野浪 亨

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/28 15:55
 
アバター
研究者氏名
野浪 亨
eメール
tnonamisist.chukyo-u.ac.jp
所属
中京大学
部署
工学部 機械システム工学科

研究分野

 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
中京大学大学院 教授
 
2000年4月
 - 
2004年3月
産業技術総合研究所 メソポーラスセラミックス研究グループ グループ長
 
2000年4月
 - 
2004年3月
名古屋工業大学大学院 都市循環システム工学研究科 助教授(併任)
 
1996年6月
 - 
2000年3月
経済産業省 工業技術院 名古屋工業技術研究所 融合材料部界面制御プロセス研究室 室長
 
1984年4月
 - 
1996年6月
TDK株式会社 基礎材料研究所 研究主任
 

論文

 
Adsorption Properties of Rice Hull Charcoal for Cesium and Strontium in Aqueous Solution
Shinya Kobayashi, Kosuke NODA,Hirohumi SHIBATA,Soichiro MATSUBARA, Norihisa KAWAMURA,Toru NONAMI
Materials Transaction E   60(3) 458-463   2019年2月   [査読有り]
Diopside synthesized by Sol-gel method as phosphorus adsorption material; Evaluation of apatite deposition in pseude body solution
野浪 亨
Transactions of the Materials Research Society of Japan   44(1) 17-23   2019年1月   [査読有り]
球状多孔質ヒドロキシアパタイトの油吸着能と光反射特性
渡邊大成,山本翔,小平あゆ,長谷博子,野浪亨
バイオインテグレーション学会誌   8(1) 69-73   2018年12月   [査読有り]
ディオプサイドのリン酸8カルシウム析出特性を応用したリン酸吸着の検討
9) 山本翔,柴田浩史,畑奏一朗,小柳亮樹,野浪亨
バイオインテグレーション学会   8(1) 109-114   2018年12月   [査読有り]
Crystal structure and formation mechanism of spherical porous hydroxyapatite synthesised in simulated body fluid
Ayu Kodaira, Toru Nonami
Materials Technology   1-7   2018年10月   [査読有り]
籾殻炭の水溶液中のセシウム及びストロンチウムの吸着特性
小林慎也,野田光祐,柴田浩史,松原綜一郎,河村典久,野浪亨
材料   67(10) 898-903   2018年10月   [査読有り]
Relationship between the presence and absence of oxygen at the time of carbonization of rice hull charcoal and adsorption ability of cesium and strontium
Sasaki, S. Kobayasi and T. Nonami
Trans. Mat. Res. Soc. Japan   Vol. 43(No. 5) 297-303   2018年10月   [査読有り]
Shibata Hirofumi, Kanie Yusuke, Kato Yuya, Nonami Toru
Transactions of the Materials Research Society of Japan   43(2) 65‐70(J‐STAGE)   2018年
Egami Yuki, Soichiro Hata, Kato Seiken, Yamamoto Sho, Nonami Toru
Transactions of the Materials Research Society of Japan   43(2) 97‐100(J‐STAGE)   2018年
Yamamoto Sho, Osakabe Keisuke, Nonami Toru
Transactions of the Materials Research Society of Japan   43(3) 129‐133(J‐STAGE)   2018年
Max Katayama, Kengo Tamazawa, Ayu Kodaira, Toru Nonami
Key Engineering Materials   758 KEM 90-96   2017年1月
© 2017 Trans Tech Publications, Switzerland. In this study, a novel titania-supported spherical porous hydroxyapatite (sHAp + TiO2) was prepared by compounding minute, uniquely shaped spherical porous hydroxyapatites (sHAp) with TiO2. Adsorption o...
Yoshijima Narumi, Tamazawa Kengo, Kodaira Ayu, Nonami Toru
Transactions of the Materials Research Society of Japan   42(6) 167‐171(J‐STAGE)   2017年
片山 真久寿, 玉澤 健吾, 小平 亜侑, 野浪 亨
Journal of bio-integration   7(1) 67-72   2017年
伊藤祐樹, 野浪亨, 長谷川純一, 大友昌子, 河村典久
人間と生活環境   22(1) 21-28   2015年5月
竹由来メソポーラス炭素化合物(竹炭)による放射性物質(セシウム、ヨウ素)の吸着処理を検討した。竹を熱処理して竹炭を作製し、セシウムおよびヨウ素に対する吸着性能を調査した。700℃で作製した竹炭10.0gを入れたカラムに20.0mg/lのセシウム水溶液100mlを通すと、カラム通過後のセシウムの残留量は0.85mgであった。天然ゼオライトの0.11mgに対して約60%のセシウム吸着能を有していた。また、26.0mg/lのヨウ素水溶液500ml中に700℃で作製した竹炭0.05gを入れて撹拌し...
Sawada T, Sawada T, Kumasaka T, Hamada N, Shibata T, Nonami T, Kimoto K
Gerodontology   31(1) 68-75   2014年3月   [査読有り]
Sho Yamamoto, Toru Nonami, Toru Nonami, Hiroko Hase, Norihisa Kawamura
Journal of the Australian Ceramic Society   48 180-184   2012年8月
We examined the apatite precipitate ability of CaO-MgO-SiO 2 compounders. Synthesized materials were Diopside, Akermanite, Pseudowollastonite, Forsterite and Protoenstatite. Materials were synthesized with solid solution me...
Saita M, Kobayashi K, Yoshino F, Hase H, Nonami T, Kimoto K, Lee MC
Dental materials journal   31(3) 458-464   2012年5月   [査読有り]
Saita Makiko, Kobayashi Kyo, Yoshino Fumihiko, Hase Hiriko, Nonami Toru, Kimoto Katsuhiko, Lee Masaichi-Chang-il
DENTAL MATERIALS JOURNAL   31(4) 703   2012年7月   [査読有り]
Ayu Kodaira, Toru Nonami, Hiroko Hase
Journal of the Australian Ceramic Society   47 1-5   2011年3月
We developed the porous Hydroxyapatite particle by wet method. The synthesis condition to make the spherical and porous Hydroxyapatite was examined. To synthesize the Hydroxyapatite, phosphorus and calcium were dissolved in water and the solution ...
Hiroko Hase, Toru Nonami, Toru Nonami, Shou Yamamoto, Norihisa Kawamura
Journal of the Australian Ceramic Society   47 14-17   2011年3月
Diopside has ability of repair for incipient dentin caries because apatite is decomposed on the surface. The synthesized Diopside,akermanite and pseudowollastonite soaked calcium free pseudo body fluid (PBF) and distilled water (DW). It was added ...
Hoshi N, Negishi H, Okada S, Nonami T, Kimoto K
Journal of prosthodontic research   54(4) 185-191   2010年10月   [査読有り]
澤田智史, 澤田智慈, 片山伊九右衛門, 柴田武士, 星憲幸, 野浪亨, 豊田實, 木本克彦
歯科の色彩   16(1) 10-17   2010年3月
Makoto Sato, Tetsuya Kameyama, Toru Nonami
Precision Engineering   33(2) 167-174   2009年4月
This study sought to decrease dishing and erosion as they cause reduced yield in copper chemical mechanical polishing (Cu-CMP), which is a multilayer interconnect process that is a part of the overall semiconductor manufacturing process. We prepar...
SAWADA Tomofumi, KIMOTO Katsuhiko, TAKAHASHI Yusuke, SAWADA Tomoji, HAMADA Nobushiro, SHIBATA Takeshi, HORI Norio, AOKI Hiromichi, NONAMI Toru, TOYODA Minoru
Prosthodont Res Pract   7(2) 201-203   2008年7月
Wang J, Nonami T, Yubata K
Journal of materials science. Materials in medicine   19(7) 2663-2667   2008年7月   [査読有り]
Funakoshi Kunio, Nonami Toru
CERAMICS INTERNATIONAL   34(7) 1637-1642   2008年9月   [査読有り]
山根基, 種田行男, 野浪亨, WANG Junhu
デサントスポーツ科学   29 136-142   2008年6月
本研究は,アパタイト被覆酸化チタン光触媒コーティングが運動による発汗後のウェア臭気に及ぼす影響について検討した.被検者は,健康な成人男性8名とし,アパタイト被覆酸化チタン光触媒をコーティング加工したウェアを着用する条件(光触媒ウェア条件)とコーティング加工しないウェアを着用する条件(通常ウェア条件)で,温熱運動負荷実験を実施した.各条件における実験手順は,被検者に高温多湿環境条件下(室温30℃,相対湿度70%)で60%HRmaxの強度のトレッドミル走を20分間行わせ,その後30分間座位安静...
福嶋千春, 大場志保, 飯泉淳, 藤田光, 水野恭子, 鈴木英明, 平山聡司, 池見宅司, 野浪亨
日本歯科保存学雑誌   51(2) 203-209   2008年4月
生活歯漂白剤の研究に関して,臨床的な結果を単に漂白効果の判定の指標として応用することは,個体差,着色物質,着色程度の違いがあるために困難と考えられる.そして,in vitroの漂白実験においても,エナメル質の構造的な特性から,短期間に個体差のない均一な着色エナメル質を得ることが難しく,漂白効果判定のスタンダードとなる代替試料が求められている.著者らは,褐色鶏卵卵殻が生活歯漂白の評価試料の一つとして有効な手段と考え,卵殻の構造,着色の安定性,測色器を使用した漂白効果について報告し,その可能性...
Funakoshi Kunio, Nonami Toru
JOURNAL OF COATINGS TECHNOLOGY AND RESEARCH   4(3) 327-333   2007年9月   [査読有り]
澤田智史, 澤田智慈, 木本克彦, 岡田周策, 星憲幸, 柴田武士, 田中欣也, 野浪亨, 豊田實
歯科の色彩   13(1) 29-36   2007年3月
義歯の清掃は口腔衛生の維持に重要であり、高齢者や要介護者とって容易ではない。より安全で簡便な義歯の清掃法の確立を目的として、光触媒である二酸化チタンを義歯床用レジンに配合し検討を行った。本研究では、義歯床用レジンに二酸化チタン(Ti)およびアパタイト被覆型二酸化チタン(AP)を1・5・10重量%の割合で配合して試験片を作製、紫外線照射と非照射による色調の変化ならびに物性試験、表面性状について評価を行った。その結果、色調の変化では、色差はTi・AP共に光触媒反応により急激に増大を示した。その...
中根 久志, 青木 早苗, 野浪 亨, 田中 一彦, 森 勝伸, 幸本 和人, 刀根 如人, 亀山 哲也
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   115(1338) 151-155   2007年2月
An acid resistant fluoroapatite coated titanium dioxide (FAp-TiO_2) was synthesized by adding a fluoride ion (F^-) to hydroxyapatite (HAp), in order to avoid dissolution of the HAp at an acidic atmosphere. In this study, the optimization of synthe...
Nakane Hisashi, Aoki Sanae, Nonami Toru, Tanaka Kazuhiko, Mori Masanobu, Sachimoto Kazuhito, Tone Kisato, Kameyama Tetsuya
JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   115(1338) 151-155   2007年2月   [査読有り]
S. Koide, T. Nonami
Food Control   18 1-4   2007年1月
The simplification of the cleaning process of plastic containers used in the storage and/or distribution of fruits or vegetables is important. We coated a plastic container with an apatite-coated titanium dioxide photocatalyst (TiO2-Ap container),...
Iron Containing Hydroxyapatite Prepared by a Modified Pseudo-Body Solution
Wang Junhu, Nonami Toru
WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14 3365-3368   2007年   [査読有り]
中根 久志, 青木 早苗, 野浪 亨, 田中 一彦, 森 勝伸, 刀根 如人, 亀山 哲也
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   114(1334) 838-843   2006年10月
An acid resistant fluoroapatite (FAp) coated titanium dioxide (TiO_2) was synthesized by adding a fluoride ion (F^-) to hydroxyapatite (HAp), in order to avoid dissolution of the HAp at an acidic atmosphere. In this study, different methods of add...
SHIBATA Takeshi, TANAKA Kinya, SAWADA Tomofumi, SHIMIZU Tota, HOSHI Noriyuki, KIMOTO Katsuhiko, SAWADA Tomoji, WATAZU Akira, NONAMI Toru, TOYODA Minoru, KUMADA Hidefumi, HAMADA Nobushiro, UMEMOTO Toshio
Bull Kanagawa Dent Coll   34(2) 121-123   2006年9月
Funakoshi Kunio, Nonami Toru
JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY   89(9) 2782-2786   2006年9月   [査読有り]
Funakoshi Kunio, Nonami Toru
JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY   89(8) 2381-2386   2006年8月   [査読有り]
Junhu Wang, Junhu Wang, Toru Nonami, Toru Nonami
Key Engineering Materials   317-318 819-822   2006年7月
In the present study, Pt, NiO, and RuO2fine particles as co-catalyst were loaded on the LiInO2surface by different methods for enhancing its adsorption capability and photocatalytic activity for methylene blue dye (MB) decomposition. Clear adsorpt...
Junhu Wang, Kiyoshi Ozawa, Masashi Takahashi, Masuo Takeda, Toru Nonami
Chemistry of Materials   18(9) 2261-2264   2006年5月
Two kinds of dispersed nanoparticle photocatalysts of antimonic acid, HSbO3·nH2O, namely, SbI and SbII, were prepared separately by the direct reactions of an aqueous H2O2solution with Sb alkoxide complex, Sb(O-i-C3H7)3and metallic Sb powder accor...
Kunio Funakoshi, Toru Nonami
Journal of the American Ceramic Society   89(3) 944-948   2006年3月
Hydroxyapatite (HAp) was crystallized on anatase titanium dioxide (TiO 2) photocatalytic crystals or their thin films using of a pseudo-body solution method, and electrochemical properties of the HAp-adhered anatase TiO2 photocatalytic surfaces we...
佐藤誠, 亀山哲也, 野浪亨
精密工学会誌(CD-ROM)   72(1) 79-83   2006年1月
This paper examines whether a polishing pad with abrasive grain can be adapted for oxide CMP (ILD CMP and STI CMP), which is currently performed by free abrasive polishing. Using the Loosely Held Abrasive (LHA) pad that is effective in the polishi...
Hisashi Nakane, Hisashi Nakane, Sanae Aoki, Toru Nonami, Kazuhiko Tanaka, Masanobu Mori, Kisato Tone, Tetsuya Kameyama, Tetsuya Kameyama
Journal of the Ceramic Society of Japan   114(1334) 838-843   2006年1月
An acid resistant fluoroapatite (FAp) coated titanium dioxide (TiO2) was synthesized by adding a fluoride ion (F-) to hydroxyapatite (HAp), in order to avoid dissolution of the HAp at an acidic atmosphere. In this study, different methods of addin...
Wang Junhu, Nonami Toru
SCIENCE OF ENGINEERING CERAMICS III   317-318 819-822   2006年   [査読有り]
A. Watazu, H. Oguchi, T. Yamada, T. Sonoda, K. Kato, T. Nonami, N. Saito
Key Engineering Materials   284-286 843-846   2005年12月
On the hydroxyapatite/titanium alloy composite disks, the normal human osteoblast cells were cultured. As a result, the samples were covered with normal human osteoblast cells after 2 hours. Moreover, we did not observe cracks in any of the HA gra...
佐藤誠, 亀山哲也, 野浪亨
砥粒加工学会誌   49(11) 626-631   2005年11月
アルミハードディスク基板は, 磁気ヘッドと磁気ディスク基板上の磁性体を円周方向に揃えるために, ほぼ同心円状の微小な傷を入れる加工であるテクスチャリング加工が施される. 本研究ではテープを用いたテクスチャリング加工であるテープテクスチャリング加工において加工能率の向上と表面性状の向上を目指して, テープテクスチャリング加工液の界面活性剤の種類の選定, 砥粒濃度の最適化, キレート剤の添加, 砥粒の改質を行い, 加工能率と表面粗さの向上を達成した.
Shuji Ichimura, Hiroshi Ebisu, Toru Nonami, Kazumi Kato, Kazumi Kato
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers   44(7A) 5164-5170   2005年7月
Titanium dioxide coated with apatite (AP-TiO2) was produced by stirring commercial TiO2 (ST-01) into a simulated body fluid (SBF). Radicals generated at the surface of photoaccelerated ST-01 and AP-TiO 2 were analyzed by electron spin resonance (E...
佐藤誠, 亀山哲也, 野浪亨, 佐々木節夫
精密工学会誌   71(7) 916-920   2005年7月
ガラスディスク研磨におけるコストダウンと加工精度向上を目的として, セリアスラリーに脂肪酸塩を添加したところ, 研磨性能が向上する事が判明した. これを基に, 隙間剤入り研磨スラリー (ISM研磨スラリー) を提案した. 研磨性能は, 研磨レートが約50%向上, 微小うねりが約40%低減, ガラスディスク表面の付着物量が約5分の1となった.
T. Nonami, H. Hase, K. Funakoshi
Catalysis Today   96 113-118   2004年10月
A multifunctional composite material, titanium dioxide covered with apatite, has been developed for application in air purification and as an antimicrobial, antifungal, and antifouling coating. This composite can absorb and decompose bacteria and ...
Shoji Yoshimoto, Fumihiko Ohashi, Yasushi Ohnishi, Toru Nonami
Synthetic Metals   145 265-270   2004年9月
Nanocomposites consisting of conducting polyaniline (PANI) and montmorillonite (MMT) were synthesized by the mechanochemical intercalation method. The mixtures of sodium MMT and anilinium chloride were mechanochemically ground in a mortar. X-ray d...
Yoshimoto S, Ohashi F, Ohnishi Y, Nonami T
Chemical communications (Cambridge, England)   (17) 1924-1925   2004年9月   [査読有り]
野浪亨, 船越邦夫, 長谷博子, 刀根如人
表面技術   55(5) 335-340   2004年5月
長谷博子, 松下調子, 明田喜仁, 大八木薫博, 熊谷崇行, 野浪亨
歯科材料・器械   23(1) 16-20   2004年1月
二酸化チタン光触媒を利用して,義歯に付着した歯石やヤニの除去が可能であるかメチレンブルー,ヘマトポルフィリンおよびたばこのヤニを染色モデルとして検討した.二酸化チタンと微量の酸で二酸化チタン洗浄剤を調製した(以下二酸化チタン洗浄剤という.).この二酸化チタン洗浄剤により,lOppmのメチレンブルーを2分間で5ppm以下に脱色することができた.また二酸化チタン洗浄剤によりヘマトポルフィリンで染色した試験紙をL^*値は60程度から90近くに増加させた.a^*値は20近くから0以下に減少させ,ヘ...
T. Nonami, H. Hase, K. Funakoshi
Materials Science Forum   439 337-343   2003年12月
We developed a multifunctional composite material with a titanium dioxide surface covered by apatite for application in air purification and as an antimicrobial, antifungal, and antifouling coating. This composite has a function to absorb and deco...
野浪亨, 熊谷崇行, 長谷博子, 明田喜仁, 松下調子, 大八木薫博
月刊歯科技工   31(11) 1316-1325   2003年11月
A. Watazu, A. Kamiya, J. Zhu, T. Nonami, T. Sonoda, W. Shi, K. Naganuma
Key Engineering Materials   240-242 931-934   2003年4月
For examining fracture process and influence of HA-granule-implantation on material property, HA-granule-implanted titanium alloy composites for tensile testing were prepared under the conditions of 1073 K, 17 MPa, 10 min in vacuo. Then, mechanica...
加藤 真示, 岩田 美佐男, 野浪 亨
材料   51(6) 599-603   2002年6月
A novel photocatalyst was fabricated by coating TiO_2 and successively apatite on a fibrous ceramic body through the following procedure. At the first step, TiO_2 from Ti[(CH_3)_2CHO]_4 was deposited on the fibrous body by means of the sol-gel met...
A. Watazu, A. Kamiya, J. Zhu, W. Shi, K. Naganuma, T. Sonoda, K. Ushiki, T. Nonami
Journal of Materials Science: Materials in Medicine   13 233-236   2002年3月
For uniformly implanting hydroxyapatite (HA) granules into curved surfaces of titanium alloy implants such as dental roots, a new superplastic forming system was developed. By fixing PVA films with HA granules on a die's curved inner surface, HA g...
Shinji Kato, Misao Iwata, Toru Nonami
Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan   51(6) 599-603   2002年1月
A novel photocatalyst was fabricated by coating Tio2and successively apatite on a fibrous ceramic body through the following procedure. At the first step, Ti02from Ti[(CH3)2CHO]4was deposited on the fibrous body by means of the sol-gel method (Tio...
松本奈緒美, たお田博史, 深谷光春, 野浪亨
三重県科学技術振興センター工業技術総合研究所研究報告   (25) 77-80   2001年12月
渡津 章, 神谷 晶, 朱 峻, 園田 勉, 石 〓, 宇敷 健一, 野浪 亨, 長沼 勝義
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   109(1273) 798-801   2001年9月
In order to deform titanium plates superplastically, a SiO_2-CaO mold has been developed. SiO_2-CaO particles were observed on the surface of plates pressed by this mold. The particles were transferred from the mold surface. For the examination of...
野浪亨, 深谷光春, 長谷博子
用水と廃水   43(9) 777-780   2001年9月
野浪 亨, 深谷 光春, 長谷 博子
用水と廃水   43(9) 777-780   2001年9月
渡津章, 井汲憲治, 野浪亨
歯科材料・器械   20(4) 243-248   2001年7月
人間の口腔内で破損したBranemark人工歯根を調べ, 破断プロセスを検討した.この試料は歯根として機能していたが, 歯槽骨の吸収が起こった後, 破折したものである.破断部ではフィクスチャーの内側のネジ山の谷部に沿った形で外側の谷部が形成されており, 大きい荷重を受ける機械的強度の低い部分から破壊したことが分かった.また, フィクスチャーの破断面では, 破断時に生じる細かい起伏形状がなくなっていた.一方, 中央のネジには細かい波状の構造があった.つまり, このネジが繰り返し応力を受けて破...
熊谷崇行, 野浪亨
日本歯科技工学会雑誌   22(1) 118-120   2001年6月
歯科用補綴物は,長期にわたって口腔内で安定していなければならないことから,光触媒性を持つアナターゼ型二酸化チタン粉末を混合した(Ti5),(Ti0.1)は,この粉末状態のままでは歯科用樹脂材料としての使用は不可と思われる.アパタイトを被覆した二酸化チタン粉末を混合した(Ap5),(Ap0.1)については,強度試験,光照射試験の結果から,歯科用樹脂としての応用が可能である
石 〓, 神谷 晶, 朱 峻, 野浪 亨, 渡津 章
日本金屬學會誌   65(3) 183-186   2001年3月
Titanium matrix composites reinforced with alumina short fiber were fabricated by the hot-press method. Altex fiber (85 mass% γ-alumina, 15 mass% silica) was used in this study. A reaction layer was observed at the interface between Altex fi...
野浪 亨, 石橋 浩造, 石橋 卓郎, 近藤 治
歯科審美 = Journal of esthetic dentistry   13(2) 251-255   2001年3月
二酸化チタンを主成分とした漂白剤を用いることで,エナメル質を痛めずに5分から20分程度の処理で漂白効果が得られることがわかった.また,安全試験の結果から漂白剤が生物に対して安全性が高いことも示唆された
野浪 亨, 石橋 浩造, 石橋 卓郎, 近藤 治, 高見 和朋
日本歯科保存学雑誌   44(1) 37-43   2001年2月
二酸化チタン光触媒を使用して,歯の漂白を簡単に短時間で行う方法を確立することを目的に,低濃度の過酸化水素と二酸化チタン粉末を混合した溶液を抜歯した変色歯表面に塗布し,光を照射してその前後の色調の変化等について観察し,二酸化チタンの歯の漂白剤としての可能性を検討した.1回5分間の漂白処理で,肉眼的に色調は変化し,処理回数が増えるとともに漂白された.L*,a*,b*表色系のいずれも漂白処理を行うことで変化し,漂白処理を2回行った歯のΔEの平均値は11.07と,明らかな色調の変化を示した.エナメ...
野浪 亨
THIN SOLID FILMS 386(2) 227-232 2001年   386(2) 227-232   2001年2月   [査読有り]
野浪 亨, 長沼 勝義, 亀山 哲也
表面技術 = The Journal of the Surface Finishing Society of Japan   52(1) 96-97   2001年1月
A. Watazu, A. Kamiya, J. Zhu, T. Nonami, K. Teraoka, T. Sonoda, K. Ushiki, K. Naganuma
Key Engineering Materials   192-195 745-748   2001年1月
Hydroxyapatite (HA) -granule-implanted titanium alloy composites were obtained by a superplastical deformation in a ceramic die, which was fixed HA granules on its curved inner surface by polyvinyl alcohol (PVA). PVA films with HA granules are mad...
A. Watazu, A. Kamiya, J. Zhu, T. Sonoda, W. Shi, K. I. Ushiki, T. Nonami, K. Naganuma
Journal of the Ceramic Society of Japan   109(1273) 798-801   2001年1月
In order to deform titanium plates superplastically, a SiO2-CaO mold has been developed. SiO2-CaO particles were observed on the surface of plates pressed by this mold. The particles were transferred from the mold surface. For the examination of h...
Wen Shi, Akira Kamiya, Zhu Jun, Toru Nonami, Akira Watazu
Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals   65(3) 183-186   2001年1月
Titanium matrix composites reinforced with alumina short fiber were fabricated by the hot-press method. Altex fiber (85 mass% γ-alumina, 15 mass% silica) was used in this study. A reaction layer was observed at the interface between Altex fiber an...
Akira Kamiya, Toru Nonami
Keikinzoku/Journal of Japan Institute of Light Metals   51(3) 195-201   2001年1月
野浪 亨, 園田 勉, 長沼 勝義, 神谷 晶, 寺岡 啓, 亀山 哲也
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   108(1264) 1122-1125   2000年12月
It was attempted to implant hydroxyapatite granules into a superplastic Ti-4.5Al-3V-2Fe-2Mo-alloy substrate. In order to improve the biocompatibility of the Ti-alloy, a pure titanium film was initially coated on the alloy substrate by reactive dir...
野浪亨
バウンダリー   16(3) 28-35   2000年3月
Toru Nonami, Sadami Tsutsumi
Journal of Biomedical Materials Research   50 8-15   2000年1月
Glass-ceramics were investigated to obtain a glass with a composition of CaO·MgO·2SiO2·0.375TiO2 · 0.007Ag2O. The glass melted at 1500°C and could be cast. Crystallization of diopside of this glass is controlled by volume nucleation and growth pro...
深谷光春, たお田博史, 野浪亨, 渡辺栄次, 伊勢田耕三, 加藤一実
名古屋工業技術研究所報告   49(1) 99-103   2000年
深谷 光春, 垰田 博史, 野浪 亨
名古屋工業技術研究所報告   48(1) 83-87   1999年7月
三木健, とう田博史, 野浪亨, 加藤一実, 林永二, 五十嵐一男
名古屋工業技術研究所報告   48(1) 79-82   1999年7月
Toru Nonami, Shinji Kato, Hiroshi Taoda
Materials Research Society Symposium - Proceedings   549 147-152   1999年1月
A TiO2and apatite coated fibrous ceramics photocatalyst filter has been developed. This filter has a function to absorb and decompose bacteria and various other materials. TiO2was coated on the surface of the fibrous ceramics by a sol-gel method, ...
Toru Nonami, Sadami Tsutsumi
Journal of Materials Science: Materials in Medicine   10 475-479   1999年1月
Diopside was prepared by sintering a powder compact of composition CaO-MgO-2SiO2, at 1300°C for 2 h. The bending strength of diopside was 300 MPa and the fracture toughness was 3.5 MPa m(1/2). It was proved that diopside has no general toxicity in...
たお田博史, 渡辺栄次, 伊勢田耕三, 野浪亨, 深谷光春, 加藤一実
名古屋工業技術研究所報告   48(3) 267-276   1999年
三木健, 加藤一実, 林永二, 野浪亨, たお田博史, 五十嵐一男
名古屋工業技術研究所報告   48(2) 167-174   1999年
深谷光春, とう田博史, 野浪亨, 渡辺栄次, 伊勢田耕三, 加藤一実
名古屋工業技術研究所報告   48(1) 83-87   1999年
T. Nonami, A. Kamiya, K. Naganuma, T. Kameyama
Journal of Materials Science: Materials in Medicine   9 203-206   1998年4月
In order to obtain a biomaterial that has both biological affinity and high mechanical strength, hydroxyapatite (HAp) granules were implanted into the surface of superplastic titanium-alloy. HAp granules (32-38 μm diameter) were spread over a supe...
野浪 亨, 園田 勉, 長沼 勝義, 神谷 晶, 亀山 哲也, 許 健司
表面技術 = The Journal of the Surface Finishing Society of Japan   49(4) 412-413   1998年4月
Toru Nonami, Akira Kamiya, Katsuyoshi Naganuma, Tetsuya Kameyana
Materials Science and Engineering C   6 281-284   1998年1月
Hydroxyapatite granules (32-50 μm in diameter) were spread over a superplastic titanium alloy substrate and pressed to implant the granules in the substrate. The more the stress increases, the deeper the granules were buried. Under 17 MPa for 10 m...
Toru Nonami, Hiroshi Taoda, Nguen Thi Hue, Eiji Watanabe, Kozo Iseda, Masato Tazawa, Mitsuharu Fukaya
Materials Research Bulletin   33 125-131   1998年1月
TiO2photocatalysts film supported on glass plate was soaked in a pseudo body solution (PBS) containing excess phosphate ions. The surfaces were characterized by scanning electron microscopy, energy-dispersive spectroscopy, thin-film X-ray diffract...
野浪亨, とう田博史, 深谷光春, 渡辺栄次
名古屋工業技術研究所報告   47(1) 59-63   1998年1月
野浪 亨, 長沼 勝義, 神谷 晶, 亀山 哲也
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   105(1224) 710-712   1997年8月
To obtain a biomaterial which has both biological affinity and high mechanical strengths, the hydroxyapatite granules were implanted into surperplastic Ti-4.5Al-3V-2Fe-2Mo alloy substrates. It is known that this alloy becomes superplastic when hea...
渡辺栄次, とう田博史, 加藤一実, 野浪亨, 伊勢田耕三, 深谷光春
名古屋工業技術研究所報告   46(4) 227-238   1997年4月
Torn Nonami, Katsuyosi Naganuma, Akira Kamiya, Tetsuya Kameyama
Journal of the Ceramic Society of Japan   105 710-712   1997年1月
To obtain a biomaterial which has both biological affinity and high mechanical strengths, the hydroxyapatite granules were implanted into surperplastic Ti-4.5Al-3V-2Fe-2Mo alloy substrates. It is known that this alloy becomes superplastic when hea...
福間正泰, 堤定美, 野浪亨, 浦部哲夫
Quintessence Dent Technol   21(8) 1111-1117   1996年8月
野浪 亨, 堤 定美
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   104(1207) 201-207   1996年3月
Glass-ceramics were searched for in the systems based on CaO-MgO-SiO_2-TiO_2-Ag_2O. The glasses melted at 1500℃ could be cast. The absorptions were measured. Silver colloids formed in the glasses of composition CaO・MgO・2SiO_2・0.375TiO_2・0.007Ag-2O...
野浪 亨, 堤 定美
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   104(1206) 146-150   1996年2月
The hydration and hardening characteristic of materials in the system CaO-MgO-SiO_2 have been investigated by XRD, SEM, FT-IR and calorimetry. 2CaO・MgO・2SiO_2 glass hydrated and calcium silicate hydrate gels(C-S-H)were formed after 90 min of curin...
Tom Nonami, Sadami Tsutsumi
Journal of the Ceramic Society of Japan   104 146-150   1996年1月
The hydration and hardening characteristic of materials in the system CaO-MgO-SiO2have been investigated by XRD, SEM, FT-IR and calorimetry. 2CaO·MgO·2SiO2glass hydrated and calcium silicate hydrate gels (C-S-H) were formed after 90 min of curing....
Toru Nonami, Sadami Tsutsumi
Journal of the Ceramic Society of Japan   104 201-207   1996年1月
Glass-ceramics were searched for in the systems based on CaO-MgO-SiO2-TiO2-Ag2O. The glasses melted at 1500°C could be cast. The absorptions were measured. Silver colloids formed in the glasses of composition CaO·MgO·2SiO2·0.375TiO2·0.007Ag2O, and...
野浪 亨, 高橋 千尋, 堤 定美
生体材料   13(6) 261-265   1995年12月

Misc

 
インプラント周囲炎に対するチタン表面処理法
斉田 牧子, 星 憲幸, 野浪 亨, 小田切 憲, 桑原 淳之, 山田 重雄, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   6(2) E71-E71   2014年4月
光エネルギーを応用したチタンへのバイオミメティックアパタイトコーティング強化法
斉田 牧子, 池田 貴之, 中川 かほり, Kanuru Rajita, 長谷 博子, 野浪 亨, 木本 克彦, 李 昌一, 小川 隆広
神奈川歯学   47(抄録集) 63-63   2012年12月
アパタイト被覆二酸化チタンを応用した生体に安全な漂白剤の検討
斉田 牧子, 吉野 文彦, 小林 杏, 長谷 博子, 野浪 亨, 木本 克彦, 李 昌一
神奈川歯学   46(抄録集) 72-72   2011年12月
野浪 亨
バウンダリ-   17(2) 2-6   2001年2月
野浪 亨, 小平 亜侑, 野村 雄人
ケミカルエンジニヤリング   58(6) 407-413   2013年6月
野浪亨, 小平亜侑, 野村雄人
ケミカルエンジニヤリング   58(6) 407-413   2013年6月
ディオプサイド系ガラスセラミックスの歯冠修復物への応用
福間 正泰, 堤 定美, 野浪 亨
Quintessence of Dental Technology   21(8) 1111-1117   1996年8月
1)ディオプサイドガラスは,鋳造温度よりもかなり低い温度で成形でき,かつ成形圧力も1MPa以下と低い圧力で成形が可能だった. 2)成形圧力が低く,鋳型材として石膏系埋没材が使用できるので,簡単に成形物が取り出せる. 3)異方向から成形されても,合流点は完全に一本化された. 4)成形性は,ラミネートのような薄い補綴物に十分対応できる. 5)色調の調整は,微量な金属酸化物を加えたり,チタン金属用陶材を焼き付けることにより,天然歯に近い色調が再現できる
野浪 亨
材料技術   14(6) 168-173   1996年7月
野浪 亨
月刊エコインダストリ-   5(3) 5-13   2000年3月
野浪亨
月刊ファインケミカル   35(8) 14-21   2006年7月
野浪亨, 長谷博子, 船越邦夫
染色研究   49(4) 93-97   2005年10月
野浪亨, 船越邦夫
東京都歯科医師会雑誌   54(2) 57-63,55(1)-63   2006年2月
野浪亨
歯科材料・器械   23(5) 417-417   2004年9月
堤 定美, 青木 秀希, 春日井 昇平, 辻 紘一郎, 加藤 幸夫, 玄 丞烋, 十河 基文, 野波 亨
歯科材料・器械   23(5) 413-417   2004年9月
野浪 亨
まてりあ : 日本金属学会会報   43(5) 431-432   2004年5月
野浪 亨, 長谷 博子, 船越 邦夫
セラミックス   39(7) 534-537   2004年7月
野浪 亨, 船越 邦夫, 長谷 博子, 刀根 如人
表面技術 = The Journal of the Surface Finishing Society of Japan   55(5) 335-340   2004年5月
野浪亨
化学と工業   56(12) 1312-1313   2003年12月
野浪 亨
化学と工業 = Chemistry and chemical industry   56(12) 1312-1313   2003年12月
野浪亨, 田尻耕治, 前田雅喜, 大橋文彦, 木村辰雄
Materials Integration   16(1) 35-41   2003年1月
野浪 亨, 田尻 耕治, 前田 雅喜
マテリアルインテグレ-ション   16(1) 35-41   2003年1月
野浪亨
DE   (143) 17-20   2002年10月
野浪 亨
臭気の研究 = Odor Control Association journal   33(6) 333-338   2002年11月
野浪亨
臭気の研究   33(6) 333-338   2002年11月
野浪 亨
マテリアルインテグレ-ション   15(1) 29-34   2002年1月
神谷 晶, 野浪 亨
軽金属   51(3) 195-201   2001年3月
野浪亨
月刊エコインダストリー   5(3) 5-13   2000年3月
野浪 亨, 垰田 博史, 石橋 浩造, 石橋 卓郎
歯科材料・器械   19(35)    2000年4月
野浪亨
化学装置   40(7) 58-61   1998年7月
野浪亨, 亀山哲也, 長沼勝義
バウンダリー   15(5) 24-29   1999年5月
野浪 亨, 長沼 勝義, 亀山 哲也
まてりあ : 日本金属学会会報   37(10) 856-858   1998年10月
野浪亨
材料技術   14(6) 168-173   1996年7月
野浪 亨, 若井 史博
化学工業   44(9) p732-737   1993年9月
野浪亨, 若井史博
金属   61(12) 36-41   1991年12月
野浪 亨, 若井 史博
金属   61(12) p36-41   1991年12月
野浪亨, 若井史博
化学工業   44(9) 732-737   1993年9月
若井史博, 野浪亨
ファインセラミックス   11(1) 18-20   1990年1月

書籍等出版物

 
野浪 亨
技報堂出版   2014年5月   ISBN:4765532658
野浪 亨
日刊工業新聞社   2004年1月   ISBN:4526052256
野浪 亨
日刊工業新聞社   2002年3月   ISBN:4526049220

講演・口頭発表等

 
松原綜一郎, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2018年   
小柳亮樹, 松原綜一郎, 山本翔, 河村典久, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2018年   
畑奏一朗, 柴田浩史, 山本翔, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2018年   
杉居裕之, 松原綜一郎, 野浪亨
粉体粉末冶金協会講演概要集   2017年11月9日   
加藤佑弥, 片山真久寿, 蟹江祐輔, 野浪亨, 野浪亨
マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集   2017年8月29日   
加藤誠健, 江上祐樹, 荒川皓, 刑部圭祐, 山本翔, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2017年   
江上祐樹, 加藤誠健, 荒川皓, 刑部圭祐, 山本翔, 野浪亨
資源・素材学会春季大会(Web)   2017年   
小林慎也, 野田光祐, 鷲見佑介, 松原綜一郎, 早川慎吾, 河村典久, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2017年   
吉島成美, 玉澤健吾, 小平亜侑, 野浪亨
真空に関する連合講演会講演予稿集   2016年11月29日   
球状多孔質ヒドロキシアパタイトに酸化チタン光触媒粒子を担持した複合材料を合成した。メチレンブルー水溶液の脱色率は酸化チタン単体に対し複合材料は大きかった。材料に紫外光を照射後、ロイコクリスタルバイオレットを混合し暗所で静置したところ、ロイコクリスタルバイオレットは紫色に変化し、光触媒反応により生成した電子が酸化チタンからヒドロキシアパタイトへ移動し、正孔との再結合が制限されていることが示唆された。
佐野拓未, 今坂秀一, 野浪亨
粉体粉末冶金協会講演概要集   2016年11月9日   
荒川皓, 山本翔, 早川慎吾, 松原綜一郎, 刑部圭佑, 野浪亨
粉体粉末冶金協会講演概要集   2016年11月9日   
玉澤健吾, 吉島成美, 小平亜侑, 野浪亨
マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集   2016年9月8日   
早川慎吾, 福盛啓師, 松原綜一郎, 鷲見佑介, 山本翔, 河村典久, 野浪亨
マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集   2016年9月8日   
野浪亨, 尾上英彰, 玉澤健吾, 吉島成美, 小平亜侑
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   2016年6月4日   
蟹江祐輔, 佐野良介, 野浪亨
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
尾上英彰, 玉澤健吾, 吉島成美, 小平亜侑, 野浪亨
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
福盛啓師, 早川慎吾, 佐野孝剛, 鷲見佑介, 河村典久, 野浪亨
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2016年3月9日   
刑部圭祐, 山本翔, 野浪亨
疲労シンポジウム講演論文集   2016年   
鷲見佑介, 早川慎吾, 佐野孝剛, 福盛啓師, 野浪亨
炭素材料学会年会要旨集   2015年12月2日   
長谷博子, 亀井大造, 矢野大樹, 野浪亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2015年11月16日   
吉島成美, 野浪亨, 玉澤健吾, 小平亜侑
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
早川慎吾, 菅尾元希, 小平亜侑, 長谷博子, 野浪亨
日本分析化学会年会講演要旨集   2015年8月26日   
玉澤健吾, 真弓梨奈, 小平亜侑, 野浪亨
日本分析化学会年会講演要旨集   2015年8月26日   
佐野良介, 野浪亨
日本口腔インプラント学会誌   2015年8月24日   
佐野良介, 野浪亨
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2015年3月6日   
長谷 博子, 亀井 大造, 矢野 大樹, 野浪 亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2015年   
におい刺激に対する快・不快度は,DVA動体視力にどのような影響を与えるのか検討した.若年者30名(男性15名,女性15名)を被験者とし,15種類のにおい(植物精油:10種類,悪臭物質:5種類)を用いて,DVA動体視力の評価を行った.被験者らは,においを6段階臭気強度尺度と9段階快・不快尺度を用いて評価した.DVA動体視力の評価には,ポータブルゲーム機(DS眼力トレーニング)を使用した.においに対する快・不快度とDVA動体視力の間には,負の相関が認められた.さらに,においに対して不快と申告し...
小平亜侑, 村淳史, 浅野功, 澤田和宏, 松原綜一郎, 山田晋也, 玉澤健吾, 尾上英彰, 野浪亨
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月1日   
村淳史, 小平亜侑, 野浪亨, 長谷博子
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2014年3月7日   
宇田川亮太, 山本翔, 野浪亨
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2014年3月7日   
伊藤祐樹, 長谷川純一, 大友昌子, 河村典久, 野浪亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2013年11月22日   
鈴木直, 長谷博子, 野浪亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2013年11月22日   
伊藤 祐樹, 尾上 英彰, 菅尾 元希, 白地 佑太, 野浪 亨
日本歯科理工学会誌   2013年9月25日   
尾上 英彰, 伊藤 祐樹, 野浪 亨
日本歯科理工学会誌   2013年9月25日   
We added titanium oxide powder to 5.0% sulfuric acid electrolyte solution. The titanium metal plate was anodized using this solution. In this study, we added the titanium oxide powder that is different of crystal system and particle diameter into ...
伊藤 祐樹, 尾上 英彰, 菅尾 元希, 白地 佑太, 野浪 亨
日本歯科理工学会誌   2013年9月25日   
We added titanium oxide powder to 5.0% sulfuric acid electrolyte solution. The titanium metal plate was anodized using this solution. We attached this titanium plate to the 10 ppm methylene blue solution containing 3.0% of hydrogen peroxide, in or...
伊藤祐樹, 野浪亨
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2013年3月11日   
野村雄人, 長谷博子, 野浪亨
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2013年3月11日   
小平亜侑, 長谷博子, 尾上英彰, 真弓梨奈, 野浪亨
無機リン化学討論会講演要旨集   2013年   
伊藤 祐樹, 長谷川 純一, 大友 昌子, 河村 典久, 野浪 亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2013年   
本研究では,放射性セシウムの処理方法の開発を目的とし,日本に多く存在する竹林を活用した竹炭の水溶液中でのセシウム吸着特性を検討した.20ppmCsCl溶液を,8mmメッシュ以下に粉砕した竹炭10gを詰めたカラムに通し,セシウム濃度を測定した.その結果,カラム通過後は6.2ppmであった.一方,ゼオライトを詰めたカラムでは通過後1.5ppmであった.竹炭はゼオライトの74%のセシウム吸着能力を有しセシウムの吸着に有効である可能性が示唆された.
鈴木 直, 長谷 博子, 野浪 亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2013年   
本研究の目的は,たばこ臭の付着しない繊維の開発を目指し,被服材料へのたばこ臭の吸着・放散特性を明らかにすることである.被服材料として綿,ポリエステル,ウールを選択し,たばこ臭の吸着・放散特性を検討した.測定項目は,臭気強度,快不快度,容認性とした.その結果,たばこ臭の吸着は,綿>ポリエステル>ウールの順であった.試験片に吸着したたばこ臭の放散は,ポリエステル>ウール>綿の順であった.本研究では,たばこ臭を最も吸着する被服材料は綿であり,吸着したたばこ臭を最も放散するのはポリエステルであるこ...
斉田牧子, 小林杏, 吉野文彦, 長谷博子, 野浪亨, 木本克彦, 李昌一
電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集   2012年11月1日   
河村典久, 小玉幸与, 高嶋麻貴, 岸本真由子, 千葉拓, 長谷博子, 野浪亨
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2012年10月13日   
伊藤祐樹, 野浪亨, 長谷博子
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2012年9月12日   
小平亜侑, 松永雄太, 野浪亨, 長谷博子
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2012年9月12日   
野村雄人, 野浪亨, 長谷博子
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2012年9月12日   
柴田直道, 野浪亨, 中村利治
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2012年9月12日   
野浪亨
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2012年9月12日   
奥村優, 伊藤祐樹, 野村雄人, 長谷博子, 野浪亨, 河村典久
分析化学討論会講演要旨集   2012年5月5日   
長谷博子, 野浪亨, 中村利治
日本家政学会大会研究発表要旨集   2012年5月1日   
<目的> 花粉症の原因である花粉を除去するために,アパタイトと二酸化チタンの粉末を用いてマツ花粉の吸着・分解能の評価を行った. <br><方法> マツ花粉0.1gとアパタイト粉末0.1g,マツ花粉0.1gと二酸化チタン粉末0.1gをそれぞれ乳鉢で混合した後,走査型電子顕微鏡で観察した.さらに,マツ花粉と二酸化チタン粉末を混合した試料には,ブラックライトを照射した後にも顕微鏡観察を行った. 応用例の実験として,アパタイト被覆二酸化チタンを塗布した網目約1mmのポリエステル製ネットと不織布...
山本翔, 野浪亨, 長谷博子, 前田憲吾
日本セラミックス協会年会講演予稿集   2012年3月19日   
本研究は,生体親和性に優れ生体内で骨と早期に結合するディオプサイドを合成し,焼成時の温度を調節することで材料特性が変化するか検討した.ゾル-ゲル法でディオプサイドを合成し,仮焼き温度300℃,400℃,500℃,600℃,仮焼きなしの5種類を作製し,本焼成は700℃で行った.仮焼き時間は30分,本焼成時間は1時間である.結果,仮焼き温度が高温になるとディオプサイドの結晶性が良好になり,仮焼き温度500℃で焼成したディオプサイドが最も高い比表面積値を示した.また,作製に要する活性化エネルギー...
坂井丈治, 野浪亨, 長谷博子, 山本翔
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2011年11月21日   
ソフト溶液法によって合成したCaO-MgO-SiO2系材料の擬似体液中におけるハイドロキシアパタイト析出に関する研究
坂井 丈治, 野浪 亨, 長谷 博子, 山本 翔
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2011年11月   
高嶋麻貴, 岸本真由子, 小玉幸与, 千葉拓, 長谷博子, 野浪亨, 河村典久
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2011年10月5日   
小玉幸与, 岸本真由子, 高嶋麻貴, 千葉拓, 長谷博子, 野浪亨, 河村典久
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2011年10月5日   
岸本真由子, 高嶋麻貴, 小玉幸与, 千葉拓, 長谷博子, 野浪亨, 河村典久
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2011年10月5日   
長谷博子, 宮脇渉太, 野浪亨
におい・かおり環境学会講演要旨集   2011年8月1日   
長谷博子, 森美穂, 野浪亨
日本家政学会大会研究発表要旨集   2011年5月20日   
本研究は,喫煙エリアにおけるたばこ臭の除去を短時間で行うことを目的として,活性炭・くぬぎ炭・竹炭のたばこ臭吸着能を評価した.<BR> たばこ臭を除去するために,古くから脱臭材として用いられている炭に着目し,市販の活性炭・くぬぎ炭・竹炭を用いた.たばこ臭は,臭気濃度9,27,90,270になるように調製し,においの評価は,におい識別装置(島津製作所製)を使用した. たばこ臭とにおい識別装置から算出される臭気指数相当値は,臭気濃度9~270の範囲において強い相関がみられた.たばこ臭の評価は臭気...
アパタイト被覆二酸化チタンを応用した新規漂白剤の検討
斉田 牧子, 長谷 博子, 野浪 亨, 李 昌一, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   2011年1月   
アパタイト被覆二酸化チタンを応用した低濃度過酸化水素漂白剤の新規開発
斉田 牧子, 吉野 文彦, 小林 杏, 長谷 博子, 野浪 亨, 澤田 智史, 星 憲幸, 李 昌一, 木本 克彦
神奈川歯学   2010年12月   
長谷博子, 林恵里奈, 平尾竜馬, 光田恵, 野浪亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2010年11月22日   
長谷博子, 小玉幸与, 野村雄人, 河村典久, 野浪亨
日本分析化学会年会講演要旨集   2010年9月1日   
澤田 智史, 柴田 武士, 澤田 智慈, 星 憲幸, 斎田 牧子, 野浪 亨, 木本 克彦, 豊田 實
日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society   2010年8月16日   
長谷博子, 林恵里奈, 平尾竜馬, 光田恵, 野浪亨
におい・かおり環境学会講演要旨集   2010年7月16日   
長谷博子, 林恵里奈, 平尾竜馬, 野浪亨
日本家政学会大会研究発表要旨集   2010年5月20日   
<目的>公共施設などでは禁煙化が進んでいるが,飲食店などで喫煙者が近くに居ると,衣服などにたばこ臭が付着することがあり,不快に感じることがある.そこで本研究は,たばこ臭の生地への吸着および放散量を明らかにすることを目的とする.<BR><実験方法>たばこに火を点けて1Lのフラスコ内に吊るし,アルミホイルで密封し3分後にシリンジで10ml採取した.無臭空気を満たした3Lのにおい袋に注入し,これを原臭とした.生地試料は,100%の綿,ポリエステル,ウールの平織りを使用した.<BR> たばこ臭の吸...
斉田牧子, 長谷博子, 野浪亨, 澤田智史, 木本克彦, 豊田實
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   2010年5月15日   
山本翔, 坂井丈治, 長谷川博一, 野浪亨, 長谷博子, 河村典久
分析化学討論会講演要旨集   2010年5月1日   
長谷 博子, 林恵 里奈, 平尾 竜馬, 光田 恵, 野浪 亨
人間-生活環境系シンポジウム報告集   2010年   
たばこ臭と布繊維へのたばこ臭の付着と放散について,機器測定と感覚評価を用いて検討した.3Lのにおい袋にたばこ臭と布繊維(ポリエステル,綿毛)を入れ,1時間後と24時間後に,におい袋内のたばこ臭を測定した.また,たばこ臭を付着させた各布繊維と活1生炭を通して調製した無臭空気をにおい袋に入れ,布繊維から放散するたばこ臭を測定した.その結果,機器測定において,たばこ臭は臭気濃度9~270の範囲において,におい翻1」装置の臭気指数相当値として評価できることが分かった.たばこ臭の付着は,1時間後と2...
アパタイト付加型二酸化チタン含有低濃度過酸化水素漂白剤の検討
斉田 牧子, 吉野 文彦, 小林 杏, 長谷 博子, 野浪 亨, 李 昌一, 木本 克彦, 豊田 實
神奈川歯学   2009年12月   
小平亜侑, 野浪亨, 長谷博子
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2009年11月16日   
長谷博子, 野浪亨, 河村典久
日本分析化学会年会講演要旨集   2009年9月10日   
山本翔, 川崎愛, 間下暁応, 野浪亨, 長谷博子
歯科材料・器械   2009年9月10日   
This study examined whether diopside (CaO・MgO・2SiO_2) could employ as dental restorative material of initial carious lesion. The experiment carried out to select synthesize condition of apatite on the diopside surface. We examined various conditio...
山本 翔, 川崎 愛, 間下 暁応, 野浪 亨, 長谷 博子
日本歯科理工学会学術講演会要旨集   2009年9月   
生体親和性,機械的強度に優れ,生体内で骨と早期に結合することがわかっているディオプサイド(CaO・MgO・2SiO2)を初期う蝕治療の修復材に用いることができるかを検討した.擬似体液中でディオプサイドをHAp焼結体に塗布すると短時間で多くのHApを析出し,修復材として用いることができると示唆された.また,ディオプサイドと同じ珪酸塩化物の一種であるオケルマナイト(2CaO・MgO・2SiO2)とウォラストナイト(CaO・SiO2</SUB...
長谷博子, 山田佳代, 河村典久, 野浪亨
日本家政学会大会研究発表要旨集   2009年5月20日   
【目的】二酸化チタン光触媒は有機物を二酸化炭素と水などに分解することは良く知られているが,反応後の二酸化炭素濃度を連続測定したという報告は非常に少ない.本研究では,メチレンブルー(MB)を二酸化チタン光触媒で分解することにより生成した二酸化炭素を全有機炭素計で連続測定できるか検討する.<BR>【実験方法】二酸化炭素の測定は,全有機炭素測定装置(TOC-V CSH島津製作所製)を用いて行った.溶液中の全炭素量(TC)は非分散赤外線ガス分析部によって炭素として検出される.無機炭素量(IC)は,...
澤田智史, 柴田武士, 澤田智慈, 星憲幸, 斎田牧子, 野浪亨, 木本克彦, 豊田實
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   2009年5月15日   
長谷博子, 野浪亨, 河村典久
分析化学討論会講演要旨集   2009年5月2日   
佐藤誠, 奥田和弘, 野田賢二, 野浪亨
日本機械学会生産加工・工作機械部門講演会講演論文集   2008年11月21日   
星憲幸, 木本克彦, 澤田智史, 斎田牧子, 岡田周策, 野浪亨, 豊田實
日本補綴歯科学会雑誌   2008年4月10日   
佐藤誠, 蛭子博志, 野浪亨
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008年3月3日   
過去の我々の研究において、酸化剤や光触媒などがSiC単結晶の研磨能率向上に有効であることが判明している。特に光触媒についてはヒドロキシルラジカルを代表とする活性酸素が直接もしくは間接的に作用していると考えられるが、それを実証した例は今まで無かった。このため電子スピン共鳴法によるヒドロキシルラジカル量の測定により、ヒドロキシルラジカルとSiC単結晶の研磨性能の関連を調査した。
過酸化物を使用しない酸化チタンによる歯の漂白システムの開発
野浪 亨, 生川 昌樹, 山上 博之, 木藤 哲也, 砂口 賢一
歯科審美   2008年3月   
佐藤 誠, 奥田 和弘, 野田 賢二, 野浪 亨
生産加工工作機械   2008年   
The single-crystal SiC is capturing the spotlight as a substrate for next-generation power devices. In specula surface polish processing, single-crystal SiC needs very long processing time. In order to reduce processing cost, the high promotion of...
義歯床用レジンへのフッ素化アパタイト被覆二酸化チタンの応用 Calbicansに対する抗菌効果および細菌付着阻止効果について
澤田 智史, 高橋 祐介, 木本 克彦, 浜田 信城, 岡田 周策, 柴田 武士, 澤田 智慈, 野浪 亨, 豊田 實, 寺中 敏夫
神奈川歯学   2007年12月   
野浪亨, 生川昌樹, 山上博之, 木藤哲也, 砂口賢一
接着歯学   2007年10月31日   
澤田 智史, 木本 克彦, 柴田 武士, 星 憲幸, 田中 欣也, 澤田 智慈, 野浪 亨, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society   2007年5月18日   
澤田智史, 木本克彦, 柴田武士, 星憲幸, 田中欣也, 澤田智慈, 野浪亨, 豊田實
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   2007年5月   
生川昌樹, 野浪亨, 山上博之, 木藤哲也
歯科材料・器械   2007年4月25日   
野浪亨, 生川昌樹, 山上博之, 木藤哲也
歯科材料・器械   2007年4月25日   
生川 昌樹, 野浪 亨, 山上 博之, 木藤 哲也
日本歯科理工学会学術講演会要旨集   2007年   
過酸化水素を用いない、光触媒による歯の漂白を行うための光照射用LEDランプについて検討した。表面処理したアナタース型酸化チタン溶液をヘマトポリフェリン染色紙に塗布し、LEDランプを用いて光を照射した。光波長、強度を適切にすることで効果的な漂白ができることがわかった。
野浪 亨, 生川 昌樹, 山上 博之, 木藤 哲也
日本歯科理工学会学術講演会要旨集   2007年   
過酸化水素を用いない、光触媒による歯の漂白法について検討した。表面処理したアナタース型酸化チタン溶液を、ヘマトポリフェリン染色紙に塗布し、LEDランプを用いて光を照射した。過酸化水素と酸化チタンを併用した場合に比較しすぐれた漂白効果を示した。
フッ化アパタイト被覆型二酸化チタンの特性 耐酸性能と活性酸素種検出について
澤田 智史, 星 憲幸, 吉野 文彦, 根岸 秀幸, 藤原 努, 柴田 武士, 田中 欣也, 木本 克彦, 澤田 智慈, 野浪 亨, 李 昌一, 川瀬 俊夫, 豊田 實
神奈川歯学   2006年12月   
長谷博子, 野浪亨, WANG Junhu, 櫻井のり子, 大野秀夫
空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集   2006年9月5日   
澤田智史, 星憲幸, 吉野文彦, 柴田武士, 木本克彦, 澤田智慈, 野浪亨, 園田努, LEE M‐C, 豊田實
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   2006年7月8日   
沢田智史, 柴田武士, 田中欣也, 星憲幸, 木本克彦, 沢田智慈, 野浪亨, 渡津章, 園田勉, 豊田実
チタンと歯科臨床   2006年2月18日   
長谷博子, 野浪亨, WANG Junhu, 櫻井のり子, 大野秀夫
におい・かおり環境学会講演要旨集   2006年   
長谷 博子, 野浪 亨, 王 軍虎, 櫻井 のり子, 大野 秀夫
空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2006年   
The aim of this study is to evaluate the indoor environmental conditions based on measuring data of odor intensities and odor characters in a nursing home. Room temperature, relative humidity, amount of dust, carbon monoxide and carbon dioxide wer...
アパタイト被覆型二酸化チタンを応用した義歯用レジンの開発 Candida albicansに対する抗菌効果について
柴田 武士, 田中 欽也, 澤田 智史, 清水 統太, 星 憲幸, 木本 克彦, 澤田 智慈, 渡津 章, 野浪 亨, 豊田 實, 熊田 秀文, 浜田 信城, 梅本 俊夫
神奈川歯学   2005年12月   
柴田武士, 田中欽也, 沢田智史, 清水統太, 星憲幸, 木本克彦, 沢田智慈, 熊田秀文, 浜田信城, 梅本俊夫, 園田勉, 渡津章, 野浪亨, 豊田実
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   2005年10月   
小出章二, 岸司, 伊藤大輔, 薄羽由佳, 野浪亨
農業環境工学関連7学会合同大会講演要旨集   2005年9月12日   
佐藤誠, 亀山哲也, 野浪亨
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2005年9月1日   
木村大, 飯田浩雅, 岡田珠美, 野浪亨, 川本幸司, 辻本恭久, 池見宅司
日本歯科保存学会プログラムおよび講演抄録集   2005年5月6日   

担当経験のある科目

 
 

特許

 
野浪 亨, 野村 雄人, 長谷 博子
角田 稔, 染谷 昌男, 小笠原 益美, 野浪 亨, 石橋 卓郎, 石橋 浩造
角田 稔, 染谷 昌男, 小笠原 益美, 野浪 亨, 石橋 卓郎, 石橋 浩造
野浪 亨, 大八木 薫博, 後藤 秀明, 菱本 宗光
垰田 博史, 野浪 亨, 藤輪 高明, 籠谷 昌宏
垰田 博史, 野浪 亨, 渡辺 栄次, 深谷 光春, 加藤 薫一, 大森 誠一郎
朱 峻, 神谷 晶, 渡津 章, 野浪 亨, 鈴木 昭弘, 飯久保 知人
垰田 博史, 野浪 亨, 矢野 賢司, 加藤 真示, 岩田 美佐男, 松永 博和
垰田 博史, 野浪 亨, 矢野 賢司, 加藤 真示, 岩田 美佐男, 松永 博和
朱 峻, 神谷 晶, 渡津 章, 野浪 亨, 飯久保 知人, 鈴木 昭弘
野浪 亨, 長谷 博子
野浪 亨, 藤井 明, 松田 和也
垰田 博史, 野浪 亨, 藤輪 高明, 籠谷 昌宏
野浪 亨, 藤井 明, 福永 倫康, 松田 和也
寺岡 啓, 横川 善之, 野浪 亨, 垰田 博史, 亀山 哲也, 長沼 勝義
江口 浩正, 高見 和朋, 石橋 卓郎, 野浪 亨
寺岡 啓, 横川 善之, 野浪 亨, 垰田 博史, 亀山 哲也, 長沼 勝義
寺岡 啓, 横川 善之, 野浪 亨, 垰田 博史, 亀山 哲也, 長沼 勝義, 田中 清明, 土田 敬之
垰田 博史, 野浪 亨, 石橋 卓郎, 石橋 浩造
鍋島 良宏, 竹村 知正, 垰田 博史, 野浪 亨, 深谷 光春, 渡辺 栄次, 伊勢田 耕三
石橋 卓郎, 石橋 浩造, 垰田 博史, 野浪 亨
垰田 博史, 渡辺 栄次, 野浪 亨, 深谷 光春, 加藤 一実, 前川 正明, 竹内 聡, 山田 善市
渡津 章, 神谷 晶, 長沼 勝義, 朱 峻, 野浪 亨, 寺岡 啓, 園田 勉, 宇敷 建一
垰田 博史, 渡辺 栄次, 野浪 亨, 深谷 光春, 中澤 宏, 大毛利 英昭
垰 田 博 史, 野 浪 亨, 荒 牧 藤 夫, 荒 牧 昭 七
垰田 博史, 野浪 亨, 深谷 光春, 渡辺 栄次, 伊勢田 耕三
野浪 亨, 園田 勉, 長沼 勝義, 神谷 晶
石橋 卓郎, 石橋 浩造, 垰田 博史, 野浪 亨
長沼 勝義, 神谷 晶, 渡津 章, 野浪 亨, 加藤 誠
野浪 亨, 垰田 博史, 亀山 哲也
野浪 亨, 野間 弘康, 中島 信也
野浪 亨, 佐野 達二, 堤 定美, 浦部 哲夫, 福間 正泰
野浪 亨, 小平 亜侑, 玉澤 健吾, 吉島 成美, 尾上 英影
伊藤 祐樹, 長谷川 純一, 大友 昌子, 河村 典久, 野浪 亨
野浪 亨, 野村 雄人, 長谷 博子
垰田 博史, 野浪 亨, 藤輪 高明, 籠谷 昌宏
堀内 伸彦, 鍋田 貴司, 宮添 智, 水津 宏, 野浪 亨
野浪 亨, 前山 隆興, 三又 崇, 原 礼司
内田 武平, 刀根 如人, 野浪 亨
野浪 亨, 藤井 明, 松田 和也
野浪 亨, 藤井 明, 福永 倫康, 松田 和也
野浪 亨, 長谷 博子
角田 稔, 染谷 昌男, 小笠原 益美, 野浪 亨, 石橋 卓郎, 石橋 浩造
江口 浩正, 高見 和朋, 石橋 卓郎, 野浪 亨
角田 稔, 染谷 昌男, 小笠原 益美, 野浪 亨, 石橋 卓郎, 石橋 浩造
寺岡 啓, 横川 善之, 野浪 亨, 垰田 博史, 亀山 哲也, 長沼 勝義, 田中 清明, 土田 敬之