吉川 貴志

J-GLOBALへ         更新日: 15/01/19 11:22
 
アバター
研究者氏名
吉川 貴志
 
キッカワ タカシ
所属
公益財団法人 海洋生物環境研究所
部署
実証試験場
職名
主査研究員
学位
博士(学術)(長崎大学)

研究キーワード

 
 

論文

 
吉川 貴志, 西村 真
水産増殖   62(3) 229-234   2014年9月   [査読有り]
吉川 貴志, 八木 信行, 黒倉 壽
日本水産学会誌   80(1) 27-33   2014年1月   [査読有り]
Hayashi M, Kikkawa T, Ishimatsu A
Marine pollution bulletin   73 409-415   2013年8月   [査読有り]
Kita J, Kikkawa T, Asai T, Ishimatsu A
Marine pollution bulletin   73 402-408   2013年8月   [査読有り]
吉川 貴志, 長谷川 一幸, 箕輪 康
海洋生物環境研究所研究報告   (14) 19-24   2011年3月   [査読有り]
吉川 貴志, 伊藤 康男
日本プランクトン学会報   58(1) 12-17   2011年2月   [査読有り]
喜田 潤・岸田智穂・吉川貴志・眞道幸司・伊藤康男
環境毒性学会誌   13(2) 117-129   2010年12月   [査読有り]
吉川 貴志, 伊藤 康男
Cancer : 会員連絡誌   (19) 11-14   2010年5月   [査読有り]
Acute lethal toxicity of hexavalent chromium on nauplii of the marine harpacticoid Tigriopus japonicus was tested. Nauplii (<24h after hatching) were exposed to five test concentrations from 9.5 to 100mg/L and the control at 25℃ for 24h in three r...
KIKKAWA Takashi, MINOWA Yasushi, NAKAMURA Yukio, KITA Jun, ISHIMATSU Atsushi
Plankton & Benthos Research   5(3) 119-122   2010年   [査読有り]
吉川 貴志, 賀久 基紀, 瀬戸熊 卓見, 木下 秀明
水産増殖 = The aquiculture   57(3) 405-409   2009年9月   [査読有り]
スズキにおけるふ化後の発育に伴う高温耐性の変化を実験的に検討した。試験には16℃で飼育したふ化後0、1、2、3、5、7、10、13、16、21、24、31、38、45および52日齢の個体を用いた。各日齢について20〜38℃までの高温海水に15分間暴露し、24時間後の死亡率から半数致死温度(TL50)を求めた。TL50は3日齢までは約35℃であったが、開口後発育とともに低下し、24日齢の脊索屈曲期仔魚で最低値(27.0℃)となった。その後TL50は上昇し、52日齢の稚魚では30.8℃となった。
ISHIMATSU Atsushi, HAYASHI Masahiro, KIKKAWA Takashi
Mar Ecol Prog Ser   373 295-302   2008年12月   [査読有り]
KIKKAWA Takashi, WATANABE Yuji, KATAYAMA Youichi, KITA Jun, ISHIMATSU Atsushi
Plankton & Benthos Research   3(3) 184-187   2008年8月   [査読有り]
吉川貴志・喜田 潤・木下秀明・瀬戸熊卓見・伊元九弥・松井誠一
海洋生物環境研究所研究報告   (10) 1-8   2007年3月   [査読有り]
Kikkawa T, Sato T, Kita J, Ishimatsu A
Marine pollution bulletin   52 621-625   2006年6月   [査読有り]
吉川貴志・長谷川一幸・箕輪 康・瀬戸熊卓見・喜田 潤
海洋生物環境研究所研究報告   (9) 47-53   2006年3月   [査読有り]
吉川 貴志
海洋生物環境研究所研究報告   (7) 1-33   2004年9月   [査読有り]
Kikkawa T, Kita J, Ishimatsu A
Marine pollution bulletin   48 108-110   2004年1月   [査読有り]
石松 惇, 吉川 貴志, 林 正裕, 喜田 潤
日本海水学会誌   57(4) 285-288   2003年8月   [査読有り]
Effects of CO2 on early development and growth of red sea bream (Pagrus major)
Kikkawa T, Kita J, Ishimatsu A
Fisheries Science   68(Sup.I) 637-638   2002年   [査読有り]
喜田 潤, 吉川 貴志, 石松 惇
月刊海洋   33(11) 797-801   2001年11月
喜田 潤, 吉川 貴志, 石松 惇
日本水産学会誌   67(4) 758-759   2001年7月
井手口 佳子, 柴田 至且, 吉川 貴志
長崎県生物学会誌   (51) 5-13   2000年7月   [査読有り]
吉川 貴志, 浜野 龍夫, 林 健一
Crustacean research   (25) 93-97   1996年12月   [査読有り]
30℃および2℃においた8種の保存液(1%,3%および5%ホルマリン,1%,3%および5%中性ホルマリン,50%エチレングリコール,2.5%グルタルアルデヒド)にヤマトヌマエビcaridina japonicaの第1ゾエアを収容して遮光し,腹部に分布する色素胞の退色状況の経時変化を観察した.その結果,ゾエア幼生の色素胞の退色を防ぐ最も有効な保存方法は,2℃下においた1%ホルマリン溶液による保存であった.
吉川 貴志, 中原 春彦, 浜野 龍夫, 林 健一, 三矢 春彦
Crustacean research   (24) 194-202   1995年12月   [査読有り]
西日本に分布する両側回遊性ヌマエビ類5種,ヒメヌマエビCaridina serratirostris,トゲナシヌマエビC.typus,ミゾレヌマエビC.leucosticta,ヤマトヌマエビC.japonica,およびヌマエビ(小卵型)paratya compressa compressaの第1・第2ゾエア期幼生について,腹部の色素胞の位置と形状を観察し,それらの出現傾向を記載した.さらにこれを利用して第1・2ゾエア期幼生の種を識別する方法を示し,検索表を作成した.
Use of larval size, instead of larval stage, to study the ecology of a stomatopod crustacean Oratosquilla oratoria
Hamano T, Kikkawa T, Ueno S, Hayashi K
Fisheries Science   61(1) 165-166   1995年   [査読有り]

Misc

 
吉川 貴志, 堤 眞治
海洋生物環境研究所研究報告   (19) 43-52   2014年3月
横田 瑞郎, 渡邉 剛幸, 吉川 貴志
海洋生物環境研究所研究報告   (16) 11-28   2013年3月
横田 瑞郎, 吉川 貴志
Foods & food ingredients journal of Japan : FFIジャーナル   218(3) 216-223   2013年
眞道 幸司, 岸田 智穂, 吉川 貴志, 伊藤 康男
Marine engineering : journal of the Japan Institution of Marine Engineering = マリンエンジニアリング : 日本マリンエンジニアリング学会誌   47(5) 664-669   2012年9月   [査読有り]
横田 瑞郎, 吉川 貴志, 渡邉 剛幸
海洋と生物   34(3) 244-249   2012年6月
眞道 幸司, 岸田 智穂, 吉川 貴志, 伊藤 康男
マリンエンジニアリング   47(5) 664-669   2012年
 This paper reviews the authors' ongoing research activities for the development of toxicity tests for marine organisms and the ecological hazard assessment process for anti-fouling agents in the marine environment. Some test protocols based on th...
山田 奈海葉, 岸 道郎, 堀田 昌英, 吉川 貴志, 中田 英昭, 赤井 誠
日本船舶海洋工学会論文集   (4) 295-298   2006年12月
ISHIMATSU Atsushi, KIKKAWA Takashi, HAYASHI Masahiro, KITA Jun
日本船舶海洋工学会講演会論文集   (3) 37-38   2006年11月
林 正裕, 吉川 貴志, 石松 惇
MRIレポート : 長崎大学水産学部附属海洋資源教育研究センター年報 : annual report of Marine Research Institute, Nagasaki University   5    2003年4月

担当経験のある科目