MISC

2015年8月

高速炉模擬燃料集合体内ワイヤピン周りの詳細流動解析

日本機械学会関東支部茨城講演会2015講演論文集
  • 菊地 紀宏
  • ,
  • 大島 宏之
  • ,
  • 今井 康友*
  • ,
  • 檜山 智之
  • ,
  • 西村 正弘
  • ,
  • 田中 正暁

開始ページ
179
終了ページ
180
記述言語
日本語
掲載種別

ナトリウム冷却型高速炉の経済性向上策の一つとして燃料の高燃焼度化が挙げられるが、その実現にはスエリング等による燃料ピン変形状態および変形時の燃料集合体内の熱流動現象を詳細に評価する必要がある。原子力機構では、燃料集合体熱流動詳細解析コードSPIRALを整備し、種々の検証解析を実施し、コード適用性を確認してきた。本報では、燃料ピン周りの詳細な速度分布が得られている3本ピン水試験を対象に試験解析を実施し、集合体内の速度場を精度よく再現できることを確認した。これにより、燃料集合体内ギャップ部における流れ場に対し、SPIRALに組み込まれたHybrid型乱流モデルが高い適用性を持つことを示した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5052950

エクスポート
BibTeX RIS