Kunihiro Masuda

J-GLOBAL         Last updated: Dec 14, 2018 at 20:35
 
Avatar
Name
Kunihiro Masuda
Affiliation
Tohoku University
Section
University Hospital

Published Papers

 
【あたらしい外科局所解剖全図-ランドマークとその出し方】肝胆膵 Special Lecture 尾状葉門脈枝のバリエーション
益田 邦洋, 中川 圭, 青木 修一, 海野 倫明
臨床外科   73(11) 212-218   Oct 2018
【胆管癌の手術】 肝門部領域胆管癌に対する動脈再建を伴う拡大切除
中川 圭, 宮城 重人, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 元井 冬彦, 海野 倫明
手術   72(10) 1491-1498   Sep 2018
【ここまで来た ナビゲーション手術】 肝門部領域胆管癌に対する術前シミュレーションと術中応用
益田 邦洋, 中川 圭, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 元井 冬彦, 海野 倫明
消化器外科   41(9) 1305-1315   Aug 2018
【R0切除をめざした胆管癌の術前・術中・術後における診断・治療の工夫】 胆道癌に対する術後補助療法の意義と適応
高舘 達之, 中川 圭, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 林 洋毅, 海野 倫明
胆と膵   39(7) 647-651   Jul 2018
胆道癌は予後不良な疾患であり、外科的切除が根治を望める唯一の治療法であるが、根治切除は容易ではなく、切除後の再発率も高い。そのため化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療の効果が期待されるが、いまのところ高いエビデンスをもって推奨される補助療法はない。これまでの補助療法に関するメタアナリシスから、リンパ節転移陽性例や切除断端陽性例で補助療法の有効性が示唆されている。いくつかの術後補助療法第III相試験が行われているが、BILCAP試験ではper-protocol set解析で、切除後カ...
【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】 Borderline resectable膵癌に対する治療前PET SUVmax値を用いた層別化:術前治療の適応に関する考察
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
癌の臨床   63(5) 397-403   Jan 2018
切除を企図して治療を開始したBorderline resectable(BR)膵癌163例を対象とし、術前治療(N群)86例(男性49例、女性37例、中央値66歳)、手術先行(S群)77例(男性39例、女性38例、中央値69歳)であった。術前治療は86例に施行され、Gemcitabine+S1併用(GS)療法による化学療法63例、S1併用化学放射線療法(CRT)15例、両者の逐次併用が7例であった。ITT解析でN群の5年生存率は26%で、S群の12%に比べ有意に良好であった。S群の全生存期...
切除不能膵癌に対するGemcitabine+Nab-Paclitaxel療法を用いた集学的治療
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1241-1244   Nov 2017
gemcitabine+nab-paclitaxel(GN)療法は、腫瘍縮小効果が高く、転移を有する膵癌に有効性が確立している。一方、奏効例に対する補助的外科切除(conversion surgery:CS)で長期生存が得られると報告されている。切除不能膵癌に対するGN療法により企図したCSの可能性を検討した。対象は切除不能膵癌で、2015年1月以降にGN療法を開始した29例。UR-LA(主要動脈に半周以上接触)・UR-M(微小遠隔転移)で、GN療法で一定期間以上の臨床的奏効を認めた場合に...
深瀬 耕二, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 益田 邦洋, 中川 圭, 元井 冬彦, 海野 倫明
外科   79(8) 720-724   Aug 2017
肝門部胆管は門脈,動脈と近接しており,局所進行例では腫瘍はこれらの脈管に浸潤し,血管合併切除を要する症例は少なくない.門脈切除再建は安全性・有効性が期待される手技として普及しつつある.近年,肝動脈切除再建が行われるようになり,切除適応の拡大に寄与している.安全性・有効性の検証はされておらず,施設の経験に鑑み,症例ごとに予想される予後と安全性のバランスで慎重に適応を決めるべきである.(著者抄録)
【胆膵腫瘍に対する術前治療と切除前後の効果判定法】 切除企図膵癌に対する術前治療と効果判定・有効性評価
元井 冬彦, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高館 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   38(5) 471-479   May 2017
膵癌に対する術前治療は、切除を企図した症例(切除企図膵癌)に対して行われる新しい治療戦略である。治療対象は、切除可能・切除境界膵癌であり、局所制御向上と不顕性転移・播種の制御により生存成績向上を目標とする。治療効果の判定は、手術前および切除後に適切な代理指標をもって行う。画像上の腫瘍径の変化、腫瘍マーカーの推移、PETの集積値の変化(SUVmaxなど)による術前治療後・手術前の効果判定と、組織学的評価(R0、組織学的効果判定)や腫瘍マーカーの正常化による切除後の効果判定がある。術前の効果判...
【胆膵腫瘍に対する術前治療と切除前後の効果判定法】 肝外胆管癌に対する術前治療と効果判定法
中川 圭, 片寄 友, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 元井 冬彦, 海野 倫明
胆と膵   38(5) 453-458   May 2017
肝外胆管癌診断の基本は減黄前のMDCTである。EUS・IDUS・POCS・mapping biopsyなどの手法も腫瘍進展の把握に有用である。しかし、切除時に術前診断で把握不能な腫瘍進展を経験することも多い。切除可能胆道癌に対する標準治療は根治切除のみであり、術後補助化学療法のエビデンス創出が待たれるが、同時に術前治療による局所制御により手術切除でR0を獲得する意義は大きい。現在いくつかの化学療法・化学放射線療法の臨床試験が探索的に進んでいる。肝外胆管癌は腫瘤形成の要素が乏しく、また多くの...
【解剖学的変異を考慮した肝胆膵外科手術】 肝動脈変異症例に対する肝門部領域胆管癌手術
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 元井 冬彦, 海野 倫明
手術   71(6) 845-852   May 2017
【超高齢者(80歳以上)の胆膵疾患診療を考える】 高齢者膵癌に対する外科治療戦略
元井 冬彦, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高館 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   38(3) 273-278   Mar 2017
本邦の平均寿命は延伸が続いており、高齢者膵癌も増加している。膵癌根治手術の侵襲は高く、高齢者では臓器予備能の低下・併存疾患も考慮した慎重な手術適応の決定が望ましい。個人差も大きいことから一律に暦年齢で非適応とすることはできないが、高齢者では短期死亡リスクが上昇する一方、腫瘍学的な生存利得が少ないことが報告されており、個々のリスク・ベネフィットを十分に勘案する必要がある。実臨床においては、各施設・担当医の裁量で、手術や術後補助療法施行を手控える判断がなされており、結果として高齢者の周術期成績...
林 洋毅, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 海野 倫明
手術   70(12) 1577-1587   Nov 2016
【膵・胆道癌の治療戦略:こんなときどうするか?-ガイドラインにないエキスパートオピニオン-】 肝内胆管癌で腹腔内リンパ節はどこまで切除するか?
益田 邦洋, 中川 圭, 深瀬 耕二, 元井 冬彦, 海野 倫明
胆と膵   37(6) 505-510   Jun 2016
肝内胆管癌は外科的切除が唯一の根治治療とされているが、根治切除後も再発が多く生存率の低い難治の癌である。とくにリンパ節転移は有力な予後不良因子とされているが、腹腔内の領域リンパ節の規定や郭清範囲は明確に定められていない。当科では肝門部に近接する腫瘤形成型肝内胆管癌や、胆管浸潤を伴う腫瘤形成型+胆管浸潤型の肝内胆管癌に対しては、肝門部領域胆管癌に準じ、拡大肝葉切除+肝外胆管切除+リンパ節郭清を標準術式とし、肝十二指腸間膜、総肝動脈幹、上膵頭後部のリンパ節郭清を行う。左葉が主座のものには胃小彎...
【膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法の進歩】 慢性膵炎のFrey術後の栄養状態の変化
江川 新一, 佐々木 宏之, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   37(2) 185-189   Feb 2016
背景と目的:Frey手術は切除術に比較して低侵襲で疼痛除去効果が高く、進行した慢性膵炎に対するすぐれた術式である。当科症例に基づくFrey手術後の栄養状態の変化と管理のあり方を検討する。対象と方法:当科でFrey手術を施行され1年以上経過し、かつ栄養指標と膵酵素製剤の投与状況が判明している35例。栄養指標の時間的推移を検討した。結果:血清中の蛋白質は術後3ヵ月で回復するが、長期間後に低蛋白血症で重篤な病態を呈する症例もあった。脂肪の異常値は術後長期に出現することが多かった。膵性糖尿病に対す...
【新たに定義された"肝門部領域胆管癌"の診断と治療】 外科治療と内科治療 術前術後補助療法
中川 圭, 片寄 友, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 元井 冬彦, 海野 倫明
胆と膵   37(1) 95-99   Jan 2016
今回の規約改訂でこれまでの肝門部胆管癌に肝門型の肝内胆管癌が加わって、肝門部領域胆管癌として定義された。進行度評価が統一され精査や術式の選択において理解しやすい定義である。しかし、病理学的に類似の性質をもっている部分があるが、予後を規定する因子はそれぞれ評価が分かれる可能性もあり、補助療法の適応選択の面からも、今後も前向きに両者の比較検討が必要である。肝門部領域胆管癌の切除後再発は多く、本邦でも術後補助療法が経験的に施行される場合があるが、根治切除症例に対して周術期補助療法のエビデンスはな...
【新たに定義された"肝門部領域胆管癌"の診断と治療】 治療方針決定のためのCTおよびMRI
片寄 友, 中川 圭, 益田 邦洋, 元井 冬彦, 海野 倫明
胆と膵   37(1) 29-36   Jan 2016
胆道癌取扱い規約第6版の改訂により、"肝門部領域胆管癌"が定義され、従来の二次分枝より末梢の胆管から発生した肝内胆管癌の肝門浸潤型も肝門部領域胆管癌に組みこまれるようになった。これは外科治療的視点からみた場合、発生部位が肝内胆管であるか肝外胆管であるかを問わずに術式の選択が統一されて術式が決定できる。そのため、"肝門部領域胆管癌"が定義されたことは外科的な臨床には有益な分類と考える。本稿では、"肝門部領域胆管癌"の治療方針決定のためのCT/MRIについて、治療方針決定のための具体的な診断法...
【新 膵癌治療-アブラキサン・FOLFIRINOXをどう使うか】 膵癌術前・術後化学療法 切除企図膵癌に対する術前・術後補助化学療法
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
肝・胆・膵   71(1) 63-71   Jul 2015
【Borderline resectable膵癌の最前線-診断・治療法はどう変わったか-】 BR膵癌の切除可能性をどのように決定するか?
元井 冬彦, 青木 修一, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
胆と膵   36(5) 435-440   May 2015
Borderline resectable膵癌(BR膵癌)は、癌遺残のない(R0)切除が困難な膵癌である。定義には変遷があり、充分なコンセンサスは得られていない。局所進展度・切除能の判定にはMD-CTが有用であり、適切な条件で撮像された画像で主要血管と腫瘍の関係を評価する必要がある。しかし、CT所見は炎症や治療経過の修飾を受けることがあるため、他の検査なども含め総合的に判断する必要がある。門脈浸潤のみであれば合併切除・再建を前提として切除可能性を判断する。一方、動脈接触例に対しては合併切除...
【膵癌の最新治療】 Borderline resectable膵癌と術前化学療法 Resectable/borderline resectable膵癌に対するhigh volume centerの取り組み Borderline resectable膵癌に対する術前治療
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
外科   77(5) 517-522   May 2015
Borderline resectable(BR)膵癌とは,癌遺残のない切除(R0切除)が困難である術前状態を示すものであるが,その定義はまだ収斂していない.当科で切除を企図した312例のBR膵癌を対象に,intention-to-treat(ITT)解析とper protocol解析で,術前治療の意義と最適な治療法探索を行った.術前治療群はより進行した対象を含んでいたが,ITT解析で有意に生存期間が長く,治療法として化学放射線療法,GS併用療法で生存期間が長い傾向を認めた.今後,共通の定...
【進行膵・胆道癌における血管合併切除の諸問題】 肝門部領域胆管癌における門脈浸潤例の切除戦略
益田 邦洋, 中川 圭, 元井 冬彦, 海野 倫明
胆と膵   36(3) 213-219   Mar 2015
肝門部領域胆管癌の外科治療は、画像診断の進歩と、胆道ドレナージや門脈塞栓術などの術前管理により近年安全に施行できるようになった。多くのハイボリュームセンターにおいて、肝門部領域胆管癌における門脈合併切除再建術は、門脈合併切除を要しない場合と比較しても安全性は同等で、長期予後についても、一定の治療効果が報告されており標準治療の一つと考えられる。当科の進行肝門部領域胆管癌に対する門脈合併切除再建併施症例の5年生存率は切除を必要としない症例と同等であり、門脈合併切除の妥当性が示唆される。本稿では...
術後8年で局所・遠隔転移再発を認めた通常型膵癌の1例
谷口 肇, 水間 正道, 元井 冬彦, 阿部 友哉, 岡田 良, 川口 桂, 唐澤 秀明, 益田 邦洋, 藪内 伸一, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 岡田 恭穂, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 2193-2195   Nov 2014
症例は50歳台、女性。径4cm大の膵頭部癌の診断で2005年2月に膵頭十二指腸切除術、上腸間膜静脈楔状切除術および術中放射線照射(9Mev、20Gy)を施行した。病理組織学的には中分化型管状腺癌で、膵癌取扱い規約第6版ではpT3N1M0、pStage IIIと診断され、R0切除が施行された。gemcitabine(GEM)による術後補助化学療法を3年6ヵ月間施行した。その後は、腫瘍マーカーを1ヵ月ごとに測定し、CTを術後5年までは6ヵ月ごと、それ以降は1年ごとに施行しフォローアップした。術...
益田 邦洋, 吉田 寛, 片寄 友, 海野 倫明
臨床外科   69(11) 162-164   Oct 2014
<最近の知見と重要ポイント>大腸癌をはじめ転移性肝癌肝切除症例では,術前に化学療法が施行されていることが多い.術前の化学療法により,肝障害や術後合併症が増加する危険がある.イリノテカンによる脂肪性肝炎,オキサリプラチンによるsinusoidal obstruction syndrome(SOS)など,レジメン特有の肝障害が知られている.化学療法後の肝切除では,肝障害のリスクと程度を十分に評価する必要がある.化学療法後の肝切除においても,ERASプログラムの導入は可能である.(著者抄録)
【胆膵癌の化学療法の最前線】 膵癌に対する術前化学療法の有効性評価
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 青木 豪, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
消化器内科   58(6) 817-824   Jun 2014
膵癌に対する術前治療を標準治療として確立させるために術前治療による有効性の評価とともに、あわせて最適なレジメンについて検討した。対象は2004年1月〜2013年12月の10年間に著者らの大学病院肝胆膵外科にて切除を企図して治療を開始した膵管癌382例とした。これらを基に切除可能151例と切除境界231例に分け、治療戦略別(surgery-first:232例、neoadjuvant:150例)に切除率、RO切除率、生存率を求めて比較した。その結果、1)切除可能例の切除率はneoadjuva...
【胆道癌として外科切除された鑑別困難病変の検証-画像と病理所見の対比-】 胆嚢癌と鑑別困難な黄色肉芽腫性胆嚢炎切除例
益田 邦洋, 吉田 寛, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   35(3) 283-289   Mar 2014
黄色肉芽腫性胆嚢炎(xanthogranulomatous cholecystitis:XGC)は周囲臓器に浸潤性に炎症が波及することで、胆嚢癌との鑑別が困難となる。症例は67歳男性で、慢性膵炎で当院通院中であったが、右季肋部痛を主訴に来院、胆嚢癌疑いで精査目的に入院した。CT、MRIで胆嚢壁の不整な肥厚、肝門部胆管、十二指腸、結腸への浸潤像を認め、PET-CTで集積を認め、浸潤性胆嚢癌が疑われた。ERCでは右肝管の狭窄像を呈するも、胆汁細胞診、擦過細胞診で悪性所見は認めなかった。鑑別診断...
【膵癌に対する術前治療をめぐって】 切除可能膵癌に対する術前治療の有効性
元井 冬彦, 川口 圭, 益田 邦洋, 青木 豪, 工藤 克昌, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
胆と膵   35(1) 19-24   Jan 2014
膵癌は依然として高度進行癌で発見され、切除例の治療成績も不良である。切除可能膵癌の標準治療は、手術先行+術後補助化学療法であるが、治療を企図された症例のうち、少なからず症例は標準治療を受けることができない。術前治療は切除率を上げたり、無効例に対する症例選別などの意義が示唆されており、他の癌腫ではすでに標準治療の一部を担っている。膵癌でもほとんどの症例が術前治療の恩恵を受ける可能性があるものの、切除可能膵癌に対する意義は充分に明らかにされているとは言えない。術前治療として有力な治療レジメンと...

Misc

 
巨大後腹膜腫瘍切除後に椎骨動脈瘤破裂による気道閉塞から心肺停止をきたした神経線維腫症の1例
三浦 孝之, 伊関 雅裕, 畠 達夫, 高舘 達之, 有明 恭平, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣, 海野 倫明
Japanese Journal of Acute Care Surgery   8(1) 84-84   Sep 2018
【ここまで来た ナビゲーション手術】 肝門部領域胆管癌に対する術前シミュレーションと術中応用
益田 邦洋, 中川 圭, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 元井 冬彦, 海野 倫明
消化器外科   41(9) 1305-1315   Aug 2018
胆嚢癌のリスクファクターは何か? 胆嚢癌における術前予後危険因子抽出の必要性
中川 圭, 益田 邦洋, 海野 倫明
胆道   32(3) 437-437   Aug 2018
術後狭窄 膵頭十二指腸切除後、胆管空腸吻合部狭窄のリスク因子と対策
伊関 雅裕, 大塚 英郎, 畠 達夫, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 滝川 哲也, 菅野 敦, 正宗 淳, 海野 倫明
胆道   32(3) 497-497   Aug 2018
肝門部領域胆管癌における両葉ドレナージが門脈塞栓術後肝肥大に及ぼす影響
益田 邦洋, 中川 圭, 深瀬 耕二, 伊関 雅裕, 高館 達之, 大塚 英郎, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 菅野 敦, 正宗 淳, 海野 倫明
胆道   32(3) 611-611   Aug 2018
同時性・異時性多発病変を呈した胆管癌の1例
吉町 信吾, 大塚 英郎, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 藤島 史喜, 内藤 剛, 海野 倫明
胆道   32(3) 638-638   Aug 2018
胆管非拡張型の膵・胆管合流異常に合併した若年発症肝門部領域胆管癌の1例
高橋 裕季, 大塚 英郎, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
胆道   32(3) 652-652   Aug 2018
【R0切除をめざした胆管癌の術前・術中・術後における診断・治療の工夫】 胆道癌に対する術後補助療法の意義と適応
高舘 達之, 中川 圭, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 林 洋毅, 海野 倫明
胆と膵   39(7) 647-651   Jul 2018
胆道癌は予後不良な疾患であり、外科的切除が根治を望める唯一の治療法であるが、根治切除は容易ではなく、切除後の再発率も高い。そのため化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療の効果が期待されるが、いまのところ高いエビデンスをもって推奨される補助療法はない。これまでの補助療法に関するメタアナリシスから、リンパ節転移陽性例や切除断端陽性例で補助療法の有効性が示唆されている。いくつかの術後補助療法第III相試験が行われているが、BILCAP試験ではper-protocol set解析で、切除後カ...
GIST肝転移手術症例の検討
吉町 信吾, 大塚 英郎, 有明 恭平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 中川 圭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 39-39   Jul 2018
【胆膵】胆管癌に対する術前治療の意義 胆管癌に対する術前化学放射線療法の有用性とその適応
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 大塚 英郎, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 68-68   Jul 2018
【肝】肝内胆管癌の予後改善に向けた取り組み 腫瘤形成型肝内胆管癌に対するリンパ節郭清を伴う胆管切除の意義
益田 邦洋, 中川 圭, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 267-267   Jul 2018
血管合併切除を伴う肝門部領域胆管癌手術
深瀬 耕二, 益田 邦洋, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 宮城 重人, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 653-653   Jul 2018
噴門側胃切後の十二指腸乳頭部癌に対して右胃動脈温存膵頭十二指腸切除術を施行し術中血流評価を行った1例
高橋 裕季, 益田 邦洋, 有明 恭平, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 内藤 剛, 元井 冬彦, 亀井 尚, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 690-690   Jul 2018
胆管癌におけるFBXW7発現の意義と基質MCL1を介した分子メカニズム
盛 彬子, 益田 邦洋, 有明 恭平, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   73回 741-741   Jul 2018
先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常における術後長期合併症の検討
大塚 英郎, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本小児外科学会雑誌   54(3) 559-559   May 2018
膵癌における術前治療と効果判定-画像・病理診断と腫瘍マーカーを中心に- 膵癌術前治療における組織効果と画像・腫瘍マーカーの変化との関係
水間 正道, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 内藤 剛, 亀井 尚, 菅野 敦, 正宗 淳, 古川 徹, 海野 倫明
膵臓   33(3) 355-355   May 2018
初診時局所進行切除不能膵癌に対する治療戦略
林 洋毅, 有明 恭平, 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 亀井 尚, 海野 倫明
膵臓   33(3) 457-457   May 2018
CD-DST法を用いた抗癌剤感受性試験は膵癌術後補助治療の有効性を予測する
有明 恭平, 元井 冬彦, 水間 正道, 林 洋毅, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 畠 達夫, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
膵臓   33(3) 501-501   May 2018
腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術の術後成績 脾合併切除術との比較から
森川 孝則, 石田 晶玄, 高舘 達之, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   33(3) 529-529   May 2018
膵管内乳頭粘液性腺癌の予測診断における血清抗p53抗体測定の意義
畠 達夫, 水間 正道, 元井 冬彦, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 亀井 尚, 内藤 剛, 古川 徹, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   33(3) 552-552   May 2018
膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の治療戦略の検討
高舘 達之, 森川 孝則, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   33(3) 553-553   May 2018
膵手術と短期成績 膵管空腸側側吻合術(Lateral pancreatico-jejunostomy)
石田 晶玄, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 武者 宏昭, 森川 孝則, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 382-382   Apr 2018
IPMNとIPNB-診断と治療のアップデート- 新分類(type1、type2)による胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例の検討
水間 正道, 青木 泰孝, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣, 古川 徹, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 560-560   Apr 2018
Border line膵癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)の意義 腹腔動脈接触角度と術前治療有無からみた、当科DP-CAR症例の予後の検討
林 洋毅, 元井 冬彦, 水間 正道, 有明 恭平, 畠 達夫, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 607-607   Apr 2018
UR膵癌に対する治療戦略 切除不能膵癌に対するConversion Surgey(CS)の適応 無再発生存期間の目標設定に基づくCS実施基準の再考
元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 川口 桂, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 江川 新一, 内藤 剛, 石田 孝宣, 亀井 尚, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 619-619   Apr 2018
安全に配慮した高難度腹腔鏡下膵切除 Referee systemを用いた安全な腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の導入
森川 孝則, 石田 晶玄, 高舘 達之, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 宮城 重人, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 686-686   Apr 2018
進行胆嚢癌に対する集学的治療と新たな治療 進行胆嚢癌の治療成績から見た手術適応と治療戦略
益田 邦洋, 林 洋毅, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 696-696   Apr 2018
胆管癌における予後予測因子としてのFBXW7発現の意義と分子メカニズム
盛 彬子, 益田 邦洋, 四條 正浩, 有明 恭平, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 藤島 史喜, 内藤 剛, 石田 孝宣, 亀井 尚, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 989-989   Apr 2018
膵神経内分泌腫瘍のWHO2017分類におけるNET-G3とNEC-G3の比較検討
青木 豪, 大塚 英郎, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 江川 新一, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 1014-1014   Apr 2018
重症急性胆嚢炎の治療戦略
大塚 英郎, 森川 孝則, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 1691-1691   Apr 2018
肝門部領域胆管癌における腹腔洗浄細胞診の意義
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 畠 達夫, 有明 恭平, 石田 晶玄, 大塚 英郎, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 石田 孝宣, 亀井 尚, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2032-2032   Apr 2018
Stomatin like protein 2はEMTを介した膵癌細胞の移動浸潤能を制御する
有明 恭平, 党 超, 大塚 英郎, 元井 冬彦, 水間 正道, 林 洋毅, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 中川 圭, 森川 孝則, 畠 達夫, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2454-2454   Apr 2018
CA19-9正常膵癌の検討
水間 正道, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 亀井 尚, 下瀬川 徹, 海野 倫明
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A288-A288   Apr 2018
当科における臨時・緊急膵手術症例の検討
森川 孝則, 元井 冬彦, 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大沼 忍, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   38(2) 444-444   Feb 2018
合併症ゼロを目指した手術(胆膵) 合併症の軽減を目指した肝門部領域胆管癌手術
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 石田 晶玄, 水間 正道, 大塚 英郎, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 376-376   Oct 2017
シミュレーション手術の新展開 当科における腹腔鏡下膵尾側切除術の術前シミュレーション、術中ナビゲーションの取組み
石田 晶玄, 森川 孝則, 高舘 達之, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 401-401   Oct 2017
Borderline resectable膵癌に対する治療戦略 動脈接触を伴う膵癌に対する化学放射線療法の有用性
林 洋毅, 元井 冬彦, 水間 正道, 森川 孝則, 中川 圭, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 石田 晶玄, 益田 邦洋, 有明 恭平, 前田 晋平, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 429-429   Oct 2017
膵管拡張範囲に基づいた主膵管型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の術式選択と治療方針
畠 達夫, 水間 正道, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 705-705   Oct 2017
膵頭十二指腸切除術後の腹腔内膿瘍からメタロβラクタマーゼ産生Enterococcus cloacaeが検出された1例
永間 正道, 畠 達夫, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本外科感染症学会雑誌   14(5) 651-651   Oct 2017
「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 肝・胆・膵 肝外胆管癌の治療戦略
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 WS11-4   Oct 2017
術前画像診断による十二指腸乳頭部癌リンパ節転移診断
伊関 雅裕, 中川 圭, 高舘 達之, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 前田 晋平, 有明 恭平, 石田 晶玄, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A841-A841   Sep 2017
遠位胆管癌へのアプローチ 各診療科のコラボレーション 遠位胆管癌切除例の予後不良因子と術後補助化学療法の有用性
益田 邦洋, 中川 圭, 海野 倫明
胆道   31(3) 410-410   Aug 2017
当科における二次性肝内結石症に対する治療
伊関 雅裕, 中川 圭, 高舘 達之, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
胆道   31(3) 508-508   Aug 2017
肝門部領域胆管癌に対するS-1術後補助化学療法
深瀬 耕二, 吉町 信吾, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 大塚 英郎, 水間 正道, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆道   31(3) 557-557   Aug 2017
十二指腸乳頭部混合型腺神経内分泌癌(MANEC)の一例
吉町 信吾, 大塚 英郎, 有明 恭平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 水間 正道, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 藤島 史喜, 海野 倫明
胆道   31(3) 590-590   Aug 2017
LRRFIP1発現抑制膵癌細胞におけるJNKを介したアポトーシス誘導とゲムシタビン感受性変化の検討
川崎 修平, 大塚 英郎, 堂地 大輔, 有明 恭平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   72回 PK1-5   Jul 2017
胆道ドレナージが門脈塞栓後代償性肝肥大に与える影響
深瀬 耕二, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 益田 邦洋, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   72回 PN2-3   Jul 2017
胆管細胞癌に対する治療戦略 肝門部領域のMF型およびMF+PI型肝内胆管癌と肝門部胆管癌との治療成績の比較
益田 邦洋, 中川 圭, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   72回 O2-97   Jul 2017
膵切除後膵液瘻の予防と対策 膵瘻の危険因子から考える至適吻合法
中川 圭, 元井 冬彦, 深瀬 耕二, 水間 正道, 益田 邦洋, 大塚 英郎, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   72回 O3-125   Jul 2017
膵NETの診療ガイドラインの問題点と今後の展望 外科治療の観点から診療ガイドラインを考える 至適術式・リンパ節郭清範囲
青木 豪, 石田 晶玄, 伊関 雅裕, 前田 晋平, 有明 恭平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   32(3) 311-311   May 2017
膵癌取扱い規約第7版によるBorderline resectable膵癌の特徴と治療戦略 BR膵癌に対する術前治療戦略
元井 冬彦, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 水間 正道, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   32(3) 367-367   May 2017
膵癌切除後症例に対するCD-DST法を用いた感受性試験の現状と問題点
有明 恭平, 元井 冬彦, 水間 正道, 林 洋毅, 前田 晋平, 高舘 達之, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 森川 孝則, 中川 圭, 坂田 直昭, 石田 晶玄, 内藤 剛, 海野 倫明
膵臓   32(3) 505-505   May 2017
当科における術後膵瘻の再検討 ISGPS2016の改訂を受けて
森川 孝則, 元井 冬彦, 水間 正道, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
膵臓   32(3) 522-522   May 2017
男性に発生した粘液性嚢胞性腫瘍(MCN)の1例
高舘 達之, 水間 正道, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
膵臓   32(3) 634-634   May 2017
Precision medicine bench to bedside LC-MS/MS蛋白質絶対定量法をもちいた腫瘍組織中薬物代謝関連蛋白質発現量測定の、周術期ゲムシタビン療法効果予測への応用 前向き臨床試験
大塚 英郎, 川口 桂, 井上 亨悦, 四條 正浩, 有明 恭平, 高舘 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 立川 正憲, 寺崎 哲也, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SY-7   Apr 2017
肝門部胆管癌手術のコツとピットフォール 肝門部領域胆管癌における膵内胆管へのアプローチ
深瀬 耕二, 中川 圭, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SY-10   Apr 2017
肝再生を考慮した肝切除 基礎から臨床へ 多層的オミックス解析による門脈塞栓後代償性肝肥大の分子メカニズムの解明
佐藤 好宏, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 加藤 恭丈, 松本 光代, 蝦名 真行, 有明 恭平, 益田 邦洋, 水間 正道, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 五十嵐 和彦, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 WS-2   Apr 2017
Borderline resectable膵癌に対する集学的治療 Borderline resectable膵癌に対する治療前PET SUVmax値を用いた層別化 術前治療の適応
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 WS-10   Apr 2017
肝内胆管癌の局在および多様性から見た術式選択 肝門部領域のMF型およびMF+PI型肝内胆管癌の治療成績
益田 邦洋, 中川 圭, 深瀬 耕二, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 青木 豪, 石田 晶玄, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 WS-19   Apr 2017
安全性および医療倫理に留意した胆膵内視鏡外科手術
森川 孝則, 石田 晶玄, 高館 達之, 大塚 英郎, 青木 豪, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 大沼 忍, 田中 直樹, 深瀬 耕二, 阿部 友哉, 水間 正道, 坂田 直昭, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SF-42   Apr 2017
開腹下経回結腸静脈門脈経路による門脈ステント留置術
前田 晋平, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-050   Apr 2017
当科の混合型IPMN切除例の後方視的検討
高舘 達之, 森川 孝則, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-139   Apr 2017
膵切除例における偶発的膵神経内分泌腫瘍併発例の検討
初沢 悠人, 水間 正道, 志村 充広, 高舘 達之, 阿部 友哉, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 江川 新一, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-218   Apr 2017
膵癌術前治療後の低骨格筋量は予後不良因子である
志村 充広, 水間 正道, 阿部 友哉, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-224   Apr 2017
がん抑制遺伝子PHLDA3の膵島移植における特性
坂田 直昭, 大木 理恵子, 佐藤 英昭, 吉松 軍平, 青木 豪, 石田 晶玄, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明, 角 昭一郎
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A282-A282   Mar 2017
進行膵癌に対する審査腹腔鏡の有用性
高舘 達之, 森川 孝則, 石田 晶玄, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   21(7) OS79-7   Dec 2016
切除不能から可能へ Conversion Therapy(肝・胆・膵) Initially unresectable pancreatic cancerに対するadjuvant surgeryの意義
林 洋毅, 水間 正道, 前田 晋平, 有明 恭平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 353-353   Oct 2016
肝膵同時切除の適応と手技の工夫 広範囲胆管癌の胆管断端ステータスと切除成績
益田 邦洋, 中川 圭, 深瀬 耕二, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 石田 昌玄, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 356-356   Oct 2016
内視鏡下手術でのトラブル 次の一手!(肝・胆・膵) 腹腔鏡下膵体尾部切除術のpitfallとrecovery shot
森川 孝則, 石田 昌玄, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 371-371   Oct 2016
Borderline Resectable膵癌に対する治療成績と展望 borderline resectable膵癌に対する術前治療と腫瘍マーカー陰性化の意義
水間 正道, 元井 冬彦, 林 洋毅, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 391-391   Oct 2016
膵体尾部切除における膵断端処理の工夫 当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の術後膵瘻の予防法
石田 晶玄, 森川 孝則, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 406-406   Oct 2016
術後肝予備能維持にむけたBest Practice アシアロシンチを用いた門脈塞栓術後の肝予備能の検討
佐藤 正規, 深瀬 耕二, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 416-416   Oct 2016
当科における膵粘液性嚢胞腫瘍切除例の後方視的検討
高舘 達之, 森川 孝則, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 765-765   Oct 2016
切除不能膵癌に対するGemcitabine+Nab-Paclitaxel(GN)療法を用いた集学的治療 Planned Adjuvant Surgeryの試み
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 767-767   Oct 2016
巨大肝粘液性嚢胞腺癌(MCN)の一切除例
初沢 悠人, 中川 圭, 水間 正道, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 954-954   Oct 2016
術前化学療法、放射線療法と術後感染 膵胆道癌術前治療は膵頭十二指腸切除術の手術部位感染を増加させるか?
水間 正道, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本外科感染症学会雑誌   13(5) 467-467   Oct 2016
膵癌・胆管癌術後SSI発生予測における血流依存性血管拡張反応(FMD)検査の後方視的検討
高舘 達之, 水間 正道, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科感染症学会雑誌   13(5) 548-548   Oct 2016
膵臓 進行膵がんに対するアプローチ 画像診断陰性の転移(M1)膵癌切除例の予後因子 術前・術中因子による切除適応の再検討
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS15-3   Oct 2016
胆道 胆道がんに対する集学的治療 胆管癌切除例に対するgemcitabine補助化学療法の検討
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 石田 晶玄, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS32-2   Oct 2016
膵臓 膵がん治療の個別化に向けて 膵癌企途切症例に対する薬剤感受性試験(CD-DST法)から見た抗癌剤治療の有用性について
有明 恭平, 元井 冬彦, 水間 正道, 前田 晋平, 高館 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS1-2   Oct 2016
膵臓 膵がんに対する化学療法の新展開 切除不能膵癌一次治療におけるnab-paclitaxel+gemcitabineの治療成績
前田 晋平, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS3-2   Oct 2016
膵臓 外科切除における検討 膵癌術前治療の効果判定におけるPETの有用性
水間 正道, 有明 恭平, 前田 晋平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS76-3   Oct 2016
腹腔内出血を伴う外傷性膵・十二指腸損傷に対してIVRを先行し一期的に膵頭十二指腸切除を施行した1例
遠山 慎吾, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 工藤 克昌, 深瀬 耕二, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 高瀬 圭, 海野 倫明
Japanese Journal of Acute Care Surgery   6(2) 219-219   Sep 2016
膵胆管合流異常に対する腹腔鏡下肝外胆管切除術 開腹術、腹腔鏡下およびロボット手術の比較
森川 孝則, 大塚 英郎, 石田 昌玄, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   39 44-44   Aug 2016
胆道癌術後合併症発生予測における血流依存性血管拡張反応(FMD)検査の有用性の後方視的検討
高舘 達之, 水間 正道, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆道   30(3) 498-498   Aug 2016
門脈塞栓後代償性肝肥大予測因子の検討
深瀬 耕二, 高舘 達之, 益田 邦洋, 大塚 英郎, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   71回 P1-59   Jul 2016
進行胆嚢癌の外科治療成績から見た手術適応と治療戦略
益田 邦洋, 林 洋毅, 大塚 英郎, 水間 正道, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   71回 P1-61   Jul 2016
術中操作がもたらす膵癌腹膜播種再発の危険性 予防を目指した臨床研究への取り組み
有明 恭平, 元井 冬彦, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 水間 正道, 林 洋毅, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   71回 P1-66   Jul 2016
外科における基礎的研究 セレンディピティーを求めて 膵癌細胞におけるWnt関連蛋白LRRFIP1による上皮間葉転換の制御と、浸潤転移機構の解析
大塚 英郎, 堂地 大輔, 有明 恭平, 川崎 修平, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会総会   71回 WS7-2   Jul 2016
Surgical approach for HBP surgery; Major vessel resection and reconstruction in HBP surgery 肝門部領域胆管癌に対する血管合併切除の手術手技と治療成績(Surgical approach for HBP surgery: Major vessel resection and reconstruction in HBP surgery Surgical technique and outcome of major ve
深瀬 耕二, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 水間 正道, 大塚 英郎, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 341-341   Jun 2016
Conversion surgery for patients with unresectable pancreato-biliary cancer BR-A膵癌に対するAdjuvant surgeryおよび術後CA19-9陰性化の意義(Conversion surgery for patients with unresectable pancreato-biliary cancer The impact of the adjuvant surgery and the normalization of p
林 洋毅, 佐藤 好宏, 青木 修一, 前田 晋平, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 江川 新一, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 367-367   Jun 2016
血流依存性血管拡張反応(FMD)検査と膵頭十二指腸切除術周術期合併症の検討(Usefulness of flow mediated dilation(FMD) test for prediction of postoperative complications in pancreatoduodenectomy)
高舘 達之, 水間 正道, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 394-394   Jun 2016
先天性胆管拡張症に対する腹腔鏡下肝外胆管切除術 腹腔鏡下およびロボット手術の経験
森川 孝則, 内藤 剛, 石田 昌玄, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 405-405   Jun 2016
広範囲胆管癌に対する肝膵同時切除
中川 圭, 深瀬 耕二, 益田 邦洋, 高館 達之, 青木 修一, 谷口 肇, 石居 健太郎, 前田 晋平, 有明 恭平, 青木 豪, 石田 晶玄, 水間 正道, 大塚 英郎, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 425-425   Jun 2016
安全な腹腔鏡下膵切除術のための工夫と対策
石田 晶玄, 森川 孝則, 石居 健太郎, 谷口 肇, 深瀬 正彦, 佐藤 好宏, 青木 修一, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 453-453   Jun 2016
膵頭十二指腸切除術後周術期血糖管理標準化の試み
大塚 英郎, 元井 冬彦, 有明 恭平, 前田 晋平, 高舘 達之, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 459-459   Jun 2016
膵癌大動脈周囲リンパ節転移陽性例の切除成績
水間 正道, 元井 冬彦, 有明 恭平, 高舘 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 499-499   Jun 2016
膵癌術前治療における骨格筋量と予後に関する検討
志村 充広, 水間 正道, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 499-499   Jun 2016
膵全摘76例の手術成績と長期予後
前田 晋平, 水間 正道, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 509-509   Jun 2016
腫瘤形成型肝内胆管癌に対する胆管切除を伴うリンパ節郭清
益田 邦洋, 中川 圭, 前田 晋平, 高舘 達之, 有明 恭平, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 581-581   Jun 2016