勝又勝郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/20 10:04
 
アバター
研究者氏名
勝又勝郎
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
地球環境変動領域
職名
主任研究員
学位
博士(理学)

プロフィール

海洋の流れは乱流です。それでいて、ときに海流のような秩序を示します。そのような対象をどのように理解出来るか。そんな問題意識を持ってフロートや船舶や人工衛星で取得されたデータを調べています。

最近のエントリー

 
 
11/30 10:22
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構地球環境変動領域 主任研究員
 
2006年10月
 - 
2011年3月
海洋研究開発機構地球環境変動領域 研究員
 
2005年5月
 - 
2006年9月
CSIRO Marine and Atmospheric Research Postdoctoral Fellow
 
2002年7月
 - 
2005年4月
School of Physical, Environmental and Mathematical Sciences, UNSW@ADFA Research Associate
 
2001年4月
 - 
2002年6月
北海道大学低温科学研究所 COE 研究員
 
1999年1月
 - 
2001年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

論文

 
K. Katsumata
Journal of Physical Oceanography   47 2237-2250   2017年9月   [査読有り]
K. Katsumata
Journal of Physical Oceanography   46 3471-3486   2016年11月   [査読有り]
L.D. Talley, R.A. Feely, B.M. Sloyan, R. Wanninkhof, M.O. Baringer, J.L. Bullister, C.A. Carlson, S.C. Doney, R.A. Fine, E. Firing, N. Gruber, D.A. Hansell, M. Ishii, G.C. Johnson, K. Katsumata, R.M. Key, M. Kramp, C. Langdon, A.M. Macdonald, J.T. Mathis, E.L. McDonagh, S. Mecking, F.J. Millero, C.W. Mordy, T. Nakano, C.L. Sabine, W.M. Smethie, J.H. Swift, T. Tanhua, A.M. Thurnherr, M.J. Warner, and J.-Z. Zhang
Annual Review of Marine Science   8 19.1-19.31   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Katsumata, K., H. Nakano, Y. Kumamoto
Deep-Sea Research II   114 27-38   2015年4月   [査読有り]
Yagi, M., I. Yasuda, T. Tanaka, Y. Tanaka, K. Ono, K. I. Ohshima, K. Katsumata
Progress in Oceanography   126 121-134   2014年8月   [査読有り]

Misc

 
南大洋の湧昇
アデル・モリソン、トーマス・フレーリッヒャー、ヨルグ・サルミエント(勝又勝郎訳)
パリティ   31(4) 26-33   2016年3月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
南極環海流の東経 174 度における微細構造の変動
勝又勝郎
日本海洋学会 2017 年度秋季大会   2017年10月16日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 勝又 勝郎

乗船

 
8 Feb 2017 - 5 Mar 2017 R/V Mirai (MR16-09 Leg 3) LADCP, SUM, sampling

受賞

 
2012年3月
日本海洋学会 日高論文賞
 
1997年6月
Woods Hole Oceanographic Institution Geophysical Fluid Dynamics Fellowship