朝倉 清高

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/19 10:28
 
アバター
研究者氏名
朝倉 清高
 
アサクラ キヨタカ
URL
http://www.cat.hokudai.ac.jp/asakura/
所属
北海道大学
部署
触媒科学研究所触媒表面研究部門
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
北海道大学工学院量子理工学専攻

研究分野

 

経歴

 
2015年10月
 - 
2018年3月
北海道大学触媒科学研究所 所長
 
2014年4月
 - 
2015年9月
北海道大学 触媒化学研究センター センター長
 
1999年4月
 - 
現在
北海道大学 触媒化学研究センター 教授
 
1994年5月
 - 
1999年3月
東京大学理学部スペクトル化学研究センター 助教授
 
1992年10月
 - 
1994年5月
東京大学理学部化学教室 講師
 
1993年3月
 - 
1994年4月
フリッツハーバ研究所  アレキサンダーホンフンボルト奨学生
 
1984年9月
 - 
1992年9月
東京大学理学部化学 助手
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1984年9月
東京大学 理学系研究科 化学専攻
 
1977年4月
 - 
1981年3月
東京大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
IXAS  Vice Chair
 
2018年5月
 - 
現在
Committee member of Accounts of Materials and Surface Research
 
2018年5月
 - 
現在
触媒学会  理事
 
2018年5月
 - 
現在
触媒学会  北海道支部長
 
2016年10月
 - 
2018年9月
日本放射光学会  評議員
 
2016年8月
 - 
現在
Royal Society of Chemistry  PCCP Editor
 
2016年1月
 - 
2019年12月
日本XAFS研究会  幹事
 
2015年5月
 - 
2017年3月
日本表面科学会  副会長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
表面科学会東北北海道支部  支部長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
表面科学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
触媒学会  代議員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
北海道大学  評議員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
PF-UA  庶務幹事
 
2011年5月
 - 
2015年3月
触媒学会  教育企画委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
PF懇談会  会長
 
2005年
   
 
日本XAFS研究会  幹事
 
2008年
 - 
2013年
日本XAFS研究会  会長
 

受賞

 
2017年6月
American Vacuum Society VTD Shop Note Awards Portable ultrahigh-vacuum sample storage system for polarization-dependent total-reflection fluorescence x-ray absorption fine structure spectroscopy
受賞者: Ryo Suzuki, Hiromitsu Uehara, Tomoyuki Nimura, Atsushi Beniya, Noritake Isomura, Kiyotaka Asakura and Satoru Takakusagi
 
2017年3月
Chemical Society of Japan BCSJ Sellected paper An Origin for Lattice Expansion in PVP-protected Small Pd Metal Nanoparticles.
 
2016年3月
触媒学会 学会賞 Operando XAFS法による触媒構造のその場観察と触媒作用機構に関する研究
 
2015年10月
北海道発明協会 北海道発明協会会長賞 表面の電子状態を観察する特殊な顕微鏡
受賞者: 株式会社菅製作所 代表取締役社長 菅 育正 EOS津野 代表 津野 勝重 北海道大学 大学院工学院 表面構造化学研究部門 教授 朝倉 清高 愛媛大学 大学院理工学研究科 環境機能科学専攻 教授 内藤 俊雄 エムブイエス・エンジニアリング株式会社 代表取締役 宮崎 英機
 
2015年5月
日本表面科学会 学会賞 最先端X線吸収分光手法の開発と触媒ナノ物質の学理の探求
 

論文

 
朝倉 清高
:Applied Catalysis A   57 73-83   2019年1月   [査読有り]
This work reports the outstanding catalytic activity behavior of sol-gel synthesized nanostructured CuxFe1-xAl2O4 (0.3 ≤ x ≤ 0.8; named as CuFeAln, where n = 30, 40, 50, 60, 70 and 80) hercynites towards methanol steam reforming (MSR) for hydrogen...
A Study of FeNx/C Catalyst for the Selective Oxidation of Unsaturated Alcohols by Molecular Oxygen
Jinping Zhang; Shinichi Nagamatsu; Junmou Du; Chaoli Tong; Huihuang Fang; Dehui Deng, PhD; Xi Liu, PhD; Kiyotaka Asakura, PhD; Youzhu Yuan
J.Cat.   367 16-26   2018年11月   [査読有り]
Natee Sirisit Daiki Kido Yuki Wakisaka Hiroko Ariga-Miwa Satoru Takakusagi Kiyotaka Asakura <br> Oki Sekizawa Tomohiro Sakata Tomoya Uruga Yasuhiro Iwasawa
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   16 387-390   2018年9月   [査読有り]
Creative Commons Free use with citation.
朝倉 清高
Communications Chemistry   1(1) 41   2018年8月   [査読有り]
The partial oxidation of methane is a promising method for the efficient production of syngas. To implement this process using common stainless steel reactors, an inexpensive catalyst that functions at 650 degrees C or below is necessary. However,...
Yuki Wakisaka, Daiki Kido, Hiromitsu Uehara, Qiuyi Yuan<br> Felix E. Feiten, Shingo Mukai, Satoru Takakusagi, Yohei Uemura, <br>Toshihiko Yokoyama, Takahiro Wada, Motohiro Uo, Oki Sekizawa, Tomoya Uruga, Yasuhiro Iwasawa, and Kiyotaka Asakura
The Chemical Records      2018年8月   [査読有り]
K Asakura, H Abe, M Kimura
J.Synchrotron Radiation   25 967-971   2018年5月   [査読有り]
Reaction Stoichiometry and Mechanism of Pt Deposition via Surface Limited Redox Replacement of Copper UPD Layer on Au (111)
Qiuyi Yuan, Yuki Wakisaka, Yohei Uemura, Takahiro Wada, Hiroko Ariga-Miwa, Satoru Takakusagi, Kiyotaka Asakura, Stanko R Brankovic
The Journal of Physical Chemistry C   122(29) 16664-16673   2018年5月   [査読有り]
A Demonstration of Pt L3-Edge Exafs Free from Au L3-Edge Using Log–Spiral Bent Crystal Laue Analyzers.
朝倉 清高
Catalysts   8(5) 204-209   2018年5月   [査読有り]
分子修飾による酸化物単結晶表面での金属超高分散化とPTRF-XAFS 法による三次元構造解析
高草木達、朝倉 清高
表面と真空   61(5) 1-6   2018年5月   [査読有り][招待有り]
Incorporation of Multinuclear Copper Active Sites into Nitrogen-Doped Graphene for Electrochemical Oxygen Reduction.
M. Kato, M. Muto, N. Matsubara, Y. Uemura, Y. Wakisaka, T. Yoneuchi, D. Matsumura, T. Ishihara, T. Tokushima, S.-i. Noro, S. Takakusagi, K. Asakura and I. Yagi,
ACS Applied Energy Materials   1(5) 2358-2364   2018年4月   [査読有り]
José Contreras-Mora, Hiroko Ariga-Miwa, Satoru Takakusagi, Christopher T. Williams, and Kiyotaka Asakura
J. Phys. Chem. C   122(11) 6318-6322   2018年2月   [査読有り]
Phosphorous (P) diffusion in bulk Ni2P was investigated by the density functional theory (DFT) to find the origin of the low-temperature P diffusion into the surface. The Ni2P bulk structure consists of two types of layers, Ni3P2 and Ni3P1, stacke...
Smooth epitaxial copper film on sapphire surface suitable for high quality graphene growth
Ma, Tao; Ariga, Hiroko; Takakusagi, Satoru; Asakura, Kiyotaka
THIN SOLID FILMS   646 12-16   2018年1月   [査読有り]
S. Takakusagi, Y. Iwasawa and K. Asakura
The Chemical Records      2018年9月   [査読有り][招待有り]
Rhenium-Loaded TiO2: A Highly Versatile and Chemoselective Catalyst for the Hydrogenation of Carboxylic Acid Derivatives and the N-Methylation of Amines Using H-2 and CO2
Toyao, Takashi; Siddiki, S. M. A. H.; Morita, Yoshitsugu; Kamachi, Takashi; Touchy, Abeda S.; Onodera, Wataru; Kon, Kenichi; Furukawa, Shinya; Ariga, Hiroko; Asakura, Kiyotaka; Yoshizawa, Kazunari; Shimizu, Ken-ichi
CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23(59) 14848-14849   2017年10月   [査読有り]
Huang Hua, Wada Takahiro, Ariga Hiroko, Takakusagi Satoru, Asakura Kiyotaka, Iwasawa Yasuhiro
CHEMICAL PHYSICS LETTERS   683 18-21   2017年9月   [査読有り]
ラウエ型湾曲結晶分光器による高感度XAFS
脇坂 祐輝, 岩崎 裕也,上原 広充,向井 慎吾,城戸 大貴,高草木 達,上村 洋平,和田 敬広,Yuan Qiuyi,関澤 央輝、 宇留賀 朋哉,岩澤 康裕,朝倉 清高
表面科学   38 378-383   2017年9月   [査読有り][招待有り]
Yuan, Qiuyi; Takakusagi, Satoru; Wakisaka, Yuki; Uemura, Yohei; Wada, Takahiro; Ariga, Hiroko; Asakura, Kiyotaka
CHEMISTRY LETTERS   46(8) 1250-1253   2017年8月   [査読有り]
Capturing local structure modulations of photoexcited BiVO4 by ultrafast transient XAFS
Y. Uemura, D. Kido, A. Koide, Y. Wakisaka, Y. Niwa, S. Nozawa, K. Ichiyanagi, R. Fukaya, S. Adachi, T. Katayama, T. Togashi, S. Owada, M. Yabashi, K. Hatada, A. Iwase, A. Kudo, S. Takakusagi, T. Yokoyamaa and K. Asakura
Chemical Communications   53 7314-7317   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Ohba, Tadashi; Kubo, Hitoshi; Ohshima, Yusuke; Makita, Yuichi; Nakamura, Noriaki; Uehara, Hiromitsu; Takakusagi, Satoru; Asakura, Kiyotaka
BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90(6) 720-727   2017年6月   [査読有り]
Uo, Motohiro; Wada, Takahiro; Asakura, Kiyotaka
DENTAL MATERIALS JOURNAL   36(2) 214-221   2017年4月   [査読有り]
Watanabe, Yoshihide; Nishimura, Yusaku F.; Suzuki, Ryo; Uehara, Hiromitsu; Nimura, Tomoyuki; Beniya, Atsushi; Isomura, Noritake; Asakura, Kiyotaka; Takakusagi, Satoru
JOURNAL OF VACUUM SCIENCE & TECHNOLOGY A   34(2) 23201   2017年3月   [査読有り]
SACLAによる光触媒の超高速時間分解XAFS研究
朝倉 清高
日本結晶学会誌   59 24-28   2017年1月   [査読有り][招待有り]
Masuda, Takuya; Sun, Yu; Fukumitsu, Hitoshi; Uehara, Hiromitsu; Takakusagi, Satoru; Chun, Wang-Jae; Kondo, Toshihiro; Asakura, Kiyotaka; Uosaki, Kohei
JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   120(29) 16200-16210   2016年7月   [査読有り]
S. Takakusagi, A. Kunimoto, N. Sirisit, H. Uehara, T. Ohba, Y. Uemuara, T. Wada, H. Ariga, W.-J. Chun, Y. Iwasawa and K. Asakura
The Journal of Physical Chemistry C   120(29) 15785-15791   2016年7月   [査読有り][招待有り]
Wada T, Murata N, Uehara H, Suzuki T, Nitani H, Niwa Y, Uo M, Asakura K
Physical chemistry chemical physics : PCCP   18(10) 7374-7380   2016年3月   [査読有り]
朝倉 清高
Journal of Vacuum Science & Technology A   34(2) 023201   2016年3月   [査読有り][招待有り]
I Mochizuki, H Ariga, Y Fukaya, K Wada, M Maekawa, A Kawasuso, T Shidara, K Asakura, T Hyodo
Physical chemistry chemical physics   18(10) 7085-7092   2016年2月   [査読有り]
Uemura Y, Kido D, Wakisaka Y, Uehara H, Ohba T, Niwa Y, Nozawa S, Sato T, Ichiyanagi K, Fukaya R, Adachi S, Katayama T, Togashi T, Owada S, Ogawa K, Yabashi M, Hatada K, Takakusagi S, Yokoyama T, Ohtani B, Asakura K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   55(4) 1364-1367   2016年1月   [査読有り]
Kistler, J. D.; Serna, P.; Asakura, K.; Gates, B. C.,
X-Ray Absorption and X-Ray Emission Spectroscopy, Van Bokhoven, J. A.; Lamberti, C., Eds. John Wiley & Sons, Ltd: 2016; pp 773-808.   773-808   2016年   [査読有り][招待有り]
朝倉 清高
Carbon   94 518-523   2015年11月   [査読有り]
朝倉 清高
Nature Communications   6 7731   2015年7月   [査読有り]
朝倉 清高
Top. Catal.   58 194-200   2015年5月   [査読有り][招待有り]
朝倉 清高
Phys Chem Chem Phys.   17(14) 8638-8641   2015年4月   [査読有り]
朝倉 清高
TOPICS IN CATALYSIS   58 194-200   2015年4月   [査読有り]
朝倉 清高
Rev Sci Instrum.   86(3) 034102   2015年3月   [査読有り]
朝倉 清高
Chem. Lett      2015年   [査読有り]
朝倉 清高
Appl. Catal. B-Environ.   166-167 121-131   2015年   [査読有り]
Yuan QY, Ariga H, Asakura K
Topics in Catalysis   58(4-6) 194-200   2015年   [査読有り]
Ohba T, Kubo H, Ohshima Y, Makita Y, Nakamura N, Uehara H, Takakusagi S, Asakura K
Chemistry Letters   44(6) 803-805   2015年   [査読有り]
Wada T, Murata N, Suzuki T, Uehara H, Nitani H, Niwa Y, Uo M, Asakura K
Nano-Micro Letters   7(3) 255-260   2015年   [査読有り]
Tao Ma, Kotaro Miyazaki, Hiroko Ariga, Satoru Takakusagi, Kiyotaka Asakura
The Chemical Society of Japan   88(8) 1029-1035   2015年   [査読有り]
Seki T, Ozaki T, Okura T, Asakura K, Sakon A, Uekusa H, Ito H
Chemical Science   6(4) 2187-2195   2015年   [査読有り]
Kukobat R, Minami D, Hayashi T, Hattori Y, Matsuda T, Sunaga M, Bharti B, Asakura K, Kaneko K
Carbon   94 518-523   2015年   [査読有り]
朝倉 清高
J.Phys.Chem.C   118(48) 27973-27980   2014年11月   [査読有り]
朝倉 清高
Review of Scientific Instrument   85(8) 084104-084104-8   2014年8月   [査読有り]
朝倉清高, 上村洋平
表面科学   34 128   2014年8月   [査読有り][招待有り]
T. Kaito, H. Mitsumoto, S. Sugawara, K. Shinohara, H. Uehara, H. Ariga, S. Takakusagi and K. Asakura,
Review of Scientific Instruments   85 084104   2014年8月   [査読有り]
STMによるNi2P(101b0)単結晶表面のNOとの反応性評価
鴻野健太郎 有賀寛子 高草木達 大谷茂樹 朝倉清高
表面科学   35(8) 415-419   2014年8月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
柳橋宣利, 中谷昌史, 朝倉清高, 村松淳司
触媒討論会討論会A予稿集   110th 256   2012年9月
朝倉清高, 原口惟, 和田敬広, 有賀寛子, 高草木達
触媒討論会討論会A予稿集   110th 355   2012年9月
高草木達, NABIL Imran bin Abdul R. M., 木工淳, 上原広充, 有賀寛子, 朝倉清高
触媒討論会討論会A予稿集   110th 340   2012年9月
朝倉 清高, 有賀 寛子, 高草木 達, 宮本 剛志
觸媒 = Catalyst   54(2) 138-140   2012年3月
高草木達, 小川貴史, 上原広充, 有賀寛子, 朝倉清高
日本化学会講演予稿集   92nd(2) 216   2012年3月

書籍等出版物

 
XAFSの基礎と応用
XAFS研究会(朝倉清高) (担当:共編者, 範囲:編集担当)
講談社   2017年7月   ISBN:978-4-06-153295-3
XAFS Techniques for Catalysts, Nanomaterials, and Surfaces
朝倉 清高 (担当:共編者)
Springer International Publishing   2016年10月   
ナノ材料解析の実際
米沢徹, 朝倉 清高, 幾原雄一 (担当:共編者)
講談社サイエンティフィック   2016年6月   
朝倉 清高, 松原 英一郎, 野村 昌治, フォトン・ファクトリー研究会, 高エネルギー加速器研究機構
High Energy Accelerator Research Organization   2005年   
藤川 高志, 朝倉 清高 (担当:共著)
裳華房   2004年1月   ISBN:4785334118

講演・口頭発表等

 
Curious Emission XAFS spectra [招待有り]
朝倉 清高
統合物質機構国内シンポジウム   2018年10月30日   
Multiatom Resonance X-ray(MARX) Raman Spectroscopy and interface molecular reation
朝倉 清高
第122回 触媒討論会    2018年9月26日   
“The sensitivity and resolution development of X-ray spectroscopy – smaller, faster, thinner and sparser samples” [招待有り]
朝倉 清高
EuChem   2018年8月28日   
Ultrafast XAFS Studies on the Photoabsorption Processes.
朝倉 清高
TOCAT8   2018年8月6日   
Elucidation of local structure change of photocatalysts during the photoabsoprtion process by use of fs-ps pump-probe XAFS method [招待有り]
朝倉 清高
5th ICAT conference and preconference of TOCAT8   2018年8月4日   
触媒は生きている [招待有り]
朝倉 清高
夢化学21   2018年7月30日   
Elucidation of local structure change of photocatalysts during the photoabsorption process by use of fs-ps pump-probe XAFS method [招待有り]
朝倉 清高
International conference on XAFS, XAFS2018   2018年7月25日   
メソスコピックスケールの構造制御による触媒作用のコントロール
○朝倉清高・HUA, Huang
121回触媒討論会   2018年3月23日   
Ultra-Fast XAFS for the Local Structure Analysis of Photocatalysts [招待有り]
朝倉 清高
EU/e-ICAT International Symposium in Eidhoven   2017年11月3日   
Polarization -dependent fluorescnecne XAFS Studies on Fuel Cell Catalysts [招待有り]
朝倉 清高
International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth UEC 100th Anniversary Commemorative Event   2017年10月30日   
A SPring-8 New Beam Line for the Fuel Cell Analysis [招待有り]
朝倉 清高
IUCr2017   2017年8月27日   
XAFS の基礎 [招待有り]
朝倉 清高
XAFS Summer School 2017   2017年8月23日   
XAFS database in Japan [招待有り]
朝倉 清高
Q2XAFS 2017   2017年8月18日   
XAFS Past,present and futer [招待有り]
朝倉 清高
日本XAFS研究会   2017年8月5日   
Operando XAFS法による触媒構造の その場観察と触媒作用機構に関する研究 [招待有り]
朝倉 清高
触媒学会   2016年9月22日   
反射陽電子回折による TiO2(110)(1x2) 表面構造
有賀寛子1・○朝倉清高1・兵頭俊男2・望月出海2 触媒学会 
触媒学会   2016年9月21日   
In situ XAFS analysis for energy related catalyst -Fuel cell and Hydrodesulferization Catalysts [招待有り]
朝倉 清高
International Symposium on Catalytic Activation and Selective Conversion of Energy-Related Molecules Satellite Symposium of 16th International Congress on Catalysis   2016年7月5日   
X-ray free electron laser based ultra-fast X-ray absorption spectroscopy analysis on a photocatalyst, WO3, during photo absorption process
朝倉 清高
International Congress on Catalysis   2016年7月8日   
Metal dispersion and defect on TiO2 (110) surface-Expectation for ultra slow muon(USM) experiments [招待有り]
朝倉 清高
USMM & CMSI workshop   2016年1月8日   
Catalyst Informatics 触媒科学研究所の取り組みと今後 [招待有り]
朝倉 清高
第1回理研-北大-産総研「触媒研究」合同シンポジウム -知の発掘と革新触媒創造をめざすキャタリストインフォマティクス-   2015年12月24日   
電極表面のXAFS-どこまで低濃度の触媒がみえるか? [招待有り]
朝倉 清高
第46回セミコンファレンス 電気化学と放射光   2015年12月5日   
最先端XAFSの開発と触媒ナノ物質の学理の探求 [招待有り]
朝倉 清高
表面科学会講演大会   2015年12月2日   
PF-UA と新光源への期待 [招待有り]
朝倉 清高
PF研究会 X線顕微分析の新展開: STXMから硬X線複合分析まで   2015年10月2日   
Polarization dependent total reflection fluorescence XAFS and control of the metal surface structure.
朝倉 清高
XAFS16   2015年8月24日   
触媒とは何か?ー  人類の持続的発展を陰で支えるキーテクノロジー
朝倉 清高
ACADEMIC FANTASISTA 2015 夏休み特別講義   2015年8月3日   
An Interpretation of ps Transient XANES of WO3 in Photoabsorption and Decay Processes.
朝倉 清高
New Trends in X-ray Absorption Spectroscopy and Multiple Scattering Theory   2015年7月28日   
光電子放出顕微鏡(PEEM)の最近の進歩とオペランド観察
朝倉 清高
日本学術振興会第167委員会   2015年7月23日   
可視光応答型水分解WO3触媒における励起構造のPump-Probe XAFS 観察
朝倉 清高
物性研究所 短期研究会 機能物性融合科学研究会シリーズ(3)「反応と輸送」   2015年6月25日   
光電子顕微鏡 MyPEEM
朝倉 清高
HOPE 会議   2015年4月8日   
Polarization dependent total reflection XAFS(PTRF-XAFS) studies on the structure of metal species on the TiO2 (110) surfaces [招待有り]
朝倉 清高
IMPRS   2015年2月10日   
Summary and Discussion [招待有り]
朝倉 清高
The 74th Okazaki Conference Frontier of X-ray absorption spectroscopy and molecular scinence   2015年2月5日   
触媒とは何か? ~人類の持続的発展を陰で支えるキーテクノロジー~
朝倉 清高
第40回知の拠点セミナー,   2015年1月16日   
XAFSと放射光総括 −次世代の為に−ユーザーのユーザーによるユーザーのための放射光を [招待有り]
朝倉 清高
放射光学会   2015年1月11日   
X線吸収分光法による白金表面水素 [招待有り]
朝倉 清高
第14回中性子学会   2014年12月10日   
マイクロリバースモンテカルロ法によるXAFS構造解析II
朝倉 清高
表面科学会学術大会   2014年11月6日   
Atomically dispersed Au on a modified oxide surface
朝倉 清高
ISSS-7   2014年11月6日   
In situ Structure Analysis of Solid Catalysts by Time-Resolved XAFS
朝倉 清高
CRC-SU (Stockholm University) Joint International Symposium on Chemical Theory for Complex Systems: Interplay between Theory and Experiments: New Trends in Catalysis   2014年10月30日   
“Ni2P (1010) surface ‐ its stability and reactivity”
朝倉 清高
Catalysis Research Center – Fritz‐Haber‐Institut Mini‐Symposium   2014年10月29日   
Time resolved X-ray absorption spectroscopic approach to the change of the structure and electronic state for WO3 in the light absorption process
朝倉 清高
CRC International Symposium on Novel Photocatalysts for Environmental Purification and Energy Generation   2014年10月14日   
In situ XAFSによる平坦電極表面に展開したPtナノ粒子の構造と水素吸着 [招待有り]
朝倉 清高
2014年電気化学秋季大会   2014年9月27日   
全反射高速陽電子回折によるTiO2(110)(1X2)表面構造解析
朝倉 清高
第114回触媒討論会   2014年9月26日   
Catalyst and muon spectroscopy
朝倉 清高
第3回領域会議公開シンポジウム   2014年9月23日   
マイクロリバースモンテカルロ法によるXAFS構造解析II 
朝倉 清高
XAFS討論会   2014年9月1日   
XANESを考える [招待有り]
朝倉 清高
XAFS夏の学校   2014年8月31日   
Ni2P(101b0) reconstructed strructure and its catalytic activity
朝倉 清高
Pre ICOMC 2014   2014年7月10日   
In situ XAFS observations of fuel cell catalyst
朝倉 清高
Pre ICOMC 2014   2014年7月10日   
tPt表面への吸着水素のXAFSによるin-situ 観測 [招待有り]
朝倉 清高
第30回ライラックセミナー   2014年6月28日   
朝倉 清高
246th ACS National Meeting   2014年3月20日   
朝倉 清高
触媒・電池元素戦略研究拠点 第3回公開シンポジウム   2013年11月14日   
Preparation and structure of a single Au atom on the TiO2(110) surface: Control of the Au-metal oxide surface interaction [招待有り]
朝倉 清高
Iwasawa Conference   2013年10月22日   
Defect and its interaction with hydrogen on the SnO2
朝倉 清高
USM2013   2013年8月12日   
Surface X-ray Absorption Fine Structure for the Investigation of 3 dimensional Structure Analysis of Surface Active Sites.
朝倉 清高
ISHHC16   2013年8月5日   
In-situ time resolved XAFS studies on catalysts [招待有り]
朝倉 清高
2013 XAFS Workshop in Korea   2013年7月8日   
触媒反応とミュオン
朝倉 清高
創成領域研究超低速ミュオン 班会議   2013年5月2日   
Preparation and structure of a single Au atom on the TiO2(110) surface: Control of the Au-metal oxide surface interaction [招待有り]
朝倉 清高
Faraday Discussion 162   2013年4月11日   
In situ XAFS studies on Ni2P hydrodesulfurization catalysts under the working conditions [招待有り]
朝倉 清高
WE Heraeus Seminar   2013年3月26日   
触媒の表面科学的アプローチーPressure gap とMaterial Gapを超えるために [招待有り]
朝倉 清高
日本表面科学会東北北海道支部会   2013年3月12日   
Polarization Dependent Fluorescence X-ray Absorption Fine Structure Studies on the Metal Species at the Interface of Organic Molecule: Its Possibility to the Application of Bio-interface [招待有り]
朝倉 清高
2013年2月5日   触媒化学研究センター
Ni2P 触媒表面研究―単結晶から実触媒まで [招待有り]
朝倉 清高
北海道大学触媒化学研究センター研究発表会   2013年1月24日   
電気化学モデル電極系のin-situ 3D XAFS解析の可能性について
上原 広充、上村 洋平、鴻野 健太郎、小川 貴史,丹羽 尉博,仁谷 浩明、阿部 仁,野村 昌治、高草木 達、○朝倉 清高
放射光学会合同シンポジウム   2013年1月14日   
光電子放出顕微鏡による化学マッピング [招待有り]
朝倉 清高
顕微鏡学会第11回シンポジウム「ソフト・ハードマターの多様性を観る」   2012年11月19日   
Study on the Catalytic Reaction Mechanism of Supported Nanoclusters by Simultaneous Time-Resolved Measurements. [招待有り]
朝倉 清高
International Conference on Emerging Advance Nanomaterials 2012   2012年10月23日   
規整不均一α-Sb2O4/VSbO4触媒の調製とその反応活性
朝倉 清高
触媒学会   2012年9月26日   
Catalytic Properties and Surface Structures of Nickel Phosphide as a New Type of Hydrotreatment Catalyst [招待有り]
朝倉 清高
The 2nd FHI-CRC Joing Symposium on Complex Surfaces in material Science   2012年9月19日   
奇妙なX線発光について
朝倉 清高
日本XAFS研究会   2012年9月12日   
センサー,燃料電池酸化物の欠陥の動き [招待有り]
朝倉 清高
超低速ミュオンシンポジウム   2012年8月30日   
Polarization Dependent Total Reflection Fluorescence XAFS studies on the Metal-Support Interaction.
朝倉 清高
XAFS15   2012年7月24日   
What is the origin for peaks at the L 3 XANES spectra of AgCl? [招待有り]
朝倉 清高
XAFS Theory Work Shop XAFS theory and nano particles   2012年7月19日   
Operando XAFS Investigations on the Hydrodesulfurization Reaction Mechanism of Ni2P catalysts.
朝倉 清高
IACIS   2012年5月16日   
モデル脱硫触媒としてのNi2P単結晶の表面構造と反応活性
朝倉 清高
触媒討論会   2012年3月29日   
Direct Observation of Metal-Support Interaction Observed in r and k Spaces
朝倉 清高
Green and Sustainable Chemsitry for Next Generation   2012年2月22日   
モデル脱硫触媒としてのNi2P単結晶の表面構造と反応活性
朝倉 清高
北大線形加速器を利用した陽電子回折実験の可能性   2012年1月10日   
酸化物上の金属ナノ微粒子とガス吸着 [招待有り]
金属学会   2007年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 朝倉 清高
固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発/基盤技術開発/MEA材料の構造・反応・物質移動解析/サブテーマ“時空間分解X線吸収微細構造(XAFS)等による触媒構造反応解析
ネド: 燃料電池
研究期間: 2008年9月 - 2013年2月    代表者: 朝倉 清高
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 朝倉 清高
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 朝倉 清高
TiO2(110)表面上におけるNiクラスターの構造の制御により、TiO2(110)表面上の金属種の新たな触媒物性を発現することが期待される。われわれは、偏光全反射蛍光XAFS法という新たな表面解析手法を開発し、表面の高分散した金属クラスターの立体構造を明らかにし、その表面物性との関連を検討してきた。本研究においては、この手法とSTM(走査トンネル顕微鏡)を併用して、さらに高度な金属クラスターの制御を目的として、電気化学的な手法によりTiO2(110)表面に触媒的に重要な金属クラスターを個...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 朝倉 清高
酸化物上の金属ナノクラスターは、触媒,ガスセンサー,光材料,様々な分野で応用されている。ナノクラスターの粒子サイズを自由に制御することができれば、高活性・高選択的触媒開発も可能である。TiO_2(110)表面は中でも広く研究が進んでいる表面である。この表面におけるナノ粒子の核形成には、表面に存在する格子欠陥や線状欠陥であるステップが重要といわれながら、ナノ粒子の形や大きさを制御するために必要な基板酸化物と金属との相互作用の本質は十分にわかっていない。酸化物表面特にTiO_2(110)表面に...

特許

 
特願2011-068296. : 燃料電池用アノード用触媒及びその製造法方法
竹口竜弥、 朝倉 清高
津野 勝重, 朝倉 清高, 内藤 俊雄, 菅 育正, 宮崎 英機
朝倉 清高, 田 旺帝, 岩澤 康裕, 小野 享寿, 宮本 和夫, 野村 昌治
岩澤 康裕, 朝倉 清高, 井本 英夫, 紫藤 貴文, 劉 海超
加藤 隆彦, 渡辺 精一, 谷津 茂男, 萱島 知, 西口 規彦, 三澤 弘明, 朝倉 清高

その他

 
2016年8月   PCCP副編集委員
PCCP副編集委員