補768語を選定した。次いで④意味解析のために「分類語彙表 増補改訂版(国立国語研究所編)」の分類項目と一致する231語を抽出し、付加された分類語彙表の妥当性の検証を行った。(C)については、先行研究の調査を行った。
また、(B)の語構成要素候補の抽出方法については、①言語資源活用ワークショップ2018と②第62回計量国語学会で発表し、実践医療用語辞書ComeJisyoUtf8-1については、③第38回医療情報学連合大会で発表し、公開している(https://ja.osdn.net/projects/comedic/releases/70310)。