蒔田浩平

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/14 04:49
 
アバター
研究者氏名
蒔田浩平
 
マキタコウヘイ
eメール
kmakitarakuno.ac.jp
URL
http://veterinaryepidemiology.jp/
所属
酪農学園大学
部署
獣医学部
職名
準教授
学位
博士(エディンバラ大学)

プロフィール

One Health, Ecohealthを目指す獣医疫学者

受賞

 
2017年3月
獣医疫学会 優秀ポスター賞 北海道・根室におけるキタキツネ糞便数に影響する生態学的因子の多変数空間解析
受賞者: 唐澤迪子・浦口宏二・早山陽子・蒔田浩平
 
2014年3月
Journal of Veterinary Epidemiology Best article award The effects of the types of post milking teat disinfectants on the occurrence and cost of mastitis caused by Staphylococcus aureus among dairy herds in Okhotsk, Japan
受賞者: 蒔田浩平ら
 

論文

 
Brucellosis risk in urban and agro-pastoral areas in Tanzania
Asakura S, Makingi G, Kazwala R, Makita K
Ecohealth   DOI 10.1007/s10393-017-1308-z   2018年   [査読有り]
Factors associated with farm-level infection of porcine epidemic diarrhea during the early phase of the epidemic in Japan in 2013 and 2014
Toyomaki H, Sekiguchi S, Sasaki Y, Sueyoshi M, Makita K
Preventive Veterinary Medicine   150 77-85   2018年   [査読有り]
Herd-level risk factors associated with Leptospira Hardjo infection in dairy herds in the southern Tohoku, Japan
Miyama T, Watanabe E, Ogata Y, Urushiyama Y, Kawahara N, Makita K
Preventive Veterinary Medicine   149 15-20   2018年   [査読有り]
Animal insurance and farmer's behavior in Vietnam
Kono H, Kubota S, Senbokuya Y, Makita K, Nishida T, Tran MH
Asian Journal of Agricultural Extension, Economics & Sociology   16(2) 1-12   2017年   [査読有り]
Risk assessment of campylobacteriosis due to consumption of roast beef served in beer bars in Arusha, Tanzania
Makita K, Mahundi E, Toyomaki H, Ishihara K, Sanka P, Kaaya EJ, Grace D, Kurwijila LR
Journal of Veterinary Epidemiology   21(1) 55-64   2017年   [査読有り]

Misc

 
我が国における狂犬病リスクの評価
蒔田浩平・門脇弾・唐仁原景昭・山田章雄
Journal of Veterinary Medicine   69(4) 247-251   2016年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学<成牛編>
及川伸・蒔田浩平ら (担当:共著, 範囲:疫学に関する章)
緑書房   2017年   
Food Safety and Informal Markets –Animal products in sub-Saharan Africa-
Roesel K, Grace D, Makita K, et al. (担当:共著, 範囲:Risk assessment in informal markets)
Routledge, Oxford   2015年   
獣医公衆衛生学I
蒔田浩平ら (担当:共著, 範囲:リスクアナリシス)
文永堂   2014年   
獣医疫学第二版
蒔田浩平ら (担当:共著, 範囲:参加型疫学)
緑書房   2012年   

講演・口頭発表等

 
鹿児島県、宮崎県のPED発生農場における馴致効果の検証
山上泰輝・三山豪士・豊巻治也・関口敏・佐々木羊介・末吉益雄・蒔田浩平
家畜感染症学会   2017年12月8日   
Sampling strategy and multivariable analysis in the AMR monitoring [招待有り]
蒔田浩平
Antimicrobial Resistance Seminar from Food Safety Perspective. Joint OIE seminar with National Veterinary Assay Laboratory.   2017年10月19日   
獣医疫学によるOne Health、Ecohealthの推進 [招待有り]
蒔田浩平
第27回日本数理生物学会年会   2017年10月6日   
根室地区におけるマイコプラズマ乳房炎の発生に関する疫学調査
藤本悠里・伊藤弘貴・樋口豪紀・蒔田浩平・大野浩
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
ウガンダ・ムバララ県の酪農場における乳房炎発生状況と搾乳衛生調査
三山豪士・村田亮・岡村郁夫・Byaruhanga Joseph・村松康和・蒔田浩平
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
豚由来大腸菌における共選択機構
蒔田浩平
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
タンザニア国農業放牧混合地域における牛ブルセラ病リスク因子並びに制御に関する意向の定量的解析
浅倉真吾・Makingi G・Kazwala R・蒔田浩平
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
ベトナム・タイグェン省の狂犬病ワクチン接種に関わる社会学的因子の解析
門脇弾・萩原克郎・佐藤和夫・Phuc Pham Duc・蒔田浩平
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
Dairy hygiene, reproduction management, and tick control for dairy industry
蒔田浩平
JICA Partnership Program training for farmers and officers, Mbarara District Hall, Uganda   2017年8月10日   
ワンヘルスってなんだろう [招待有り]
蒔田浩平
One World One Health研究会 市民公開講座「ワンヘルスってなんだろう?」   2017年7月8日   
獣医疫学の基礎から応用まで-疫学解析で何が分かるのか?- [招待有り]
蒔田浩平
北海道立総合研究機構畜産試験場研修会   2017年5月11日   
北海道・根室におけるキタキツネ糞便数に影響する生態学的因子の多変数空間解析
唐澤迪子・浦口宏二・早山陽子・蒔田浩平
獣医疫学会学術集会   2017年3月25日   
Association between farm hygiene management and productivity of dairy cattle.
Fujimoto Y, Nakada S, Ito H, Makita K
SaSSOH   2017年3月21日   
The necessity of controlling bovine leptospirosis in Japan
Miyama T, Makita K.
RGU OIE Joint Collaborating Centre Seminar   2017年1月16日   
Study on brucellosis control in humans and animals in Morogo Region, Tanzania
Asakura S, Makita K.
RGU OIE Joint Collaborating Centre Seminar   2017年1月16日   
The efforts towards elimination of rabies in Thai Nguyen Province, Vietnam
Kadowaki H, Makita K.
RGU OIE Joint Collaborating Centre Seminar   2017年1月16日   
Estimation of red fox population, the definitive host of Echinococcus, using feces count in Nemuro, Hokkaido
Karasawa M, Makita K.
RGU OIE Joint Collaborating Centre Seminar   2017年1月16日   
Incentive-based improvement of food safety and zoonosis risks in sub-Saharan Africa [招待有り]
蒔田浩平
Japanese – Swiss EcoHealth Colloquium   2017年1月10日   
農林水産省平成26年度飼養衛生管理基準の実効性確保に関する調査事業 [招待有り]
蒔田浩平
PEDセミナー   2016年12月8日   
Prevalence of bovine brucellosis and its risk factors in Morogoro region, Tanzania
浅倉真吾・蒔田浩平
One health ecohealth 2016   2016年12月3日