MISC

2017年12月

中規模病院における新人看護師の習熟度に影響する要因 職場環境と新人研修プログラムの側面から

日本看護研究学会雑誌
  • 掛谷 和美
  • ,
  • 城生 弘美

40
5
開始ページ
791
終了ページ
802
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.15065/jjsnr.20170405005
出版者・発行元
(一社)日本看護研究学会

目的:全国100〜299床の中規模病院の新人研修責任者を対象に職場環境、新人研修のOff-JT、OJTと新人の習熟度との関連を明らかにする。方法:職場環境、新人研修のOff-JT、OJTと新人の習熟度を郵送法でアンケート調査をした。東海大学健康科学部倫理委員会の承認後、対象者へ倫理的配慮に努めた。結果:約9割の病院に教育担当者、実地指導者がおり、約8割が役割を兼務していた。OJT新人個々への指導、Off-JTスパイラル学習、Off-JT中規模病院の特性に合った新人研修へのサポート、院内での人間関係が、新人の習熟度を高める因子だった。結論:新人の習熟度は病床規模の差はなく、職場環境、新人研修のOff-JT、OJTに影響していた。また新人の肉体や精神状態にあった対応、実地指導者や病棟看護師のOff-JT把握、教育者数の充足、院内スタッフから新人への声かけが新人の習熟度に影響があった。(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.15065/jjsnr.20170405005

エクスポート
BibTeX RIS