共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2018年3月

次世代ハイブリッドキャパシタに関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)
  • 直井 勝彦
  • ,
  • 木須 一彰
  • ,
  • 岩間 悦郎
  • ,
  • 宮本 淳一

課題番号
25249140
配分額
(総額)
46,930,000円
(直接経費)
36,100,000円
(間接経費)
10,830,000円

電気二重層キャパシタ(EDLC)は10 Wh/L程度とエネルギー密度が小さく、小・中型用途に限られている。キャパシタのエネルギー密度が現行の2~3倍になると、再生可能エネルギーの蓄電用途に使用可能となる。本研究では、これまでにないカテゴリーのキャパシタ高性能化を目指し、ナノ酸化物/ナノ炭素材料複合体電極を創製し、EDLC級の高速化を達成した。さらに、創製した複合電極を活性炭や他の複合電極と組み合わせ、次世代ハイブリッドキャパシタを構築し、性能の検証を行った。実験室レベルのラミネートセルによる試験結果では、EDLC比較でエネルギー密度3倍以上(活物質重量当たり)を達成可能であることを確認した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-25249140/25249140seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 25249140